映画『チェーン・リアクション(1996)』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「チェーン・リアクション(1996)」のネタバレあらすじ結末と感想

チェーン・リアクション(1996)の概要:キアヌ・リーブス主演のノンストップ・アクションスリラー。革新的なエネルギー開発を巡り、殺人容疑の濡れ衣を着せられた主人公と黒幕との決死の戦いが描かれる。四面楚歌の中でのスリリングな逃避行に息を飲む。

チェーン・リアクションの作品情報

チェーン・リアクション

製作年:1996年
上映時間:107分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:アンドリュー・デイヴィス
キャスト:キアヌ・リーヴス、モーガン・フリーマン、レイチェル・ワイズ、フレッド・ウォード etc

チェーン・リアクション(1996)を無料でフル視聴できる動画配信一覧

映画『チェーン・リアクション(1996)』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。お試し期間で気になる映画を無料で見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年5月現在のものです。

チェーン・リアクションの登場人物(キャスト)

エディ(キアヌ・リーブス)
シカゴ大学でエネルギープロジェクトに携わるエンジニア。研究所の襲撃事件の犯人に仕立て上げられ、警察や組織の追っ手を躱しながら真犯人を探すこととなる。
リリー(レイチェル・ワイズ)
エディの同僚。エディ共々あらぬ疑いをかけられ、真相を突き止めようと逃避行に臨む。
ポール・シャノン(モーガン・フリーマン)
エディの研究チームへの出資者。エディの理解者であったが、秘密組織との繋がりがあり、怪しい動きを見せる。
コリアー(ブライアン・コックス)
秘密施設であるC-システムの責任者。新エネルギー研究の乗っ取りを目論み、あらゆる手段を使う。

チェーン・リアクションのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『チェーン・リアクション(1996)』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

チェーン・リアクションのあらすじ【起】

物語は、環境問題について訴えるバークレイ博士のプレゼンテーションで始まる。悪化の一途をたどる地球環境において、新たなエネルギーを開発し、人類皆で共有しようという内容であった。

主人公のエディはエンジニアで、バークレイ博士が責任者である、シカゴ大学の水素エネルギー・プロジェクトに参加している。このプロジェクトこそが、冒頭でバークレイ博士が主張していた未来のクリーンエネルギーである。

失敗が続いていた実験だったが、ある日エディが実験成功の兆しを見つけ、見事水からエネルギーを取り出すことに成功する。研究チームの一同は、実験の成功を祝い、ラボでのパーティを楽しんだ。

しかしその夜、インターネットで研究の成果を発表しようとするバークレイ博士たちのもとに何者かが襲撃をかける。襲撃者は博士を殺害し、さらには研究所に爆弾を残して去っていった。研究所に戻り惨劇を目の当たりにしたエディだったが、ギリギリのタイミングで爆発には巻き込まれずに済んだ。

チェーン・リアクションのあらすじ【承】

爆発により研究所は跡形もなくなり、事件は大ニュースとして世間に知れ渡った。
捜査にはFBIが参加し、生き残ったエディやリリーへの事情聴取が始まった。

当初の報道では、唯一研究所から姿を消したチェンが疑われていた。しかし、疑いはエディにも向けられ、リリーのもとにも「上海に来い」というチェンからのFAXが届く。
嵌められたのではないかと不安がるリリーと行動を共にするエディだったが、家に戻ろうとすると警察がエディの家を家宅捜索しており、そこで大量の現金が発見される。

明らかに犯人に仕立て上げられていることを悟ったエディたちは、プロジェクトの出資者であるシャノンのもとに相談しに行く。しかし、シャノンの助けを得ることはできず、知人のマギーに匿ってもらうことにした。

FBIの会見で重要参考人に指定されてしまったエディたちのもとへ、大量の追っ手がかかり始める。エディとリリーは二手に分かれて逃亡し、エディは橋の上に追い詰められてしまう。しかし、とっさの機転で難を逃れたエディは、リリーと共にマギーのもとで匿ってもらうことに成功する。

チェーン・リアクションのあらすじ【転】

一方、FBIはシャノンにも疑いを持っており、密かに彼の動向を追っていた。
シャノンは、FBIにさえ開示されない秘密施設・C-システムへ出向いていた。その施設の責任者コリアーに、エディたちを追い詰めるのをやめるよう訴えるが、取り合われない。

そんな中、エディはシャノンに電話するが、FBIに逆探知されて再び追われることとなる。その際、エディたちを追い詰めた警官が何者かに射殺されたことで、エディに殺人容疑までもがかかってしまう。

FBIはシャノンの財団の資金源について疑問を持ち、CIAがらみの金が流れているのではないかと、シャノンを問い詰める。

エディたちは無人の家屋に潜んでいたが、ある夜、追っ手の襲撃を受ける。リリーと協力して襲撃者を倒したエディは、身分証を見て襲撃者がC-システムという組織の人間であることを知る。

シャノンに連絡をとり、C-システムについて問い詰めるエディだったが、シャノンが黒幕の一人だと悟る。その瞬間C-システムの人間たちが再び襲いかかり、リリーをさらってしまう。

チェーン・リアクションの結末・ラスト(ネタバレ)

リリーはC–システムの本拠地に連れ込まれ、行方不明だったチェンと再会する。彼もまたこの施設へさらわれ、研究を強要されているのであった。

一方、エディもC–システムの施設に潜り込み、リリーやチェンたちを発見する。
実験のカギを握る周波数は、エディだけが知っている。こっそりと施設の周波数を調整したエディは、シャノンやコリアーたちと対峙する。

コリアーがエディの交渉条件に対し強硬な姿勢を取った瞬間、エディは施設に関わる大量のデータをFBIに送信した。さらに、実験システムをハッキングし、数十分後に自爆するように設定する。
コリアーはチェンを射殺し、エディにシステムを元通りにするよう脅す。しかし、もう施設の爆発が止まらないと悟ると、エディとリリーを閉じ込めたまま脱出を図る。

シャノンが施設を出る直前にコリアーを射殺し、エディとリリーに脱出を促した。エディたちは最後の追っ手も撃退し、命からがら施設からの脱出に成功した。
C–システムの施設は爆散したが、エディは研究データを世界中の科学者に配布していたため、新エネルギーの恩恵は世界中が受けられることとなった。

現場を離れる車の中で、シャノンが事件の結末を報告する。彼はCIAのエージェントだったのである。

チェーン・リアクションの感想・評価・レビュー

キアヌ・リーブス、レイチェル・ワイズ、モーガン・フリーマンとかなり豪華な俳優陣なので、それだけでも一定以上の面白さは担保されているように思える。設定としてキアヌがさほど戦闘力のない一般人で、超人的なアクションには期待できない分、しっかりと科学者としてのスキルを活かしていたことに好感が持てた。黒幕と思われていたモーガン・フリーマンはCIAのエージェントだったのだが、事件解決の全てをキアヌに任せっきりだったので逆にCIAだったことに驚き、面白いと思った。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする