「追撃者(2014)」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

追撃者(2014)の概要:砂漠地帯でガイドをするベンは、初老の富豪マデックの狩猟に同行する。マデックは獲物を狙おうとして、人を射殺してしまった。彼は事件をもみ消そうとするが、ベンは無線で報告をしようとする。砂漠の真ん中で、マデックはベンを執拗に追い始めた。

追撃者の作品情報

追撃者

製作年:2014年
上映時間:91分
ジャンル:サスペンス
監督:ジャン=バティスト・レオネッティ
キャスト:マイケル・ダグラス、ジェレミー・アーヴァイン、ハンナ・マンガン・ローレンス、ロニー・コックス etc

追撃者の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『追撃者(2014)』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

追撃者の登場人物(キャスト)

マデック・マデック(マイケル・ダグラス)
狩猟が趣味の富豪。砂漠で起こした殺人事件をもみ消すため、異常なまでにベンを追い回す。
ベン(ジェレミー・アーヴァイン)
砂漠地帯のトレッキング・ガイド。マデックにライフルで追われ、裸足で砂漠地帯を逃げ回る羽目になる。
レイナ(ハンナ・マンガン・ローレンス)
ベンの恋人。ベンとは砂漠でデートをしていた。今は離れて暮らしている。
保安官(ロニー・コックス)
マデックから金を受け取り、解禁前の狩猟を許可する。

追撃者のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『追撃者(2014)』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

追撃者のあらすじ【起】

アメリカのモハーベ砂漠。ガイドをしているベンに、保安官から狩猟ガイドの連絡がくる。依頼したのは初老の大富豪マデックだった。彼は国内で1台しかないベンツのRV車に乗り、特注の高級ライフルを自慢そうに見せびらかした。

途方もなく広がる砂漠を、マデックとベンを乗せた車が走る。夜になるとマデックは、車に搭載した電子レンジで食事を温め、エスプレッソマシンで煎れたてのコーヒーを飲んだ。

翌朝。車を置いて2人は狩猟に出発した。狩猟解禁前なのに許可書があるのかと、ベンはマデックに尋ねた。彼は、保安官に金を積んだのさ、と答えた。

野生動物の生息地に到着し、2人は静かに獲物を待つ。崖の上に動く物が見え、マデックはすかさずライフルで撃った。命中した手応えがあり確認に行くと、撃ったのは動物でなく人だった。死んだのはベンの友人チャーリーだった。

動揺したベンはその場を離れた。現場に残ったマデックは死体を見つめると、ベンの銃でさらに1発撃ち込んだ。

追撃者のあらすじ【承】

死体から弾が2発見つかれば、ベンも同様に疑われるだろうと、マデックは考えていた。そして彼は、取引を持ちかけた。通報しないことを条件に、大学に行く奨学金と就職先を世話すると言う。その代わりにこのことは誰にも話すな、と言った。

金に目がくらんだベンは、取引に応じることに。死体を背負って穴に埋めた。しかし、気持ちが揺らぎ、無線で保安官に報告しようとした。

それを見たマデックは、ベンの裏切りに怒り狂った。ライフルを突き付けて、服と靴を脱げと脅迫。そして砂漠に向かって歩けと命じた。

灼熱の太陽が照り付け、日中の気温は50度に達する砂漠地帯を、ベンは裸足と下着姿で歩き始めた。マデックはベンツに乗りながら、双眼鏡で後を追う。時折、悠長にコーヒーを飲みながら。

マデックが目を離した隙に、ベンは岩のくぼみに隠れた。そこにはチャーリーが作った秘密の抜け道があった。

抜け道の先には、死んだチャーリーの家があり、ベンは隠れた。一方マデックも、外から家を発見していた。マデックはダイナマイトを見つけると、点火して家の中に放り投げた。

追撃者のあらすじ【転】

ダイナマイトは爆破し、チャーリーの家は破壊した。ベンは間一髪で飛び出して無事だった。「しぶといやつだ」と、マデックはまたしても彼を砂漠で歩かせることにした。再び彼の後ろに付いて、獲物を狙うように追い続けた。

炎天下、ベンはフラフラになりながら歩く。絶望的な状況下であったが、彼は諦めず、チャーリーの家から持ち出した地図の中の×印を探した。

×印の場所を見つけて掘ると、ゴム製のパチンコと、少量の水が入ったボトルが出てきた。ボトルを持ち上げて飲もうとするが、マデックがボトルに向けて発砲。ボトルは割れて、中の水はすっかりこぼれてしまった。

ベンは巨大な岩山に辿り着いた。ここは恋人レイナと訪れた場所で、水が溜まる空洞があることを知っていたからだ。彼は水を求めて岩山を登った。

残念ながら、空洞の水は干上がっていた。そこに、「諦めて出てこい!」という、拡声器を通したマデックの声が聞えてきた。

夜になり、マデックは岩山に向けて車のライトを当てる。中ではベンが寒さで凍えていた。

追撃者の結末・ラスト(ネタバレ)

ベンが諦めかけたその時、岩陰に水たまりがあるのを発見した。彼は犬のように水をガブガブと飲んだ。反撃に出る力が湧いた。

ベンはマデックに見つからないように岩山を離れ、彼の背後に回った。車の下に隠れるが気付かれ、引かれそうになる。次にマデックはライフルで彼を狙うが、弾切れになった。その隙を狙ってベンは、チャーリーのパチンコ玉でマデックを打った。玉は頭に命中し、マデックは気絶した。

ベンはマデックを保安官事務所に届けた。ところが、ベンはすでに保安官を買収していた。保安官はマデックが逃げやすいように、部屋に鍵をかけずに出ていった。

マデックは到着したヘリに乗り、あっという間に街から飛び去った。何もできないベンは、呆然と空を見上げるだけだった。

すっかり疲れたベンは、恋人のレイナの家を訪れた。再会を喜びながら眠っていると、枕元にマデックが現れた。

「後始末にきた」と、ベンに銃を向けるが、レイナの方が早くマデックを撃った。よろめくマデック。そして、最後の銃弾が鳴り響いた。

追撃者の感想・評価・レビュー

劇中のほとんどの時間、マデックとベンしか出てこない。青い空と太陽以外、誰もいない荒涼とした砂漠地帯。たった2人しかいない悲惨な状況で、富豪はベンを支配し、まるで人間狩りをしているように、笑みを浮かべながらしつこく追いつめる。この狂気に満ちた姿を、マイケル・ダグラスが見事に憎らしく演じ切っている。
砂漠から逃れても、世の中はやっぱりお金という結論にも、怖さがある。最後の銃弾が誰に当たったか描かないラストもゾクゾクした。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする