「カーズ」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

カーズの概要:若き天才レーサー、マックィーンはその若さ故に傲慢だった。そんなマックィーンが様々な出会いから変わっていく姿を描いた成長ストーリー。息を呑む熱いレース展開から目が離せない。

カーズの作品情報

カーズ

製作年:2006年
上映時間:122分
ジャンル:アクション、アニメ
監督:ジョン・ラセター
キャスト:オーウェン・ウィルソン、ポール・ニューマン、ボニー・ハント、ラリー・ザ・ケイブル・ガイ etc

カーズの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『カーズ』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

カーズの登場人物(キャスト)

ライトニング・マックィーン(オーウェン・ウィルソン)
若いながらも確かな実力を持つレーサー。ラジエーター・スプリングスという田舎町に迷い込む。
メーター(ラリー・ザ・ケーブル・ガイ)
ラジエーター・スプリングスに住むボロボロのレッカー車。
サリー(ボニー・ハント)
ラジエーター・スプリングスの住民。弁護士。
ドッグ・ハドソン(ポール・ニューマン)
ラジエーター・スプリングスの長老。実は伝説的なレーサー。
キング(リチャード・ペティ)
「ピストン・カップ」でのマックィーンのライバル。百戦錬磨の大先輩。
チック・ヒックス(マイケル・キートン)
「ピストン・カップ」でのマックィーンのライバル。暴力的。
マック(ジョン・ラッツェンバーガー)
マックィーンを乗せて運んでいたトレーラー。

カーズのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『カーズ』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

カーズのあらすじ【起】

車が自分の意思で喋り、動く世界。レーサー達にとっての憧れの舞台、それがこの世界における最高峰のレース、「ピストン・カップ」だった。そしていよいよそのピストン・カップも、シーズンの最終レース、「ダイナコ400」を残すのみとなる。

そしてそのレースには、ライトニング・マックィーンというレーサーが出場することになっていた。マックィーンはまだ年若いながらも確かな実力を持ち合わせたレーサーだ。そんなマックィーンは、史上初の新人チャンピオンの座を狙っていた。そして気合の入ったマックィーンは見事な走りを見せ、優勝争いに名を連ねることとなる。レースの終盤でマックィーンはチック・ヒックス、そしてレーサーの大先輩であるキングと熾烈な争いを繰り広げる。

しかし、まだ若いマックィーンはレースの途中驕りをみせてしまう。タイヤ交換をするように、というピットクルーの発言を無視し、自分の意思で走り続けてしまうのだった。しかし、無理がたたりゴール前で何とマックィーンはパンクしてしまうのだった。何とか走りきり、3台は何と3着同時ゴールインという奇跡を起こす。

カーズのあらすじ【承】

しかし、彼らは真に早いレーサーを決めなければいけない。そこで、1週間後に控えているカリフォルニアのレースで1位を決めることにするのだった。そしてカリフォルニアに向かうべく、マックィーンはマックというトレーラーに乗っていた。しかし何と、信じ難いごとにマックが途中居眠り運転をしたために、マックィーンはマックから振り落とされてしまったのだ。

こうしてマックィーンは、「ラジエーター・スプリングス」という田舎町に取り残されてしまった。更に、その際に道路を壊した罪、そしてスピード違反の罪で何とマックィーンは逮捕されてしまったのだ。この街の長老であるドック・ハドソンはマックィーンを街から追い出そうとするが、そんなマックィーンを救ったのはサリーという女性だった。

そして、彼女の提案もありマックィーンは、とあるレースに挑むことになる。そのレースに負ければ、マックィーンは道路の修繕工事を手伝わなければいけないのだ。

カーズのあらすじ【転】

有名レーサーであるマックィーンは自分の敗北を一切予想していなかった。しかし蓋を開けてみると、何とマックィーンは勝負に敗れ、道路の修繕をさせられることになるのだった。ウンザリするマックィーンだったが、サリーや、古ぼけたレッカー車のメーターと出会い友情を深めていくうちに、今まで自分になかった気持ちを少しずつ芽生えさせていく。さらに、勇敢でまっすぐなサリーにマックィーンはいつしか淡い恋心を持つようになるのだった。

そしてある日、マックィーンはドック・ハドソンこそ「ピストン・カップ」で3度にわたって王座に輝いた歴史に名を刻むレーサーであることを知るのだった。そんな尊敬すべき伝説の先輩や、愛すべき友人のため、マックィーンは自分が何をすべきかを考えた。そしてマックィーンは新たなタイヤや塗料、燃料を手に入れると、ピストン・カップに向けて万全の準備を始めるのだった。そして、マックィーンはカリフォルニアへとたどり着く。

カーズの結末・ラスト(ネタバレ)

そして、いよいよレースの日が訪れる。何とかカリフォルニアに辿り着きレースに臨むマックィーンには、心強い味方がいた。「ラジエーター・スプリングス」で出来た仲間達が応援に駆けつけてくれたのだ。今まで自分の能力に驕り他者を軽んじてきたマックィーンは、他を大切にする優しい心に目覚めていた。そして、生まれ変わったマックィーンはレースで最高の走りを披露する。

しかし、ここで事件が起きた。元々攻撃的であったチックが、乱暴な運転をしてキングをクラッシュさせたのだ。それを見たマックィーンは、何と優勝を目前にしてゴールライン間際で停車したのだ。そしてマックィーンはキングの元へ走っていった。マックィーンは先輩であるキングを尊敬して、彼を後押しし、共にゴールインするのだった。

もちろん、その間にチックはゴールインし優勝を飾っていた。しかし、観客はマックィーンとキングの味方だった。チックには大ブーイングが浴びせられることとなる。その後、マックィーンは大切な仲間達と共にラジエーター・スプリングスで生きていくことを決めるのであった。

カーズの感想・評価・レビュー

予期せぬ田舎暮らしで自信家だったマックィーンが、周りの人に優しくなれる性格に変わっていくのが良かったです。いつでもマイペースなメーターがお気に入りキャラですが、好きなシーンはドッグ・ハドソンとのレースでサボテンに突っ込み、レッカーされるマックィーンです。レース、アクションだけの物かと思って観たら、少し恋愛要素も入っていて楽しめました。
田舎暮らしがなく勝ち続けたら、マックィーンもチックと同じような性格になっていたかもしれませんね。(女性 40代)


タイトル通り、様々な車達が登場するヒューマン?ドラマ。
主人公であるレーサーのライトニング・マックィーンが、ひょんな事から田舎町に辿り着き、しぶしぶながら田舎暮らしをしていくうちに、後に相棒的存在となるレッカー車のメーターや、ドライブの本来の意味を教えてくれたサリー、街医者であるが、実は伝説的なレーサーだったドッグなど、様々な車達に出会い、傲慢だった彼が優しく成長していくという内容になっている。個人的にはグイドという小さなフォークリフトが愛らしくて好ましい。(男性 30代)


車が喋り、自らの意思で動いている映像を見て、衝撃を隠せなかった思いがあった。動物が喋ったり、木や花などの植物が喋り出すことは、映画の中で小さい頃に見ていたが、まさかの車が話すとはびっくりで、釘付けになっていた。ストーリーも分かりやすく、一歩踏み出す勇気や、仲間との絆、自分の力を信じて真っ直ぐ進む心など、教えてくれることが多い映画だと感じた。子供向けの映画であるため、わくわくするようなシーンが詰まっており、また大人も楽しめる内容であるため、一緒に感じて考えれる映画でもある。(女性 20代)


ナルシストで傲慢な性格だったマックィーンが、田舎の仲間たちと出会い、徐々に成長していく。王道ストーリーではあるが、人間ではなく車たちの物語ということで新鮮な感覚で楽しめた。また、車目線から見られるレースシーンは臨場感があってとても迫力がある。

車に対しての知識は全くなかったが、様々な車種やデザインが、それぞれの性格にぴったりだと思えた。車好きな方ならより楽しめるのだろう。親子で見るのもとてもいい映画。(女性 20代)


ストーリーはもちろんのこと、レースシーンもカッコ良くておすすめ。大人も子供と一緒にワクワクできる作品だと思う。
天狗になっていたマックィーンが、物語のラストには勝ちに拘らず、キングを助けながらゴールするシーンに感動した。アニメではあるが、自分も他人に対して優しくできているか、驕っていないか、見つめ直すきっかけになる作品だと思う。シリーズの中でも一作目はストーリーとして完成されているように感じているので、個人的には一番好き。(女性 30代)


驕り高ぶった若きレーサー、ライトニング・マックィーンがひょんなことから田舎町であるラジエーター・スプリングスに来てしまう。
そこでいろんな出会い、成長、車なのになぜか恋愛まであって、他車(?)を思いやるようになるマックィーンの姿は痛快そのもの。レースに勝つことよりも大切なことを知ったマックィーンは真の王者にふさわしいと皆納得だろう。
私にとってはピクサー映画の中でもイチ押しのお気に入り映画だ。
レースのきらびやかで派手な映像や雰囲気とのどかで落ち着いた田舎町ラジエータースプリングスのコントラストも最高だし、レースのワクワクする感じも好きだ。(女性 20代)


ピクサーの大ヒットアニメ。監督は『トイ・ストーリー』のジョン・ラセター。もうそれだけでわくわくします。車が擬人化されおしゃべりする世界。なんともファンタジーです。しかし、子供向けの優しいアニメではありません。レースシーンはこれって本当にアニメ!?と疑いたくなるほどリアルで、スピード感がありました。
見知らぬ街に迷い込んでしまう主人公、マックイーン。過去の栄光を捨てられず強気な態度をとりながらも、周りの人と接するうちに成長していく彼の姿をとてもわかりやすく描いています。
家族みんなで観て欲しい作品です。(女性 30代)

関連作品

次作 カーズ クロスロード
次作 カーズ2

この記事をシェアする