映画『バタリアン』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「バタリアン」のネタバレあらすじ結末と感想

バタリアンの概要:かなり昔の作品ではあるものの、今でも根強い人気を誇る大ヒット作。ホラーが苦手な人でも楽しめるホラー作品となっている。バタリアンとは蘇った不死者のこと。人類はバタリアンから生き延びることができるのか。

バタリアンの作品情報

バタリアン

製作年:1985年
上映時間:91分
ジャンル:ホラー、コメディ
監督:ダン・オバノン
キャスト:クルー・ギャラガー、ジェームズ・カレン、ドン・カルファ、トム・マシューズ etc

バタリアンの登場人物(キャスト)

バート(クルー・ギャラガー)
ユニーダ医療会社の社長。部下が犯したミスを隠蔽しようとしたばかりに、事態は益々悪化していくことになる。
フランク(ジェームズ・カレン)
フレディの先輩社員。フレディにバタリアンの存在を明かした人物。
フレディ(トム・マシューズ)
ユニーダ医療会社で働くことになった男性。バタリアンの存在を知ってしまい全てが変わっていく。

バタリアンのネタバレあらすじ

映画『バタリアン』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

バタリアンのあらすじ【起】

フレディは、アメリカのケンタッキーにあるユニーダ医療会社という場所で働くことになった。まずは仕事に慣れるため、その日、フレディは先輩社員であるフランクから、仕事に関する説明を受けていた。

その会社は、医療品を開発するためか人間や動物の死骸が大量にストックされており、そんな様子にフレディは少し恐怖を覚えた。そして、好奇心から、フレディはフランクに、「今までで一番怖かった出来事は何か」という質問をしたのだった。すると、フランクはフレディに信じられない情報を教えてくれるのだった。何と、この会社にはゾンビが保管されているというのだ。

かつて、アメリカ陸軍がトライオキシン245という薬を開発した。そして、その薬が使われた死体がなんとゾンビになって蘇ったというのだ。その死体は、様々な事情からこの会社の地下室に封印されることになったという。しかし、あまりの話にフレディは信じることができなかった。そんなフレディを見たフランクは、実際に彼を地下室に連れて行くことにしたのだった。

バタリアンのあらすじ【承】

そして、地下室でフレディとフランクは、一つのタンクを発見する。その蓋を開けてみると、一つの死体がタンクの中に入っていたのだった。しかし、同じくタンクに入っていた薬品も、蓋を開けたことで室内に漏れ始めた。その強烈な匂いに、二人は気絶してしまうのだった。

その頃、フレディの友人らがフレディを迎えに来ていた。そして、とうとう気絶していた二人が目を覚ます。二人は自分たちがとんでもないことをしてしまったことに気がついたのだった。何と、あの薬剤はトライオキシン245で、その薬を浴びた、部屋に保管してあった死体達が次々と蘇ってしまったのだ。二人は、慌てて社長のバートに連絡をした。しかし、バートは会社が潰れることを恐れ、警察には連絡をせず、3人で死体を捕らえることにしたのだった。

バートの知り合いの火葬屋の協力を得て、3人は捕まえたゾンビ達を次々と燃やしていく。しかし、燃え盛る死体からあがる煙がやがて雲となり、雨が降った。その雨に、トライオキシン245の力が宿っていたのだが、その時の彼らには知るすべもない。

バタリアンのあらすじ【転】

薬を吸ってから長時間経過してしまったフランクとフレディの体調は悪化し、二人は救急車に運ばれることになる。そして、救急救命士が恐ろしいことに気がついた。なんと、二人には脈がないのである。しかし、脈がないにも関わらず、二人は普通に行動をしていたのだ。

一方、フレディの友人達がフレディを探しに会社の中に入って来ていた。そして、彼らは地下に向かってしまう。そこには、フレディ達がタンクの中から発見した、例の死体が復活していた。そして、その元死体は脳みそを食べようと、一行に襲いかかるのだった。そして、友人達のうち一人が、元死体に頭を食べられ死んでしまう。

その元死体から逃れるため、友人らは慌てて外に出る。しかし、その時だった。トライオキシン245を含んだ雨が地面に染み込み、墓地に眠っていた大量の死体が復活してしまったのだ。蘇った大量の不死者、バタリアンは、フレディの友人らに襲いかかる。彼らは必死でバタリアンから逃げているうちに散り散りになってしまう。

バタリアンのあらすじ【結】

一方、体調を悪くしていったフレディとフランクだったが、実は、彼らは薬の影響で生きながらにバタリアン化してしまったのだ。最初に完全にバタリアンとなったのはフレディだった。そして、見境を無くしたフレディは、仲間達に襲いかかるのだった。

一方、最早自分達の手には負えないと判断したバートは、とある場所へと連絡を入れる。それは、トライオキシン245を開発した陸軍だった。陸軍はバタリアンの入っていたケースに、何かあった際には連絡するように、と連絡先を記入していたのだ。

そして、連絡を受けた陸軍大佐は、バタリアンを倒すためとんでもない手段に打ってでる。なんと、まだ生きている人間がいるにも関わらず、会社にミサイルを撃ち込んだのである。ミサイルの爆発に巻き込まれ、人間も、そして、バタリアンも全て燃え尽きた。そして、被害を最小限に抑えることができた、と満足げに世間に発表するのだった。しかし、彼らは知らなかった。ミサイルの炎によって焼かれたバタリアンの煙が雲となり、そして、雨となり降り注いだことを…。

この記事をシェアする