映画『ブリグズビー・ベア』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ
9000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『ブリグズビー・ベア』のネタバレあらすじ結末と感想

映画『ブリグズビー・ベア』の概要:幼児時に誘拐された男は25年間、偽の両親によって監禁され、ブリグズビー・ベアというテレビ番組だけを見て育った。ある時、警察が押し入り、救助された彼は、初めて外の世界に触れるのだが…。

スポンサーリンク

映画『ブリグズビー・ベア』の作品情報

ブリグズビー・ベア

製作年:2017年
上映時間:97分
ジャンル:ヒューマンドラマ、コメディ
監督:デイヴ・マッカリー
キャスト:カイル・ムーニー、クレア・デインズ、マーク・ハミル、グレッグ・キニア etc

映画『ブリグズビー・ベア』の登場人物(キャスト)

ジェームス(カイル・ムーニー)
25年前に誘拐され、テッドとエイプリルに育てられる。外の世界からは完全に隔離されていたが、物心つく前から監禁されていたため、本人はそれが当たり前だと思っている。ブリグズビー・ベアという番組だけが唯一の娯楽で、大切なことは全てブリグズビーが教えてくれた。
テッド(マーク・ハミル)
25年前に妻のエイプリルがジェームスを拉致してきて以来、ジェームスの父親として彼を育てている。当初は罪の意識もあったが、幼いジェームスの可愛さに負け、エイプリルと両親を演じることにした。ジェームスのために、ブリグズビー・ベアというテレビ番組を自主製作している。

映画『ブリグズビー・ベア』のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ブリグズビー・ベア』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

映画『ブリグズビー・ベア』のあらすじ【起】

ジェームスはテッドとエイプリルという両親に育てられていた。両親の話では外の世界は毒素で汚染されており、ガスマスクを付けないと出ることができないという。彼の部屋はブリグズビーというクマのキャラクター・アイテムでいっぱいだった。毎週、着ぐるみのブリズグビー・ベアが活躍するビデオがポストに投函される。ジェームスはブリズグビーの大ファンだった。

ある夜、警察がジェームスの所へやってきた。テッドとエイプリルはジェームスに“強くあれ”と告げると、逮捕されていった。二人はジェームスの本当の両親ではなかった。彼らは幼子のジェームスを誘拐し、25年も自分たちの子として育て、監禁していたのだった。

警察に救助されたジェームスは、本当の家族の元に戻った。外の世界に触れるのも初めてだった。ジェームスはカウンセラーから、ブリズグビーはテッドたちが自作した手作り番組なので、新作はもう作られることはないと告げられ、ショックを受ける。

本当の父親がジェームスを映画館に連れていった。映画は誰でも作ってよいのだと教えてもらったジェームスは、あることを思いつく。彼はネット検索や、映画の専門書を読み漁りだした。ブリグズビー・ベアの映画を自分で作ろうと考えたのだ。

映画『ブリグズビー・ベア』を無料視聴できる動画配信サービスと方法
映画『ブリグズビー・ベア』を無料視聴できる動画配信サービスと方法を分かりやすく紹介しています。

映画『ブリグズビー・ベア』のあらすじ【承】

妹のオーブリーは突然にできた兄に戸惑い、冷たい態度をとっていた。オーブリーの友達の家でパーティがあり、一緒にやってきたジェームスは、スタートレックのTシャツを着たスペンスという青年に出会う。ブリズグビーの話をすると、面白そうだと興味を示してくれた。

初めてのパーティで、アルコール、ドラッグ、性行為と立て続けに体験したジェームスは、思わず家を飛び出して酔いつぶれてしまう。翌朝、スペンスの部屋で目を覚ました。良くしてくれるスペンスに親しみを感じたジェームスは、ブリズグビーのビデオテープを彼に貸した。

映画を撮るには機材が必要だ。ジェームスは警察署へ行き、押収されたテッドが使っていた機材や小道具を渡してほしいとお願いする。事件を担当している刑事の返事は、当然の如くノーだった。だが、ジェームスの映画作りを応援したい気持ちはあり、内緒でいくつかの小道具を持ってきてくれた。その中には、ブリズグビーの着ぐるみの頭もあった。それを見てジェームスは大喜びする。

スペンスから電話が掛かってきた。彼はブリズグビーに夢中になっていた。誰かと大好きなものについて熱く語れることに、ジェームスは嬉しくなる。映画の絵コンテを見せると、スペンスはすぐに一緒に作ろうとやる気満々になった。

スペンスはジェームスに借りたビデオを動画サイトにアップしていた。再生回数はどんどん伸び、ブリズグビー・ベアは大人気になる。

映画『ブリグズビー・ベア』のあらすじ【転】

両親は少しでも事件のことを忘れてほしいと、ジェームスに色々なことをさせようとするが、彼の頭の中は映画製作のことでいっぱいだった。

スペンスやオーブリーたちと撮影を兼ねたキャンプに出掛けることになった。大自然の中で、ブリズグビーの着ぐるみを着て演技をするジェームス。その姿に、次第にオーブリーの頑なな心が溶けはじめ、二人は兄妹として仲良くなることができた。

夜、爆破シーンを撮ることにしたジェームスとスペンス。この時のために、ジェームスは爆弾の小道具を作ってきていた。しかし、とんでもないことが起きてしまう。爆破はアニメで表現する予定だったが、実写にこだわったジェームスは、火薬を使い本物の爆発を起こしてしまったのだ。警官に爆発を見られた二人は、逮捕されてしまった。

警察沙汰になったことで、両親は更に心配し始める。カウンセラーからも“クマは忘れて大人になれ”と言われる。だが、ジェームスにとってブリズグビーは人生そのもの。忘れることなど不可能だった。

ジェームスには会いたい人がいた。それはビデオに出演していた女の子。ネット検索で現在の居場所を知ったジェームスは、両親の車を勝手に乗り回して彼女に会いに行く。本名はホイットニーと言い、彼女もすっかり大人になり、子持ちだった。当時は小遣い稼ぎのために、言われるがまま演技をしていたのだそうだ。映画に出演しないかと誘うが、気乗りしない返事だった。去り際、“ブリズグビーとあなたは、ずっと僕の心の支えだった。愛している。昔から、ずっと”と伝えると、ジェームスは再び警察に連れていかれた。

映画『ブリグズビー・ベア』の結末・ラスト(ネタバレ)

ジェームスの行動についていけなくなった父は、自分たちではどうにもできないと考え、彼を施設へと入れてしまった。映画作りもできない退屈な日々の中で、カウンセラーからテッドとエイプリルが罪を認めたと知らされる。

施設から逃亡を図ったジェームスは、自宅へとこっそり帰ってくる。そこでは、スペンスやオーブリー、そして反対していた両親が、映画撮影の準備をしていた。オーブリーから撮影時の映像を見せられた両親は、そこに映った活き活きとしたジェームスの姿を見て、考えが変わったのだった。“今のままの君を愛している。クマも君の一部だ”と父が言う。ジェームス、オーブリー、両親の四人は、初めて家族として強く抱きしめあった。

テッドに会いに、刑務所へとやってきたジェームス。テッドに、あるお願いをする。映画を完成させるために、声を録音させてほしいと。ジェームスが自分で脚本を書き、ブリグズビーを作っていることに喜んだテッドは、向けられたマイクに精いっぱいの演技で答えた。

“ぼくらのブリグズビー・ムービー”と題された映画がプレミア上映された。チケットは完売。だが、上映が始まってもジェームスはやってこない。心配したスペンスが捜しに行くと、彼はトイレで吐いていた。ジェームスは、もし不評だったらと不安な声を出す。それを聞いたスペンスは言った。“他人の評価なんてどうでもいいんだ。君はやり遂げた”

映画にはホイットニーも出演してくれていた。こっそり着ぐるみを持ってきてくれた刑事も。上映が終わっても、怖くて観客のところへ行けないジェームス。だが、場内から拍手の音が聞こえ、思わず振り返った。覗いてみると、場内は大喝采だった。観客はスタンディングオベーションでジェームスを出迎える。ふと、見上げると、スクリーンの端にブリグズビーが立っていた。ジェームスは静かにうなずいた。ブリグズビーも静かにうなずき返した。そして、腕時計型のワープ装置のスイッチを押すと、ブリグズビーは遠くはるか彼方へと消え去っていったのだった。

映画『ブリグズビー・ベア』の感想・評価・レビュー

誘惑した偽物の父が作った教育番組だけを25年間見て育ってきたジェームス。本当の両親の元へ戻り、環境が変わっても、彼のブレない「ブリグズビー・ベア」への情熱に感心する。彼を見ていると、童心に返ったような気持ちになり、わくわくするのだ。

ジェームスの情熱が次第にまわりの心を動かし、完成した映画によって多くの人に「ブリグズビー・ベア」の素晴らしさを伝えられるラストも感動的だ。
好きなことに全力投球することの楽しさ、それを仲間と分かち合える喜びを感じられる作品である。(女性 30代)


外の世界を知らずに、25年間ブリグズビー・ベアの世界で育ったジェームスの物語。
大人になってから突然外の世界へ解放され困惑しつつも、周囲の人々に支えられながら「ブリグズビー・ベア」の映画版を完成させる姿が真っ直ぐでかっこいいと思った。
今まで親しんできた世界から切り離され、本物の両親や世界とどのように接していくのかが見どころとなっている。
物作りに情熱を注ぎ、一つの形にすることの素晴らしさや映画愛に溢れていて心打たれる作品となっている。(女性 20代)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
コメディ映画ヒューマンドラマ映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
9000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,052円(税込)
無料期間30日間無料
作品数DVD約35万本+CD約25万本
特徴DVDやCDの宅配レンタルサービス。追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!ネットで簡単注文、借りた作品は自宅でお届け!返す時はポストへ返却するだけなので楽チン!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました