「ファウスト(2011)」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

ファウスト(2011)の概要:文豪ゲーテの名作を、ロシアの名匠アレクサンドル・ソクーロフが自由な発想にて制作した作品。魂の在り処を探し生きる意味を失っていた教授が、恋をした少女の愛を得るべく悪魔と称される高利貸と魂の契約を交わしてしまう。

ファウストの作品情報

ファウスト

製作年:2011年
上映時間:140分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:アレクサンドル・ソクーロフ
キャスト:ヨハネス・ツァイラー、アントン・アダシンスキー、イゾルダ・ディシャウク、ゲオルク・フリードリヒ etc

ファウストの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『ファウスト(2011)』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年3月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

ファウストの登場人物(キャスト)

ハインリヒ・ファウスト(ヨハネス・ツァイラー)
医師であり教授。人の魂の在り処を探し続け、眠れないほど思い悩んでいる。魂の在り処が分からなければ、死んでいるも同然だと断言。マルガレーテに一目惚れし、彼女の愛を得るべくミュラーと魂の契約をしてしまう。
マウリツィウス・ミュラー(アントン・アダシンスキー)
高利貸を営んでいる。巷では悪魔と噂されており事実、悪魔でもある。小太りで男性器を持たず、小さな尻尾がある。羽もあるようだが、普段は隠している様子。姑息な手を使い、マルガレーテと出会わせてファウストと魂の契約をする。
マルガレーテ(イゾルダ・ディシャウク)
金髪で美しく純粋な女性。兄と母の3人家族であったが、母親を愛することができず、母からも愛されていないと感じている。ファウストと接する内に惹かれていくが、兄を殺した張本人だと知ると湖へ身投げしようとする。
ワーグナー(ゲオルク・フリードリヒ)
ファウストの弟子で世話係。ファウストに心酔しており距離感が近い。ホムンクルスを作ろうと日夜、研究に勤しんでいるが、精神を病んでしまう。

ファウストのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ファウスト(2011)』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ファウストのあらすじ【起】

医師であり教授でもあるハインリヒ・ファウストは、人間の魂の在り処を捜して人体の解剖に明け暮れていた。だが、どんなに探しても魂の在り処など分かるはずもなく、分かる者がいるとするならば、神か悪魔しかいないと助手で弟子のワーグナーに言われてしまう。ファウストの父親も医師であったが、診療に訪れる患者は大概が貧乏人で稼ぎにならない。ファウスト親子もまた貧しく明日をも知れぬ有様だった。ハインリヒは思い悩み満足に眠ることもできず、死体を始末する金を払うこともできずにいる。

そこで、ファウストは悪魔と噂される高利貸のマウリツィウス・ミュラーの元を訪れる。質に入れるのはファウスト家に伝わる賢者の石の指輪だったが、ミュラーは指輪に価値がない上に貸せる金がないと言う。更に彼はファウストが著作の医学書にサインをねだる始末。

サインをしたものの、金を借りることもできずにミュラーの元を去ったファウストは、仕方なく帰宅。ワーグナーに頼んでいた毒薬を受け取る。ところが、ミュラーが自宅へと訪れ忘れ物だと言って賢者の石の指輪を持って来る。更に奴はファウストがやっと手に入れた毒薬を飲み干してしまうが、なぜかぴんぴんとしている。家から出てミュラーと通りを歩いているとミュラーが毒薬のせいで急に腹を下したと言い出す。教会の裏で奴が用を足しているとそこへワーグナーがやって来て、自分は順番待ちの150番目で、その番号をファウストへ譲ると言い出す。善はなくとも悪は存在すると謎めいたことを述べて去って行くのだった。

すっきりしたミュラーが生きる喜びに代わるものを教えてくれると言うため、女性が集まる公衆洗濯所へ。ファウストはそこで美しい娘マルガレーテと出会う。ミュラーの異様な裸体にも興味があったが、それよりもマルガレーテを追うことに決めたファウスト。彼女の家までついて行こうとしたが、通りに父親が病人を連れて来たため、立ち止まった。

ファウストのあらすじ【承】

すると、父親はミュラーを知っているのか、酷く罵倒し追い返してしまう。ファウストはミュラーと共にその場を去り、気分を変えるために酒場へ。しかし、酒場の喧噪に辟易としたファウストが帰ろうとすると、飲んでもいないのに勘定を払えと店主に言われる。あわや喧嘩が勃発するかと思った矢先、ミュラーがナイフで壁に傷をつける。すると、不思議なことに壁の傷から上等なワインが流出。一気に騒然となった酒場にて、ファウストは揉み合った末にある男をフォークで刺してしまうのだった。

全てはミュラーが誘導した結果であったが、ファウストは驚きつつも促されるまま酒場から逃走。ミュラーの話によると、ファウストが刺してしまった男はマルガレーテの兄だったらしい。マルガレーテの家族は母親と兄の3人。こっそり家の裏から覗くとそこへ男の死体が運ばれて来る。ファウストが刺してしまった男である。ファウストはマルガレーテのために何かしたいと思い、ミュラーに金を都合してもらうことにした。

高利貸の地下室へ。そこは謎の物で溢れ酷い臭いであったが、ファウストはそこから金貨を発見。ミュラーに頼んでマルガレーテの家へ届けてもらった。そうして、墓に向かう列へとこっそり加わる。更にファウストは葬儀中にちゃっかりマルガレーテの隣に陣取り、彼女へと密かにモーションをかけた。すると、どうやらマルガレーテもまんざらではない様子。

ファウストのあらすじ【転】

葬儀の後、ミュラーの計らいでマルガレーテと会話をする機会を得た。様々な話をして和やかな時を過ごした2人だったが、彼女の母親は若く美しい娘を案じるあまり、恥知らずと罵り強引に連れ帰るのであった。

マルガレーテとの逢瀬が足りないと不満を言ったファウストだったが、ミュラー曰くマルガレーテは毎日教会へお祈りに来るらしい。そこで、ファウストは彼の協力の元、教会でマルガレーテを待つことにした。

その頃、当のマルガレーテはワーグナーに引き止められている。ワーグナーは自分こそがファウストだと言い張る。彼はファウストの講義録を勝手に売り捌き、ホムンクルスを作り上げたと言ってマルガレーテの気を引こうとする。彼女はおかしなことを言い続けるワーグナーに恐怖を覚え、その場から走り去った。そうして、ふらふらと歩を進めて教会へ。

彼女の姿を目にしたファウストは懺悔室へと入った。すると、そこへマルガレーテもやって来る。彼女は母を愛せず母もまた娘を愛していないと懺悔するのであった。
懺悔室から出たマルガレーテの前に偶然を装って姿を現したファウスト。自分も母親を嫌悪していると明かす。

短い逢瀬を終えたマルガレーテ。その後、兄を殺した者を知っているという青年から、犯人はファウストだと教えられる。彼女は急いでファウストの自宅へと向かい、聞いた話が真実かどうかを尋ねた。すると、ファウストは隠すことなく正直に殺したと告げる。マルガレーテはそれを聞くと何も言わずに去って行った。

ファウストの結末・ラスト(ネタバレ)

慌ててミュラーの元へ向かったファウストだったが、奴はマルガレーテの母親が問題なのだと言う。いっそのこと始末すれば、マルガレーテが手に入る。だが、ファウストは罪を重ねることはできないと言い張る。それならば、監獄へ入り現実を知れば良いと言われてしまう。そこで、ファウストは自ら契約書を作成。契約書を持つ者に魂を差し出すという内容のもので、最後の署名の段にきてインクが切れたため、自分の血で署名した。

契約書はミュラーが持つことになり契約に基づき早速、マルガレーテの元へ。地下道を通り湖の畔で今にも身投げしそうな彼女を発見した。ファウストは彼女を背後から抱き締め、そのまま共に湖へと身を沈めるのだった。

マルガレーテを得たファウストだったが、そこは彼女の家。母親はすでに息絶えている。彼はその場から外へ。すると、ミュラーから鎧を身に着け身を守れと言われる。半ば無理矢理に鎧を纏った彼は促されるまま町の外へ出た。用意されていた馬に乗ったミュラーとファウストは、山奥へ向かう。そして、崖と崖の隙間を進んで行く。非常に狭い道であったため、途中で鎧を脱ぐことにした。辿り着いた先は急流な川。ミュラー曰く、この川は無であるらしい。無へと飛び込み万物を知れと言われたファウスト。

川岸にはなぜかワーグナーとマルガレーテの兄がいた。他にも数人の人々が佇んでいたが、彼らは温かいという理由からファウストへと群がって来る。川へ飛び込むことができなかったファウストはミュラーに助けられ、別の道を進む。どうやら、この川は言うなれば三途の川のようなものらしい。ごつごつとした岩場を進み、間欠泉と出会ったファウストは、この仕組みに魅入られ高揚。彼はミュラーと決別する決意を固め、もう頼らないと断言した。だが、ミュラーは契約に則ってファウストの魂を得なければならない。ファウストは奴へと岩を投げ、身動きを封じてしまう。そうして、彼は広大な地へとたった1人で旅に出るのであった。

ファウストの感想・評価・レビュー

ゲーテの同名作を基に名匠アレクサンドル・ソクーロフ監督が自由な発想で制作した作品。独特な映像美と演出が織りなす幻想的で新たなファウストが見られる。作中で気になった点は、演者同士の距離感と気持ち悪いと思わせるほどの執着だろうか。助手と教授、父親と息子の距離感が近過ぎる上に、教授から少女へのアプローチの仕方もどこかねちっこい。

作品には各所に絵になるような場面が散りばめられているが、それ故の距離感ならば相殺だろうと思えなくもない。そして、セリフでは常に金、戦争、欲というキーワードが出てくる。全体的にちぐはぐな印象があるものの、それすらも様々な要素でもって絶妙にまとめている。さすがと言える作品。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする