映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ
9000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のネタバレあらすじ結末と感想

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』の概要:アカデミー賞で最優秀を勝ち取った話題作。出演者に実力派エドワード・ノートンや新進気鋭の女優、エマ・ストーンなどを揃えている。現実と妄想が次々と交差して行く世界観に、自然と自分もその境目が分からなくなって行く。

スポンサーリンク

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』の作品情報

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

製作年:2014年
上映時間:120分
ジャンル:SF、サスペンス
監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ
キャスト:マイケル・キートン、ザック・ガリフィナーキス、エドワード・ノートン、アンドレア・ライズブロー etc

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』の登場人物(キャスト)

リーガン・トムソン(マイケル・キートン)
かつて有名ヒーロー映画、「バードマン」で一躍有名となった俳優。その後パッとした活躍がなく、今回一念発起するべくブロードウェイで舞台を企画する。
マイク・シャイナー(エドワード・ノートン)
負傷した俳優の代わりに急遽起用された舞台俳優。その実力は折り紙つきだが、その傍若な振る舞いからリーガンを精神的に追い込んで行く。
サマンサ・トムソン(エマ・ストーン)
リーガンの娘。親子仲は悪く、アルコールと麻薬中毒でついこの前まで施設に入所していた。

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のあらすじ【起】

『バードマン』とはかつて爆発的な人気を誇った、全3部作構成の人気ヒーロー映画です。その主役であるバートンを演じていたのが俳優、リーガン・トムソンです。バードマンの人気と共に一躍スターダムを駆け上がったリーガンでしたが、そのシリーズが終了して以降はパッとした仕事もなく、世間はリーガンの存在を忘れつつありました。

そしてバードマンシリーズが終了してから実に20年という月日が流れました。リーガンは再び自分の名を世間に知らしめようと、ブロードウェイで新たな舞台を行う計画を立てていました。有名作品であるレイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自らがアレンジして、その作品で自らを主役に起用したのです。娘のサムをアシスタントに据え、リーガンは舞台の準備を進めていきます。

しかし自身の一世一代の挑戦に不安を隠せないリーガンは、精神的に徐々に追い詰められていきます。そしてなんと、もう1人の自分とも呼べる存在、バードマンの声が聞こえるようになるのでした。

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を無料視聴できる動画配信サービスと方法
映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を無料視聴できる動画配信サービスと方法を分かりやすく紹介しています。

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のあらすじ【承】

バードマンの声はリーガンにしか聞こえず、また、リーガンはバードマンの声だけでなく彼の持っている超能力も実際に使えるようになります。不安定なリーガンの精神状況の中、さらに彼に追い打ちをかけるような出来事が生じます。稽古中に、出演俳優であるラルフに照明が落下、幸い命は取り止めたものの怪我を負って降板となってしまうのでした。

代役としてリーガンが起用したのは舞台俳優、マイク・シャイナーという男でした。マイクの演技力は他の俳優と比べ物にならないほどずば抜けており、そんなマイクにリーガンは舞台の成功を確信します。しかし自分の実力を理解しているマイクの態度はかなり傍若無人、好き勝手に行動してはリーガンを振り回します。

とうとうプレビュー公演を迎えたその日、ベッドシーンを演じたマイクは何と勃起してしまい、観客の注目はストーリーやリーガンの演技などではなく、全てそのマイクの勃起事件に移ってしまうのでした。そしてなんと、マイクとサムが肉体関係に陥ってしまいます。

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のあらすじ【転】

サムはリーガンが別れた前妻との間の子供で、アルコールと薬物中毒でついこの前まで施設に入所していました。自分を振り回す憎き若手俳優と大事な1人娘がキスをする姿を見てしまったリーガンは、気を鎮めるために1人裏口でタバコを吸っていました。するとなんと扉が閉まってしまい、リーガンは外に締め出されてしまいます。

最悪な事にラストシーンを演じるため、リーガンは現在パンツ一枚といった格好です。扉は外側には開かないので、このままではリーガンは舞台を締めくくることができません。意を決してリーガンはパンツ一枚で外を闊歩し、表口から堂々と舞台に上がったのでした。リーガンのその姿はたまたま見ていた通行人により動画サイトにアップされ賛否両論を得ます。

完全に追い詰められたリーガンの前に、とうとう実体化したバードマンが現れます。そして自分のヒーローに「お前はできる」と告げられたリーガンは自信が満ち溢れ、元妻であるシルヴィアに連絡を取り、和解する事に成功します。そして舞台の最後のシーンで、実弾入りの銃を自分に向けて引くのでした。

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』の結末・ラスト(ネタバレ)

リーガンのその行動は自殺未遂として世間に捉えられます。頭を狙って放ったはずの銃弾は何故か頭をそれ、リーガンの鼻を吹き飛ばすに至りました。リーガンは入院する羽目になりましたが、舞台評論家のタビサから「無知がもたらす予期せぬ奇跡」と高評価を受けます。リーガンの長年の夢であったカムバックは成功したのです。

病院のベッドの上で喜ぶ父親を見ながら、サムはふと病室の窓辺に立ちました。そしてサムは何かを見つけたように空を見上げ、嬉しそうに微笑み物語は幕を閉じます。

(ストーリーとしては明確にされていないものの、実際にはリーガンは実際に銃弾を頭にくらい死んだことが示唆されています)。精神的に追い詰められていったリーガンは途中からバードマンが現れる空想の世界と実際の現実の境目がわからなくなっていきます。最後にサムが微笑んだのは、長年役者として苦しんできた父親がようやくその苦悩から解き放たれた為とされています。)

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』の感想・評価・レビュー

マイケル・キートン主演のヒューマンドラマ。落ち目の俳優が再起をかけて舞台に臨むがそのプレッシャーからかつて演じたキャラクター『バードマン』が現れ、葛藤する姿を描く。
監督のアレハンドロ・G・イニャリトゥはこの作品でアカデミー監督賞を受賞している。

主人公・リーガンを演じるマイケルが過去に「バットマン」で成功その後、作品に恵まれず長く俳優として不振にだった点が重なりキャラクターに深みを持たせている。(男性 20代)


アカデミー賞を賑わせた本作ですが、日本ではあまり話題にはならなかった印象です。『バベル』のイニャリトゥ監督が豪華キャストと共に描くドラマです。独特の世界観にシュールなブラックコメディも見どころです。
マイケル・キートンにこの役をやらせたことこそが最大のブラックジョークでしょう。自虐ネタでしょうか。
『バットマン』も観返したくなりました。(女性 20代)


作中の役と似た境遇にあるマイケルキートンが演じる主人公リーガン。皮肉を感じさせると同時に映画の中でもあるが、同じ境遇まで追い詰められた主人公がさらに舞台上でその役を演じる…という2重になった演技を見事演じきった。ワンカットで摩訶不思議な現象と現実が入っているところや元奥さんに声が聞こえると話しているところから、完全に現実と虚構の区別がつかなくなっていることがわかる。が、同時に不思議な現象も現実のものと思わせる。意見が分かれるところだろうが、外にいるはずの者が舞台裏にいたりタクシーのくだりで彼の頭の中だと分かる。このように精神が追い詰められていく様子が伝わり、彼が銃に玉を入れたシーンも妙に納得してしまった。
心の中が常に見えているような不思議な構図の映画だった。(女性 20代)


本作は、かつてヒーローだった「バードマン」を演じた男が、再び名声を取り戻そうと人生に翻弄する姿を描いたSFサスペンス作品。
シーンの切り替わりを感じさせないテクニックやカメラワークが非常に興味深かった。
内容は観ているのも辛くなる程の重さで、メッセージ性のある物語だった。
そして、完全に理解できたという訳ではないが、観た後の満足感は充分にあった。
哲学的なタイトルと完成度の高い映像やドラムの音響を使った雰囲気が好みで、とにかく鳥肌が立つほどかっこよかった。
『バットマン』も観返したくなった。(女性 20代)


いきなり不思議なシーンから始まる。しかしそれがさらりと描かれているので、え?と二度見をする感じだ。そんな二度見をするようなシーンが続く。これは特殊能力者のお話なのか?と思ってみていたがどうやらそうではなく、主人公の妄想をそれ以外の部分と区別せずに画面に出しているらしい。なるほど映画はそもそも虚構、その中で主人公に起きたことと主人公の妄想を分けることには意味はないかもしれない。
ラストを役者の表情で描いているのが良かった。それにしてもかつてバットマンだった人にバードマンやらせるとは。(男性 40代)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SF映画サスペンス映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
9000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,052円(税込)
無料期間30日間無料
作品数DVD約35万本+CD約25万本
特徴DVDやCDの宅配レンタルサービス。追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!ネットで簡単注文、借りた作品は自宅でお届け!返す時はポストへ返却するだけなので楽チン!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました