映画『デジモンアドベンチャー tri. 第4章 喪失』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「デジモンアドベンチャー tri. 第4章 喪失」のネタバレあらすじ結末と感想

デジモンアドベンチャー tri. 第4章 喪失の概要:デジタルワールドへ向かった「選ばれし子供達」。そこでかつてのパートナーデジモンと出会うが彼らは記憶を失っていた。だが、メイクーモンだけは記憶を失っておらず、完全なリブートとは言い難い状況に陥っていた。記憶はない中でもすぐに打ち解け始めるが、ピヨモンだけはパートナーであった空を警戒してしまう。

デジモンアドベンチャー tri. 第4章 喪失の作品情報

デジモンアドベンチャー tri. 第4章 喪失

製作年:2017年
上映時間:82分
ジャンル:SF、アドベンチャー、アニメ
監督:元永慶太郎
キャスト:花江夏樹、三森すずこ、細谷佳正、田村睦心 etc

デジモンアドベンチャー tri. 第4章 喪失の登場人物(キャスト)

八神太一(花江夏樹)
選ばれし子供達の一人。パタモンとの関係で悩む空を一生懸命励まそうとする等、メンバーのことを気遣う青年。
石田ヤマト(細谷佳正)
選ばれし子供達の一人。太一と一緒に空を励まそうとするが、中々上手くいかなく苦戦する。
武之内空(三森すずこ)
選ばれし子供達の一人。普段弱音をみせないが、記憶を無くしたパタモンと上手くいかないことで悩む。
姫川マキ(甲斐田裕子)
西島の同僚でかつての「選ばれし子供」。昔死んでしまったパートナーデジモンを復活させるため、イグドラシと組んでリブートを起こした。
謎の男
デジモンワールドの世界で暗躍しているイグドラシルの使いと思われる男。色んな人へ姿を変えることができる模様。

デジモンアドベンチャー tri. 第4章 喪失のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『デジモンアドベンチャー tri. 第4章 喪失』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

デジモンアドベンチャー tri. 第4章 喪失のあらすじ【起】

リブートされたデジタルワールドへやってきた「選ばれし子供達」。数年ぶりに戻ってきたデジタルワールの世界に懐かしさを感じつつも、ヒカリだけはどこか肌で感じる雰囲気が昔とは異なると違和感を感じていた。

食料や寝床を探しつつ一行は歩いているとかつてのパートナーデジモン達と遭遇する。デジモン達はリブートの影響により、記憶を無くしていた。だが、デジモン達のことを良く知っている太一達は、寄り添うよう接することですぐに打ち解けることに成功する。だが、空のパートナーであるピヨモンだけは空を警戒し、他のパートナー達のように互いの距離は縮まらずにいた。

パートナーデジモン達と再会に喜んでいる中、太一達はメイクーモンを見つける。驚くことにメイクーモンは記憶を失っておらず、芽衣が太一達とは一緒にデジタルワールドの世界へ来ていないことにショックを受け、その場から逃げるのであった。

なぜメイクーモンだけ記憶を失っていないのか、リブートの影響を正確に把握する必要もあると考え、一行はメイクーモンを探すことにする。

デジモンアドベンチャー tri. 第4章 喪失のあらすじ【承】

メイクーモンの捜索を行っていたが夜になったため、一行は一旦メイクーモンの捜索を止め休憩する。ピヨモンとの関係性がこじれ落ち込む空は、夕食の場から離れる。異変に気付いた太一とヤマトは、空のところへ駆け寄るが、空は自分の気持ちを語らず、2人もかける言葉に迷ってしまう。

その最中、メイクーモンとムゲンドラモンが出現する。メイクーモンを追いかけようとするが、ムゲンドラモンの攻撃により、一行は歪みに巻き込まれバラバラの場所へ転送されてしまう。

一方、西島はデジタルワールドへ消えたと思われる姫川の所在を探していた。西島と姫川はかつての選ばれし子供たちであった。だが、姫川はパートナーデジモンを昔戦いで失っていた。そこでリブートを行うことでかつてのパートナーデジモンを復活させられるのではないかと考えていた。今回起きたリブートは、姫川の気持ちを利用した、デジタルワールドで暗躍するイグドラシルの画策によるものであった。

デジモンアドベンチャー tri. 第4章 喪失のあらすじ【転】

バラバラに散った「選ばれし子供達」。散らばった先でピヨモンと空は、メイクーモンを探しにデジタルワールドへやってきた芽衣と遭遇し行動を共にする。ピヨモンのことで落ち込んでいた空に対し、芽衣はパートナーデジモンことを信じてあげるべきだと諭す。

その最中、メイクーモンが3人の前に現れる。メイクーモンは芽衣に見捨てられたと思っていたため、芽衣に対し高圧的な対応をする。だが、芽衣はメイクーモンへの正直な気持ちを語りかけることでメイクーモンは落ち着きを取り戻す。

互いの胸の内を吐くことで芽衣とメイクーモンは打ち解ける。だが、その状況をすぐ壊すかのようにムゲンドラモンとイグドラシルの使いと思われる謎の男が出現し、空達を追い詰める。窮地の状況に陥ったが、バラバラに散っていた「選ばれし子供達」は集結する。

体制を立て直すために一行は、付近にあった船で逃げようと試みる。だが、ムゲンドラモン達に追いつかれてしまう。「選ばれし子供達」は戦いを余儀なくされるのであった。

デジモンアドベンチャー tri. 第4章 喪失の結末・ラスト(ネタバレ)

空達がムゲンドラモンと戦っている最中、姫川はかつてのパートナーデジモンであるバグモンを見つける。だが、リブートの影響により記憶がないため姫川の存在を忘れていた。冷静さを欠いている姫川は、その事実を受け止められず、バクモンに対し思い出すよう追い詰めてしまう。

その頃、ムゲンドラモンと戦っていた空は、攻撃を受けてしまい、絶体絶命の状況に陥る。空の危機的状況を救うべくピヨモンは究極進化する。同様にタケルのパートナーデジモンであるパタモンやミミのパートナーデジモンであるパルモンも究極進化し、ムゲンドラモンを倒すことに成功する。ムゲンドラモンを共同で倒すことで空とピヨモンも昔のような仲に戻ることができた。

一方、イグドラシルの使いである謎の男は、芽衣とメイクーモンへ接触する。謎の男は芽衣を苦しめることでメイクーモンの精神状態を揺さぶり、再度暴走させようと画策していた。

謎の男によって気絶させられてしまった芽衣の姿を見てメイクーモンは、見境がなくなり暴走をしてしまうのであった。

デジモンアドベンチャー tri. 第4章 喪失の感想・評価・レビュー

今作は今まで仲が良かった関係性がこじれる際に起こる心情模様を空とピヨモンで表現していた。結果的には緊急性の高い状況下に置かれることで仲直りしている。だが、緊急性の高い状況に行く前に、空がめげずにピヨモンへ寄り添っていたからこそ和解できたと思う。誰でも些細なことで喧嘩してしまい、修復することが難しいケースもある。それでも互いが互いのことを考え、寄り添う姿勢があれば修復は可能だとこの映画を通じ学んだ気がする。(MIHOシネマ編集部)

関連作品

次作 デジモンアドベンチャー tri. 第5章 共生
前作 デジモンアドベンチャー tri. 第3章 告白