映画『ブラッド・ファーザー』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ブラッド・ファーザー」のネタバレあらすじ結末と感想

ブラッド・ファーザーの概要:リディアは14歳の頃に失踪した。それから3年後、リディアは恋人のジョナと一緒にいた。しかし、ある日事件が起こり、恋人の仲間から逃げなければならなくなる。リディアは父親に助けを求めた。

ブラッド・ファーザーの作品情報

ブラッド・ファーザー

製作年:2016年
上映時間:88分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:ジャン=フランソワ・リシェ
キャスト:メル・ギブソン、エリン・モリアーティ、ディエゴ・ルナ、マイケル・パークス etc

ブラッド・ファーザーを無料でフル視聴できる動画配信一覧

映画『ブラッド・ファーザー』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。お試し期間で気になる映画を無料で見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年5月現在のものです。

ブラッド・ファーザーの登場人物(キャスト)

ジョン・リンク(メル・ギブソン)
刑務所に入っていたことがあり、娘とは疎遠になっていた。現在は断酒プログラムに参加し、彫り師として仕事を行っている。
リディア・ジェーン・カーソン(エリン・モリアーティ)
17歳。14歳の頃に家出をする。明るく物怖じしない性格。ジョンの娘。
ジョナ・ピンサーナ(ディエゴ・ルナ)
叔父はカルテルのボス。表向きは不動産関係の仕事を行っているが、裏では麻薬の売買を行っている。リディアの恋人。

ブラッド・ファーザーのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ブラッド・ファーザー』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ブラッド・ファーザーのあらすじ【起】

リディア・ジェーン・カーソンは2012年に失踪した。失踪当時、14歳だった。現在。リディアは恋人のジョナに頼まれ、弾を買いに行った。ジョナは仲間の男達と共にある家の中に入り、リディアに裏口を見張らせた。家の中から銃声が聞こえたため、リディアは様子を伺いに行った。すると、男性が死んでおり、その妻が捕らえられていた。ジョナ達は奪われた金を取り返すために行ったのだが、妻は何も知らないと抵抗した。リディアはもう止めてくれと頼むが、ジョナは聞いてはくれなかった。ジョナはリディアに妻を殺させようとした。ジョナに銃を突きつけられたリディアは引き金を引き、誤ってジョナを撃ってしまう。

誕生日、ジョン・リンクは断酒プログラムに参加していた。そこで、刑務所に入っていたこと、現在仮釈放の身であることを話した。ジョンは彫り師として働いており、店には行方不明の娘についての張り紙を張っていた。

ジョンの元に娘のリディアから突然電話がかかってきた。リディアは仕事と部屋を探すのにお金を必要としていた。ひとまずジョンはリディアを迎えに行った。2人は久しぶりに会ったこともあり、ぎこちない雰囲気を漂わせた。ジョンはリディアの鞄の中に酒の瓶が入っているのが気になった。リディアが眠っている間に鞄の中を確認した。すると、拳銃が出てきた。

ブラッド・ファーザーのあらすじ【承】

リディアは恋人の裏社会の仲間に追われていることをジョンに打ち明けた。ジョンは薬と麻薬の依存症でリディアが妄想に囚われていると思い、話を信じなかった。リディアの携帯に、ジョナの仲間から「必ずお前を捕まえる」とメッセージが入った。怯えたリディアは麻薬を使ってしまう。ジョンはすぐにそのことに気づき、麻薬を使わないよう叱った。

ジョンはリディアの様子を不審に思う。そんな時、ガラの悪い男達がやってきて、リディアに会わせろと脅してきた。ジョンが無視して家の中に逃げると、拳銃などを使って攻撃してきた。リディアが刑務所に入れば殺されると怯えていたため、警官を呼ぶことはできなかった。ジョンはリディアを守りながら戦い、友人のカーヴィに連絡を入れた。すると、カーヴィが銃を持ち仲間を連れて現れた。男達はリディアに会うのを諦め、引き揚げていった。

ジョンはリディアを逃がすことにした。家を襲撃した男達のタトゥーを見て、2人はメキシコ系のギャングに所属しており、もう1人は「PEN1」と呼ばれる白人至上主義の組織に所属していることが分かった。その2組が手を組んでいるなら、大金が絡んでいると予想がついた。

リディアは母親の家を出てからのことをジョンに話した。襲ってきた男達のことは、ジョナの仲間ということしか知らなかった。ジョナは不動産関係の仕事を行っていた。あるパーティーで2人は出会い、付き合うようになった。リディアはジョナから、住み込みで谷にある小さなコテージの管理を頼まれる。そこは麻薬と現金の隠し場所だった。リディアはそこに友人達を呼んで遊んだ。その時、麻薬が紛失する事件が起きる。リディアは麻薬を見ておらず何も知らなかったが、ジョナの仲間はリディアを疑い激怒した。さらに、リディアはジョナも射殺してしまったことを打ち明けた。ジョンは衝撃の事実に言葉を失くす。

ブラッド・ファーザーのあらすじ【転】

ジョンとリディアはモーテルに泊まった。そこで、リディアが複数の殺人に関与しているとのことで、重要参考人としての令状が出ているとのニュースが流れた。さらに、ジョンもリディアの同行者としてテレビで放送された。モーテルに警官が駆けつけるが、ジョン達はモーテルで働いている青年に助けられる。ジョン達が警官の様子を伺っていると、銃声が鳴り響いた。正体不明の男が警官を撃ったのだ。ジョンは車を盗み、リディアと共に逃げ出した。正体不明の男は麻薬カルテルの手下で、警官や判事を狙う殺し屋だった。

ジョンは「説教師」と呼ばれる古い友人を訪ねることにした。説教師の居場所を知っているはずのバーを訪れるが、マスターは教えてはくれなかった。ジョンは酒の誘惑に負けそうになったため、カーヴィに電話をかけて気分を落ち着かせた。その間に、リディアは男達と楽しげにおしゃべりをしていた。ジョンはリディアを心配して電話を切った。リディアは男達から説教師の居場所を教えてもらっていた。

ジョンは説教師のことを父のように慕っていたため、彼の犯罪について口を噤んで1人で刑期を全うしていた。説教師はジョンに借りがあったが、リディアに懸賞金が懸けられていることを知り裏切ることにした。ジョンは説教師に預けていたバイクに乗り、リディアと共に逃げた。

ブラッド・ファーザーの結末・ラスト(ネタバレ)

ジョンは友人のリオスに会うため、1人で刑務所に向かった。不安になったリディアはジョンに連絡を入れるが、刑務所の中に入ったジョンは携帯を預けていたため気づかなかった。そんな時、リディアの携帯にカーヴィから電話がかかってくる。カーヴィは1人でいるのが危険なため、人がいるところに移動することを勧めた。

ジョンはリオスにジョナのことを聞いた。リオスはジョナの叔父がカルテルのボスであることを教えた。ジョナは問題行動が多かったため、組織から遠ざけられてロサンゼルスで麻薬の管理をしていた。ジョンが殺し屋につけ狙われていることを打ち明けると、リオスはジョナが大金を盗んだ罪をリディアに擦りつけた可能性があると説明した。リオスはジョンのために、ジョナの叔父に話をつけることにした。

リディアが映画を見ていると、ジョナから電話がかかってきた。ジョナは闇医者にかかり、一命を取り留めていた。リディアの前にジョナが現れ、周囲にはジョナの仲間の男達が待ち構えていた。リディアは逃げるが、捕まってしまう。

刑務所から出たジョンはリディアに電話をかけるが繋がらなかった。カーヴィに電話をかけると、ジョナが出た。ジョナはカーヴィを脅してジョン達の居場所を知ったのだ。ジョナはジョンと電話で会話をしながら、カーヴィを始末した。ジョンはジョナの叔父に連絡が取れることを話し、自分が行くまでリディアを殺すなと脅した。ジョナはそれを受け入れた。

ジョンは説教師の元から武器を奪い、目の前に立ちはだかった説教師を殺してリディアの元に急いだ。ジョナには逃げられてしまうが、ジョナの仲間を倒してリディアを救い出した。しかし、ジョンは撃たれてしまい、瀕死の重傷を負う。リディアは助けを呼びに行こうとするが、ジョンは傍にいることを望んだ。リディアが見守る中、ジョンは息を引き取った。

ジョナは逮捕される。刑務所ではリオスとその仲間達が待ち構えていた。リディアはお酒と薬物を止める会に参加し、父への感謝の気持ちを話した。

ブラッド・ファーザーの感想・評価・レビュー

リディアは若いせいなのか、考えなしなところがあって無謀な女性だと感じた。しかし、愛嬌があり、彼女を演じているエリン・モリアーティも可愛かったので不快には感じなかった。リディアの父親を演じたメル・ギブソンは、今回の役がピッタリと合っていた。刑務所に入っていたり酒に溺れた過去があったりと、全うな人生を歩んできたわけではないが、何よりも娘を大切に思う気持ちが伝わってきたため、カッコいいお父さんだなと思った。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする