「魔界探偵ゴーゴリIII 蘇り者たちと最後の戦い」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

魔界探偵ゴーゴリIII 蘇り者たちと最後の戦いの概要:ロシアの作家ニコライ・ゴーゴリの著書『ディカーニカ近郷夜話』を基に制作されたダークファンタジー。3部作の最終作。特殊能力を持つ書記官ゴーゴリは、とうとう黒騎士の正体を知って衝撃を受ける。遥か昔からの因縁が渦巻く全ての謎が明かされる。

魔界探偵ゴーゴリIII 蘇り者たちと最後の戦いの作品情報

魔界探偵ゴーゴリIII 蘇り者たちと最後の戦い

製作年:2018年
上映時間:107分
ジャンル:ファンタジー、サスペンス
監督:イゴール・バラノフ
キャスト:アレクサンドル・ペトロフ、ユリヤ・フランツ、オレグ・メンシコフ、アルチョム・トカチェンコ etc

魔界探偵ゴーゴリIII 蘇り者たちと最後の戦いの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『魔界探偵ゴーゴリIII 蘇り者たちと最後の戦い』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

魔界探偵ゴーゴリIII 蘇り者たちと最後の戦いの登場人物(キャスト)

ニコライ・ゴーゴリ(アレクサンドル・ペトロフ)
小説家を目指していたが、自己評価が低く自分に自信がなかった。秘密警察の書記官をしており、闇の力により人には見えないヴィジョンが見える。自らの出生の秘密を知り、能力をコントロールし始める。伯爵夫人のリザに恋をしている。
オクサーナ(ユリヤ・フランツ)
30年前に亡くなった粉屋の娘で、呪いによって水の精となる。ゴーゴリに好意を寄せており、ヒントや手助けをして明確なアピールをしているものの、すげない態度で躱されている。
グロー(オレグ・メンシコフ)
秘密警察の優秀な捜査官で、数々の難事件を解決してきた実績を持つ。鋭い洞察力を持ち、頭が切れる人物。秘密結社の代表も兼任しており、汚い手を使って永遠の命を解き明かそうとしている。
ダニシェヴェスキー伯爵(アルチョム・トカチェンコ)
ディカーニカ村の外れの豪邸に住む伯爵。実は幼い頃にリザと出会い、彼女へと心酔し生涯を捧げている。ポーランド人の魔術師の血族で、特別な薬を作ることができる。
リザ(タイーシャ・ヴィルコヴァ)
ダニシェヴェスキー伯爵の妻。金髪で美しい女性。ゴーゴリに一目惚れし、共に生きたいと願っている。実は長い時を生きており、呪いによって黒騎士に姿を変え女の命を奪っていた。

魔界探偵ゴーゴリIII 蘇り者たちと最後の戦いのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『魔界探偵ゴーゴリIII 蘇り者たちと最後の戦い』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

魔界探偵ゴーゴリIII 蘇り者たちと最後の戦いのあらすじ【起】

1829年、北欧のポルタバ州、ディカーニカ村にて若い女が殺されるという連続殺人が発生。秘密警察の捜査官グローに見出され、闇の力による特殊能力を持つ書記官、ニコライ・ゴーゴリも捜査へと同行。ところが、事件には謎の黒騎士が深く関わっており、黒騎士との決闘にてグローが亡くなってしまう。仲間を得たゴーゴリはたった1人で捜査を続けていたが、魔女の呪いや闇の妖怪が召喚され黒騎士の正体を掴むことができずにいた。

第5章「黒騎士の隠れ家」

闇の妖怪ヴィーとの対峙により、仮死状態となってしまったゴーゴリ。仲間の医者はゴーゴリの死を嘆き、絵が得意な鍛冶職人も憂鬱な気分となり、幼い娘にゴーゴリは天へ帰ったと話した。だが、魔女の素質を持つ娘は、彼は死んでいないと言い張っている。

村の警察署長はこれまでの連続殺人はゴーゴリの仕業だったと断定し、彼の遺体をこっそり埋葬することにした。まともな別れの言葉もなく、遺体は腐った木で作った棺に納められる。しかし、ゴーゴリは完全に死んでいるわけではなく、闇の世界で悪魔との契約により、魂を闇に囚われた父親と遭遇する。そこへ、鼻を隠した紳士が現れ、父親が地獄の業火で燃やされている間、ゴーゴリは生き続けなければならないと言うのだった。

ふと目覚めると棺の中。ゴーゴリの棺は埋葬され土中に埋まっていた。彼は必死に叫び土を掻き分けて地上へ。ゴーゴリが生きているのなら、逮捕しなければならないと判断した警察署長。彼はゴーゴリを黒騎士として逮捕し、牢へ放り込んでしまう。そこで、事の顛末を聞いたゴーゴリは衝撃を受けたが、ダニシェヴェスキー伯爵が黒騎士なのではないかと疑惑を深めた。

そのダニシェヴェスキー伯爵は、沼の岸辺で失恋に涙する水の精オクサーナに甘言を説く。復活の儀式を行い生き返れば、ゴーゴリは恋に落ちる。代償として、死後は地獄行きが決定してしまうが、愛するゴーゴリと生きられるなら悪い条件ではなかった。

魔界探偵ゴーゴリIII 蘇り者たちと最後の戦いのあらすじ【承】

牢屋にて従者が口を滑らせる。従者はゴーゴリが2回生き返ったことを口にしたのだ。ゴーゴリは従者に詰め寄り自分の出生の秘密を聞かせてもらう。生まれたばかりのゴーゴリは死産だったが、鼻を隠した紳士が現れ赤子に「生きろ、闇の者よ」と言って蘇生させたらしい。父親は家人にきつく口止めをし、息子にも真実を明かさなかった。

そんな時、村人がこぞって警察署の前に集まり始める。ゴーゴリを人殺しの黒魔術師だと叫び、自分達の手で裁きを下そうと言うのだ。彼らは署長をも殴り倒し、牢からゴーゴリを引っ張り出して火炙りにしようとする。父の鍛冶職人と駆け付けた幼い娘は、ゴーゴリを助けようとして雨雲を呼び、降雨によって火を消したが、力尽きて気絶。しかし、暴動は治まらずゴーゴリは首に縄をかけられてしまう。ところが、こんな時に限って彼は重要なヴィジョンを見る。

小さな足場を失いそうになった矢先、先導している村人の足を撃ち抜く者が現れる。死んだと思われたグローであった。彼は応戦の構えを見せ、村人たちを追い払ってくれる。
グローは事件を別の角度から見るため、自分の死を偽装したのだと言う。そこで、ゴーゴリは黒騎士の正体が伯爵であることを明かし、グローとゴーゴリ、警察署長は武器を手に伯爵邸へと向かうのだった。

屋敷へと入った3人だったが、伯爵もリザも見当たらない。そこで、ゴーゴリは暖炉に視線をやり、隠し通路の扉を開けた。地下洞窟を奥へと進むと儀式用の台座にオクサーナが横たわっており、グローや署長の目にも見えていた。伯爵が現れたため、署長が銃撃すると1発の弾丸で息絶えてしまう。

直後、オクサーナが生き返ったが、背後に黒騎士が登場し瞬く間に首を斬り、オクサーナを殺害。彼女は再び死んで地獄へと落ちてしまう。オクサーナが息絶えた後、黒騎士が姿を変える。黒い渦から現れたのは、なんとリザであった。彼女は12人の娘と生き返った1人の命を奪い、終わったと呟くのだった。

魔界探偵ゴーゴリIII 蘇り者たちと最後の戦いのあらすじ【転】

第6章「恐ろしき復讐」

今から163年前、17歳のリザには歳の離れた姉がいた。当時、ポーランド人との小競り合いが絶えず、姉妹の父親は腕の立つ男達を連れて戦いへ。戦後に姉の結婚式を行う予定となっていた。
しかし、1か月後。姉妹の父親が率いる隊は敗北を期してしまう。ポーランド人の陣営には黒魔術師がいるという噂があったが、どうやら事実だったようだ。奴らがじきに村へと押し寄せると知らせが入った。
そこで、姉妹は村近くの森にいる魔女へと会いに行き、黒魔術を封じる首輪を得る。更に魔女は復讐をやめるよう諭したが、姉妹は聞く耳を持たなかった。

黒騎士から本来の姿に戻ったリザは、事情を明かそうとしたが、グローによって首輪をつけられてしまう。その首輪は、リザが復讐のために魔女から得たものだった。
拘束したリザを連れ、邸宅の食堂へ移動。グローは彼女を首都へ連れ帰ると言う。更に彼は酷く強権的になり、オクサーナの遺体を外へ運びリザを護送する人員と馬車を呼べと命令するのだった。

ポーランド人の陣営へ潜り込み、魔術師に首輪を付けて拉致した姉妹は雪山を進んで行く。姉妹は味方へと魔術師を引き渡そうと考えていた。ところが、姉は魔術師に口づけをされた瞬間から彼に心を奪われる。崖で一夜を明かすことになった3人。リザが寝入った隙に姉は魔術師と話すことにした。魔術師は呪われた身で200年もの間、生き続けてきたと言う。そして、姉へと一目惚れし彼女の愛を求めた。

翌早朝、姉が魔術師の首輪を外そうとする。だが、リザはそれを許さず姉妹は剣を交えることに。一瞬の隙を突かれ姉に剣を向けられたリザだったが、大きく剣を振りかぶった姉は崖から足を踏み外して転落してしまう。生き残ったリザは魔術師の首を刎ねてしまうが、そのせいで呪いを受け、30年ごとに12人の娘と復活した1人の命を捧げることになる。そうして、彼女は黒騎士へと変貌を遂げてしまうのだった。

魔界探偵ゴーゴリIII 蘇り者たちと最後の戦いの結末・ラスト(ネタバレ)

グローは捜査官であると共に、秘密結社の代表でもあった。秘密結社はロシアで最も影響力のある団体で永遠の命の秘密を明かすことを目標としている。故に、リザの命に興味を抱いていた。彼女がグローの命令に従わない場合は、ゴーゴリの命を危険に晒すと言う。密かに署長と盗み聞きしていたゴーゴリは、グローの言い分に失望し彼の所業を止めようとする。署長も銃を手に応戦の構えをとった。

グローは署長に甘言を説いたものの、署長は自分の信念を曲げることなく、リザを銃撃。ゴーゴリは彼女を失う恐怖に怯え、首輪を外してしまうのだった。すると、彼女はたちまち黒騎士となり、剣を構えたグローと署長の2人を相手取る。2人を抑え込んだリザは、ゴーゴリへと涙ながらに許しを請う。彼女はゴーゴリと遠くへ逃げ、30年後には誰も殺さずに死ぬとまで言い募った。

しかしそこへ、宿屋の女将として新たにやって来た老婆が現れ、リザの姉だと言う。崖から転落した姉は命を落とした後、闇の世界にて復讐を誓った。だが、その代償として奪われたのは若さである。彼女は老婆へと姿を変え、その時が来たら若さを取り戻すことになっていた。

元の若さを取り戻したリザの姉は、驚異的な魔力で妹とゴーゴリを拘束。
その頃、伯爵邸へとやって来た仲間達。魔女の力を持つ幼い娘が先んじて中へ入り、扉を閉めてしまった。署長は抵抗も空しく殺されてしま、ゴーゴリもまた姉の餌食となり腹部を刺傷。リザは彼の命を救うべく自らの魔力を注ぎ、傷を癒した。すると、彼女は一気に年老いてしまい、姉によって首を刎ねられてしまう。そこへ、幼い娘が現れ姉に抵抗。ゴーゴリはその隙に首輪を装着することに成功した。

機会を窺っていたグローは姉の方を連行し、首都へと戻って行った。ゴーゴリはリザの亡骸からブローチを形見に貰い、署長の葬儀に参列。失意を抱えながらサンクトペテルブルクへと帰った。

その後、酒浸りの毎日を送り2週間が経過したある朝、ふとリザのブローチへと目を止める。そして、彼はペンを手に取り著作『ディカーニカ近郷夜話』を書き上げた。
2年後、自らの本を音読する読書会を開き、拍手喝采を受けるまでに至る。しかしある夜、人外の女を倒す人物が現れる。かの有名な小説家プーシキンであった。彼はグローと秘密結社に敵対する組織へと所属しているらしく、ゴーゴリを勧誘しに来たと言うのだった。

魔界探偵ゴーゴリIII 蘇り者たちと最後の戦いの感想・評価・レビュー

ゴーゴリシリーズ3部作の最終章。前作の2作品とは一線を画し、今作は黒騎士とリザの過去に迫る。鍛冶職人の幼い娘が実はかなり強い力を持った魔女であることが判明し、リザの姉が生きて登場するなど驚きの連続である。

全ての種明かしが集約して描かれており、伏線はあったものの全く予想外の展開となっている。想像の斜め上をいっていたような印象だが、今作があったから前2作品の出来事が起こっていたのだと分かれば納得する。1度だけではなく、2度3度と見ても見応えのあるシリーズ。ぜひ、3作品をぶっ通しで見て欲しい。(MIHOシネマ編集部)

関連作品

前作 魔界探偵ゴーゴリII 魔女の呪いと妖怪ヴィーの召喚

この記事をシェアする