映画『ガーフィールド』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ガーフィールド」のネタバレあらすじ結末と感想

ガーフィールドの概要:猫のガーフィールドは、飼い主のジョンの元で幸せな日々を送っていた。しかし、ひょんなことからジョンが犬を飼うことになり、ガーフィールドの生活は脅かされることになる。ガーフィールドは犬を家から追い出した。そのせいで、犬が行方不明になってしまう。

ガーフィールドの作品情報

ガーフィールド

製作年:2014年
上映時間:81分
ジャンル:コメディ
監督:ピーター・ヒューイット
キャスト:ビル・マーレイ、ブレッキン・メイヤー、ジェニファー・ラヴ・ヒューイット、スティーヴン・トボロウスキー etc

ガーフィールドをフルで視聴できる動画配信サービス

映画『ガーフィールド』を今すぐフルで視聴できる動画配信サービス(VOD)は以下の通りです。各サービスには無料期間があり、期間内にキャンセルすれば料金は発生しません。詳しくは各リンクからご確認ください。
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年3月現在のものです。

ガーフィールドの登場人物(キャスト)

ガーフィールド(ビル・マーレイ)
ジョンに飼われている猫。食べることが大好き。特にラザニアが大好物。ジョンのことを大切に思っている。犬のことが好きではない。
ジョン・アーバックル(ブレッキン・メイヤー)
高校生のときからリズのことが好き。小心者で、リズに告白できないでいる。
リズ・ウィルソン(ジェニファー・ラヴ・ヒューイット)
獣医。美人で明るい女性。実は高校生のときからジョンのことが好きだった。
ハッピー・チャップマン(スティーヴン・トボロウスキー)
猫アレルギー。タレント。野心家。弟はニュースキャスターとして活躍している。そんな弟に嫉妬している。

ガーフィールドのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ガーフィールド』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ガーフィールドのあらすじ【起】

ネコのガーフィールドは目を覚ますと、飼い主のジョン・アーバックルを起こした。そして、朝食を食べた後、近所の家から牛乳とアップルパイを盗んだ。家でジョンの傍にいると、ネズミが出てきてジョンに追いかけるよう頼まれる。ガーフィールドはネズミのルイスと友達だったため、ジョンの前で食べて始末した振りだけした。

ハッピー・チャップマンはタレントとして活動していたが、出演しているのは地方局の朝ワイドだった。弟はキャスターとして活躍しており、チャップマンは激しい嫉妬の炎を燃やしていた。

ジョンはガーフィールドを連れて動物病院を訪れた。実は、ジョンは獣医のリズ・ウィルソンのことが、高校のときから好きだった。彼女に会うためにガーフィールドをだしに使っているのだ。ジョンはリズをデートに誘おうとした。そんな時、犬のオーディを引き取って欲しいと頼まれる。ガーフィールドは家に犬が来ることを知り、ショックを受ける。必死に平静を装うとするが、オーディのせいで散々な目に遭う。

ガーフィールドのあらすじ【承】

ジョンはリズに誘われ、オーディを連れてデートに出かけた。ガーフィールドは置いて行かれるのが嫌で、車に飛び乗った。辿り着いたのは、ドッグ・ショーだった。ガーフィールドはショーに出場する犬を馬鹿にした。すると、犬達がガーフィールドを追いかけ、ショーが進行できなくなる。そんな中、オーディだけは音楽に合わせてダンスを披露した。観客や審査員達はオーディを褒め称えた。チャップマンはこの犬ならテレビで成功できると確信するが、ジョンはテレビに出す気はなかった。チャップマンはとりあえずジョンに名刺を渡した。

ジョンはリズからデートに誘われキスされる。嬉しい気持ちで家に帰ると、荷物が散乱していた。ガーフィールドが蹴ったボールが運悪く照明に当たり、家具を次々と倒していって部屋が滅茶苦茶になってしまったのだった。ジョンはガーフィールドを家から追い出した。ガーフィールドはジョンに大切にされているオーディを窓から眺め、悲痛な気持ちになる。

ガーフィールドが外で眠りにつこうとしていると、オーディが出てきて傍に寄り添った。ガーフィールドはオーディに感謝することなく、部屋の中に入った。そして、オーディが中に入って来られないようにドアを封鎖した。

ガーフィールドのあらすじ【転】

オーディはバイクを追いかけている内に、帰り方が分からなくなる。老婆はオーディのことに気づき、家で保護した。そして、そのことを書いたチラシを木に張った。タレント犬を使って一躍有名になろうとしていたチャップマンは、そのチラシを目撃する。一方、ジョンはチラシを作り、オーディを必死に探していた。

ジョンはリズにオーディのことを伝えようとするが、高校のときから好きだったと告白され言えなくなってしまう。しかし、思い直し、リズに正直に告白した。リズはジョンを嫌ったりせず、一緒に探しに行こうと声をかけた。一方、チャップマンは飼い主だと嘘を吐き、老婆の元からオーディを連れて帰った。

オーディを家から追い出して行方不明にさせたことで、ガーフィールドは仲間達から非難される。そんな時、チャップマンと一緒にテレビに映っているオーディを目撃する。チャップマンはテレビのレギュラーを手に入れるため、オーディを連れてニューヨークへ行こうとしていた。

ガーフィールドの結末・ラスト(ネタバレ)

ガーフィールドはジョンにチャップマンのことを知らせようとするが、失敗に終わる。ガーフィールドは撮影スタジオに向かい、オーディを助けることにした。しかし、町にいたネズミに襲われそうになる。ガーフィールドが危機に陥っていると、ルイスが現れ助けられる。ガーフィールドはルイスにスタジオまで案内してもらうことにした。

ジョンはガーフィールドもいなくなったことに気づき、リズに助けを求めた。2人はガーフィールドの捜索に当たった。一方、ガーフィールドはスタジオがあるビルに到着していた。ダクトの中を登ってビル内に侵入し、オーディを探した。

チャップマンはオーディに首輪を嵌め、電流を流して芸を行うよう仕向けていた。それを見たガーフィールドは、酷い目に遭っているオーディに同情した。チャップマンはオーディを連れて駅に向かおうとしていた。ガーフィールドは後を追おうとするが、野良猫と間違えられ警官に捕まってしまう。ガーフィールドは檻の中に入れられた。

ジョンとリズはオーディを保護したという張り紙を見つけ、老婆の家を訪ねた。そこで、チャップマンがオーディを連れていったことを知る。一方、ガーフィールドの近くの檻には、チャップマンに捨てられた猫のローランド卿がいた。ローランド卿はガーフィールドの事情を知り、脱走の手助けをした。

ガーフィールドは駅に辿り着くが、チャップマン達が乗った列車が発車してしまう。ガーフィールドは機械を操作し、列車を駅まで戻した。そして、オーディを救い出した。チャップマンはオーディが逃げたのを見て後を追いかけた。オーディを捕まえて逃げようとするが、ローランド卿とたくさんの犬と猫に襲われる。ガーフィールド達はチャップマンの首に首輪を着け、電流を流して懲らしめた。

チャップマンは逮捕され、ガーフィールド達はジョンの家に戻った。ジョンはリズに友達以上になりたいと告白され、キスをされる。

ガーフィールドの感想・評価・レビュー

ガーフィールドは食事が大好きなため、丸々と太っている。そこがとても可愛かった。自分勝手な性格だが、飼い主のジョンのことを何よりも大切に思っているのが伝わってきて可愛いなと感じた。ガーフィールドや他の犬と猫がしゃべるのに反して、オーディは言葉を話さないキャラクターである。オーディが言葉を話せば何を言うのだろうと想像しながら見るのはとても楽しかった。家族で和気あいあいとしゃべりながら、気軽に見られる作品だと思う。(MIHOシネマ編集部)