映画『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は? | MIHOシネマ

「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

ファイティング・ダディ 怒りの除雪車の概要:除雪車の運転手として真面目に働いているニルスは、ある日息子が亡くなったと警察から連絡をもらう。息子の死因は、薬物の過剰摂取だった。ニルスは息子が麻薬に手を出したとは思えなかったが、警察は捜査をしてくれなかった。

ファイティング・ダディ 怒りの除雪車の作品情報

ファイティング・ダディ 怒りの除雪車

製作年:2014年
上映時間:112分
ジャンル:アクション
監督:ハンス・ペテル・モランド
キャスト:ステラン・スカルスガルド、ブルーノ・ガンツ、ポール・スヴェーレ・ハーゲン、ヒルデグン・リーセ etc

ファイティング・ダディ 怒りの除雪車の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年11月現在のものです。

ファイティング・ダディ 怒りの除雪車の登場人物(キャスト)

ニルス・ディックマン(ステラン・スカルスガルド)
除雪車の運転手として働き、市民賞を受賞する。真面目な性格。息子のイングヴァルのことを大切に思っている。
パパ(ブルーノ・ガンツ)
セルビア系の犯罪組織のボス。息子が初仕事を行っている最中に伯爵一味に捕まり、殺されてしまう。
伯爵(ポール・スヴェーレ・ハーゲン)
麻薬の密輸犯罪組織のボス。自分本位な性格。元妻と親権問題で揉めている。息子のルネのことは大切にしている。

ファイティング・ダディ 怒りの除雪車のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ファイティング・ダディ 怒りの除雪車のあらすじ【起】

ノルウェーに暮らすニルス・ディックマンは、除雪車の運転手として働いており市民賞を受賞する。そんなある日、息子のイングヴァルが薬物の過剰摂取によって亡くなったと警察から連絡が入る。ニルスは息子が薬物を摂取していたことが信じられず警察に捜査をするよう頼むが、素気無く断られてしまう。妻もニルスの訴えを聞かず、息子の異変に気づかなかったと嘆き悲しんだ。その日以来、夫婦の仲がギクシャクしてしまう。

ニルスが拳銃で自殺しようとしていると、イングヴァルの友人のフィンが現れる。イングヴァルの死はフィンのせいだった。フィンは麻薬の密輸犯罪組織に雇われて運搬を手伝っていた。その中で麻薬をくすねたのだが、何も知らないままフィンに協力したイングヴァルが殺されてしまったのだ。ニルスはフィンを脅し、組織のことを尋ねた。フィンが知っているのは、ヤップという男だけだった。

ニルスはヤップを殴りつけ、イングヴァルに何があったのか尋ねた。ヤップはロナルドから麻薬を盗んだ者を始末するよう指示を受けていたことを話した。ニルスは携帯を見て、ロナルドの顔を確認する。その後、ヤップを絞殺し、滝に投げ入れて遺体を始末した。

ファイティング・ダディ 怒りの除雪車のあらすじ【承】

ニルスは夜中に家を抜け出すと、ロナルドを襲った。そして、イングヴァルを殺すよう指示したのは誰か尋ねた。ロナルドはストライクに指示されたことを明かした。子供が失踪すると親が捜索を開始して鬱陶しいため、わざとイングヴァルの死体を残したのだった。ニルスはストライクの居場所と顔を確認すると、ロナルドを始末した。

密輸犯罪組織のボスである伯爵は、ヤップやロナルドなど部下が次々と失踪することに苛立ちを抱える。一方、ニルスはストライクを襲い、イングヴァルを始末するよう指示したのは誰か尋ねた。だが、ストライクは明かさなかった。ニルスはストライクを始末し、麻薬を処分した。

伯爵は麻薬と3人の部下を失ったことから、セルビア系の犯罪組織が仕掛けてきたことを疑った。部下にセルビア系の犯罪組織の一員を捕まえて来るよう指示した。そして、見せしめとしてセルビア系の犯罪組織の一員を始末した。

手がかりを失ったニルスは、事情を説明して兄のウィングマンに助けを求めた。かつてウィングマンは伯爵の父親の部下だったため、伯爵のことをよく知っていた。ウィングマンは危険だと忠告するが、ニルスは復讐をやめようとはしなかった。ウィングマンは伯爵の名前がオーレ・フォースビーであることを教え、殺し屋・チャイナマンを雇うよう諭した。

ファイティング・ダディ 怒りの除雪車のあらすじ【転】

ニルスはチャイナマンに仕事を依頼し、報酬を払った。しかし、チャイナマンは仕事をする気はなく、伯爵に命が狙われていることを教えてお金を貰った。その時、チャイナマンが伯爵に教えた雇い主の名前は、ディックマンというニルスの名字だった。伯爵は話を聞き、ウィングマンのことを思い出す。チャイナマンを始末した後、ウィングマンの元へ向かった。ウィングマンは弟を守るため、ヤップ達を始末したのは自分だと伯爵に嘘を吐いた。伯爵はウィングマンを始末した。

伯爵が殺したセルビア系の犯罪組織の一員は、ボスである「パパ」の息子だった。パパは我が子の死を悲しみ、復讐することを誓った。パパの部下は伯爵の息子のルネを監視した。ルネは学校に通っており、1週間ずつ交代で伯爵と元妻が送り迎えをしていた。一方、伯爵は手違いでパパの息子を殺してしまったため、和解策を講じなければならなかった。そこで、自分の部下の死体と共に使者を送ることにした。

パパの部下はルネを誘拐しようとするが、使者が来たため待機を命じられる。使者は和解を求めた。だが、パパは拒絶し、使者を始末した。その間に、ニルスがルネを誘拐した。ニルスは復讐するため、ルネを使って伯爵を誘き出そうとしていた。

ファイティング・ダディ 怒りの除雪車の結末・ラスト(ネタバレ)

ニルスが家に帰ると、妻は愛想を尽かし出て行っていた。ルネは怯えることなく、寝る前にニルスに話を聞かせて欲しいとせがんだ。ニルスは除雪機のことを話した。一方、伯爵はセルビア系の犯罪組織がルネを誘拐したと思っていた。

伯爵は車の目撃証言から、ニルスの存在にまで辿り着く。ニルスは1人で来るよう伯爵に電話をかけた。ニルスはルネと一緒に除雪車に乗って出かけた。その時、知り合いに会い、スーツを着た男が家に向かったこと、フィンが死んだことを教えられる。スーツを着た男は、伯爵のことだった。

伯爵の部下は恋人を殺された恨みから、パパの部下に居場所を漏らした。伯爵達がニルスを捕まえる中、パパの一味がやってくる。伯爵の一味とパパの一味との間で激しい銃撃戦が繰り広げられた。ニルスは大型機械を使い、伯爵の逃走を阻んだ。その間に、伯爵は撃たれてしまう。伯爵の一味とパパの一味のほとんどがやられてしまった。

ニルスが除雪車を運転していると、銃を持ったパパが運転席に入ってくる。ニルスは銃を置き、除雪の仕事を行った。それを見たパパも銃を置いた。

ファイティング・ダディ 怒りの除雪車の感想・評価・レビュー

テンポが良くて最後まで飽きることなく見られる作品だった。『ファイティング・ダディ 怒りの除雪車』という邦題がつけられているためB級作品のような雰囲気を感じるが、想像しているよりも素晴らしい作品だったと思う。悪人とか善人とか関係なく、息子は父親にとって大切な存在なのだということが伝わってきた。特にラストのニルスとパパが一緒に除雪車に乗っている場面は、何か胸にぐっとくるものがあった。雪が降り積もる幻想的な雰囲気も良かったと思う。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする