映画『電話で抱きしめて』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「電話で抱きしめて」のネタバレあらすじ結末と感想

電話で抱きしめての概要:ラブコメの女王メグライアン主演のファミリーストーリー。主人公イヴは認知症の父の面倒と、仕事で大忙しの日々を送っている。姉妹たちとはいつも電話でやりとりするも、頼られてばかりで助けてはくれない。家族思いのイヴが一人奮闘しながら、愛する父親に寄り添う姿に心が温まる。

電話で抱きしめての作品情報

電話で抱きしめて

製作年:2000年
上映時間:94分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:ダイアン・キートン
キャスト:メグ・ライアン、ダイアン・キートン、リサ・クドロー、ウォルター・マッソー etc

電話で抱きしめての登場人物(キャスト)

イヴ(メグ・ライアン)
3姉妹の次女。結婚し、息子が一人いる。イベント企画の仕事と、認知症の父親の面倒で毎日が大忙し。そそっかしいが、家族思いの優しい性格で、姉妹からはいつも何かと頼られる存在。
ジョージア(ダイアン・キートン)
3姉妹の長女。自身の名前と同じ「ジョージア」という雑誌を発行し、成功している。優等生タイプで、ずる賢い一面もあり、妹たちからは不満に思われている。
マディ(リサ・クロドー)
3姉妹の3女。大学中退後、ロック歌手として活動をしていたが、現在は女優で昼メロドラマに出演中。自由奔放な性格で、愛犬バックをとても可愛がっている。
ルウ(ウォルター・マッソー)
3姉妹の父親。認知症を患い入院する。離婚しているが、今でも妻を忘れられずにいる。過去にはアルコール中毒や、自殺未遂を起こしたことがある。
パット(クロリス・リーチマン)
イヴたちの母親。ルウに愛想を尽かし離婚。現在は娘たちともあまり会わない生活をしている。

電話で抱きしめてのネタバレあらすじ

映画『電話で抱きしめて』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

電話で抱きしめてのあらすじ【起】

イヴはロサンゼルスで夫のジョーと、まだ幼いひとり息子のジェシーと3人で暮らしている。仕事はイベントやパーティーの企画をしており、現在は2週間後に控えたロス夫人交流会の準備に追われている。その一方で、最近認知症が進行した父親のルウが入院することになり、イヴは落ち着かない気持ちで日々を過ごしていた。

くだらないことでしょっちゅう電話をしてくるルウ。大忙しのイヴだが、頼れるはずの姉のジョージアと妹のマディは、それぞれの生活を優先し、父親に会いにくることは滅多にない。
雑誌を発行しているジョージアは、バリバリのキャリアウーマンで大忙しだし、女優をしている妹は、気まぐれな性格であてにならず。日々電話でやりとりをするも、父親のことはイヴ任せの二人だった。

過去に映画の脚本の仕事をしていたルウ。認知症を患った今は、誰彼構わず、名優ジョン・ウェインとの交友を自慢したり、セクハラまがいのきわどいジョークで周りを困らせたり、いつもイヴをハラハラさせる。だが、憎めない性格でユーモアいっぱいの父を、イヴは誰よりも愛していた。病室で「置いていかないでくれ」と懇願するルウを胸が締め付けられる思いでなだめるのだった。

病院を出たイヴは、電話で姉妹に父親のことを報告するが、電話に気を取られ、駐車場で追突事故を起こしてしまう。相手は病院の医師オマー。もう何度も事故を起こしているイヴは、保険料が跳ね上がるのを危惧し、なんとか示談にしようとするが、オマーはあとで自分の母親に連絡させるから話し合ってくれと言うのだった。

ボロボロになった車で帰宅したイヴ。そこへまたルウからの電話。電話が鳴るたびに父親に何かあったのではと慌てふためくイヴに、夫は冷ややかな言葉を投げかける。過去のある出来事をきっかけに父と夫は不仲になっていたのだった。

電話で抱きしめてのあらすじ【承】

イヴは、忘れられない出来事を思い返していた。ルウが過去に起こした自殺未遂のことだ。その時すでにイヴたち姉妹は家を出ていて、ルウは荒れた家で一人暮らしをしていた。離婚した妻のパットのことが忘れられないルウ。イヴは父親のことが心配になり、母親に戻ってくれと頼みに行くが、パットはそれを拒否。姉妹の心配事を相談するイヴに、「母親になりたいタイプじゃないの」と返すのだった。

季節はクリスマスだった。母親の言葉に落胆したイヴが父の家に戻ると、そこにお酒に酔った父がいた。ドライブに行きたいと頼んでくる父に、イヴはクリスマスツリーを買いに行こうと提案する。妻に捨てられた夫と、母親に捨てられた娘。だが、子供の頃を思い出すような父との楽しいひと時に、イヴの顔にも笑顔が戻るのだった。イヴにとってそれは忘れられない父との思い出となる。

ロス婦人交流会の準備は着々と進んでいた。マディに愛犬を預けられたせいで、その世話にも追われてしまう。そんな中、病院から連絡があり、父が失踪したことを知らされる。

ルウは過去に家族で暮らしていた家にいた。迎えに行ったイヴに、ルウは母親のパットを呼べと命令する。拒否するイヴを激しく非難するルウ。挙句の果てに、病院送りになったのは、イヴが息子のジェシーのために父親を邪魔に思ったからだと喚くのだった。

夫とルウが不仲になったのは、数年前のジェシーの5歳の誕生日パーティーでのことがきっかけだった。泥酔した父親がパーティーに乗り込み、子供たちを脅かせ、パーティーを台無しにしたのだった。「帰ってくれ」と言うイヴに、酩酊状態の父親は逆切れし、「母さんは赤ん坊のお前を捨てろと言った」と、イヴを深く傷つけた。その時から夫はルウを嫌うようになり、家に入れることも禁止していた。

電話で抱きしめてのあらすじ【転】

発作を起こしたルウは、再び病院に戻った。イヴは、母親を連れてきてほしいという父の願いに、どう対応すればいいのか分からず、途方にくれていた。わがまま放題の父親の態度に募るストレス。婦人交流会も明日に迫る中でトラブル発生。イヴは発狂寸前に陥っていた。

そこへ自動車事故の相手の医師オマーが現れる。イライラが募っていたイヴは彼の前でついに爆発してしまうのだった。心配するオマーは、イヴの元に、彼の母親であるオグメドを送る。それは、神経をすり減らしているイヴに、助けが必要と思ってのことだった。

一人で何もかもを抱えてパンクしそうだったイヴの話を、イグメドは優しく聞き、慰める。母親が会いに来ないと知ると父親が傷つくのではないかと心配していたイヴは、泣きながら「どうしたらいいの」とイグメドに助言を求める。そんなイヴに、イグメドは「たまには回線を切って休みなさい」とアドバイスをくれるのだった。

イヴはルウの病室に戻り、母親は死んだと嘘を言う。そして家に戻り、家中の電話線を引き抜き、束の間の静かな時間を過ごすのだった。疲れ切ったイヴは、ただ息子のジェシーに寄り添い眠るのだった。

電話で抱きしめてのあらすじ【結】

そして、いよいよパーティー当日。キャリアウーマンで女性からの支持が厚い姉のジョージアに講演を依頼していたイヴ。そこへ妹のマディも駆けつけ、3人が集まる。パーティーは無事に進行していた。

ところが、ジョージアの講演が始まると、それはイヴが想像していたものとは違っていた。父ルウの病気の話を持ち出し、いかに自分が父思いであり、辛い思いをしているかを語ったのだ。父親の病気でさえビジネスにしてしまうジョージア。お涙頂戴の演説で観客を感動させるジョージアに、イヴは憤りを感じる。会場でジョージアに不満をぶつけるイヴ。喧嘩になった二人の間に、仲間はずれにされたくないマディも加わって、3姉妹は本音をぶつけ合い、大喧嘩を始めるのだった。

だが、そこへ病院からルウが昏睡状態に陥ったとの連絡が入る。

大急ぎで病院に駆けつける3姉妹。意識のない父の隣で冷静さを取り戻したイヴに、ジョージアとマディが話しかけ、姉妹は仲直りする。

ベッドの脇で父を見守りながら、姉妹はイヴがどうしても思い出せない昔の女優の名前の話題で盛り上がっていた。その時、突然意識のなかった父親が目を覚まし、「ジューン・アリスン」とつぶやくのだった。意識を取り戻した父親に大喜びの娘たちだったが、それもつかの間、父は静かに息を引き取っていた。イヴが思い出せなかった女優の名前が、最後の言葉になってしまったが、ユーモアたっぷりの父親らしい最後だった。

イヴには、父とのたくさんの思い出があった。まだ父と母が仲良かった頃、二人が踊る姿を見つめる幼いイヴは、幸せでいっぱいだった。「俺のイヴィー」といつも抱きしめてくれた父。良いことばかりではなかったし、わがままで扱いづらい性格だったけど、それでもイヴにとっては大好きな父だった。

感謝祭の日。3姉妹は集まり料理を作っていた。父は亡くなったけれど、自分たちの人生は続いていく。大好きな父とのたくさんの思い出を胸に、姉妹たちは共に感謝祭を祝うのだった。

この記事をシェアする