映画『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ」のネタバレあらすじ結末と感想

スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイの概要:ファーストオーダーの猛追により、絶体絶命のピンチに陥るレジスタンス。反撃に出るため主人公のレイは、姿を消したルークに会いに行く。だが、そこで待っていたルークはレイが想像していた姿とは違っていた。スター・ウォーズシリーズ史上最もフォースの光と闇を描いた今作。レイア役のキャリー・フィッシャーの遺作ともなった。

スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイの作品情報

スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ

製作年:2017年
上映時間:152分
ジャンル:SF、アクション
監督:ライアン・ジョンソン
キャスト:マーク・ハミル、キャリー・フィッシャー、アダム・ドライヴァー、デイジー・リドリー etc

スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイの登場人物(キャスト)

レイ(デイジー・リドリー)
桁外れのフォースの才能を持つレジスタンスの一員。フォースの使い方を学ぶため、ルークのもとへ訪れる。
ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)
伝説のジェダイ。かつて多くのジェダイを育成しようと励んでいたが、カイロ・レンがダークサイドに落ちたことにより、戦いから距離を置いている。
フィン(ジョン・ボイエガ)
元ストームトルーパー兵。ファーストオーダーから逃亡し、いまはレジスタンスとして活動する。
ポー・ダメロン(オスカー・アイザック)
レジスタンスのエースパイロット。無謀な行動にとることも多いが、率先して戦いに挑む勇敢なリーダー的存在。
レイア・オーガナ(キャリー・フィッシャー)
レジスタンスのリーダーでカイロ・レンの母親。今作ではファーストオーダーの攻撃により、意識を失ってしまう。
カイロ・レン(アダム・ドライバー)
ダースベイダーに強い憧れを持つフォースの使い手。ファーストオーダーの幹部として、かつての師匠であるルークを倒すため居場所を探す。
スノーク(アンディ・サーキス)
ファーストオーダーの最高司令官。絶大なるフォースのダークサイドの力を持ち、恐怖によって銀河を手中におさめようと画策している。

スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイのあらすじ【起】

レジスタンスは、ハックス将軍率いるファーストオーダーの襲撃を受ける。レジスタンスのエースパイロットであるポー・ダメロンは、仲間たちと反撃にでる。多くの犠牲を払いつつ逃げるための時間を稼いだレジスタンスは、ハイパースペースに入り光速ジャンプをする。一回は逃げることに成功したように思えた。だが、ファーストオーダーの艦隊は、ハイパースペースを追跡することが可能であり、すぐに追いつかれてしまう。敵の追撃を受けたことでレイアも負傷し、逃げ切れないことを察したフィンとローズは、敵船へ潜入しハイパースペースの追跡システムを破壊することを計画する。

一方レイは、ルークのもとを訪れていた。アナキンとルークがかつて使用していたライトセーバーを渡すもルークはそれを投げ捨ててしまう。ルークは戦いから身を引き、隠居生活をしようとしていたため、修行をつけてほしいレイのことも拒絶する。だが、レイの諦めない姿勢とフォースの才覚を目の当たりにし、3つだけ基礎修行をつけることにする。

修行のなかでレイは、フォースの才能を発揮する。だがルークは、想像以上の才能と同時にレイがダークサイドへ落ちる危うさを感じた。修行を重ねていく中、レイははるか遠くにいるはずのカイロ・レンと意思疎通をできるようになる。その際、かつて弟子であったカイロをルークが殺そうとした衝撃の真実を聞く。真実を聞いたレイはルークに失望し、カイロを敵の最高司令官であるスノークのもとから引き離すため、ルークのもとから去るのであった。

スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイのあらすじ【承】

レイはファルコン号でカイロ・レンがいる敵の艦隊へ向かった。レイが来ることを予知していたカイロは、レイを連行する。カイロにはまだフォースの光の部分が残っていることを確信し、ファーストオーダーから脱出するよう言うもカイロは耳を貸さなかった。

レイはスノークのいる玉座へ連れていかれ、スノークと対面する。スノークは、フォースの才能を持つレイをダークサイドへ勧誘しようとする。だが、レイは拒否を続けたため、スノークはフォースの力で彼女を苦しめる。仲間にすることを諦めたスノークは、カイロに殺害するよう命令する。だが、カイロはレイではなくスノークを殺したのであった。ただちに、付近にいるスノークの護衛に襲われる。レイとカイロは互いに協力し、護衛たちを倒すことに成功した。

レイはカイロにレジスタンスへ来るよう再度説得するも、逆にカイロは一緒に銀河を支配しようと手を差し伸べる。レイはこれを拒否し、互いのフォースがぶつかり2人は意識を失う。

スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイのあらすじ【転】

その頃フィンとローズは、ハイパースペースの追跡を阻止すべく敵艦へ潜入した。だが、味方だと思って一緒に行動していたDJの裏切りに遭い、2人は敵に捕まってしまう。

一方、レジスタンスの艦隊内ではレイアが目を覚ます。レイアの代理で指揮をとっていたホルドであったが、敵艦から逃げるだけのホルドの指示に納得のいかないポーは、ホルドへブラスターを向ける。だが、レイアがポーを止め、ホルドの本当の狙いを話す。ホルドはレジスタンスの古い基地がある惑星クレイトで反撃を考えていたのであった。

ホルドは一人戦艦に残り囮となることで、仲間たちを脱出用の輸送艦で惑星クレイトへ逃がそうとする。だが、ファーストオーダーはその意図に気づき、標的を輸送艦へ切り替える。ホルドは彼らを逃がすため、自分が搭乗している戦艦ごと敵艦へ衝突し捨て身の攻撃をする。

ホルドの捨て身の攻撃により、敵戦艦内では大爆発が起きた。混乱に乗じ、敵艦内にいたフィンとローズは脱出しようとする。そこにフィンのかつての上官、キャプテン・ファズマが現れる。激しい戦いの末、ファズマを倒したフィンは戦闘機を盗み、レジスタンスの仲間がいる惑星クレイトに行く。

スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイの結末・ラスト(ネタバレ)

レジスタンスは、惑星クレイトの古い基地へ逃げた。しかし、ファーストオーダーもすぐに追いつく。限られた戦闘機でファーストオーダーの襲撃を耐えるも限界であった。ファルコン号に乗ったレイも加勢するが、圧倒的な戦闘機の数にレジスタンスは追い詰められる。

絶体絶命の中、敵艦の前にルークが姿を現した。かつての師匠であり、この手で必ず倒したいという欲にかられ、カイロは戦闘機での攻撃を中断させ、ルークと一騎打ちをする。ライトセーバーを構えるルークだが、カイロの攻撃をかわすだけで反撃をしない。実はルークの体はそこにはなく、フォースの力で孤島から自身の幻影を作っていたのであった。その間にレジスタンスは、レイの乗っているファルコン号に乗り込み、ファーストオーダーから逃げた。

力を使い果たしたルークは、孤島で夕日を眺めながらフォースと一体になり、命を落とした。ルークがこの世を去ったことを感じたレイとレイアは、ファルコン号で次の戦いに向け惑星クレイトを去るのであった。

関連作品

前作 スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒