映画『ブラッド・ダイヤモンド』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ブラッド・ダイヤモンド」のネタバレあらすじ結末と感想

ブラッド・ダイヤモンドの概要:アフリカのシエラレオネで、内戦が続く要因となっていたブラッド・ダイヤモンドと、動員される少年兵の問題を主題とした、社会派アクション映画。密輸人、住民、ジャーナリストの三者の視点で描かれている。

ブラッド・ダイヤモンドの作品情報

ブラッド・ダイヤモンド

製作年:2006年
上映時間:143分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:エドワード・ズウィック
キャスト:レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー、ジャイモン・フンスー、マイケル・シーン etc

ブラッド・ダイヤモンドの登場人物(キャスト)

ダニー・アーチャー(レオナルド・ディカプリオ)
ブラッド・ダイヤモンドを密輸する商人。アフリカ生まれの白人で、元傭兵。アフリカの外で生活することを夢見ている。
マディー・ボウエン(ジェニファー・コネリー)
アメリカ人のジャーナリストの女性。正義感が強く、世界中の紛争地域を取材している。ブラッド・ダイヤモンドの取引ルートを調べている。
ソロモン・バンディー(ジャイモン・フンスー)
シエラレオネで妻と子供たちと暮らす男性。家族を愛している。息子の将来に期待している。
ディア・バンディー(カギソ・クイパーズ)
ソロモンの息子。勉強が得意な真面目で素直な少年。毎日5㎞先の学校まで徒歩で通っている。
大佐(アーノルド・ヴォンスルー)
アーチャーを指導し、指示している人物。傭兵部隊の大佐。

ブラッド・ダイヤモンドのネタバレあらすじ

映画『ブラッド・ダイヤモンド』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ブラッド・ダイヤモンドのあらすじ【起】

舞台は1999年、アフリカのシエラレオネ。内紛の激しいこの国で産出されるダイヤモンドは、ゲリラの資金源となっていた。このダイヤモンドはブラッド・ダイヤモンドと呼ばれ、世界的に問題視されていた。

シエラレオネで家族と暮らすソロモンは、ある日ゲリラ革命統一戦線(RUF)の襲撃にあう。村を襲うRUFから家族を守り、逃がすことに成功するが、ソロモン自身はRUFに拘束される。ソロモンはRUFのダイヤモンド採掘場で働かされることとなる。

アフリカ出身の白人アーチャーは、ダイヤモンドの密輸を行っている。傭兵の大佐の指示で、ゲリラからダイヤモンドを受け取り、換わりに武器を渡している。しかしある時、ダイヤモンドを持ち出そうとして、シエラレオネの軍に見つかってしまい、逮捕される。

ダイヤモンド採掘場で強制的に働かされているソロモンは、偶然大きなピンクダイヤモンドを見つける。それをRUFに渡さず、隠そうとするが、RUFの戦士に見つかってしまう。

ブラッド・ダイヤモンドのあらすじ【承】

RUFの戦士がソロモンを殺そうとした、ちょうどその時、RUFをシエラレオネの政府軍が襲撃する。その隙にソロモンはピンクダイヤモンドを採掘場そばに隠す。

その後、ソロモンはシエラレオネの刑務所に収容される。刑務所の中で、ソロモンは自身を殺そうとしたRUF戦士と再会する。戦士はソロモンに、ピンクダイヤモンドを返すよう脅す。しかし、ソロモンは拒否した。

アーチャーは、刑務所の中で、ソロモンと戦士のやりとりを聞いていた。ソロモンのピンクダイヤモンドを手に入れようと画策する。

シエラレオネには、RUFが侵攻していないフリータウンがある。フリータウンのバーで、アーチャーはアメリカ人のマディーと出会う。マディーはジャーナリストで、ブラッド・ダイヤモンドの取材に来ていた。アーチャーは取材を申し込まれるが、断る。

アーチャーが払った釈放金により、刑務所を出たソロモンは、フリータウンにとどまる。そこで家族の居場所を調べようとするが、見つけることができない。

ソロモンの家族はRUFから逃げ続けていたが、息子のディアだけはRUFに捕まってしまっていた。RUFではさらって来た少年を、あらゆる方法で洗脳し、RUFの戦士にしていた。
ディアも洗脳を受け、RUFの一員となろうとしていた。

大佐もピンクダイヤモンドを狙っていることを知ったアーチャーは、ソロモンにピンクダイヤモンドの場所を何度も尋ねるが、ソロモンはアーチャーを信用せず、答えない。

ブラッド・ダイヤモンドのあらすじ【転】

フリータウンにもRUFが迫る。アーチャーは、ソロモンの家族を探すことを条件に、ピンクダイヤモンドの在り処を話すよう説得する。説得の最中、街で政府軍とRUFの銃撃戦が始まる。多くの市民が犠牲となる中、ソロモンはアーチャーの助けで生き延びる。一日が終わるころには、街は廃墟と化し、RUFに占拠されていた。

ソロモンとアーチャーは、市外へ脱出し、マディーを訪ねる。アーチャーは、マディーにブラッド・ダイヤモンドの取引ルートを教え、その引き換えにソロモンの家族を探させる。

ソロモンの家族は、ギニアの難民キャンプにいた。ギニアに向かったソロモンは、ディアを除く家族と再会する。そして、ディアがRUFにさらわれたことを知る。

ソロモンはアーチャーにピンクダイヤモンドの在り処を教え、三人はシエラレオネに戻る。
アーチャーはマディーの協力を得るため、ブラッド・ダイヤモンドの取引ルートの具体的な証拠を渡す約束をする。

三人は、ピンクダイヤモンドを隠した採掘場へ向かう。採掘場そばの街には、大佐が軍を率いていた。大佐はダイヤモンド採掘場を得るために、シエラレオネ政府軍に協力している。アーチャーはマディーに、脱出するよう伝え、自分のダイヤモンド取引情報が書かれたノートを渡す。マディーは、別れを惜しみ、自分の連絡先をアーチャーに渡した。

ブラッド・ダイヤモンドのあらすじ【結】

採掘場はRUFが占拠していた。アーチャーは、大佐にRUFを空爆するよう頼む。空爆が開始されるまでの間に、ソロモンはRUFの中からディアを見つける。しかし、洗脳されたディアは、ソロモンと共に逃げることを拒む。

大佐による空爆が開始され、RUFを殲滅する。アーチャーとソロモン、ディアは空爆の中生き残った。

アーチャーは大佐に脅され、ソロモンにピンクダイヤモンドを掘り返させる。隙をついて大佐と見張りを殺し、ピンクダイヤを渡さずに済んだが、アーチャーは致命傷を負う。

アーチャーの仲間が助けに来る場所まで、三人は急いで向かう。しかし、アーチャーはあと少しのところで動けなくなる。死期を悟ったアーチャーは、ソロモンとディアが生き延びることを優先させ、二人と別れる。一人になったアーチャーは、マディーに電話する。ディアとソロモンのことを頼み、別れを告げる。

ロンドンでソロモンとマディーは再会する。ソロモンがかつてのアーチャーの取引相手とダイヤモンドの取引をする。その取引により、ソロモンは家族をロンドンに呼び寄せる。

マディーはソロモンのダイヤモンド取引の写真を撮り、ブラッド・ダイヤモンドの取引ルート全てを記事にした。

この記事をシェアする