「BLAME!」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

BLAME!の概要:テクノロジーの暴走によって人間が排除対象とされた世界で生きるづるは、食料を探しに村の外へ出たことで霧亥と名乗る男と出会う。この出会いをきっかけにづるたちは生き残りをかけた戦いに巻き込まれることになる。

BLAME!の作品情報

BLAME!

製作年:2017年
上映時間:105分
ジャンル:SF、アクション、アニメ
監督:瀬下寛之
キャスト:櫻井孝宏、花澤香菜、雨宮天、山路和弘 etc

BLAME!の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『BLAME!』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年4月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

BLAME!の登場人物(キャスト)

霧亥(櫻井孝宏)
セーフガードに囲まれたづるを助けた男性。テクノロジーを操作し、都市の増殖を止める機能を持つネット端末遺伝子を探して旅をしている。
づる(雨宮天)
村の電基漁師見習いの少女。食料を探すために村の外にある狩場を目指していたが、セーフガードに見つかってしまう。新天地で村人たちを率いていくリーダーシップのある人物。
シボ(花澤香菜)
村の立ち入り禁止区域「腐れ祠」に眠っていたアンドロイドの女性。元は科学者としてものを複製する偽装技術を開発した。
タエ(洲崎綾)
づるの友人で彼女と共に狩場に向かっていた電基漁師見習いの少女。考えるより先に体が動いてしまうづるをサポートしている視野が広い人物。
おやっさん(山路和弘)
村の頭領で、づるたちの師匠である初老の男性。村の食料確保のため、霧亥に同行してものを複製できる自動工場に向かうことを決める。
捨造(宮野真守)
村の電基漁師でありづるたちの兄のような存在。射撃能力が高く、サナカンと戦う霧亥を銃でサポートしていた。
サナカン(早見沙織)
自動工場で死んだタエを元に作られた新種のセーフガード。タエに擬態していたことで村人から怪しまれることなく結界内に入り込む。霧亥と同等以上の戦闘力を持つ。
フサタ(島崎信長)
づると同年代で電基漁師見習いの少年。タエに想いを寄せていたため、村に帰ってきてから様子がおかしいタエを心配していた。

BLAME!のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『BLAME!』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

BLAME!のあらすじ【起】

遥か昔、突然暴走したテクノロジーによって、都市は増殖し階層化した。その後、人間は不法居住者と見なされるようになり、駆除対象とされてきた。

そんな世界で生きるタエ、づる、フサタを含む6人の子供たちはある日、ドロドロと呼ばれる食料を探すために電基漁師の装備一式を身に纏い、狩場と呼ばれる場所を目指す。

道中、監視塔を迂回しつつ移動し、ドロドロの管を見つけた一行だったが、すでに枯渇していたためドロドロを手に入れることができなかった。

次の瞬間、失望するタエたちはセーフガードと呼ばれる人間排除ロボットに囲まれる。

一人また一人と仲間が殺されていく中、身動きが取れなくなってしまったタエを助けに行ったヅルが高所から落下し、大群のセーフガードに追いかけられる。

絶体絶命のづるの前に一人の男が現れる。彼は重力子放射線射出装置と呼ばれる銃でセーフガードを一掃しづるたちを助けるのだった。

彼は、霧亥と名乗り、ネット端末遺伝子を持つ人間を探しているという。

づるたちは助けてもらった恩義から、彼を村に連れて帰ることにする。

BLAME!のあらすじ【承】

村に帰ると、村人の頭領であるおやっさんと捨造が一同を出迎えるが、霧亥をセーフガードではないかと疑い、警告する。

しかし、セーフガードは通ることができない村の結界を通り抜けた霧亥を見て、彼を村に招き入れる。

霧亥が、都市を制御する力を持つネット端末遺伝子について村人に尋ねると、おやっさんは彼を長年隠してきた場所「腐れ祠」に案内する。

祠にたどり着いた霧亥は、探索の結果、故障したアンドロイドを見つける。彼女はシボと名乗る科学者で、ネット端末遺伝子について知っているのだった。

シボは自分を自動工場に連れて行けば、ネット端末遺伝子と同じ効力を持つ偽装端末を作ることができると言う。彼女は過去に偽装端末を作ったことがあり、村の結界はこの端末を作る際の副産物だったのだ。

霧亥が無言でシボを担ぎ上げ、自動工場を目指して歩き始めると、自動工場で食料を生産することができると知ったおやっさんは、村を救うために協力を申し出る。

BLAME!のあらすじ【転】

準備を万端にし、霧亥と共に自動工場を目指す電基漁師たちは、霧亥とシボのおかげで誰一人欠けることなく自動工場にたどり着く。

工場内部に入ったシボは、最初に村人のための食料を作り出し、その後偽装端末の作成に取り掛かるが難航。逃げる準備をするよう指示すると、急にシボが話さなくなってしまう。

すると突然アラームが鳴り響き、電基漁師たちは二手に分かれて逃げることにするが、大群にセーフガードを前に防戦一方に。

囲まれた電基漁師たちが諦めかけた時、肉体を複製したシボが現れ、結界を張る。近くにあった車両に乗り込んだ一行はなんとか出発したものの、セーフガードに追い付かれてしまう。その状況を見た霧亥は残り少ない充電を使い、セーフガードを一掃するが、電池切れになってしまい意識を失うのだった。

一行が村に帰ると、宴が始まるがタエの様子がどこかおかしい。一方、シボは目をさました霧亥に偽装端末を接続する間、自分を守るよう頼む。

宴も終わり、後片付けをする村の人々の前に、銃を持ったタエが現れる。すると彼女は街を守る結界装置を壊し、姿を変える。彼女は自動工場で死んだタエを偽装して作られたセーフガード、サナカンだったのだ。

BLAME!の結末・ラスト(ネタバレ)

サナカンによって村人が次々殺されていくと、腐れ祠に向かっていた霧亥が異変に気付き、戦いを挑む。戦いは互角だったが戦闘中に銃を落としてしまった霧亥は肉弾戦を余儀なくされる。

しかし、その状況を見ていたづるが銃を拾い霧亥に渡したことで、なんとかサナカンに勝利する。

サナカンによって大量のセーフガードが村を襲い始めると、おやっさんは村人を塔に避難させ、そこで迎え撃つよう捨造に指示を出す。その後、塔に籠城することでセーフガードの排除に成功したものの、幾人かの村人を残し、大半はセーフガードに殺されてしまう。

シボは偽装装置に接続し、ネットを通じて都市を運営する統治局に接触を始める。統治局に対して攻撃を止めるようシボが進言すると却下されるが、代わりにセーフルームが監視していない地域を教えられる。

その後、シボは生き残った村人を車両に乗せ、セーフガードが寄り付かない階層に連れていく。

しかし、霧亥はネット端末遺伝子を探す旅を続けるため、首につけていた装置をづるに渡し、去っていく。

新階層にたどり着いた村人を率いていくづる。

数年後、づるは孫に霧亥について話し、もらった装置を握り締め、彼が旅を続けていることを祈るのだった。

BLAME!の感想・評価・レビュー

作品全体として少々専門用語が多く、自分なりに言葉の意味を推測する必要があるが、それだけ世界観が確立されており没入感が得られた。

また、全編3Dアニメーションの作品となっており、暗い世界の中でも滑らかに動くキャラクターたちの映像美が印象的だった。

キャラクターだけでなく、増殖し階層化する中で荒廃した都市の描写は、無機質な寂しさの中にもそれ故の美しさがあり、圧巻の風景だった。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする