映画『ブラッディ・リベンジ』のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は? | MIHOシネマ

「ブラッディ・リベンジ」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

ブラッディ・リベンジの概要:内気な大学院生ノエルは、人望に厚く才能のあるクラスメイトに恋心を寄せていた。ある時彼からパーティに誘われたノエルは、嬉々として彼の家を訪ねたが、残酷にもレイプされてしまう。傷ついたノエルは復讐の鬼へと変貌を遂げる。

ブラッディ・リベンジの作品情報

ブラッディ・リベンジ

製作年:2017年
上映時間:92分
ジャンル:サスペンス
監督:ナタリヤ・レイチ
キャスト:フランチェスカ・イーストウッド、クリフトン・コリンズ・Jr、リーア・マケンドリック、ピーター・ヴァック etc

ブラッディ・リベンジの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『ブラッディ・リベンジ』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年11月現在のものです。

ブラッディ・リベンジの登場人物(キャスト)

ノエル・ポセロ(フランチェスカ・イーストウッド)
バルボア大学の美術学研究科に通う学生。同じ学部の人気者、ルークに想いを寄せているが、その気持ちにつけ込まれレイプされてしまう。学校に被害を訴えるも助けて貰えず、自らの手で制裁を加える。
ケネディ警部(クリフトン・コリンズJr.)
ルークの死をはじめ、バルボア大学の男子学生が次々と死亡する事故を事件として捜査する。ノエルは事件と関係があるのではないかと踏む。
スカイ / デイジー・アストン(リーア・マケンドリック)
ノエルが住む寮の隣人。親友。ノエル同様レイプされた過去を持つが、打ち明けられずにいる。
ルーク(ピーター・ヴァック)
ノエルが秘かに想いを寄せているイケメン。交友関係が広く、連日開かれるパーティに多くのゲストが集まる人気者。ノエルの視線に気が付き、レイプ目的でパーティに誘う。
シェーン(デビット・フウィン)
ノエルやルークと同じ学科に通っている学生。ノエルとは友人だが、それ以上の感情を持っているようだ。

ブラッディ・リベンジのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ブラッディ・リベンジ』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ブラッディ・リベンジのあらすじ【起】

バルボア大学の美術学研究科に通うノエルは、内気な学生だった。階段で他の学生とすれ違う時も、挨拶を交わさないどころか肩をぶつけられるような存在感の無さである。彼女の作品は品評会で酷評を受ける程に平凡な作風で、教授からは「もっとリスクを冒せ」と喝を入れられる。そんなノエルは、クラスメイトのルークに恋心を抱きつつも、彼に気付かれないように遠くから眺める日々を過ごしていた。

ある日ノエルは、構内の中庭でルークを見つめていたところ、視線に気付いた彼に声を掛けられた。憧れの人との会話にドギマギしながらも、彼からのパーティへの誘いを承諾した。その夜、普段は着ないようなドレスに身を包むノエルの姿を見た親友のスカイは、彼女に男性の陰を見る。ルークと仲良くなりたいがどうしていいか分からないと緊張するノエルはスカイにアドバイスを貰い、勇んでパーティへと向かった。

パーティには大勢の学生達が集まっていた。ノエルは勇気を出してルークに声を掛け、2人は芸術の話で盛り上がる。「君と話してると楽しいよ」と囁かれたノエルは舞い上がり、導かれるまま彼の部屋に入ってしまった。そこで、さっきまで優しく接してくれていたルークは豹変。ノエルは抵抗らしい抵抗もできないまま犯されてしまった。ルークは前からノエルの視線に気が付いており、レイプ目的でパーティに誘っていたのだ。ノエルは、気合いを入れてセットした髪やドレスをめちゃくちゃにされ、全身痣だらけで寮へと帰った。

ブラッディ・リベンジのあらすじ【承】

深く傷ついたノエルに気付いたスカイは、彼女から事情を聞き唖然とする。ノエルはレイプされた事実を学校に相談しようとするが、スカイは「私の友人の話」をして忠告する。レイプ被害は学校や警察に相談してもまともに取り合って貰えず、かえって異常者扱いされてしまうと言うのだ。そうアドバイスを受けたノエルだったが、堪らず学校カウンセラーのメリンダ・サンダースに被害を報告しに行った。

ところが、スカイの言った通りノエルの訴えは相手にされなかった上に、彼女に落ち度があるような責められ方をした。何も信用できなくなったノエルは、ルークに直接謝罪を求めるため彼の部屋を再び訪れる。しかし、ルークはノエルの言い分を全く聞き入れようとしない。口論の末にノエルは、彼を2階から突き落として殺してしまった。警察が彼の死因を調べるにあたり、最後にメールのやり取りをしたノエルも捜査線上に上がったが、彼女はそれを上手くかわす。警部のケネディだけは、ノエルをマークしたままだった。

自分をレイプした相手を殺してしまったノエルは、校内で他のレイプ事件がなかったかを調べ、同じような被害を受けたリンジー・ショウとコンタクトを取る。彼女を集団でレイプしたアメフト部の選手達が無罪放免となり、今ものうのうと生活していることを知ったノエルは、彼らに制裁を加えることを決意する。

ブラッディ・リベンジのあらすじ【転】

アメフト部のパーティに変装して忍び込んだノエルは、リンジーをレイプした学生を殺害。興奮冷めやらぬまま彼女はキャンバスに本能をぶつけ、殺人の後に描いた油絵はこれまでにない程の高評価を得た。ノエルは勢いそのままに、他のレイプ犯達も次々に殺害。その度に素晴らしい作品を描いていった。

ノエルがスカイの部屋を訪れると、彼女は自傷行為を行っていた。以前「友人の話」を聞かせてくれたスカイのことを気にかけたノエルは、警備室で校内での犯罪記録を調べる。そこでスカイの本名がデイジー・アストンであることと、彼女もノエルやリンジーと同じようにレイプ被害にあっていたことが判明する。さらに、スカイの証言に対して「精神異常」や「合意の可能性あり」といった誤った診断が下されていたのだ。ノエルはこの診断を下し、自分の証言も聞き入れなかったカウンセラーのメリンダを恐喝。スカイをレイプした学生、カルヴィン・リーヴスを殺そうとする。

カルヴィンを拉致し体育館へ連れ込んだノエルだったが、警備員が血溜まりに気付き通報。ノエルは、泣き叫ぶカルヴィンの首元に鋏を突き刺し逃走した。

ブラッディ・リベンジの結末・ラスト(ネタバレ)

カルヴィンの殺害未遂を受け、ケネディはスカイに事情聴取を行うが、リンジー同様自分をレイプした相手について語りたがらなかった。警察にマークされたスカイは、最近のノエルの挙動を怪しみ彼女の洗濯物を漁る。すると、洗濯かごから血のついたタンクトップと、自分がレイプされた時の写真が出てきた。

カルヴィンを殺し損ねたノエルだったが、学生生活は順調だった。教授から短期間での成長を認められ、修了式での代表スピーチを任されたのだ。このことでさらに自信がついたノエルが帰宅すると、スカイは彼女を問い詰めた。スカイは警察から監視されていることでトラウマが蘇り、ノイローゼ状態になっていた。いたたまれなくなったノエルは彼女に一連の犯行を告白し、翌朝自首すると約束したが、スカイは「私が殺人犯です」と書き残し自殺してしまった。

修了式を迎えたノエルは、同じ学部の生徒の前で堂々とスピーチをした。病院で意識を取り戻したカルヴィンの証言を受け彼女を逮捕しに来たケネディは、スピーチが終わるのを待つ。ノエルは「皆さんどうか、美を保つより真相を明かしてください。正直でいてください」と締めくくり、晴れやかに微笑んでパトカーに乗せられた。

ブラッディ・リベンジの感想・評価・レビュー

綺麗なクリフトン・コリンズJr.が見られる貴重な映画の1つである。

陰キャのノエルが殺人によって自身を付け陽キャへと変貌する様は、賛同こそできないが美しい成長過程である。暴行シーンや殺害方法も現実的で、違和感なく鑑賞できる。

細かい苦言を呈すると、綺麗なクリフトン・コリンズJr.がノエルに最初の聞き取りをしてから、次の登場シーンでは沢山の髭をたくわえていたので、時間経過の表現が甘いように感じた。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする