映画『フランティック』のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は? | MIHOシネマ

「フランティック」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

フランティックの概要:アメリカ人の医師リチャードは、学会に参加するため妻とパリを訪れた。翌日の学会に向けて準備をするリチャードだったが、自分がシャワーを浴びている隙に妻が誘拐されてしまい、捜索活動に奔走する。

フランティックの作品情報

フランティック

製作年:1988年
上映時間:120分
ジャンル:サスペンス
監督:ロマン・ポランスキー
キャスト:ハリソン・フォード、エマニュエル・セイナー、ベティ・バックリー、ジョン・マホーニー etc

フランティックの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『フランティック』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年11月現在のものです。

フランティックの登場人物(キャスト)

リチャード・ウォーカー(ハリソン・フォード)
アメリカ人医師。学会に参加するために妻とパリを訪れる。自分がシャワーを浴びている最中に妻が失踪し、彼女を探すため奔走する。
サンドラ・ウォーカー(ベティ・バックレイ)
リチャードの妻。パリを訪れるのは新婚旅行依頼で、とても楽しみにしていた。空港で荷物を取り違えてしまったことから、事件に巻き込まれる。
ミッシェル(エマニュエル・セニエ)
運び屋。空港でサンドラのスーツケースを持ち帰ってしまった。

フランティックのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『フランティック』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

フランティックのあらすじ【起】

医師のリチャードは、学会に出席するため妻、サンドラと共にパリを訪れた。ホテルにチェックインして部屋に入ると、サンドラのスーツケースが他人の物だと気付く。空港で荷物を取り違えてしまったのだ。リチャードは空港に電話を掛けスーツケースを受け取りに来るよう依頼した。

家に置いてきた子供達に電話を掛け安否確認をしたリチャードは、シャワーを浴びる。その間部屋に掛かってきた電話をとったサンドラは、何者かに呼び出され部屋の外へ出ていってしまった。リチャードは部屋に運ばれてきたモーニングを食べ、眠りから目覚めた時にようやく妻がいないことに気付く。

一通りホテル内を探したリチャードは、フロントで妻がいなくなったと相談した。支配人や警備係が妻を探すも見つからず、リチャードはホテルの外まで探す範囲を広げる。すると、ホテルの向かいにあるバーで、中東系の男が女を無理やり車に押し込んでいたという情報が入ったので現場へと案内して貰った。細く奥まった通りに妻のブレスレットを見つけたリチャードは、警察に助けを求める。

フランティックのあらすじ【承】

警察のみならずアメリカ領事館にも助けを求めるリチャードだったが、誘拐であるという証拠が乏しく、単なる浮気であると思われ相手にされなかった。

ホテルに戻ったリチャードは、サンドラが間違って持ってきたスーツケースを開けてみる。中にはデデという人物の名前が書かれたマッチと、自由の女神像のミニチュアが入っていた。リチャードは、デデに話を聞くためブルー・パロットというバーへ向かう。

ブルー・パロットに着いたリチャードは、デデが2日も店に顔を出していないことを知ると、大金を払い彼の住所を聞き出す。アパートに着くと部屋の鍵が開いており、中に入るとデデはキッチンで殺されていた。そこへ女から留守電のメッセージが入ったが、フランス語が分からないリチャードはテープごと持ち帰る。

ホテルへ戻ったリチャードは、ホテルマンに女からの留守電メッセージを訳させた。電話の相手はミッシェルという名前で、スーツケースをロッカーに預けたのに報酬が支払われていないという内容だった。彼女は夜にデデの元へ行くとメッセージを残していたので、リチャードは彼女とコンタクトを取るため再びデデのアパートへと向かった。

フランティックのあらすじ【転】

ミッシェルはリチャードと会い、ようやくスーツケースを取り違えたことに気が付いた。彼女はデデから仕事を貰っていた運び屋だが、荷物を間違えて渡してしまったためデデのさらに上にいる雇い主から追われる身となってしまった。間違えて渡されたサンドラのスーツケースには当然彼らの目的の物など入っておらず、持ち主を特定した雇い主はサンドラを誘拐したという訳だ。本当の中身は、ミッシェルも知らなかった。リチャードは、自分の手元にあるスーツケースを渡せば妻が返ってくると信じ、黒幕とコンタクトを取ろうとする。

リチャードがホテルに戻ると、部屋に警察が訪れた。サンドラの失踪以外に被害はないかと訊ねられるが、犯人まであと一歩のところまできたリチャードは捜査を断る。しかし、デデの部屋から留守電のテープが盗まれていたことと、ホテルマンにテープの翻訳を頼んだことに関連がないかどうか疑われてしまう。

リチャードがミッシェルのアパートへ着くと、中から男達の声がする。彼らは雇い主の手下で、スーツケースの中に入っていた自由の女神像のレプリカを探しているようだった。リチャードは、彼氏のフリをして男達を追い払う。

再びホテルへ戻ると、なんとサンドラから電話があったという。1時に掛け直すという伝言があったため待っていると、男から電話が入った。ボーブールの駐車場に自由の女神像を持って来いと指示されたリチャードは、ミッシェルと共に駐車場へと向かった。

フランティックの結末・ラスト(ネタバレ)

引き渡し場所に着く前に、リチャードとミッシェルは自由の女神像を割ってしまう。中にはクライトロンという核の一種が入っており、悪者に渡せば世界が危機に曝されるような危険物だった。

リチャード達が駐車場に着くと、サンドラと黒幕の乗った車が近づいてきた。リチャードは妻と交換でクライトロンを渡そうとしたが、情報を聞きつけて追ってきた警官が発砲し、黒幕を乗せた車は走り去ってしまう。彼らを逃がしたリチャードだったが、サンドラの捜索に協力してくれていたホテルマンから、犯人はアラブ人のスパイであることを聞かされる。

リチャードはクライトロンを所持している状況を逆手にとり、アラブ人達に引き渡し場所を指示すると、ミッシェルを伴い橋へ向かった。彼らがボートにサンドラを乗せてやって来たので、リチャードはクライトロンを渡し、無事に妻と抱擁を交わした。しかし、そこへ警察が到着して銃撃戦になってしまい、ミッシェルが流れ弾に当たって死んでしまった。死ぬ間際、アラブ人からクライトロンを奪っていたミッシェルに代わり、リチャードがクライトロンを川に投げ捨てた。

フランティックの感想・評価・レビュー

オチに辿り着くまでが非常に長いストーリーだが、若き日のハリソン・フォードを堪能できるので見応えのある作品だった。

自分がシャワーを浴びている少しの間に妻が失踪するというシチュエーションが、出張先の海外を舞台にしている分非常にあり得る設定に感じた。言葉もろくに通じず、土地勘もあまりないという条件で家族を探すなど、考えただけで冷や汗が出る。

多々中だるみするシーンが見受けられるが、感情移入しやすい作品だった。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする