映画『デッドゾーン』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「デッドゾーン」のネタバレあらすじ結末と感想

デッドゾーンの概要:スティーヴン・キングの小説を原作として、デヴィッド・クローネンバーグ監督で制作されたSFサスペンス。交通事故で5年の昏睡の後、目覚めるものの特殊能力を獲得してしまい、その能力に悩む孤独な男の姿を描く。

デッドゾーンの作品情報

デッドゾーン

製作年:1983年
上映時間:103分
ジャンル:SF、サスペンス
監督:デヴィッド・クローネンバーグ
キャスト:クリストファー・ウォーケン、ブルック・アダムス、マーティン・シーン、ニコラス・キャンベル etc

デッドゾーンの登場人物(キャスト)

ジョニー(クリストファー・ウォーケン)
教師をしていたが、交通事故に遭い、昏睡状態に陥る。5年後、目を覚ますと、他者に触れると、その人の過去や未来、取り巻く環境などをビジョンとして見えてしまう特殊能力を獲得してしまう。
サラ(ブルック・アダムス)
ジョニーと同じ学校で教師をしており、ジョニーと結婚を誓い合っていたが、ジョニーが昏睡状態の間に別の男性と結婚をし、一児の母となっている。夫と共に、スティルソンの選挙活動を支援している。
ウイザック(ハーバート・ロム)
昏睡状態のジョニーを引き取り、自身の病院で看護をしていた医師。ジョニーが目覚めた後も彼のことを気づかう。ジョニーの特殊能力によって生き別れた母の消息を得ることができる。
バナーマン(トム・スケリット)
キャッスルロックの連続婦女暴行殺人事件を捜査する保安官。特殊能力を持つジョニーに捜査の依頼をする。ジョニーの能力により、犯人が同僚のダットだと解り、彼の家に捜索に入る。
スチュアート(アンソニー・ザーブ)
地方の有力者。ジョニーに息子クリスの家庭教師を依頼する。政治家のスティルソンのことを支持しているように振る舞ってはいるが、心の底から信頼をしているわけではない。
スティルソン(マーティン・シーン)
大統領選候補の新進の政治家。ジョニーのビジョンによると、核戦争のボタンを押し、世界を破滅に導いてしまう。現実世界では、サラの息子を狙撃の盾としたことで、糾弾され失脚をする。

デッドゾーンのネタバレあらすじ

映画『デッドゾーン』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

デッドゾーンのあらすじ【起】

教師のジョニーは、同僚で恋人のサラと週末のデートを楽しみ、結婚を誓い合う。しかし、その帰り道にジョニーは交通事故に遭い、意識を失ってしまう。

ジョニーが再び目覚めたのは、ウイザック病院のベッドの上だった。そして、ウイザック医師より、昏睡状態が5年続いていたこと、恋人のサラも既に新しい家庭を築いていることを知らされる。

ウイザック病院で、ジョニーのリハビリが始まる。ある日、看護師が寝ているジョニーの汗をふくと、彼は突然目を覚まし、看護師の手を握る。すると、彼女の家が火事になっており、娘が取り残されているビジョンが、彼の意識の中に映し出される。ジョニーは、このビジョンを彼女に告げ、それにより娘は消防士の手によって救助されるのだった。

ジョニーはウイザック医師にも触れ、その過去のビジョンを見る。彼は、触れることで他人の人生の一部を知覚できる特殊能力を得ていたのだった。

ジョニーの特殊能力はテレビで取り上げられ、話題になる。そして、ジョニーのもとに、バナーマン保安官がやって来る。キャッスルロックの事件のことで協力を求められるが、ジョニーはそれを断るのだった。

デッドゾーンのあらすじ【承】

そんなジョニーのところに、サラが息子を連れて訪ねてくる。父親も交え、食事をするジョニーとサラ。サラは帰り際、ジョニーに、もう会わないことを告げ、二人は最後のキスをして別れる。そしてジョニーは、事件捜査に協力することを決意する。

ジョニーは、保安官のバナーマンと共に、事件現場に向かう。証拠品に触れてみるが、はっきりとしたビジョンは見えなかった。そんな時、新たな犠牲者が発見される。現場へ急行し、犠牲者に触れビジョンを見るジョニー。そこには、バナーマンの同僚のダッドの姿が写っているのだった。二人は、ダッドの自宅に向かうが、彼は自殺し、彼の犯行を知っていた母が二人に銃を放つ。しかし、彼女はバナーマンによって撃ち殺されるのだった。

ジョニーは町を離れ、一人で静かに暮らし始める。そこへ、ウイザック医師が訪ねてくる。ジョニーは、医師に体調がよくないことを相談する。医師は、同じ様な症例を調べており、このままだとジョニーが衰弱して死んでしまうと警告するのだった。

デッドゾーンのあらすじ【転】

地方の有力者スチュアートの依頼で、彼の息子クリスの家庭教師を引き受けるジョニー。ジョニーは、内向的だったクリスと徐々に打ち解けるのだった。そんなジョニーを信頼してか、スチュアートは自分も援助している大統領候補のスティルソンのことを、危険人物だと話す。事実、スティルソンは、新聞社の批判的な社説を書いた人物に脅しをかけているのだった。

ある日、ジョニーの家に、スティルソンの支援者が選挙活動のためやってくる。やってきたのは、サラとその夫だった。思いがけずサラと再会したジョニーは混乱する。その姿を心配したクリスを抱きしめた瞬間、ジョニーは、湖でアイスホッケーの最中にクリスが、溺れ死んでしまうビジョンを見る。スチュアートに自分の能力のことを打ち明け、クリスをホッケーに行かせないように訴えるジョニー。しかし、スチュアートは聞く耳を持たなかった。しかし、ジョニーの言うことを信用したクリスは、ホッケーに行くことをやめ、一命をとりとめるのだった。

デッドゾーンのあらすじ【結】

ジョニーは、スティルソンの演説会場で、たまたま彼と握手をし、彼が大統領になった後に核ミサイル発射ボタンを押すというビジョンを見てしまう。

ジョニーは、ウイザック医師に相談をする。ウイザック医師はジョニーに、未来を見るだけではなく、未来を変えられるかも知れないと言う。その言葉を聞いたジョニーは、決意を固める。

ジョニーはライフルを持って、スティルソンの演説会場の二階に潜み、暗殺を企む。壇上に現れたスティルソンに、ライフルを向け、引き金を引こうとした瞬間、サラがジョニーに気がつき、声をあげる。暗殺者の存在に気がついたスティソンはサラの息子を盾にして自らを守ろうとする。ジョニーの弾丸はスティルソンを撃ち漏らし、逆にジョニーはセキュリティに撃たれるのだった。瀕死のジョニーが最後に見たビジョンは、子どもを盾にして逃げたことを糾弾され、失脚し破滅するスティルソンの姿だった。未来は変わったのだった。そして、ジョニーはサラに抱きしめられたまま、息を引き取るのだった。

この記事をシェアする