映画『ドラえもん のび太とロボット王国』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ドラえもん のび太とロボット王国」のネタバレあらすじ結末と感想

ドラえもん のび太とロボット王国の概要:のび太が注文した大量のロボットの中に、ポコという少年のロボットが紛れ込んでいた。地球から遠く離れた星からやってきたポコを故郷まで連れて行ったのび太達だったが、その星ではロボット改造命令が下されていた。

ドラえもん のび太とロボット王国の作品情報

ドラえもん のび太とロボット王国

製作年:2002年
上映時間:81分
ジャンル:アドベンチャー、ファンタジー、アニメ
監督:芝山努
キャスト:大山のぶ代、小原乃梨子、野村道子、たてかべ和也 etc

ドラえもん のび太とロボット王国の登場人物(キャスト)

ドラえもん(大山のぶ代)
未来からやってきたネコ型ロボット。のび太の部屋の押入れで寝起きしている。なにかとのび太の面倒を見ており、度々説教をする。最後の武器は石頭。
のび太(小原乃梨子)
小学生。後先考えず行動する癖があり、いつもドラえもんに助けられている。
しずか(野村道子)
のび太の友達。優しく真面目な性格で、マドンナ的存在。
ジャイアン(たてかべ和也)
のび太の友達。よくのび太をからかっているが、情に厚い部分もあり面倒見がいい。
スネ夫(肝付兼太)
のび太の友達。犬型のペットロボットを買ってもらったことをのび太達に自慢する。
ポコ(桑島法子)
少年型のロボット。タイムスペースラビリンスでのび太が注文したロボットに紛れてしまい、地球にやってきた。
ジャンヌ(新山千春)
ロボット王国の女王。ロボットを助けようとした父親を事故で失くしている。ロボット改造命令を施行する。
マリア(藤田淑子)
ポコの母親。かつてはジャンヌの養育ロボットとして身の回りの世話をしていた。
チャペック(穂積隆信)
ロボット専門の医者。人間。チャペックが開発した電送マシンでポコは地球へと送られた。
デスター(森山周一郎)
王国の軍司令官。父親の死はロボットのせいだとジャンヌに吹き込み、裏で王国を操っている。

ドラえもん のび太とロボット王国のネタバレあらすじ

映画『ドラえもん のび太とロボット王国』のあらすじを結末まで解説しています。この先、ネタバレ含んでいるためご注意ください。

ドラえもん のび太とロボット王国のあらすじ【起】

ロボット王国ではジャンヌ女王のロボット改造命令の下、ロボットを工場に連行し感情を抜き出していた。マリアと2人でドロイド兵から逃げていたポコは、チャペックの電送マシンで地球へと送られる。

スネ夫が新しく買ってもらった犬型のペットロボットが羨ましくなったのび太は、ドラえもんのひみつ道具である未来デパート通販マシンでロボットを注文する。しかし、誤操作で大量に注文してしまったロボットはのび太の部屋から出て行ってしまう。

ロボットを探しに行ったのび太は、空き地でドラえもんに詰め寄られる。散歩中のドラえもんは、ロボットが町中にいる原因がのび太だと気が付いていた。のび太から事情を説明されたドラえもんは、急いでロボットを返品する。

未来デパートに返品されなかったポコをスキャンしたドラえもんは、ポコが地球で作られたロボットではないとのび太達に説明する。のび太はしずか、ジャイアン、スネ夫と共にドラえもんが運転するタイムマシンに乗り込み、ポコがいた星にポコを連れて行くことにする。

ドラえもん のび太とロボット王国のあらすじ【承】

タイムスペースラビリンスでドロイド兵に追いかけられたドラえもん達だったが、スネ夫の操縦でなんとかロボット王国にたどり着く。ドラえもん達はチャペックにポコの修理を依頼し、そのまま家に泊めてもらうことにする。

ジャンヌの父である前国王は荒地だったこの星を開拓し、人間はロボットと共存していた。ロボットの人工知能は進化し、人間と同じ感情を持つようになる。しかし、ジャンヌはロボットを奴隷にするためにロボット改造命令を施行した。

翌朝、ポコがいなくなったことに気が付いたドラえもん達は、チャペックの助手ロボットのクルリンパの案内で宮殿まで行くことにする。タケコプターで移動していたドラえもん達は、ドロイド兵に追われるポコを見つける。

ポコを助けようとしたドラえもんは、ドロイド兵が放ったレーザーを浴びてしまう。改造工場まで連れて行かれたドラえもんだったが、他の星のロボットだと判明し性能を試すために改造を免れる。マリアと同じ部屋に軟禁されたドラえもんは、ポコは無事だとマリアに伝える。

ドラえもん のび太とロボット王国のあらすじ【転】

クルリンパからドラえもんが鋼鉄バトルに出場することを知ったのび太達は、急いでコロシアムに向かう。ひみつ道具を使ってなんとか戦いに勝ったドラえもんは、タケコプターを使ってのび太達と共にコロシアムを脱出する。

チャペックの家に到着したスネ夫は、マリアが既に改造されているかもしれないと指摘する。しかし、ドラえもんは宮殿でマリアと会っており、マリアが無事であると聞いたポコは安堵した。

ドロイド兵が近くまで探しに来ていることに気が付いたチャペックは、ドラえもん達に西にある人面岩を教える。砂嵐の中進んでいたドラえもん達は、崖の上から落ちてしまう。やっと人面岩を見つけたドラえもんだが、のび太、しずか、ジャイアン、スネ夫は疲れ果てて動けなくなっていた。

人面岩の洞窟の中までのび太達を運んだドラえもんは、ポコとクルリンパと手分けして飲み水を探しに行く。ポコはデスターに騙されて崖から落ちてしまったジャンヌを見つけ、洞窟に運んで介抱する。洞窟の奥を調べていたクルリンパは、奥に緑豊かな草原が広がっていることをドラえもん達に知らせる。

ドラえもん のび太とロボット王国のあらすじ【結】

虹の谷で療養していたジャンヌは、自分が間違っていたことを認め、父親が目指したロボットと人間が助け合う王国を目指すことを誓う。ドラえもん達と一緒に宮殿の戻ったジャンヌは、デスターが王国を乗っ取ろうとしていることに気が付く。

宮殿全体がロボットとなっており、デスターはマリアを拘束したまま攻撃を始める。のび太はひみつ道具のなんでもそうじゅう機を使い、コロシアムの外壁に取り付けられたロボットで応戦する。操縦不能となったのび太のロケットが宮殿にぶつかり、その隙を見てドラえもんは宮殿の中に忍び込む。

天井から落ちてきたドラえもんの石頭にぶつかったデスターは気絶するが、ロケットの噴射スイッチは押されてしまっていた。ドラえもんとマリアが内部に取り残されたロケットは、このままだと惑星に衝突してしまう。

チャペックの電送装置でドラえもんとマリア、デスターを移動させたのび太達は、涙を流して再会を喜ぶ。デスターはチャペックの実の弟であり、かつては優秀な科学者だった。チャペックは道を間違えてしまったデスターを連行させ、ドラえもん達は地球に戻ることにする。

この記事をシェアする