映画『どついたるねん』のネタバレあらすじ結末と感想。無料視聴できる動画配信は? | MIHOシネマ
9000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『どついたるねん』のネタバレあらすじ結末と感想。無料視聴できる動画配信は?

映画『どついたるねん』の概要:元プロボクサー赤井英和の初主演映画。日本タイ記録を樹立した赤井英和の実体験を元に制作されている。試合中のKOで脳にダメージを負い、手術にて一命を取り留めた主人公が、自暴自棄の生活を経て、再びボクサーへと返り咲こうと奮闘する姿を描いている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

映画『どついたるねん』の作品情報

どついたるねん

製作年:1989年
上映時間:110分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:阪本順治
キャスト:赤井英和、相楽晴子、麿赤兒、大和武士 etc

映画『どついたるねん』をフルで無料視聴できる動画配信一覧

映画『どついたるねん』をフル視聴できる動画配信サービス(VOD)の一覧です。各動画配信サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu×
Amazonビデオ
dTV
TELASA×
TSUTAYA DISCAS
ビデオマーケット
Netflix×

※動画の配信情報は2022年5月時点のものです。配信状況により無料ではない場合があります。最新の配信状況は各動画配信サービス(VOD)の公式サイトでご確認ください。

映画『どついたるねん』の登場人物(キャスト)

安達英志(赤井英和)
プロボクサーであったが、試合にて脳にダメージを負い手術にて一命を取り留める。非常に気性が荒く短期で粗暴。近接戦を得意とし、攻め続ける試合をする。リングには立てないと医師に宣告されている。
鴨井貴子(相楽晴子)
英志の幼馴染で、父が会長を務めるジムの世話係をしている。気が強く英志に口答えができる唯一の存在。殴られても怯まない強さを持つ。
鴨井大介(磨赤児)
ナショナルボクシングジムの会長で貴子の父。英志をプロボクサーにまで育てた人物。英志にジムを引き継がせようとまで考えていた。
左島牧雄(原田芳雄)
かつてチャンピオンに2度輝いた経歴を持つ元プロボクサー。英志のジムにトレーナーとして雇ってもらう。腰が低く丁寧な教え方をする。
清田さとる(大和武士)
新人プロボクサーで、元はナショナルボクシングジムにいたことがある。ボクサーとしての才能はあるものの、普段は気弱で気の良い青年。

映画『どついたるねん』のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『どついたるねん』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

映画『どついたるねん』のあらすじ【起】

幼い頃、幼馴染の鴨井貴子をいじめからいつも助けていた安達英志。彼の夢はプロボクサーで練習に余念がなかった。そうして、念願の夢を叶えた英志だったが、外国人選手と対決した折、意識不明の重体となってしまう。ただちに病院へ搬送され、脳手術を受けた彼は障害を負うこともなく奇跡の生還を果たした。だが、医師の話では、プロボクサーに復帰することはもうできないらしい。

無事に退院した英志は酷く荒れ周囲に迷惑をかけていたが、ボクサーに育ててくれた貴子の父大介のナショナルボクシングジムへ戻ることなく、勝手に自分のジムを立ち上げてしまう。そんな英志に鴨井親子は憤慨したものの、英志のジムには続々と入門者が集まりトレーナーも足りない状態。英志は新たに2人のトレーナーを雇うことにした。

だが、そこへ左島牧雄という男が現れ、トレーナーとして雇って欲しいと割り込んでくる。彼の話によると、かつてはチャンピオンに輝いたこともあるボクサーだったらしい。ボクサー年鑑を開いた英志は2度もチャンピオンに輝いた経歴のある左島を雇うことにし、2人のトレーナーとは口喧嘩をして追い返してしまうのだった。

映画『どついたるねん』のあらすじ【承】

ところが、腰が低く言葉も丁寧な左島の指導は英志からしたらとても甘ったるく、闘志を引き出す指導とは思えない。毎日がその調子であったため、英志は酷くやきもきとしていた。
やがて、日本ジュニアタイトルマッチが開催。鴨井親子のジムから引き抜いた清田さとるもデビュー戦を迎える。しかし、清田は試合に判定勝ちしたものの、英志は判定勝ちなどもっての外だと清田を厳しく叱りつける。同じ控室には鴨井親子もおり貴子も控えていたが、厳し過ぎる英志の指導に口答え。貴子の言動に腹を立てた英志は、控室で悶着を起こし逃げ出す彼女を追いかける途中でかっとなり意識を失ってしまうのだった。

気性の荒い英志に口答えできる者などそうそういない。そういった意味でも貴子は非常に強気な女だった。病院に担ぎ込まれたものの、無事に意識を取り戻し帰路に就くことができた英志。迎えに来てくれた貴子と歩を進める。英志は怒り出すと手が付けられず、女にも平気で手を上げるが、幼馴染である貴子は殴られても簡単に怯まないのだった。

数日後、怒って怒鳴りつけてばかりいる英志に誰もが嫌気を差し、ジムから去って行ってしまう。左島はボクサーには個々にタイプがあり、それぞれに合わせた指導をするべきだと言うが、英志は自分が求める接近戦で攻めることができるボクサーを育てたい。それは、ひとえに自分がボクサーとしてリングに立てなくなってしまったからであるが、本人はそのことに気付いておらず、ただただ怒鳴りつけ厳しく指導するばかりなのであった。

翌日、ジムには左島とボクサー1人しか残っておらず、肩を落とした英志。このジムでさえも彼のものではなく、資金を提供したスポンサーのものだと言われ、とうとう左島までが去ってしまう。英志は最後に彼へと食事を驕り労わって帰した。

映画『どついたるねん』のあらすじ【転】

その後、帰宅し冷静になってよく考えた末、東京に帰るという左島を追いかける。そうして、彼に自分のトレーナーになって欲しいと頼み込んだ。指導するボクサーも去り、ジムも取り上げられ試合の解説もできない英志。残された道はボクサーに復帰する道しかなかったのである。だが、左島は命の方が大事だと言い、英志の話を断ってしまうのだった。

それでも、引き止めることに成功した左島と共に鴨井親子の元を訪れた英志。酷い態度でジムを去った英志に鴨井親子が簡単に許すはずもない。ゴングの音を耳にした英志は、真摯な態度で大介に指導を頼み、その日は帰宅。
後日、大介は英志の殊勝な態度に考えを改め、左島をトレーナーに迎え英志を再び迎え入れるのだった。

そうして、復帰へ向けてトレーニングが開始する。医師に頼み込んで診断書をもらい、新しいライセンスを取得。復帰戦の相手は清田に決定した。ところが、英志は何に対しても文句を言って勝手な行動ばかり。自分の復帰戦を華々しいものにするため、英志は練習もせずにステッカーを作ったり報道を呼んだり、ジムに自分の特大パネルを置いたりと手回しに余念がない。

そんなことをしている間にも、清田は着々とトレーニングを続けている。敵情視察を行った英志は試合1週間前、体重の絞り込みへと入った。対して、清田も絞り込みの時期に入っている。厳しい食事制限にウェイトを落とすための過酷な減量は、空腹も相まって苛立ちが募る。その上、左島は英志を思うあまり、スパーリングをしても顔を狙おうとはしない。

映画『どついたるねん』の結末・ラスト(ネタバレ)

左島に発破をかけまともに打ち合うよう怒鳴りつけた英志。だが、顔にパンチを1発くらっただけで、彼の命は危険に晒される。左島は英志と本気のスパーリングした後、トレーナーをやめてしまった。

試合前日、軽量も無事にクリアした英志だったが、その帰りに貴子と通天閣へ。ところが、エレベーターの中で不意の恐怖に苛まれた英志は突然、嘔吐して倒れてしまう。このことで、英志の命が危険に晒されていると実感した貴子。左島を見つけ出し英志を止めるよう頼み込んだが、左島は彼の戦いは誰にも止められないと言うのだった。

そうして、いよいよ試合当日。準備を整えリングへ上がった英志。ゴングが鳴っていざ、拳を合わせたものの、清田は後退ばかりで試合にならず。誰も本気で殴ったら必ず死ぬという相手を前に拳を振るいたくはない。対して、英志は死ぬ気で戦いに臨んでいる。清田の態度は相手を冒涜するような態度であった。1ラウンドから2ラウンド中盤まで、英志の攻勢であったが、後半で発破をかけたところ、清田が本気を出してくる。気負うことなく顔へのパンチを繰り出し始め、1度はダウンさせられるものの、どうにか立ち上がった英志。

3ラウンドからようやくまともな打ち合いになるものの、英志はすでに意識も朦朧とした状態である。終始、清田に押される形となり貴子は見るに見かねてタオルをリングへ投げ入れた。その時、英志は清田の一瞬の隙を突き、彼からダウンを奪うのであった。

映画『どついたるねん』の感想・評価・レビュー

浪速のロッキーと呼ばれ絶大な人気を誇った元プロボクサー赤井英和の初主演映画。演技面では良いとは言えないが、試合のシーンや減量のシーンはさすが元プロボクサーである。彼の実体験を元に制作されているため、ボクシングのシーンは非常にリアル。

主人公は脳手術で一命を取り留め、リングにはもう上がれないと医師から宣告を受けている。非常に粗暴で暴力的、気性が荒く人の話は聞かないという手に余る性格。だが、ボクシングに対しての気持ちは非常に真剣で、自分なりの信条を貫き通している。命を懸けて試合に臨む姿は、まさにファイターである。(MIHOシネマ編集部)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒューマンドラマ映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
9000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,052円(税込)
無料期間30日間無料
作品数DVD約35万本+CD約25万本
特徴DVDやCDの宅配レンタルサービス。追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!ネットで簡単注文、借りた作品は自宅でお届け!返す時はポストへ返却するだけなので楽チン!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました