「クロエ(2009)」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

クロエ(2009)の概要:夫に対して疑心暗鬼となっていた妻は、クロエという美しい娼婦に夫を誘惑してくれと依頼する。罠を仕掛けてまで夫の愛を確かめようとした妻は、いつの間にか自分が罠にはまってしまう…。2003年に公開された「恍惚」のリメイク作品。2009年公開のフランス・アメリカ・カナダの合作映画。

クロエの作品情報

クロエ

製作年:2009年
上映時間:96分
ジャンル:サスペンス
監督:アトム・エゴヤン
キャスト:ジュリアン・ムーア、リーアム・ニーソン、アマンダ・セイフライド、マックス・シエリオット etc

クロエの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『クロエ(2009)』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年7月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

クロエの登場人物(キャスト)

クロエ(アマンダ・サイフリッド)
お金持ち相手の娼婦。まだ若くて美しい。素性などはよくわからないがキャサリンの職場近くで商売をしている。魔性系。
キャサリン・スチュアート(ジュリアン・ムーア)
知的な女医であり妻であり母でもある。産婦人科のクリニックを開業している。郊外の大きな一軒家で暮らすセレブ。最近夫とうまくいっていない。
デヴィッド・スチュアート(リーアム・ニーソン)
キャサリンの夫。音楽論専門の大学教授。紳士的で女子生徒から人気がある。
マイケル・スチュアート(マックス・シエリオット)
キャサリンの息子。ピアニストを目指して勉強中。世間擦れしていないお坊ちゃん。

クロエのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『クロエ(2009)』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

クロエのあらすじ【起】

クロエは自分なりの考えを持って娼婦をしていた。白い肌にブロンドの長い髪と青い瞳を持つクロエは妖艶で魔性の魅力があった。産婦人科の女医をしているキャサリンは、自分のクリニックから男と別れるクロエを見つめていた。

キャサリンの夫デヴィッドは大学で音楽論を教える教授で、今日は遠方へ出張して講義を行っていた。実は今日はデヴィッドの誕生日で、キャサリンは時間とお金をかけてサプライズ・パーティーの準備をしてきた。郊外の大きな自宅には多くの友人が集まり、主賓であるデヴィドの帰りを待っていた。しかしデヴィッドは飛行機に乗り遅れ深夜にならないと帰れないことがわかり、キャサリンの計画は台無しになってしまう。

女医を続けながら幸せな家庭にも恵まれ、キャサリンのこれまでの人生は順風満帆だった。しかし最近はデヴィッドとセックスレスになっており、さらに彼女ができた息子のマイケルも母親を疎ましがるようになっていた。孤独を感じていたキャサリンは夫の浮気を疑い始める。

クロエのあらすじ【承】

翌朝。帰宅していたデヴィッドの携帯をチェックしたキャサリンは、ツーショット写真付きの女子生徒からのメールを見てしまう。これにより夫への浮気疑惑はますます深まる。

キャサリンは食事に来たホテルのトイレで髪飾りの落し物を拾う。持ち主はあのクロエだった。クロエが娼婦であることに気づいていたキャサリンは、彼女を呼び出して頼みごとをする。それは夫が若い女性の誘惑にどんな反応を示すのか知りたいので、夫を誘惑してその結果を自分に報告して欲しいというものだった。クロエはこのキャサリンの奇妙な依頼を引き受けてくれる。

クロエは大学生のふりをしてデヴィッドに近づき、彼と接触したと報告する。何もなかったというクロエの報告を聞き、キャサリンは少し安心する。その後、夫の様子を見てやはり自分の勘違いだと思い直したキャサリンは、クロエに報酬を支払って、調査を終わらせようとする。しかしクロエはあれからデヴィッドと会って温室でキスをした上、自分の手でデヴィッドを射精させたと言い出す。キャサリンはショックのあまり言葉を失う。

クロエのあらすじ【転】

デヴィッドに直接クロエのことは聞けず悶々としていたキャサリンをクロエはさらに追い詰める。キャサリンをデヴィッドと情事を終えたホテルの部屋へ呼び出し、何があったのかを詳細に語る。崩れ落ちるキャサリンになぜかクロエはキスをしようとするが、キャサリンはそれを振り払って自宅へ帰る。

クロエの話を聞いて夫の情事の様子を想像したキャサリンは、クロエを連れ出してホテルの部屋へ入る。クロエは待ち望んでいたかのようにキャサリンを愛撫し、そのまま2人は女同士で愛し合う。クロエはキャサリンを抱きながら、恍惚の表情を見せる。しかしキャサリンはこれ以上深入りすることを恐れ、クロエを遠ざけようとする。

そんなキャサリンをクロエは執拗に追い回し、2人の淫らな写真をメールに送りつけてくる。クリニックにまで姿を現したクロエに、キャサリンは小切手を渡して終わりにしてくれと頼むが、クロエは2人の関係はビジネスではないと涙を流す。しかしキャサリンはビジネスだと言い切る。これに納得がいかないクロエはマイケルに近づこうとする。

クロエの結末・ラスト(ネタバレ)

クロエが息子にまで接触していると知ったキャサリンは覚悟を決め、カフェへデヴィッドを呼び出す。そして自分に隠し事はないかデヴィッドを問い詰める。デヴィッドは何もないと言い続けるが、キャサリンは信じない。そこへキャサリンが呼び出していたクロエがやってくる。クロエはデヴィッドがいることに驚いてすぐに帰ってしまうが、彼はクロエを見ても全く動揺せず、キャサリンに知り合いなのかと聞いてくる。

全てはクロエの嘘だったと悟ったキャサリンは、デヴィッドに自分の愚かな過ちを告白し、ずっと言えなかった素直な気持ちを打ち明ける。キャサリンは自分が老いて夫に愛されなくなることが怖かった。デヴィッドはそんなキャサリンに濃厚なキスをしてくれる。

一方、クロエは最後の強硬手段に出る。キャサリンの自宅でマイケルを誘惑し、夫婦のベッドでマイケルとセックスをする。帰宅して寝室で2人を発見したキャサリンはマイケルを部屋から追い出し、何とかクロエを帰らせようと説得を始める。しかしクロエはどうしても納得せず、キャサリンの愛を求める。マイケルは寝室が見える場所へ移動し、キスをする2人を見てしまう。マイケルの視線に気づいたキャサリンは咄嗟にクロエを突き飛ばし、クロエの体がガラス張りの壁を突き破る。そのままクロエは自ら壁を握った手を離し、階下へと落下していく。

クロエは救急車で運ばれたがすでに死亡していた。帰宅したデヴィッドは怯える妻を優しく抱きしめる。後日、キャサリンの自宅では何事もなかったようにセレブなパーティーが開かれ、夫婦は幸せそうだった。そんな両親をマイケルがじっと見つめていた。

クロエの感想・評価・レビュー

レズビアン的な要素が含まれる映画をあまり見たことはありませんが、この作品は俳優の演技力と、濡れ場のシーンが魅惑的でとても好きです。

ジュリアン・ムーアとアマンダ・サイフリッドという美人女優の二人というのも画面が美しくて良かったですね。
アマンダの美貌が、よりクロエの狂気を表している感じがあり、最後自ら壁に突っ張った手を離して自殺するシーンに説得力がありました。

その後、息子がどういう風に成長していったのか気になるところです。(女性 20代)


夫であるデヴィッドとセックスレスになり、浮気を疑っていた妻のキャサリンが、不意に見かけた娼婦のクロエに夫の浮気癖を調べてもらうようとしたのが全ての始まりである。クロエはキャサリンと関係を持ちたい余り、虚偽の報告を行い、うなだれるキャサリンと肉体関係を持つ。結局、デヴィッドとクロエは会ってもいないという事がわかり、そこからのクロエの狂気とも思える愛情表現描写がとても生々しい。息子であるマイケルすら誘惑し、利用しようとするクロエの存在がとても印象強い作品であった。(男性 30代)


アマンダ・サイフリッドが好きで見始めたのだが、クロエの目的に衝撃を受けた。キャサリンと同じようにデヴィッドがてっきり浮気をしていると思っていたため、驚きだった。キャサリンが初めからデヴィッドに尋ねていればここまで拗れることはなかったため、悲惨な終わり方が余計に残酷に感じた。果たしてキャサリンはこれからデヴィッドと夫婦関係を続けることができるのか、マイケルはどうなってしまうのか、気になる終わり方だと思う。(女性 30代)


今までに観たことがないタイプの映画だった。セクシー系の話だと思っていたら、思いの外サスペンス系だったことに驚いた。一人の娼婦によって夫と息子が奪われるような話になるのかと予想していたが、実際はクロエとキャサリンのベッドシーンがあって色々な意味で想定外の展開が多かった印象。
アマンダとジュリアンのベッドシーンは、絵画のようで非常に美しかった。クロエの狂気がもっと見えてもよかったと思う。
他の作品とは一味違うサイコサスペンスを観たい人にはおすすめの作品だ。(女性 20代)


エロティックでレズビアン要素のあるサスペンスで妖しげな独特の雰囲気のある作品でした。明るくて、元気で可愛らしい印象のあるアマンダ・セイフリッドがガラッとイメージを変え、妖艶で危険な香りのする娼婦役に挑戦していて美しく、演技もとても良くて、新たな一面が見られて良かったです。アマンダのファンにはおススメの一本です。特にアマンダとジュリアン・ムーアのベッドシーンが美しく印象的でした。女性陣の美しさに加え、結構しっかりしたサスペンス要素もあり楽しめました。大人な映画で、夜に一人でお酒を飲みながらゆっくり見たい作品でした。(女性 30代)

この記事をシェアする

みんなの感想・レビュー

  1. 美和子 より:

    クロエをもて余したキャサリンは罪。
    息子にキスしているところを見られなかったら、クロエを家に受け入れ、送り届けて関係を続けたかも。