映画『ファウンテン 永遠につづく愛』のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は? | MIHOシネマ

「ファウンテン 永遠につづく愛」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

ファウンテン 永遠につづく愛の概要:3つの時代、次元にまたがる愛を描いた神秘的なSFファンタジー。ヒュー・ジャックマンとレイチェル・ワイズがそれぞれの設定におけるキャラクターを演じ分けている。異才ダーレン・アロノフスキー監督作品。

ファウンテン 永遠につづく愛の作品情報

ファウンテン 永遠につづく愛

製作年:2006年
上映時間:97分
ジャンル:ラブストーリー、SF
監督:ダーレン・アロノフスキー
キャスト:ヒュー・ジャックマン、レイチェル・ワイズ、エレン・バースティン、マーク・マーゴリス etc

ファウンテン 永遠につづく愛の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『ファウンテン 永遠につづく愛』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年8月現在のものです。

ファウンテン 永遠につづく愛の登場人物(キャスト)

トマス / トミー / トム(ヒュー・ジャックマン)
トマスは中世スペインの騎士でイザベラに想いを寄せる。トミーは研究者で、腫瘍を抱えた妻のイジーの治療法を探っている。トムは大澍と共に宇宙を漂流している。
イザベラ / イジー(レイチェル・ワイズ)
イザベラは中世スペインの女王で永遠の命を求めている。イジーは脳腫瘍を患っており、余命幾ばくもない。イジーはマヤ文明の死生観に影響を受けて、死を受け入れる。

ファウンテン 永遠につづく愛のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ファウンテン 永遠につづく愛』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ファウンテン 永遠につづく愛のあらすじ【起】

トマスは祭壇の前で祈り、イザベラのことを思い浮かべる。トマスがマヤ文明のピラミッドに向かうと、目の前にマヤ族が立ちはだかる。彼らはトマスを捕らえるとピラミッドの階段まで連れて行き、上るようにけしかける。ピラミッドの上は祭壇となっており、マヤ族の僧侶がたいまつを持って襲いかかって来る。トマスはナイフで立ち向かおうとするが、逆に腹を刺されてしまう。

トムは大澍が植えられた球体の中で暮らしながら星の中を漂流していた。トムは大澍に優しく話しかけ、樹の皮を少しだけ剥いて食べる。トムの耳にイジーの声が聞こえてくる。トムの左手の薬指には指輪をかたどるように黒インクが塗られており、腕にも年輪のような輪の入れ墨が施されていた。トムは何度もイジーの幻像を見て動揺してしまう。

イジーがトミーを雪の中の散歩に誘う。しかし、トミーは忙しいからと断ってしまう。トミーは脳の腫瘍の治療薬を開発していた。トミーは中米で採取された樹皮の成分を腫瘍のある猿に注入してみる。その手術中に結婚指輪を無くしてしまう。

ファウンテン 永遠につづく愛のあらすじ【承】

トミーが自宅に帰ってくると、イジーが屋根で星を眺めていた。イジーはトミーに双眼鏡を覗かせ、死にゆく星を取り囲む星雲を見せる。星雲は金色に輝いており、マヤ族は星雲を死者が蘇る場所だと信じていたと説明する。イジーはこのことをテーマに小説を書いていた。トミーはイジーが雪の中で裸足にいることに気付く。

トミーはイジーをお風呂に入れる。そしてイジーが熱湯をあてても何も感じないことが分かり、ショックを受ける。腫瘍のためにイジーは寒暖の感覚が失われていたのだ。イジーはトミーに自分の小説を読んでほしいと渡す。そこに研究所から呼び出しの電話が掛かってくる。トミーが研究所に駆け付けると、猿が見違えるように元気になり、若返りの兆候を見せていた。しかし、腫瘍には変化が見られなかった。トミーは樹皮を使って更に実験を進めるように指示する。

再び家に戻って来たトミーはイジーの小説を手にして読み始める。ファウンテンと題された小説はスペインから幕を開ける物語だった。

ファウンテン 永遠につづく愛のあらすじ【転】

イザベラは、政敵に命を狙われていた。イザベラはスペインに中世を誓うトマスを呼びつける。そして中米でマヤ文明の隠されたピラミッドの位置を示す地図を入手したことを説明する。そこには生命の木が植えられており、樹液を飲めば永遠の命が手に入るのだ。イザベラはその木を見つけてくるように命じ、その暁には結婚することを約束する。その誓いの証しとして指輪を渡す。

博物館にいたイジーは症状が悪化して突然倒れてしまう。トミーは治療法を早く見つけなければと焦り、別の猿の手術に挑戦する。病院に戻ってきたトミーにイザベラはペンをプレゼントする。そして小説の最後の章だけが書けていないので、完成させてほしいと頼む。また、かつて旅先で知り合ったマヤ人が遺体と一緒に種を植えれば、その人が木として蘇って生き続けると信じていたことを話す。翌朝、目覚めたトミーはイジーの小説の続きを読み始める。

トマスに同行していた神父は、雨が降りしきるジャングルの中にピラミッドを見つける。しかし、他の兵士達は謀反を計画し、報告に帰って来た神父を切りつける。トマスは兵士達を次々と倒す。息も絶え絶えの神父はトマスにピラミッドが見付かったことを伝える。

ファウンテン 永遠につづく愛の結末・ラスト(ネタバレ)

イジーの容体が悪化し、トミーは慌てて医者を呼ぶ。そこに猿の治療が成功したとの連絡があるが、イジーは亡くなってしまう。トミーはイジーの葬儀で死すらも治療してみせることを誓う。家に戻ったトミーは、イジーの小説がトマスと僧侶が対峙するところで終わっているのに途方に暮れる。そしてペンを使って薬指に指輪の痕を彫る。

トムがいる球体は星雲の中に入り、死にゆく星に近づいていく。トムは大澍にもう少しで蘇られると話しかけるが、樹は枯れていってしまう。トムはイジーの幻覚に話しかけられ、自らの死を受け入れる覚悟をする。そして、大澍を上って死にゆく星に向かっていく。トムの全身は星に吸い込まれるようにして上昇し、大樹も光の中に消えていく。

マヤ族の僧侶はトマスが何者かを悟ると、自らの命を差し出す。トマスは神殿の奥に生命の木を発見する。トマスがその樹液を傷口に塗ると瞬く間に傷が癒えてしまった。トマスは急いで樹液を飲み、イザベラと一緒になることを願う。しかし、その直後に全身から草花が生え始め、周囲と一体化してしまう。

トミーは研究所に戻って樹皮の研究を始める。そして、イジーから受け取った木の実をイジーの墓に埋める。

ファウンテン 永遠につづく愛の感想・評価・レビュー

元々はブラッド・ピットとケイト・ブランシェットの主演で製作予定だったが、企画が流れてしまった曰く付きの作品。主演2人が交代して予算規模も縮小して作られたことで、小粒な良作に仕上がっている。ダーレン・アロノフスキー監督らしく難解な部分もあり、トムがトミーの未来の姿なのか、或いは別の次元の人物なのかが曖昧となっており、その解釈は観客に委ねられている。クロノス・カルテットの演奏による音楽が神秘的な雰囲気を盛り上げてくれる。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする