「アバター(2009)」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

アバター(2009)の概要:3D作品の先駆けとも言える作品。その新しい技術と人々を惹きつけるストーリーから爆発的ヒットを誇り、世界興行収入1位を獲得した名作。作り込まれた世界観と雄大な映像美に圧倒される事請け合い。

アバターの作品情報

アバター

製作年:2009年
上映時間:162分
ジャンル:SF、アクション
監督:ジェームズ・キャメロン
キャスト:サム・ワーシントン、ゾーイ・サルダナ、シガーニー・ウィーヴァー、スティーヴン・ラング etc

アバターの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『アバター(2009)』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

アバターの登場人物(キャスト)

ジェイク・サリー(サム・ワーシントン)
死んだ兄に変わってアバターを操作する事となった。現実世界では下半身が不自由で、自由に動くことのできるアバターに夢中になる。
ネイティリ(ゾーイ・サルダナ)
ナヴィ人の女性。ジェイクと出会い、彼をナヴィのコミュニティまで案内する。

アバターのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『アバター(2009)』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

アバターのあらすじ【起】

今よりも未来の世界。人類は利便性と簡便性を追い求め、日々新たな発明を生み出してきました。結果、人類は稀に見る巨大文明を築きあげたのです。しかしそれは自分達のことしか考えていない、利己的な行動でした。地球のことを顧みず酷使した結果、地球上から殆どの資源が消失してしまったのです。

資源を失った人類は、新たな資源の入手先として地球外に目を向ける事となりました。そして広い宇宙世界の中、人類はパンドラという惑星に狙いを定めたのでした。パンドラには、手付かずのままの、どこまでも広大な自然が広がっています。そんなパンドラを手中に収めれば、地球はまた暫くは安泰でいられるのです。

しかし、パンドラには先住民であるナヴィという存在が暮らしていました。地球人は平和的に資源を獲得するため、ナヴィと交渉をする事にします。しかし、空気がないパンドラで人類は活動する事ができません。そこで人類は、その状況を打破するために「アバター」という技術を開発しました。

アバターのあらすじ【承】

アバターとは、ナヴィそっくりの生命体を遠隔で操作する最先端技術の事です。地球人はアバターを、人間とは異なり青い皮膚にすらりと長い時間手足を持つナヴィそっくりに作り上げました。そしてアバターを操る操作者を募った上で、交渉のためパンドラへと向かったのです。

しかし、一人のアバター操作者が不意の事故によって突如命を落としてしまいます。最先端技術であるアバターを一体作り出すためには莫大な費用がかかるため、発案者側としてはせっかく作ったアバターを無駄にはしたくありません。そこで、元々の操作者と近いDNAを持つ人物に次の操作者としての任を託す事にしました。そこで白羽の矢が立ったのが、元々の操作者の弟であるジェイク・サリーでした。

ジェイクは軍人でしたが、以前戦争で両足を失って以来自由に動き回る事も不自由な身になっていたのです。しかし、神経で動かせるアバターでは身体の制約もなく何処でも自由に行き来する事ができます。そんな生活に魅力を感じ、ジェイクはその協力依頼を受けるのでした。

アバターのあらすじ【転】

そしてジェイクはアバターの身体で、パンドラの地に踏み込む事となりました。自由で雄大な世界に魅せられるジェイクは、そこで一人のネイティリという女性のナヴィと出会います。当初ネイティリはジェイクを警戒し、パンドラの地から立ち去るように警告をしますが、純粋に広大な自然を楽しんでいる様に見えるジェイクを徐々に受け入れて行きました。そして、自分達ナヴィのコミュニティに彼を案内するのでした。

そして、ジェイクは徐々に自分の存在場所をそのコミュニティの中に形成して行きます。それは、今まで身体が不自由な自分がなかなか手に入れる事の出来なかったものでした。ネイティリと出会い、ナヴィの文化に触れ、今まで後ろ向きだったジェイクの心は徐々に明るく、前向きになっていきました。そして気づけばすっかり、ジェイクの心はパンドラにとらえられていたのです。

一方その頃、中々進まない交渉に苛立ちを抑えきれなくなった上層部は、アバター計画を変更します。それは交渉ではなく、武力で無理やり資源を奪い取ろうというものでした。

アバターの結末・ラスト(ネタバレ)

そしてその指令は、パンドラ各地に配属されているアバター操作者にも伝えられました。勿論、ジェイクの耳にもその作戦が入って来ました。しかし、ジェイクはどうしてもその作戦を受け入れる事ができません。ネイティリを、ナヴィ達を、彼はどうしても見捨てる事ができなかったのです。そこでジェイクは、ありのままに今起こっている事を彼らに伝えました。その内容は、自分が本当は人間であり、資源を手に入れる為の交渉をする為送り込まれた事、そして地球人が痺れを切らしまさに今パンドラを襲おうとしている事です。

その事実にナヴィ達は、一度はジェイクを拒絶します。しかし、ジェイクはナヴィを助けたい一心に、軍がどういった戦法で攻めてくるかなど、軍事機密をナヴィ達に教えるのでした。そして大軍が地球から攻めて来ますが、事前にその戦法を知っていたナヴィ達の反撃を食らいます。そして全勢力を結集し、ナヴィ達は見事軍を追い返すことに成功するのでした。

その後ジェイクは、エイワという不思議な力を持つ木によって、正真正銘ナヴィ人となり、パンドラで暮らしていくのでした。

アバターの感想・評価・レビュー

アメリカ大陸に上陸した白人による先住民の迫害がモチーフになっており、後はジェームズ・キャメロン一流の「物語の型」に驚くほど理路整然と当てはめたストーリー。公開当時はあまりに露骨に「物語の型」にはまっていると脚本に対する批判の声が多かったが、やはり3Dという新しい技術で魅せる作品なので、ストーリーはこれぐらい分かりやすい方が没頭できると思う。
しかし現在は「アバター」という概念がYouTube上や動画アプリ上で一般的になってきているが、当時にこういう設定を思いついて映画にしてしまうあたり、やっぱり「ターミネーター」の生みの親は只者じゃない。(男性 30代)


「ターミネーター」「タイタニック」のジェームズ・キャメロン監督による、映画界に革命を起こした大作。当初、3Dメガネを使用した映画鑑賞はとても観にくく、ストレスがかかっていたが、この作品は「立体的に」ではなく、「奥行きをつける」という手法に徹底して大成功した。
内容としては、戦争で両足を失った主人公のジェイクが、アバターを利用し、足を取り戻すという設定が面白い。
ビジュアルもCGがなめらかでかなり良かった。原住民・ナヴィが一斉に飛び立つシーンは圧巻である。(男性 40代)


3D映像技術の代表作品といえば必ずこの作品が上がってくる。
映像美だけではなく、しっかり作り込まれた世界観も違和感無く溶け込める。
人間の身勝手さもいやらしく描かれていて、なんとも歯がゆいのだが、そこはちゃんとスッキリ要素も含まれている。
最初は軟弱者扱いされていた主人公が、次第に認められていく王道的な流れも、しっかり期待を裏切らない。
何度も見れる名作なので、気持ちが煮詰まってしまった時などに見るのがオススメである。(男性 30代)


初の3D映画であるため、かなりの注目を浴びた作品であり、未来的な内容であった。下半身を動かせないジェイクがアバターを操作し、ナヴィ人のネイティリとの出会いで、今までとは違う人のように前向きに生きているシーンや、ネイティリやナヴィ人を守ったりと、ジェイクが徐々に変わっていくシーンが見所である。アバターを初めて見たときの衝撃は、今でも忘れられないくらい大きかった。最後の、ジェイクがナヴィ人となり、一緒に暮らしている姿がとても感動し、同時に考えさせられた。(女性 20代)


出てきた当時にすぐ見たこの映画。ストーリー自体はシンプルで分かりやすいものだが、鳥肌が立つような圧倒的な映像美と面白い発想が強く印象に残っている。今では馴染みのあるアバターというものを映画にしてしまうところがさすがである。
アバターと言えば、映像や3Dがよく挙がるが、私個人的には音楽が好きだ。世界観によく合っているし、壮大な感じを抱かせる。
これから見る人にはぜひ音楽にも注目してほしいと思う。(女性 20代)


公開当時、最新の映像技術が美しいと話題になったが、確かに映像は涙が出るほど美しくて見入ってしまったが、それ以上にストーリーが分かり易く、最高のファンタジーである。

「人間と他者の共存」について考えさせられる内容だった。人間はいつでも身勝手で、人間の犠牲になっている他者のことは考えられない。自分達の為に奪い取る、利益のことしか考えない。現実社会でも同じである。

ジェイクのように、実際に弱者側に身を置けば、気付くことや理解できることがあるのだ。ネイティリに出会い、恋をして、頼もしくナヴィ人を守っていく姿に大変感動した。(女性 40代)


この作品は主人公が人間とは異なる民族の元で味方のフリをして生活する話だ。主人公の人間と民族のどちら側になるべきなのかという心の葛藤が主人公の行動によりとてもよく表現されており、映画の中の作品だとは思えないほど感情移入しやすかった。

この作品は10年程前の作品ではるが、現在のCG映画に引けを取らない映像技術が組み込まれている。さらに来年に続編となる「アバター2」も上映されるため気になる方は予習も含めて是非観てほしい。(男性 20代)

この記事をシェアする

みんなの感想・レビュー

  1. きーもも より:

    この作品が今でも「すごい」と評価されている点はなんなのでしょうか?ストーリー自体は壮大ではありますが、特別驚く内容ではありません。この作品のすごいところは「映像美」です。作品が公開されたのは2009年。10年以上も前にこの映像を作り出したジェームズ・キャメロン。天才だと思いました。青を基調とした世界で描かれる「自然」。思わず気持ちいいと「空気」を感じてしまうほどのリアルさに感動しました。
    ぜひ、大画面で見て欲しい作品。小さい画面で見ると魅力は半減です。

  2. yukachi より:

    先住民と侵略者という、歴史上何度も起こった問題を正面から取り上げている作品だ。地球から惑星に進出した人間たちと、その星に住む先住民は理解し合うことができるのか。先住民の生き方を見下す人間の姿が映し出され、人類の歴史を考えさせられる。彼らの生き方は深く知るほど神秘的であり、理にかなった生き方であるということもわかるだろう。戦わず、理解し合える道はないのか。迫力も抜群で、自分もまるでその場にいるかのような感覚が残る。

  3. yuma より:

    ストーリーとしては悪く言うと単純でわかりやすく、面白みや深みは欠けるかもしれない。しかしこの映画はなんといっても映像である。映画というよりは映像作品なのだ。
    映画館のフルスクリーンで観ると、その映像美に圧倒される。新しい世界観と、当時にとっては新しい3D技術によって、自分も「アバター」の世界の一員になった印象を受ける。
    最近では映像技術の進歩により、多数の3D映画が作られている。「アバター」を初めて観たときの感動と驚きをもう味わえないかもしれないと思うと、少し寂しい。それくらいに今作は3D映画の先駆けとなった超大作である。

  4. ふくりん より:

    上映当時3Ⅾメガネをかけてアバターの異世界を体感し、その迫力と圧倒的な映像美に感銘と衝撃を受けた。
    片足が不自由なジェイクにとって、パンドラは魅力的に映り、アバターになってからの彼は体の自由を取り戻し生き生きとしていて、最後に、パンドラでナヴィ人として暮らす選択にも共感できた。
    異星人と共存する日がいつか来るのかもしれないし、そんな日が来てもおかしくない。そう思うほど映像美、ストーリー共によく作り込まれた作品だと思う。
    続編も期待しているし、是非とも映画館であの異世界を再び体感したい。

  5. 月夜 より:

    3Dの迫力と映像美は圧倒的。ストーリーは王道だが、人間と自然との付き合い方を深く考えさせられる作品。人間の都合で自然を壊していくことが、どんなに愚かなことかを再認識するきっかけになると思う。

    守ってきた自然が破壊されていく様子を見て咽び泣くナヴィ人たちが、草木たちの思いを代弁しているかのようで涙が出た。悲しいシーンだけではなく、ジェイクとネイティリが二人でパンドラの自然を見て回るシーンも、ロマンチックでとても印象に残っている。

  6. 瑞季 より:

    この作品はストーリーを観るというよりも映像の美しさを観るものだと勝手に思っているので、ストーリーは単調ではあるが飽きるほどではなかったので最後まで観ることが出来た。
    私は最初、映画館の3Dで観たので映像の綺麗さと迫力に圧倒された記憶があるので、自宅のテレビで観ると少し迫力が減って残念に思った。

    世界観が独特なので賛否両論あると思うが私は新しい設定が未来を感じさせてくれるので好きな作品の一つになっている。

  7. 匿名 より:

    今や携帯型ゲーム機も3Dだ、テレビも3Dだという時代に突入しています。テレビの3Dはコケましたけど、本作が残した功績は計り知れません。
    娯楽作の天才ジェームズ・キャメロンだからこそ実現した3D技術のテクニックやそれに適した物語の設計がなければ、3D技術の進歩は遅くなっていたかもしれません。