「永遠と一日」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

永遠と一日の概要:死への絶望と希望を、詩的な感性によって穏やかに描きだす。長回しの多用や時系列の錯綜など、独特な手法を確立し、コアなファン層を獲得したテオ・アンゲロプロス監督の作品。本作はパルムドール賞を受賞している。

永遠と一日の作品情報

永遠と一日

製作年:1998年
上映時間:134分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:テオ・アンゲロプロス
キャスト:ブルーノ・ガンツ、イザベル・ルノー、アキレアス・スケヴィス、デスピナ・ベベデリ etc

永遠と一日の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『永遠と一日』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年11月現在のものです。

永遠と一日の登場人物(キャスト)

アレクサンドレ(ブルーノ・ガンツ)
海辺の家に住む、孤独な老人。病魔に侵されており、明日からの入院を決めている。ある難民の少年と出会い、共に一日を過ごすことで、明日への希望を抱くようになる。亡き妻への心残りがある。
少年(アキレアス・スケヴィス)
難民の子供。アレクサンドレに幾度か助けられ、次第に心を開いてゆく。詩人の話に興味を持ち、「言葉を買う遊び」をする。最後はアレクサンドレとの別れを決め、船で帰国する。
アンナ(イザベル・ルノー)
アレクサンドレの亡くなった妻。「私の日」と呼称するある一日の思い出を、手紙に残す。その中で、アレクサンドレへの深い情愛を綴っている。
ソロモス(ファブリツィオ・ベンティヴォリオ)
ギリシャの詩人。かつて人々から言葉を教わり、金を払ったという。アレクサンドレと少年とバスに乗り合わせ、死について語り聞かせる。
ウラニア(エレニ・ゲラシミドゥ)
アレクサンドレの元で働いていた使用人。彼を心から心配し、飼い犬を引き取る。
カテリーナ(イリス・ハジアントニウ)
アレクサンドレの娘。アレクサンドレの身を案ずるも、気難しい夫がいるため力になれない。

永遠と一日のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『永遠と一日』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

永遠と一日のあらすじ【起】

アレクサンドレは、夏の海を泳いだ少年時代の夢から目を覚ます。窓からは寒々しい海辺の景色が覗いており、彼は病気だった。使用人のウラニアは、入院するというアレクサンドレとの離別を惜しむ。彼女が出ていったあと、アレクサンドレは窓際に立ち、あるクラシックの曲を流す。すると、それに応えるように、向かいのアパートの一室から同じ曲が流れてくる。その時間だけが自己の存在と世界を繋ぎとめていると、彼は信じていた。そして犬の散歩に出ると、亡き妻アンナへ想いを馳せる。

街では、道ゆく車の窓拭きをして生計を立てる、難民の子供たちが群れを成していた。彼らと警察の追いかけっこが始まるなか、アレクサンドレは逃げ遅れた一人の少年を庇って車に乗せる。少年は一言も喋らなかったが、最後には笑顔を見せる。

アレクサンドレは、飼い犬を連れて娘・カリーナの家を訪ねる。旅に出るという理由で、犬と数個の封筒を託す。カリーナが開いた一通の手紙には、アンナが「私の日」と呼んでいた日付が記されている。アンナは、手紙の中でアレクサンドレに話しかけ、強い恋心と不安を露わにしていた。妻の本音に、動揺を隠せないアレクサンドレ。結局、カリーナの夫に犬の引き取りを断られ、さらに海辺の家を売ったと打ち明けられる。

永遠と一日のあらすじ【承】

アレクサンドレは、先日助けた少年を再び見かける。少年は二人組の男たちに車に連れ込まれ、誘拐されるところであった。その後をつけ、人身売買の市場にたどり着いたアレクサンドレは、持ち合わせの財産を擲って少年を救う。

アレクサンドレは、少年を故郷に返そうと試行錯誤するが、彼はその度に逃げだそうとする。ついに彼を国境まで送り届けることにするが、そこには不穏な空気が立ち込める。セリムという仲間とはるばるやってきたらしい少年は、村に銃を持った奴らが押しかけてきたことや、地雷を確かめながら道を来たことを話す。国境に近づいた二人は、濃霧の中にそびえる大きなフェンスに、亡霊のような人影がゆらめく様を見る。恐ろしくなったアレクサンドレは、少年の手を取って一目散に逃げだす。

あれこれと世話を焼くアレクサンドレに、すっかり打ち解けた少年は、詩人について聞きたがる。アレクサンドレは、かつて言葉を知るために金を払ったという詩人ソロモンについて、嬉々として語る。

永遠と一日のあらすじ【転】

アレクサンドレと少年は港にやってくる。来たる別れに悲しげな様子のアレクサンドレに、少年は詩人ソロモンを真似て、言葉を買ってくると言う。「どこにいてもくせ者」という意味の言葉を教えられ、少年にコインを払うアレクサンドレ。海を眺めながら、波音とともにアンナの声を聞く。そして彼は、「私の日」にいた。そこでは彼とアンナの思いは交錯し、すれ違うのであった。

アレクサンドレは、掛かりつけの医者とばったり出くわす。病気の苦悩を打ち明け、明日入院することを告げる。医者は、作家アレクサンドレのファンであることを告げ、去ってゆく。一方、難民の子供たちの情報により、セリムが亡くなったことを知る少年。アレクサンドレとともに遺体安置所に駆けつけ、その遺体を目の当たりにする。少年はセリムの形見であるスニーカーを燃やし、涙を流して弔う。

アレクサンドレは亡き母の死を思いだし、また「私の日」を回想する。にわか雨が降りだしたにも関わらず、アンナと熱いキスを交わす。そして、幾つもの疑問を母に吐露する。どこにいても自分をよそ者だと感じていたことや、絶望的な沈黙から言葉を引きだした時だけ生を感じられること、アンナとの愛し合い方がわからなかったことを、独り言のように打ち明ける。

永遠と一日の結末・ラスト(ネタバレ)

少年との別れの時を迎え、子供のように寂しさを募らせるアレクサンドレ。残されたわずかな時間を、二人はバスの旅に費やすことに決める。停車駅では楽団が乗り合わせ、車内で美しい演奏を披露する。感じ入るアレクサンドレと少年の面持ちはそっくりで、二人は言葉を超えて通じ合っているようだ。また次の駅では、詩人ソロモンが乗ってくる。彼は死があってこその美しい人生であると語る。アレクサンドレは「明日の時の長さは?」と尋ねるが、返事はない。

少年は目に涙を一杯浮かべて、アレクサンドレに言葉を売る。そして、少年を乗せた船は行ってしまう。残されたアレクサンドレの目はがらんどうのようで、青信号になっても車を動かすことができない。

アレクサンドレが空き家となった海辺の家に戻ってくると、再び「私の日」の続きが始まる。彼と心を通わせることを待望するアンナ。アレクサンドレは、彼女と踊りながら愛を確かめ合い、「明日の時の長さは?」と尋ねる。彼女は「永遠と一日」だと答える。アレクサンドレは海に向かって、少年から買った言葉の数々を叫ぶ。遠くで、彼を呼ぶ声がする。

永遠と一日の感想・評価・レビュー

時間と空間を頻繁に行き来することで、永い物語を一日に凝縮して描くことに成功している。それも夏と冬、明るい海辺と陰鬱な病院、という風に対照的である。その映像から、死と生の香りがまざまざと漂う。言葉によって生き続けるという希望を見いだした詩人と、その普遍的なテーマに、監督の実直な感性が表れている。

子供のひそひそ声で語られる、「砂浜でお手玉遊びをする子供 それが時だってさ」という表現が胸をついた。その童心溢れる響きは、子供同士の秘密のようなきらめきを感じさせ、視界を明るくする。主人公の深い悩みすら、軽やかに笑い飛ばしているかのようだ。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする