映画『ダイバージェント』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ
9000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『ダイバージェント』のネタバレあらすじ結末と感想

映画『ダイバージェント』の概要:“平和”を護るため、全てが制限された世界。しかし、ある日その枠組みに当てはまらない少女が現れる。異端な存在である彼女を相手に、人類はどう行動するのか。新たな超大作SF作品、ここに開幕。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画『ダイバージェント』の作品情報

ダイバージェント

製作年:2014年
上映時間:139分
ジャンル:SF、アクション、ラブストーリー
監督:ニール・バーガー
キャスト:シェイリーン・ウッドリー、テオ・ジェームズ、アシュレイ・ジャッド、レイ・スティーヴンソン etc

映画『ダイバージェント』の登場人物(キャスト)

ベアトリス・プライアー / トリス(シャイリーン・ウッドリー)
無欲出身の少女。現在の世界のどの枠組みにも当てはまらない、異端者であったことが判明する。
トビアス・イートン / フォー(テオ・ジェームズ)
勇敢で幹部を務める男性。厳しくも、トリスには目をかけている。
ナタリー・プライアー(アシュレイ・ジャッド)
トリスの母親。元勇敢出身者であった。
ケイレブ・プライアー(アンセル・エルゴート)
トリスの兄。博学の道を選ぶ。
アンドリュー・プライアー(トニー・ゴールドウィン)
トリスの父親。心優しく、まさしく無欲に相応しい人物。
ジェニーン・マシューズ(ケイト・ウィンスレット)
博学のリーダー。自分たちこそが政権を握るべきと考えている。

映画『ダイバージェント』のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ダイバージェント』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

映画『ダイバージェント』のあらすじ【起】

激しい戦争で、人類は多大なダメージを受けた。一度は壊滅の危機にまで陥った人類の生活を立て直すべく、人々は2度と戦争が起こらない、新しい社会体制を作り上げたのだった。かつて人類は人種、国、宗教など様々な枠組みで区分分けがされていた。しかし、新体制ではその枠組みを全て撤廃し、人類をたった5つのカテゴリーに分けることにしたのであった。

子供達は一定の年齢に達すると、コンピューターを活用した選択の儀式を受けることとなる。とあるイメージを見せられるその選択の儀式で如何に行動するかで、自分がどのカテゴリーに所属するかが決まるのである。

5つのカテゴリーは、それぞれ性格によって大別されていた。1つめは無欲(アブネゲーション)、質素な生活を送り、思いやり深く、現在の政権を担っている存在。2つ目は高潔(キャンダー)、決して嘘をつかず、司法を司っている。3つ目は博学(エリュアダイト)、頭脳明晰な集団で、教育・研究を担当。4つ目は平和(アミティ)、心優しい者が集い、農業を行なっている。最後は勇敢(ドーントレス)、勇気があるものが選ばれる、軍事・警察の役割を担う集団である。

映画『ダイバージェント』を無料視聴できる動画配信サービスと方法
映画『ダイバージェント』を無料視聴できる動画配信サービスと方法を分かりやすく紹介しています。

映画『ダイバージェント』のあらすじ【承】

基本的には自分の両親と同じカテゴリーに分類されることが通常ではあるものの、時折違った道を辿る者もいる。その場合、2度とその者は家族の元に戻ることは許されない。同カテゴリーのメンバーこそが自分の仲間であり、家族になるからだ。万が一、配属されたカテゴリーに適応できなかった場合、その者はカテゴリーの枠外、”無派閥”となり世間から蔑まれることになる。

無欲の両親を持つベアトリスは、自分も同じく無欲にカテゴライズされるであろうと考えていた。しかし蓋を開けてみると、何と彼女は無欲ではなかったのだ。彼女はどの派閥にも該当されることのない、”異端者<ダイバージェント>”であることが判明する。秩序を守るためにカテゴライズされたこの世界で、そのルール下に置けない異端者は危険人物扱いをされていた。

テストを担当した人物の勧めで、彼女は自分が異端者であることを隠し、儀式では”勇敢”を選択するのであった。そして、ベアトリスの兄、ケイレブは”博学”の道を進むこととなる。

映画『ダイバージェント』のあらすじ【転】

ベアトリスは”トリス”に名を変え、勇敢で生きていくことなる。しかし、勇敢に入隊するためにはまず厳しい訓練を受ける必要があった。成績下位者は勇敢を追い出され、無派閥として生きなければいけないのだ。ベアトリスは中々訓練で成績をあげられず、追放が濃厚になっていた。

しかし、幹部の1人であるフォーという人物に出会い、彼から指導を受けるうちに少しずつ彼女の成績は上がっていく。生活を共にするうちに、2人は愛で結ばれるのだった。そして、見事トリスも試験を突破してみせた。

すると、幹部の一部が、合格した勇敢の団員達に注射を受けさせるのだった。その注射を受けた人物は、幹部の命令に従う操り人形となってしまうのだった。この事態の黒幕は博学のリーダー、ジャニーンだった。ジャニーンは自分たちこそが政権を握るにふさわしいと考え、勇敢に無欲を襲わせようと考えたのだった。しかし、その注射はフォーとトリスには効かなかった。実はトリスだけではなく、フォーも異端者だったのである。

映画『ダイバージェント』の結末・ラスト(ネタバレ)

2人は博学に立ち向かうべく行動を起こすが、多勢に無勢、フォーが敵に捕らえられてしまう。トリスもピンチに陥ったその時、彼女の母親、ナタリーが華麗な動きでトリスを助け出すのだった。実は、ナタリーは元々勇敢の出身だったのだ。ナタリーはトリスを守りきるが、しかし、最後に彼女は銃弾に倒れ命を落としてしまう。

家族の元まで辿り着いたトリスは、父親と、そして博学から逃げ出してきたケイレブと共に博学の本拠地へと乗り込むのであった。しかしその道のりは険しく、途中で、父、アンドリューを殺されてしまう。そして本拠地では、洗脳されたフォーが待ち構えていた。操り人形となったフォーは容赦なくトリスに襲いかかるが、トリスはフォーに必死に訴えかけ、何とか彼の洗脳を解くのだった。

そして、ジャニーンに例の注射を打ち込み、彼女を操り勇敢の無欲に対する攻撃をやめさせるのであった。これを機にトリス達は派閥を辞め、自由を手にするべく旅立つことになる。

映画『ダイバージェント』の感想・評価・レビュー

近未来を舞台にしたSF作品。適性検査により所属する集団が決められる世界ですべての集団に所属できる適性を持った少女の活躍を描く。

自らの人生を適性によって診断されより良い人生が送れると確約された世界で主人公・トリスはその適性の広さゆえに「異端者」と呼ばれることになるのだが、適性の広さゆえではなく、自らの意思を貫くため自身の生き方を選択するトリスの強さに胸を打たれるとともに、人生の適正とは?と問いかけているように感じる作品。(男性 20代)


アメリカの小説を映画化したもの。人間は産まれた時に、4つの中の1つの能力を身につけている。それを16歳になると決められる。ただ、どこにも属さなかった主人公は政府に楯突いて自分の能力を磨いていきます。

政府に反発しながら、たくましく成長していくのは設定的にはよくあります。内容的には話しがありえない方向に進んでいて無理があるような気がします。(女性 30代)


人類を五つの属性のどれか一つに分類して生活を強いると言う世界観が、とても新鮮でした。複数の属性を持つ人物はダイバージェントと呼ばれ、危険分子とみなされる。僕に言わせれば、個性的で貴重な存在と思うだけに、この映画ではダイバージェントたちがどうなってしまうのか、終始気になりました。
またこう言った独特の世界観の映画というのは、自分自身がこの世界に入ったら、どこに所属するのだろうという想像も働いて面白い。そう言った想像が働くため、それぞれの属性の動きにも興味を持って見ることができる作品でした。(男性 40代)


全ての人間が5つの属性に分けられ、同じ属性の仲間たちを家族とし生きている世界が今作の舞台です。5つの属性、無欲・高潔・博学・平和・勇敢にはそれぞれの役割があり、それによって世界が成り立っています。しかし、その5つに分類できない能力を持つ人間は異端児とされてしまうのです。
このように属性ごとに分けられて生きることは安全であり、安心できる未来が待っていると思います。しかし、本当にそれで良いのでしょうか?自分らしさ、自分の能力について考えさせられると同時に、自分の能力を好きなように発揮出来る場があることはとても幸せだと感じました。(女性 30代)


適正によって属性を決められる近未来という設定で、異端者と診断された少女が自らの生き方を選んでいくという内容。
閉鎖的な近未来の国で、合理的に民衆を統制して国を運営していくとなったら、適正を定める方法が恐らく一番、やりやすいのだろうと思う。そんな中、ヒロインは異端者診断されてしまい、勇敢と偽って処刑から逃れる。この時点で何かが起こるフラグが立ったなと感じる。彼女には兄がいるのだが、この兄が妹を見捨ててしまうシーンが一番印象強く、ショッキングだった。そして、統率者のケイト・ウィンスレットの貫禄が半端ない。ヒロイン役のシャイリーン・ウッドリーの体当たりの演技がなかなかいい。(女性 40代)

関連作品

次作 ダイバージェントNEO

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SF映画アクション映画ラブストーリー映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
9000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,052円(税込)
無料期間30日間無料
作品数DVD約35万本+CD約25万本
特徴DVDやCDの宅配レンタルサービス。追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!ネットで簡単注文、借りた作品は自宅でお届け!返す時はポストへ返却するだけなので楽チン!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました