「ベルファスト71」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

ベルファスト71の概要:英国軍の新兵ゲイリーは、北アイルランドでの任務中に暴動に巻き込まれてしまう。迷い込んだエリアは、プロテスタント対カトリックに加え、IRAの穏健派と過激派も対立も混じる複雑な地域だった。ゲイリーは無事に脱出することができるのか。

ベルファスト71の作品情報

ベルファスト71

製作年:2014年
上映時間:99分
ジャンル:アクション、戦争
監督:ヤン・ドマンジュ
キャスト:ジャック・オコンネル、ポール・アンダーソン、リチャード・ドーマー、ショーン・ハリス etc

ベルファスト71の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『ベルファスト71』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年4月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

ベルファスト71の登場人物(キャスト)

ゲイリー・フック(ジャック・オコンネル)
イギリス軍に入隊したばかりの兵士。弟ダレンを故郷に残し、ベルファストの部隊に赴任する。警備の任務中に発生した暴動に巻き込まれ、宿舎に戻れなくなってしまう。
レスリー・ルイス(ポール・アンダーソン)
プロテスタント系住民。爆弾を製造するところをゲイリーに見られたと思い、彼を追う。
エイモン(リチャード・ドーマー)
傷を負ったゲイリーを見つけて保護する。元衛生兵で傷の手当てをする。
ボイル(デヴィッド・ウィルモット)
IRAでありながら話し合いで解決することを望む。クインとは意見が対立する。
クイン(キリアン・スコット)
IRA過激派の若手リーダー。ゲイリーを殺そうと躍起になる。
ショーン(サンディ・ブラウニング)
過激派の若き志願兵。クインにゲイリー射殺を命じられる。

ベルファスト71のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ベルファスト71』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ベルファスト71のあらすじ【起】

1971年。北アイルランドの最大都市ベルファストは治安が悪化していた。プロテスタント対カトリックの宗教対立に加え、IRAの過激派と穏健派がにらみ合い、街は内紛で緊迫した状態にあった。

イギリス軍は治安のため、ゲイリーら若い兵士をベルファストに派遣した。ある日、地元警察の手伝いのため、家宅捜索をする間の周辺警備に就くことになった。

住宅街に到着すると、そこはカトリック地域だった。イギリス軍を敵視する彼らは、子どもすら石を投げつけるなどの妨害行為を始める。家から出てきた女たちも、バケツのふたを地面に叩き続けて敵意を露わにした。

騒動はますます大きくなっていった。男たちも集まり罵声を飛ばし、イギリス兵を威嚇する。殴る蹴るなどの暴行を始め、ついに暴動に発展した。

この状況に耐えられなくなった兵士の1人が、発砲してしまう。それを見て、若者が銃を手にした。1人の兵士を取り囲み、銃殺してしまった。

若者らは次の標的に、ゲイリーを狙った。彼は必死に逃亡。路地に逃げ込み、空き家に隠れた。

ベルファスト71のあらすじ【承】

暴動は収まり夜となった。ゲイリーは空き家を出て、洗濯物のセーターを盗み、地元の人間になりすまして歩いた。彼はプロテスタント地域に向かう。イギリスに対して友好的な地だからだ。そこでひとりの少年に出会った。少年は彼がイギリス兵だと見抜くと、匿うため、叔父のバーへ連れて行った。

少年はバーに着くと、ゲイリーにビールを勧め、ひとりで地下へ降りた。地下では叔父らが、手製の爆弾を作っているところだった。ゲイリーの話をすると、仲間の1人が彼の元へ行き、IDの提示を要求した。

少年は1階のバーに戻り、得意気にゲイリーに話しかける。イギリス兵を助けたことを誇らしく思っているようだ。ゲイリーは外の空気を吸おうと出る。すると、地下で作っていた爆弾が爆発した。慣れない爆弾製造で失敗したのだ。バーは吹き飛び、少年は瀕死の重傷を負った。

煙が立ち込める中、傷を負ったゲイリーはその場から逃げた。爆弾製造を見られたと思った彼らは、ゲイリーを追うことにした。

ベルファスト71のあらすじ【転】

ゲイリーは傷の痛みで意識が朦朧となり、道端に倒れ込んだ。そこへ親子が通りかかり救助する。エイモンと娘は、自宅である高層アパートまでゲイリーを運んだ。エイモンはかつて衛生兵であったため、ベッドでエイモンの傷の手術を行えた。彼は回復へ向かった。

意識を取り戻したゲイリーは、アパートから街を見下ろす。あちこちで火の手が上がるのを見て呆然とした。

エイモンはゲイリーについて、IRA穏健派のボイルに報告した。過激派のクインに見つかると殺されることがわかっていたため、ボイルに任せることにしたのだ。しかし、身の危険を感じたゲイリーは、誰にも見つからないようアパートを脱出していた。

イギリス軍もボイルに援助を要請し、ゲイリーの捜索を始めた。一方クインは、噂を聞きつけてエイモンの家へ突撃した。しかし、ゲイリーは逃げた後だった。

クイン一派は建物の中をくまなく探す。傷を負いながら逃げるゲイリーは、廊下の片隅で息を潜めていた。

ベルファスト71の結末・ラスト(ネタバレ)

ゲイリーは廊下でクインの一味と出くわすが、ナイフでひと突きし、銃を奪った。さらに逃亡を続けようとしたが、クインに捕まってしまった。

クインは高校生のショーンに、ゲイリーを撃つよう命じる。ためらうショーンに向かって、「これは戦争だ!撃て!」と強く命令し、その場を離れた。

そこへ、ゲイリーの味方だと名乗るレスリーが乱入した。バーで爆弾を暴発させたプロテスタントだった。爆弾製造をゲイリーに目撃されたと思い込み、口封じをしようと考えていた。

レスリーはまずショーンを撃ち、ゲイリーを絞め殺そうとした。ショーンは起き上がり、レスリーに発砲した。ゲイリーはショーンに感謝をしようとしたが、駆けつけたイギリス兵がショーンに発砲した。誰が味方で誰が敵かわからない状態となったが、ゲイリーはようやく保護された。

翌日、ゲイリーは上官に呼ばれ、すべてを忘れるように告げられた。その後、彼は田舎の弟を訪ねた。涙で抱き合う2人。彼は弟と別の街で暮らすことを決意し、バスで旅立った。

ベルファスト71の感想・評価・レビュー

宗教や思想の対立が入り混じる、北アイルランドならではの複雑な構造を描いた作品。見た目は同じアイルランド人同士の戦いなので、一度見ただけでは理解しにくい内容だった。イギリスの新兵に起きたたった一日の出来事なのに、多くの対立が露呈し、多くの人が死んでしまうという悲しい結末となった。ちょっとした小競り合いから暴動へと発展する様子も、実に生々しく描かれており、内戦の深刻さと悲惨さが伝わってきた。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする