「ゲット・アウト」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

ゲット・アウトの概要:黒人の青年クリスは、白人の彼女ローズの実家へ行く。手厚い歓迎を受けるクリスだが、次第に彼の周りで不可解な現象が次々と起こり、クリスも巻き込まれることになる。白人による黒人へ過剰なリスペクト表現を描くことで、異様な不気味さを表現したホラーサスペンスムービー。

ゲット・アウトの作品情報

ゲット・アウト

製作年:2017年
上映時間:104分
ジャンル:サスペンス、ミステリー、ホラー
監督:ジョーダン・ピール
キャスト:ダニエル・カルーヤ、アリソン・ウィリアムズ、ブラッドリー・ウィットフォード、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ etc

ゲット・アウトの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『ゲット・アウト』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

ゲット・アウトの登場人物(キャスト)

クリス・ワシントン(ダニエル・カルーヤ)
黒人の青年。優しい白人の彼女ローズと幸せな日々を過ごしているが、ローズの実家へ行くことでクリスの人生が大きく変わる出来事に遭遇する。
ローズ・アーミテージ(アリソン・ウィリアムズ)
クリスの彼女。人種差別を行う人へ苦言を呈する等、正義感溢れる白人女性。クリスを実家に招待する。
ミッシー・アーミテージ(キャサリン・キーナー)
ローズの母親。催眠術で喫煙者であるクリスを禁煙にするなど心理療法士として相当な技量を持つ。
ディーン・アーミテージ(ブラッドリー・ウィットフォード)
ローズの父親であり外科医。オバマ政権を支持するなど人種差別をしないことを事あるごとにクリスへ公言する。
ジェレミー・アーミテージ(ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ)
ローズの弟。家にきたクリスへ挑発的な言動で煽る等、ローズや両親とは異なった態度でクリスへ接する。
ロッド・ウィリアムス(リル・レル・ハウリー)
クリスの親友の黒人。陽気な性格でクリスのピンチにいち早く気づき行動する。

ゲット・アウトのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ゲット・アウト』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ゲット・アウトのあらすじ【起】

黒人の青年クリスのもとへ白人の彼女ローズが訪れる。2人はローズの実家へこれから挨拶に行くことになっているが、クリスは黒人である自分を彼女の家族が受け入れてくれるか心配であった。ローズは両親に黒人男性と付き合っていることを言っていないため、若干の不安は拭えないクリスだが、2人は彼女が運転する車に乗り彼女の実家へ向かう。

ローズの実家へ着くと彼女の両親はクリスを歓迎する。ローズの家族はみな白人家族であるが、女性使用人のジョージーナや管理人ウォルターが黒人であることにクリスは少し違和感を覚えた。しかし、彼女の両親は好意的な対応をしてくれるため、あまり気に留めないよう振舞うようにした。

ローズの弟ジェレミーも交えた夕食後、眠れないクリスは煙草を吸うために外へ出る。だが、ジョージーナは鏡で自分の容姿をしきりに気にし、ウォルターは全力でクリスの方へ走ってくるなど不可解な行動をしていた。不審に思ったクリスはすぐに家の中に入ったが、ミッシーに呼び止められ催眠術で眠りについてしまう。

ゲット・アウトのあらすじ【承】

翌朝目が覚めると、クリスは煙草が吸えなくなっていた。催眠術によって強制的に禁煙体質にさせられたことを知ったクリスは、次第に周囲の環境に不信感を募らせていく。だが、ローズの両親に白人が多数出席するパーティに誘われ断れず参加することになる。

クリスはパーティに参加するが、白人参加者達が過剰に興味を持って接してくることにクリスは疲労を感じ始めた。そこへパーティ会場にローガン・キングという黒人男性客を見つけ、同じ黒人がいることへの安堵感からクリスはローガンに声をかける。同じ黒人と話すことで気持ちが落ち着くと思ったクリスだが、ローガンもジョージーナやウォルターと似た不自然さを伴っていた。

クリスはあきらかに不自然な状況であることを友人のロッドに知らせるため、ローガンをスマホのカメラで盗撮した。だが、その際フラッシュがたかれてしまい、光を浴びたローガンは突如鼻血を出し、クリスへ「出ていけ」と発し暴れるのであった。

クリスから送られたローガンの写真を見たロッドは、行方不明になっている知り合いのアンドレではないかとクリスへ言う。だが、クリスやロッドが知っていた頃のアンドレとは服装や話し方もかなり異なっていた。彼の人格に何かしらの変化を加えられたことを疑い、クリスはローズの家族やパーティの参加者に対しさらに不信感を募らせた。

ゲット・アウトのあらすじ【転】

立て続けに起こる不可解な現象に限界を迎えたクリスは、すぐに自分の家へ帰るつもりであることをローズへ告げる。ローズは自分も一緒にここから出るとクリスへ言い、2人は実家を後にすることを決める。

一方、ローズとクリスが一時的に席を外したパーティ会場では、クリスの写真が立てかけられ、パーティに参加していた白人達によってクリスに対するオークションが開催されていた。

その日の夜、クリスはローズと帰るための身支度を始めていた。だが、ローズの部屋から1つのアルバムを発見する。そこには、アーミテージ家の使用人として働いているジョージーナやウォルター、さらにローガン等多くの黒人と恋人関係を匂わせる写真が多数収められていた。

クリスは、黒人と付き合うのはクリスが初めてとローズから聞いていたが、嘘であったことに気が付く。ローズ含むアーミテージ家全員が家族ぐるみで黒人に対し何かしらの異常な行動を行っていると察知し怖くなったクリスは、その場から逃げようとする。だが、出入り口を家族に封じられ、ミッシーの催眠術にかかり眠りに落ちてしまった。

ゲット・アウトの結末・ラスト(ネタバレ)

目が覚めるとクリスは椅子に縛られており身動きが取れなくなっていた。アーミテージ家は代々黒人を捕らえ、白人の脳を黒人の体へ移植し、人格を奪い永遠に生きる手術を行っていた。パーティ会場で行っていたオークションは次の移植手術を受ける人を選定するための競売であった。

脱出するためにクリスは催眠にかかったふりをした。眠りについていると錯覚したジェレミーが拘束器具を外した瞬間、クリスは彼を鈍器で殴り、その場から脱出する。その後、手術を行うとしていた父ディーン、母ミッシーを倒し、クリスはアーミテージ家から脱出することに成功する。

異変に気が付いたローズとジョージーナ、ウォルターはクリスを追いかけてきた。ジョージーナはローズの祖母、ウォルターはローズの祖父の人格が入っていた。クリスはジョージーナを倒したが、ローズとウォルターに追い詰められてしまう。

咄嗟にクリスは、ウォルターへスマホのカメラでフラッシュをたき写真を撮ることで、一時的にウォルター本人の人格を蘇らせローズを倒すことに成功する。だが、長くは意識を保つことはできないことを悟ったウォルターは、その場で自害した。

クリスは傷だらけになっているところをロッドに救われ、その場から逃げるのであった。

ゲット・アウトの感想・評価・レビュー

不気味な雰囲気の映画。話の途中までは何が起こっているのか分からないが不穏な空気が漂う。主人に皆が親切にしてくれるが、それが逆に怖く今から何が起こるのか引き込まれてしまう。そして、ビンゴ大会のシーンはゾッとする…。彼女の正体も判明した所での絶望感。終始、違和感があり居心地が悪い。伏線が様々な所に散りばめられており回収するのが面白い。唯一の救いはナイスなキャラクターの友達がいた事。とても斬新で新感覚の社会派ホラー。(女性 30代)


白人と黒人がメインテーマでありながら、差別的発言は出てこない。しかし、とてつもない不気味さと狂気さを感じさせるスリラー映画だ。

こんな展開はありなのかと驚愕してしまうと同時にこんな映画は今までになかったと感心した。出てくる白人全員の何とも言えない不気味さ、マネキンのような作り笑い、笑わない目、全てが異様だ。

観た後は茫然とし、フリーズしてしまう。何が起こっていたのかと。素晴らしいが不気味。(女性 20代)


「何か怪しい」と疑いながら見入ってしまう映画だ。黒人差別をテーマにしながらも、黒人であるクリスに対する白人の彼女やその家族、周りの人たちの接し方は、大げさに親切であり、とても気味悪く感じた。また、白人たちのサイコ感にじわじわと惹きつけられていく。至るところに伏線が張ってあるので、二度三度見てみるのも面白い。

中でもクリスの強い正義感と勘の鋭さは、際立っていた。黒人目線でのストーリーと、差別を決してしてはいけない思いが強く芽生えた。正義とは何か、信念とは何かを考えさせられた。(女性 20代)


クリスは白人の彼女の実家を訪ねるも、そこは何かがおかしいと異変に気付くところから物語が始まる。ホラーに人種問題を絡めた社会派のホラーサスペンス映画。
違和感や不気味さといった雰囲気に現実味があって心底恐ろしかった。
そして、人間はここまで人に恐怖を与えることができるのだという、既存のホラー映画とは違った視点の怖さがあり新鮮に感じた。
様々な伏線が散りばめられているため、その意味が分かった瞬間、更に恐怖を感じた。(女性 20代)


初めは恋愛映画のような雰囲気で、徐々にホラー要素が強くなっていき、最後はかなりグロテスクなシーンが続きます。後半に進むにつれて気づき始める彼女の家族の異変や、明らかになっていく目的にかなり恐怖を感じました。

主人公の友達として何回か登場してくるロッドが本当に良い人で、ノリも良いし、友達想いで、些細な友達の変化からピンチを察して助けに来てくれるところは本当にかっこいいです。(女性 20代)


今まで観てきた作品の中で、最も衝撃を受けたこの『ゲット・アウト』不穏な空気が流れ続けて終始不快で違和感が付きまといます。ネタバレなしで書くのが本当に難しい。序盤は淡々と進んでいく展開にスルーしてしまいがちですが、伏線がいっぱい。感じていた違和感の理由がはっきりしてくるのはラストの30分程度。小出しにしていた伏線を、見事に回収していきます。
想像の遥か上をいく結末に驚きを隠せませんが、この作品には別の結末も用意されていたとか。謎の多すぎる作品で本当に癖になります。(女性 30代)

この記事をシェアする