「学校の怪談」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

学校の怪談の概要:明日から夏休みで、浮足立った小学生達。取り壊しの決まっている旧校舎には幽霊の噂が囁かれており、小向が担任を務める5年3組でもトイレの花子さんの話で持ちきりだった。そんな時、篠田姉妹の妹・美夏が学校に絵の具を忘れ取りに戻ると……。

学校の怪談の作品情報

学校の怪談

製作年:1995年
上映時間:100分
ジャンル:ホラー
監督:平山秀幸
キャスト:遠山真澄、米澤史織、熱田一、塚田純一郎 etc

学校の怪談の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『学校の怪談』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

学校の怪談の登場人物(キャスト)

小向伸一(野村宏伸)
5年3組の担任で、どこか楽観的な性格。最初は幽霊等の怪奇現象には全くと言っていい程に真剣に取り合わず、生徒らを助けに向かった際もすぐに怪異に気付かない等、抜けた面も目立った。しかし、終盤にかけては生徒らを守るべく勇敢な教師として行動する。
篠田亜紀(遠山真澄)
5年3組。転校してきたばかりで、元より強気な性格も災いしてかクラスにあまり馴染めていない。ショートカットでボーイッシュな見た目をしている。妹を探しに旧校舎へ向かう。
篠田美夏(米澤史織)
亜樹の妹。亜樹とは違い友人も多く、明るい少女。絵の具を取りに学校へ戻った際に、幽霊に導かれ旧校舎へと入ってしまう。
中村研輔(熱田一)
母親が元ヤンの、5年3組の悪ガキ。亜樹の態度が気に入らないのか、彼女とは当初険悪であった。イタズラ目的で旧校舎へ入り、怪異に巻き込まれる。
瀬川将太(塚田純一郎)
研輔と仲のいい同じクラスの男子生徒。研輔と共に旧校舎へ向かったことから、怪異に見舞われる。その際に出会った少女・香織に恋をするが……。
千葉均(町田耕平)
気の弱い4年生。双子の弟・一が学校でゲロを吐いたことから皆から「ゲロ兄」と呼ばれる。無意識にだがテレパシー能力を持ち、一にそれを用いて旧校舎から助けを求める。
千葉一(町田昇平)
均の双子の兄だが、霊感が強いせいで学校へ行くと頭痛に襲われるため不登校らしい。均のピンチをテレパシーで知り、校舎の外から彼らを助けるのに力を尽くす。
小室香織(岡本綾)
6年生で、旧校舎の中で1人隠れていたどこか大人びた美少女。亜樹達に出会い、行動を共にする。彼女のみ旧校舎に入る描写が無く、謎めいた所がある。
中村由美子(杉山彩子)
研輔の母。夫は既に亡くなっている様子。ヤンキー上がりのためやや口は悪いが、生徒らを救うために奔走する。担任の小向とは、元同級生という間柄である。
用務員のおじさん(佐藤正宏)
旧校舎に突如として姿を見せる用務員の中年。研輔らが助けを求めても、それよりも掃除だと言い、彼らに真剣に取り合わない不審な面も。

学校の怪談のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『学校の怪談』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

学校の怪談のあらすじ【起】

夏休みを控えた前日の終業式、旧校舎には幽霊が出ると言う噂で持ちきりだった。その日も、5年3組の教室の天井に血の手形が付いているのを見つけた生徒らは「花子さんの仕業だ」と担任の小向に大騒ぎするが、それは男子生徒・将太のせいであった。将太は友人の研輔と共に居残りしてそれを消す羽目になる。そんな時、校庭にあるゴミ捨て場近くにあった埴輪が、偶然サッカーボールが命中し壊れてしまう。

一方、帰宅中の篠田姉妹だったが妹の美夏が絵の具を忘れたため取りに戻ることにする。姉の亜樹に脅かされながら、美夏は教室へと戻り絵の具を持ち帰る。しかし、昇降口でサッカーボールが降ってくる。それを追いかけて行くうちに美夏は、取り壊しの決まっていた旧校舎へと入って行く。花子さんが出ると噂があるトイレで、美夏は何かに襲われる。亜樹は美夏が帰ってこないのを心配し、学校へと向かうが旧校舎の前で「退魔の魔法陣」を描いている少年・均に出会う。均には双子の弟・一がいるが、強い霊感を持つ一はこの学校に幽霊がいるからという理由で不登校だ。均は旧校舎の扉に掛けられた美夏の手提げ袋を見つけそれを指し、亜樹は旧校舎へと入る。美夏を探す亜樹だが、旧校舎内では先のいたずらっ子の研輔と将太が、理科室から持ち出した骨格標本を持ち出している場所に遭遇する。転校生の亜樹は、元々クラスに馴染んでいないのもあり2人と口論になりつつその場を後にする。

学校の前で魔法陣を描いていた均は、何かに呼ばれ旧校舎へ入ってしまう。2階へ駆けあがる赤い服の少女を目撃し、均は彼女が美夏かと思い呼びかける。すると、旧校舎の扉が閉まり、均は何かに襲われる。同じ頃、双子の弟・一は均の危機をテレパシーで察知しすぐに学校へ向かう。

学校の怪談のあらすじ【承】

亜樹は結局、美夏を見つけられず再び研輔と将太に会うが、2人が何やらロッカーの前で騒いでいるので近づいていく。見れば、ロッカーが勝手に動いており、中から声が聞こえる。怖がる将太をよそに研輔が戸を開くと、中から均が飛び出してくる。均はしきりに「祟りですよ。弟がここには幽霊がいるって言ってました」と訴え、何かに襲われここへ隠れていたらしい。そして、均から美夏が2階へ向かったのを見たと聞き、亜樹は2階へ向かう。

研輔、将太、均は旧校舎の扉へと向かうが鍵が閉まっていて開かない。その頃、教師達が次々帰って行く間、戸締りを任された小向の元へ将太の母から電話が掛かって来る。小向は、彼ならもう帰ったと伝えるが、そこへ均を心配して学校へやってきた一と出会う。

亜樹は美夏を探している最中、大人びた少女・香織と出会う。香織は6年生らしく、1人で旧校舎にいて怖かったと言う。突然現れた香織に驚いた亜樹の悲鳴を聞いた研輔達も合流する。その時、亜樹が妙な違和感を察知し、将太の背後に妖怪テケテケが現れたのを亜樹達は見てしまう。悲鳴と共に逃げ出すが、やはり、旧校舎に閉じ込められてしまったようだ。

小向と共に一は旧校舎へ向かうが、小向は旧校舎は戸締りしたと言い、鍵も閉めてあるのを確認する。しかし、一は均が残した魔法陣を見て不思議がる。旧校舎の中から亜樹達は小向の姿を見つけ必死に助けを求めるが、こちらの声が届かない。仕方がなく、研輔達は理科室で灯りとして蝋燭に火を点ける。亜樹が美夏を探しに行くと言うと香織もついていくと言い、彼女に一目惚れした将太はついて行こうとするのだが、亜樹と折り合いの悪い研輔は行かなくていいと突っぱねる。

学校の怪談のあらすじ【転】

亜樹と香織は美夏を探しに向かう途中で、巨大な脚に追いかけられ、逃げる際中で離れ離れになってしまう。亜樹は隠れていた用具入れから謎の穴に落ちたことで、偶然学校の外へと出ることになる。そこへ、丁度研輔の母・由美子がバイクで息子達を探しに来ており、小向、一も一緒になる。亜樹は旧校舎で起きたことを説明するが、小向は当然信じるわけもない。しかし、旧校舎に研輔達がいることを知った由美子は旧校舎へと向かうことにする。一は均が残して行った退魔の魔法陣に関する本のページを亜樹に渡し、一同は旧校舎へ向かう。小向が旧校舎の鍵に触れると勝手に扉が開く。亜樹がすぐに中へ入り、小向もその後を追うと扉が勝手に閉まってしまう。由美子と一は扉を開こうとするのだが、開かない。

その頃、理科室にいた研輔達に人体模型や剥製達が一斉に襲い掛かってくる。逃げ回っていると、用務員の中年が現れ、部屋に電気が灯る。用務員に助けを求めるが、用務員はそれよりも掃除が先だと言い、どこかへ消えてしまう。研輔らは冷静になり、あんな人物見たことないと怯えるが均はとりあえず探した方がいいと提案する。

小向を連れた亜樹は研輔達と合流するが、小向の背後にテケテケがいるのに気付き生徒達はバラバラになって逃げてしまう。将太は逃げ込んだ音楽室で香織と出会うが、そこでもベートーベンの幽霊に遭遇し逃げ出す羽目に。均は1人隠れた図工室にて、粘度達でできた手に襲われる。均はテレパシーで一に助けを求め、一は由美子のバイクのミラーを通じ均の念を受け取る。均は「校庭にある何かが壊れたせいであいつらが暴れている」と言い残し、そこでミラーが割れテレパシーは途絶える。一は校庭に、均が残して行った本に書かれた魔法陣を石灰で運動場に描き始め、由美子はヤンキー仲間達を連れ戻って来る。ヤンキーらは校庭で壊れた物を探すため行動する。

亜樹達は均を除き合流し、小向は先程の用務員に案内され亜樹達を見つける。小向は用務員が怒っているのを聞き亜樹達に説教しようとするが、用務員が怪物に変異したためそこでようやく怪異に気付く。逃げ込んだ先の教室でもテケテケに出会い、怪奇現象に見舞われるが亜樹が一から受け取っていた魔法陣の描かれたページを取り出すとそれは止んだ。破れたページは蝶に姿を変え飛び立っていき、亜樹は出口に導いてくれるかもと蝶の後を追う。

学校の怪談の結末・ラスト(ネタバレ)

蝶の向かった先では、均と美夏が閉じ込められていた。亜樹達が急いでそれを助け出すが、美夏は気絶したままだ。そこへ、またあの用務員が現れ、完全に怪物化して襲い掛かってくる。小向はパニックに陥る生徒達を何とかまとめ、逃げるように指示を出す。怪物に襲われかけた亜樹を研輔が消火器で救い、小向は出口の鍵を何とか開けようとその強固な錠前を壊そうとする。そのすぐ背後には怪物が迫っており、生徒達はバリケードで応戦する。小向のお陰で何とか扉は開いたものの、そこに広がっていたのは深い穴だった。亜樹は1度外へ出られた時、この穴に落ちたような気がすると言い、これが出口に繋がっているかもしれないと言う。小向は覚悟を決め、美夏を連れ飛び込む。次いで亜樹、研輔、均も穴へと飛び、将太と香織が残っていた。香織は怪我は無いから行って、と将太に言い、一緒に行こうと将太は言うが、その時、香織の身体が透けてしまう。香織は微笑み、「私を忘れないでね」と将太に言い、将太は香織を連れて行こうとするも穴に吸い込まれてゆく。

運動場で魔法陣を描き終えた一は、ヤンキーが見つけてきた壊れた埴輪を手に円の中央に置く。すると、円が輝き始め途端に地響きが起こり始めた。魔法陣の力が発動し、学校の怪異は埴輪によって浄化される。怪物と化していた用務員も元の姿に戻ると、廊下は走るなと言い残し校舎の奥へ消えてしまう。穴に落ちた小向達は学校のプールへと落ち、美夏も無事目を覚まし子供達も生還する。しかし、将太は香織だけがいない、と旧校舎へ急ぐ。香織の名を聞き、由美子が「小室香織さんのこと?」と聞き返す。どういうことなのか尋ねると、先程職員室に小室香織という生徒の親から彼女が入院中に亡くなったと電話が入ったと言う。亜樹達と行動中に香織は病院で息を引き取り、彼女は幽霊であったと判明する。

無事に生還を果たした小向と生徒達だったが、夏休みに入った今も将太は未だ香織のことが忘れられずにいた。研輔に将太は好きだと言えば良かったと零すが、そこへ亜樹と美夏が向日葵を持って現れ、均と一の双子も揃い、旧校舎の前に集合する。向日葵を置いて、生徒らは改めて香織に自己紹介し、それから、亜樹の家へと遊びに行くのだった。

学校の怪談の感想・評価・レビュー

大人が見ても十分楽しめる、夏を舞台にしたどこかノスタルジックな趣を残した良作ホラー。出てくる幽霊達は怖さの中にコミカルさがあり、憎めない……が、子供向けだと思い油断していると、かなりグロテスクな造形の怪物も殺意高めで襲ってくるので侮れない。生徒と大人達が一致団結して心を近づけてゆく人間ドラマも一緒に楽しみつつ、ラストは物悲しさを残し終わる。丁度、夏休みが終わってしまった後のような何とも切ない気持ちにさせてくれる。(MIHOシネマ編集部)

関連作品

次作 学校の怪談2

この記事をシェアする