映画『別離(2011)』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「別離(2011)」のネタバレあらすじ結末と感想

別離(2011)の概要:テヘランで暮らすある夫婦の離婚問題は、周囲を巻き込んで思いもよらない複雑な事件に発展する。サスペンス要素を盛り込みながら、現代イランが抱える様々な問題を精緻な手法で浮き彫りにした今作は、多数の映画祭で受賞した。

別離の作品情報

別離

製作年:2011年
上映時間:123分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:アスガー・ファルハディ
キャスト:レイラ・ハタミ、ペイマン・モアディ、シャハブ・ホセイニ、サレー・バヤト etc

別離の登場人物(キャスト)

ナデル(ペイマン・モアディ)
テヘランで暮らす銀行員。14年連れ添った妻シミンとは離婚の危機に瀕している。娘にイランで最高の教育を受けさせようと、日々熱心に学習を手伝っている。アルツハイマーの父を抱え、身動きが取れない。
シミン(レイラ・ハタミ)
ナデルの妻。英語教師。イランの教育に限界を感じ、娘を連れて海外に移住しようと考えている。移住許可証の有効期限が迫り、父を案じてイランに留まろうとするナデルと離婚し娘と共に国外へ出ようと奔走している。
テルメー(サリナ・ファルハーディー)
ナデルとシミンの娘。家族思いの聡明で穏やかな少女。事件について嘘の証言をした父親を責めつつも、父を庇って偽証する。家族が再び一つになることを心から願っている。
ラジエー(サレー・バヤト)
家を出たシミンの穴を埋めるため、ナデルが家政婦として雇う女性。敬虔なイスラム教徒で、戒律を破ることを何よりも恐れている。生活のため、妊娠しているにも関わらず幼い娘イフリェを連れて、遠方からナデルの家に通勤する。
ホッジャト(シャハブ・ホセイニ)
ラジエーの夫。靴職人の仕事をクビにされてからは無職で、生活費をラジエーに頼っている。金貸しに訴えられ、何度も逮捕されている。短気で粗暴な性格。
ギャーライ(メリッサ・ザライ)
テルメーが通う女学校の教師。親切心からラジエーに産婦人科を紹介したことにより、ナデル達の事件に巻き込まれる。

別離のネタバレあらすじ

映画『別離(2011)』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

別離のあらすじ【起】

テヘランで暮らす中流階級の夫婦ナデルとシミンは、娘テルメーの教育を巡って意見が食い違い、離婚の危機を迎えている。テルメーに国外の教育を受けさせたいというシミンに対し、アルツハイマーの父を抱えたナデルはテヘランから動こうとしない。渡航許可証の失効まで日が迫り、焦るシミンは家庭裁判所に離婚を申請するが認めらない。

別居を決意したシミンは、荷物を纏めて帰省する。シミンはテルメーに一緒にくるよう誘うが、テルメーは自宅を離れない。シミンの代わりのため、ナデルはラジエーを家政婦に雇う。

ラジエーは娘リフエィを連れ、片道二時間半かけて出勤する。ナデルとテルメーが留守の間、ラジエーは家事をこなし、ナデルの父の面倒を見る。敬虔なイスラム教徒のラジエーは、失禁したナデルの父の体に触れて世話をすることができない。止むを得ず、ラジエーはナデルの父の体を洗い、服を着替えさせる。

帰宅したナデルに、ラジエーは宗教上の理由から辞職を申し出る。ラジエーは、男のヘルパーとして、無職の夫ホッジャトを紹介する。ホッジャトに家政婦として働いたことを知られないよう、ラジエーは自分のことは話さないようナデルに依頼する。

ちょうどその場にやってきた教師ギャーライは、ラジエーが妊娠していると知り、近場の産婦人科をラジエーに教える。

ホッジャトはナデルの職場へ赴き、ナデルと顔合わせをする。

翌日、金貸しに訴えられて逮捕されたホッジャトの代わりに、ラジエーが出勤する。ラジエーが見ていない間に、ナデルの父は外に出てしまう。ラジエーは、交通量の多い通りでナデルの父を発見し、連れて帰る。

別離のあらすじ【承】

ある日、帰宅したナデルとテルメーは、ベッドに縛り付けられたまま気を失っているナデルの父を発見する。ラジエーはナデルの父を拘束し、娘を連れてどこかへ外出していた。ナデルは戻って来たラジエーを激しく責め、戸棚にあった金もラジエーが盗んだと疑い、ラジエーを追い出す。

数分後、戻ってきたラジエーは、盗みに対する潔白を訴える。頭に血が上ったナデルに突き飛ばされ、ラジエーは玄関先の階段で転倒する。

ラジエーの義姉から、ラジエーが入院したとの連絡を受け、シミンはナデルを共に病院へ急ぐ。ラジエーが流産したことを知った二人は、ラジエーの家族に詳細を尋ねる。ホッジャトは、ラジエーを雇っていたことを自分に隠していた上に、ラジエーを突き飛ばして流産させたと言って激怒し、ナデルに掴みかかる。

ラジエーとホッジャトは、ナデルを胎児の殺人罪で起訴する。争点は、ナデルがラジエーの妊娠を知っていたかどうかという点に絞られる。ラジエー達の言い分に納得が行かないナデルは、根本的な問題としてラジエーが父親を拘束したことを告訴する。

ナデルが拘置されたため、シミンは自宅へ戻る。テルメーは、今回の事件は全てシミンが家を出たことが原因であると、シミンを非難する。シミンはナデルの父を連れ、実家に戻る。

別離のあらすじ【転】

裁判所に召喚されたギャーライは、ナデルはラジエーの妊娠を知らなかったと証言する。ナデルを責め続けるホッジャトに対し、ナデルはラジエーが転倒したのは自分が原因ではないと主張する。

現場検証が行われ、隣人たちの話から、事件当日はラジエーが床掃除をしたために階段が濡れていたことが発覚する。ナデルはイフリェから、事件当日にラジエーが産婦人科に行っていたことを聞き出し、病院に電話をかけ、ラジエーが何のために通院したかを調べる。

ホッジャトはテルメーの学校へ押しかけ、ギャーライが嘘をついたと生徒達の前で侮辱する。ホッジャトは度々女学校の周りをうろつき、ギャーライやテルメーを脅す。ホッジャトに関わりたくないギャーライは、ナデルはラジエーの妊娠を知っていた、と証言を翻す。

ナデルの一言から、テルメーは実はナデルがラジエーの妊娠を知っていたことを確信し、父に偽証した理由を尋ねる。テルメーや動けない父親のため、ナデルは何とか逮捕を免れようとして嘘をついたことをテルメーに告白する。翌日、裁判所に召喚されたテルメーは、ナデルを庇うため、嘘の証言をする。

別離のあらすじ【結】

精神的に追いつめられたテルメーを救うため、シミンはホッジャトの家へ行き、慰謝料についての示談を持ちかける。家族に説得されたホッジャトは示談に同意するが、ナデルは、慰謝料を払うと自分の非を認めることになると言って反対する。娘の安全よりも我が身を優先するナデルに失望し、シミンはテルメーを連れて実家に戻る。

ラジエーは、事件当日の前日に、外へ出たナデルの父を庇って車に撥ねられたことをシミンに告白する。夫に家政婦をしていることを明かせないため、ラジエーは撥ねられたことを黙っていた。もし流産をナデルのせいにして慰謝料を受け取った場合、戒律に反してしまうため、罰を恐れるラジエーは示談を破棄するようシミンに頼む。

ナデルとシミンは、ホッジャトの家で慰謝料を渡す手続きをする。ナデルはラジエーに、ナデルが原因で流産したとコーランに誓うよう要求する。宣誓できないラジエーはその場を逃げ出し、追ってきたホッジャトに真実を話す。流産がナデルのせいではなかったと知ったホッジャトは、自分を責め、家を飛び出す。テルメーは、ナデル達に自分が嘘をついたと自白する。

数日後、ナデルとシミンは裁判所で離婚手続きを終える。判事は、どちらの親についていくか、テルメーに決定を任せる。両親の前では、テルメーは答えを口に出せない。ナデル達は退室し、廊下で判決を待つ。

この記事をシェアする