映画『フォー・ブラザーズ 狼たちの誓い』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「フォー・ブラザーズ 狼たちの誓い」のネタバレあらすじ結末と感想

フォー・ブラザーズ 狼たちの誓いの概要:ボビー・エンジェル・ジェリー・ジャックは、強盗事件に巻き込まれて亡くなった義母の葬儀のために集まった。ボビー達は自分達の手で犯人を見つけようと、調査した。その結果、ただの強盗事件ではないことが判明する。

フォー・ブラザーズ 狼たちの誓いの作品情報

フォー・ブラザーズ 狼たちの誓い

製作年:2005年
上映時間:108分
ジャンル:アクション、ヒューマンドラマ、サスペンス
監督:ジョン・シングルトン
キャスト:マーク・ウォールバーグ、タイリース・ギブソン、アンドレ・ベンジャミン、ギャレット・ヘドランド etc

フォー・ブラザーズ 狼たちの誓いの登場人物(キャスト)

ボビー・マーサー(マーク・ウォールバーグ)
四兄弟の長男。あだ名は喧嘩屋。元ホッケー選手。喧嘩っ早いが、家族のことを何よりも大切にしている愛情深い一面がある。
エンジェル・マーサー(タイリース・ギブソン)
四兄弟の次男。元コソ泥。現在は軍隊にいる。元恋人のソフィーとやり直そうとしている。
ジェリー・マーサー(アンドレ・ベンジャミン)
四兄弟の三男。結婚しており、子供もいる。兄弟が町から出て行った後も、義母の面倒を見ていた。町の再開発事業を行おうとしていた。
ジャック・マーサー(ギャレット・ヘドランド)
四兄弟の末っ子。三流のロックスター。
エヴリン・マーサー(フィオヌラ・フラナガン)
ボビー達四兄弟の義母。長年、捨て子の里親探しの活動を行っていた。四兄弟は里親が見つからなかったため、自ら引き取って育てていた。
グリーン(テレンス・ハワード)
ボビー達兄弟の知り合い。刑事・警部。エヴリンが殺された強盗事件を担当する。
ヴィクター・スウィート(キウェテル・イジョフォー)
犯罪組織のボス。町の影の支配者。

フォー・ブラザーズ 狼たちの誓いのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『フォー・ブラザーズ 狼たちの誓い』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

フォー・ブラザーズ 狼たちの誓いのあらすじ【起】

長男のボビー・マーサー、三男のジェリー、末っ子のジャックは義母・エヴリンの葬儀のために集まった。次男のエンジェルは姿を見せなかった。エヴリンは優しい女性で、長年捨て子のために里親探しの活動を行っていた。ボビー達は非行歴が酷くて里親が見つからなかったため、エヴリン自らが引き取って育てたのだ。エヴリンは雑貨店で買い物している途中で、強盗犯に襲撃され殺されていた。4兄弟の知り合いでデトロイト市警のグリーン警部は復讐心を燃やすボビーを止めるが、ボビーは聞く耳を持たなかった。

葬儀が終わった日の夜、ボビー、ジェリー、ジャックが実家に帰ると、エンジェルが待っていた。4人は久しぶりの再会を喜びながらも、突然の義母の死を悲しんだ。エンジェルは散歩に出かけ、元恋人のソフィーを連れてくる。ソフィーは現在恋人がいたが、そんなのお構いなしだった。

ボビー達は4人で酒を飲みに行った。すると、知り合いのジョニーから、エヴリンを殺した犯人を叩きのめすべきだと勧められる。ボビー達は犯人を捜そうとするが、ジェリーは警察に任せるべきだと反対した。犯人はきっと貧しい街の出身で、エヴリンなら許すと思ったからだった。だが、ボビー達は犯人のことが許せず、このまま放っておくことができなかった。

フォー・ブラザーズ 狼たちの誓いのあらすじ【承】

ボビー達は非行少年達が集まっている場所に行き、脅して話を聞いた。警察からの話では、バスケットボールをしていた者が犯人を目撃していたはずだった。だが、犯行時刻にバスケットボールをしている者などいないと言われる。犯行時刻は夜の11時過ぎなのだが、10時には照明が消えて遊べなくなるからだった。

ボビーはプロの殺し屋が義母を殺害したのだと予想した。偽の目撃情報を流し、強盗犯が殺したように見せかけたのだ。だが、なぜ善良な義母が狙われたのか、理由が分からなかった。ボビー達はジェリーを連れ、事件現場となった店を訪れた。店主に頼み監視カメラの映像を見せてもらうと、犯人達は金を奪ったのにわざわざ店の奥に隠れていた義母を殺していた。ボビーは義母が「処刑」されたことを確信した。

ボビー達は目撃証人の特徴を聞き、バスケットボールの試合が行われている体育館を訪れた。そこで、試合を中断させて目撃者について尋ねると、逃げ出した少年がいた。その少年の名はキーナン、兄・ダミアンに警告しに行こうとしていた。ボビー達はキーナンの鞄を漁って自宅の住所を確認すると、ジェリー以外の3人でダミアンが帰ってくるのを待った。

ボビー達は逃げたダミアンを追い、話を聞いた。ダミアンは麻薬の代わりに、「チンピラが襲撃した」と証言するよう頼まれていた。ボビー達はダミアンに証言を頼んだ2人組の男を探した。レストランにいたところを見つけるが、車に乗って逃げられてしまう。ボビー達も車に乗って追いかけた。そして、義母の敵として男達(殺し屋)を射殺した。

殺し屋の殺害の件で、グリーンが相棒のファウラー刑事を連れて家を訪ねてきた。ボビーは話を聞かれるが、何も知らないと誤魔化した。グリーンは余計なことに首を突っ込めば危険な目に遭うと忠告した。

フォー・ブラザーズ 狼たちの誓いのあらすじ【転】

ボビー、エンジェル、ジャックの3人は殺し屋を雇った人物を探すため、殺し屋の家を探りに行くことにした。しかし、エンジェルに約束をすっぽかされたソフィーが怒ってしまう。エンジェルはソフィーを放っておくことができず、彼女を宥めるために家に残った。そこに、保険会社の男が、義母の保険金の支払いに問題があると言って訪ねてくる。死亡時の保険金が高額だったため、調査が必要になったのだ。掛け金を支払っていたのはジェリーだったが、彼は事業が破綻していた。エンジェルは何も知らなかったため驚愕した。

ボビー達は殺し屋の家を調べ、部屋にあったカメラを持ち帰った。すると、義母と一緒に写る弁護士の写真が残っていた。ボビー達はエンジェルとジェリーを連れ、弁護士の家に不法侵入した。そして、パソコンの予定表を確認した。それにより、義母が殺された日、弁護士が義母と会っていたことが判明する。ボビー達は帰ってきた弁護士に話を聞いた。弁護士は事件には関係なく、ただ義母と交際していたことを隠していただけだった。

エンジェルはジェリーの再開発事業が破綻していたこと、ジェリーが犯罪組織と関係していたので市にローンを止められたことをボビーに話し、事業を止めた市議会議員のダグラスに会って欲しいと頼んだ。エンジェル本人は別件を調べるつもりだった。ボビーはエンジェルの突然の話に戸惑うが、ジャックと共にダグラスに話を聞きに行った。だが、ダグラスは何も話そうとはしなかった。ボビー達はダグラスの車にガソリンを撒いて脅した。ダグラスは組織のボスの名がヴィクター・スウィートであることを明かした。

フォー・ブラザーズ 狼たちの誓いの結末・ラスト(ネタバレ)

エンジェルはジェリーのことを独自に調べ、ジェリーに借金があることを突き止めていた。そして、ボビー達を連れ、ジェリーが義母の保険金をヴィクターの手下のエバンに渡しているところを見せた。ジェリーが立ち去った後、ボビー達はエバンから金を回収した。

ボビー達はジェリーを呼び出して話を聞いた。ジェリーはヴィクターに手を組もうと持ちかけられていたが、断ったので事業を破綻させられたことを話した。ダグラスがヴィクターと通じており、ジェリーの邪魔をしていたのだ。ジェリーはボビー達が街を出て行ってからも、生活費を出したりして義母の面倒を見ていた。ジェリーは義母を殺した訳ではなかった。

何者かが家を訪ねてきて義母の悪口を言ってきた。怒ったジャックはその人物を追いかけ、突然撃たれてしまう。異変を感じたボビーは弟を救いに行こうとするが、他にも仲間が現れ襲撃される。ボビー達は襲撃してきた者を倒しジャックの元に急ぐが、時すでに遅くジャックは息を引き取ってしまう。襲ってきた男達は、ヴィクターの手下だった。その後、ボビー達はグリーンから、義母がジェリーの事業の件でヴィクターを調べていたこと、ファウラーがヴィクターと通じていたことを聞かされる。

グリーンはファウラーに会いに行き、殺されてしまう。ボビー達はヴィクター達と戦う決心をする。ジェリーは金を使ってヴィクターを呼び出し、エンジェルはファウラーに会いに行った。エンジェルはファウラーを油断させ、グリーン殺害を白状させた。そこに、警官達が駆けつける。エンジェルを止めようと、ソフィーが警察に助けを求めたのだ。(真偽は不明だが)エンジェルは警官を車に待たせており、今までの会話は盗聴器を通じて筒抜けだと話した。それを信じたファウラーは、エンジェルを人質に取って自棄を起こす。ファウラーは警官に撃たれて倒れた。一方、ジェリーはヴィクターの手下に金を渡す約束をしており、味方につけていた。ボビーは孤立したヴィクターと戦って勝利した。ヴィクターは氷が張った湖の底に沈められる。

ボビー達はヴィクターの件で警察から尋問されるが、何も話さなかった。皆で破壊された家の修繕を行った。そこで、ボビーは亡くなった義母の幻影を見る。

この記事をシェアする