映画『チェイサー(2017)』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「チェイサー(2017)」のネタバレあらすじ結末と感想

チェイサー(2017)の概要:離婚調停中のカーラは、6歳の息子・フランキーを育てていた。ある日、仕事終わりに公園で遊んでいるとき、少し目を離した隙にフランキーが姿を消してしまう。慌てて周囲を捜索すると、何者かに車に押し込まれそうになっているフランキーがいた。

チェイサーの作品情報

チェイサー

製作年:2017年
上映時間:94分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:ルイス・プリエト
キャスト:ハル・ベリー、セイジ・コレア、クリス・マクギン、リュー・テンプル etc

チェイサー(2017)を無料でフル視聴できる動画配信一覧

映画『チェイサー(2017)』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。お試し期間で気になる映画を無料で見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年5月現在のものです。

チェイサーの登場人物(キャスト)

カーラ・ダイソン(ハル・ベリー)
食堂のウエートレス。離婚調停中で、夫には恋人がいる。6歳の息子・フランキーを育てている。
マーゴ・ヴィッキー(クリス・マクギン)
国際的な誘拐組織の一員。夫のテリーと共に犯罪を行っており、フランキーを誘拐する。

チェイサーのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『チェイサー(2017)』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

チェイサーのあらすじ【起】

カーラは食堂のウエートレスとして働き、息子のフランキーはカウンターに座って母の仕事が終わるのを待っていた。カーラはフランキーと出かける予定をしていたのだが、同僚のアグネスがなかなかやって来なかった。そんな中、客から様々な注文を受け、カーラは苛立った。

仕事を終え、カーラはフランキーと公園に出かけた。その時、ジャクソン弁護士から電話がかかってきた。カーラはフランキーと離れ、電話を取った。電話の内容は、離婚調停中の夫が親権を望んでいるという話だった。夫のデヴィッドは不動産業者で、恋人は小児科医。ウエートレスのカーラは、不利な立場に立たされていた。

フランキーが忽然と姿を消した。カーラが探していると、フランキーが見知らぬ人物に車に押し込まれそうになっているのが目に入った。悲鳴を上げながら慌てて車を追いかけるが、逃げられてしまう。カーラは自分の車(赤色のミニバン)に飛び乗り、急いで追いかけた。通報するために携帯を探すが、途中で落としてしまっていて無くなっていた。

チェイサーのあらすじ【承】

カーラが必死に追跡していると、犯人が荷物を捨ててカーラの邪魔をしてきた。カーラは犯人が落としたタイヤを避けようとして別の車にぶつかり、事故を起こしてしまう。そのことに罪悪感を抱くが、息子を助けるまで止まるわけにはいかなかった。むしろ、ここまで大きな事故が起これば報道されるはずだと予想し、ラジオをつけて確認した。だが、まだ事故の報道はされていなかった。

犯人が刃物をフランキーの首元に押し当て、カーラに向こうに行くよう指で指示を出してきた。カーラは拒もうとするが、フランキーを守るために道を逸れるしかなかった。去っていく犯人の車を見ながら、必ず取り戻すことを心に決めた。

カーラは再び走っていた道に戻り、犯人の車の追跡を開始した。ラジオから赤色のミニバンを警察が追跡しているとの情報が流れてきたが、警察が追っているのは別の車だった。カーラは犯人の車の特徴を、おもちゃの録音機に吹き込むことにした。その時、その録音機に犯人とフランキーの会話が録音されていることに気づく。犯人はマーゴと名乗り、母親が探していると言ってフランキーを連れ出していた。

チェイサーのあらすじ【転】

フランキーは追跡してきた白バイに、フランキーのことを説明しようとした。だが、犯人の車がぶつかってきて、白バイが転倒してしまう。犯人は車を止めた。中からは男が出てきた。カーラはクレジットカードやお金が入った財布を投げて渡し、息子を返さなければ追跡し続けると訴えた。男は財布を回収すると、車へと戻っていった。だが、フランキーを開放してはくれなかった。1万ドルを下ろすまでマーゴがカーラの車に乗り、フランキーは人質として捕まったまま移動することになった。

トンネルの中を走行中、マーゴが襲ってきてカーラは殺されそうになる。カーラは必死に抵抗してマーゴを車の外に突き落とした。トンネルを抜けると、犯人の車が止まっていた。カーラはマーゴの服を着て彼女に成りすまし、窓から手を出して先に行くよう犯人の車に指示を出した。

マーゴに偽装していたのが犯人にバレてしまう。犯人はフランキーを車から落とそうとした。それは追跡するなという犯人からの脅しだった。カーラは追跡を止めた。カーラは釣りをしていた男性に犯人の車の特徴を叫び、子供が誘拐されたので通報して欲しいと頼んだ。

チェイサーの結末・ラスト(ネタバレ)

カーラは保安官事務所に駆け込み、息子が誘拐されたことを訴えた。捜索が開始されるまで1時間かかると言われ、激しく取り乱す。保安官に落ち着くよう諭され、カーラはデヴィッドに連絡を取った。その時、行方不明の子供の張り紙が目に入った。カーラはじっと待っていることなどできず、捜索を行うことにした。

カーラは犯人の衣服をゴミ箱で発見する。その時、ちょうど黒い車が動き始めた。しかも、カーラの車を見つけると急発進した。カーラは犯人が乗っていると確信し、後を追った。しかし、追跡中にカーラの車のガソリンが無くなってしまう。カーラは走ってきた車を止めて乗せてもらおうとするが、犯人の車がぶつかってきて気絶してしまう。

カーラが目を覚ますと、運転席にいた男性が倒れていた。犯人の車に近寄ると、銃を撃ってきた。カーラは必死に抵抗し、車のドアに犯人を挟んだまま走行した。車は木にぶつかって停止した。カーラは犯人に息子の居場所を聞こうとするが、息絶えていた。犯人のポケットを確認し、名前がテリー・フィッキーであることと住所を知る。

カーラは住所の場所に行き、そこにあった建物の中に忍び込んだ。すると、マーゴがいた。カーラは、マーゴが外にある小屋に向かった隙に通報した。そして、マーゴが車で出て行った隙に、外にある小屋に忍び込んだ。そこで、屋根裏にいるフランキーを見つける。しかも、フランキーの他に2人の少女がいた。マーゴが戻って来てしまったため、カーラは急いでフランキーを救出した。少女が怖がって一緒に行くことを嫌がったため、カーラはフランキーを連れて逃げた。

カーラはフランキーと一緒に水の中に潜って身を隠した。そして、隙を突いてマーゴを水の中に引っ張り込んだ。カーラはマーゴを水の中に押し込み、刃物で刺した。カーラは怯えているフランキーを抱き締めて落ち着かせると、少女達を救出しに行った。その時、隣人の男性が物音を聞きつけ、銃を持ってやってきた。カーラは男性にマーゴ達が子供を監禁していたことを話した。しかし、子供の人数や性別を教えていないのに、男性はなぜか知っていた。カーラは男を怪しみ、持っていたスコップで殴った。

カーラはフランキーや少女達と共に警察に保護された。マーゴ達は国際的な誘拐組織の一員だった。今回の件で組織が摘発されることになった。

チェイサーの感想・評価・レビュー

子を思う母の強さにとにかく圧倒される作品だった。自分ならカーラのように、めげずに追跡することは多分できないだろうなと思った。きっと途中で諦めていたら、フランキーはカーラの元には戻って来なかったのだろうと思う。ここまで深い愛情を持っている母親がいて、フランキーが羨ましいなと思った。離婚調停がどうなったのかは分からないが、きっとこの親子を切り離すことはできないと思う。カーチェイスが主体となっていたこともあり、スリリングでおもしろい作品だった。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする