映画『ゴーン・ガール』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ゴーン・ガール」のネタバレあらすじ結末と感想

ゴーン・ガールの概要:妻が失踪した。身に覚えのない証拠が次から次へと発見され、ニックは殺人犯に仕立てられて行く。男に執着し自分の思い通りにしようとするサイコパス妻。心に不気味な後味を残すサスペンス映画。

ゴーン・ガールの作品情報

ゴーン・ガール

製作年:2014年
上映時間:149分
ジャンル:サスペンス
監督:デヴィッド・フィンチャー
キャスト:ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリー etc

ゴーン・ガールの登場人物(キャスト)

ニック(ベン・アフレック)
失業中で荒れている。妻のエイミーの罠にかかり、殺人犯に仕立てられてしまう。妹のマーゴと一緒に事件解決に乗り出す。
エイミー(ロザムンド・パイク)
失踪したふりをして、夫のニックを罠にはめ殺人犯に仕立てようとする。恋人を自分の思い通りに操作しようとする。気に入らない男は犯罪者に仕立てる歪んだ心を持っている。
マーゴ(キャリー・クーン)
ニックの双子の妹、バーで働いている。なにがあっても兄のニックを信じ、事件解決に協力する。
ボニー(キム・ディケンズ)
今回の事件の担当刑事。どんな状況でも冷静に行動する。証拠品の不自然さからエイミーに不信感を抱く。
デジー(ニール・パトリック・ハリス)
エイミーのストーカー。失踪したエイミーを匿うがエイミーによって殺される。

ゴーン・ガールのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ゴーン・ガール』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ゴーン・ガールのあらすじ【起】

ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は愛し合って結婚したはずだった。今の関係は冷めきっている。双子の妹のマーゴ(キャリー・クーン)が働いているバーで酒を飲む。家に帰ると部屋の様子がおかしい。エイミーが消えていた。

警官のボニー(キム・ディケンズ)が駆けつけた。家の中を見て周り、ふせんでマークをつける。ボニーは一冊の本を見つける。

彼女の母は作家で、娘のエイミーを題材にした物語「アメイジングエイミー」は大ヒット。しかし、現実のエイミーはそれに苦しんでいた。そんなエイミーを救ったのは恋人のニックだった。彼女にプロポーズして幸せの絶頂にいた。

エイミー失踪の記者会見を開く。エイミーの両親に罵倒され気分が悪い。母親は記者会見でも本の宣伝に利用しようとしていた。

両親は警察で、エイミーにストーカー行為をしていた男がいたと話した。ストーカー男デジー(ニール・パトリック・ハリス)はエイミーに振られて自殺未遂をはかっていた。

エイミーは日記を書いていた。愛し合っていた頃の毎日から、いかに自分たち夫婦が冷めて行ったのか。その日記に夫婦で失業したことが書いてある。ニックはどこにも出かけず、ゲームばかり、使わない新しいパソコンを買う。事態はどんどん悪い方向へ進んで行く。

ゴーン・ガールのあらすじ【承】

エイミーを探してくれているボランティア達に必死で笑顔を振りまくニック。彼の表情は笑顔と裏腹にやつれていた。写真を撮られSNSサイトにアップしようとする主婦もいた。疲れている、ほっといてほしい。

私は間違って運ばれた荷物。失業のタイミングでニックの田舎に引っ越したエイミー。私は必要とされているんだろうか。

ニックの家に不倫相手の女性がいきなり訪ねて来た。空気を読まない彼女にイラつくニックだが、彼女は服を脱ぎ始めた。慌てて電気を消す。

昨日は屈辱的なことがあった。最近ニックが頻繁に家をあける。子供が欲しいとつめよると、ニックに暴力をふるわれた。私を傷つけようとする彼が恐ろしい。

ボニーは薬の売買が行われている場所に踏み込んだ。売人はエイミーを見たという。彼女は薬ではなく銃を買いたがっていた。エイミーの化けの皮がはがれていく。

エイミーの集会で記者会見をする。近所の主婦がエイミーは妊娠していたと叫んだ。妊娠を聞かされていなかったニックは動揺する。

エイミーの保険金が失踪前に引き上げられていた。ニックのクレジットカードで大量の贅沢品が購入されていた。なにもかも自分は知らない。床から発見された血痕はエイミーのものだった。なにかがおかしい。消えたはずのエイミーがニックを追いつめて行く。

ボニーはエイミーの日記を見つけた。その日記にはニックとエイミーが出会ってから、夫婦関係が冷めて行くまでの物語が克明に描かれていた。日記の最後に、ニックに殺されるかもしれないと書かれていた。

ゴーン・ガールのあらすじ【転】

いろんなしがらみから開放され、自由になったエイミー。車の窓から証拠品を捨てていた。私は自由になる為に、自分を殺させ、夫を殺人犯に仕立て上げた。すべては自分の思い通りに進んでいる。

安い車を買い、近所の主婦に妊娠したと嘘をつく。血を大量に採取し、床にばらまく。凶器を隠す。日記は前もって書いておいた。そのあとでっちあげる。日記を少し燃やす。

美しい金髪を染めて、汚い服に着替える。勝ち逃げはさせない、ニックもろとも殺してやる。

小屋の中にニックのカードで買った贅沢品が並べられていた。その中にプレゼントと手紙が入っていた。ニックを殺人犯に仕立て上げた事を暗示するような文章が書かれている。エイミーはじわじわとニックを罠にはめ、刑務所送りにしようとしている。

隠れ家に小さな小屋を選んだ。隣に若い女が泊まっていて、仲良くなる。身分を偽る証拠に自分の顔に傷を作っていた。彼女も男には苦労していたのか、話を聞いてくれた。

有能な弁護士を雇った。エイミーの偽装は完璧でそれに勝つにはどうしても必要だったのだ。体が大きくて頭の回転が速い。弁護士の指示で男に会いに行く。そこにはエイミーに人生を狂わせた男がいた。エイミーは男を操作しようとする。そこから逃げようとした男はレイプを偽装され捕まった。今のニックと同じ状態だ。

ゴーン・ガールの結末・ラスト(ネタバレ)

お金を奪われてしまったエイミーは作戦を変えた。ストーカー男のデジーに連絡して迎えに来てもらう。資産家のデジーの別荘は便利で綺麗だった。

一方ニックも弁護士と大胆な作戦に出た。ニックに批判的なニュース番組に出演してテレビで無実を訴えた。インタビューは大成功で、かなり有利になるはずだ。

デジーが食料を持って彼女を驚かせた。洋服屋、ヘアカラー、化粧品も入っている。エイミーを自分のものにしたデジーは彼女になんでも与えた。ニックのインタビューをふたりで見ている。釘付けで見ている彼女の様子が気に入らない。ニックの愛しているという言葉にニヤリと笑った。

長い髪を短く切ったエイミーが行動を起こした。白いランジェリーにワインをしみ込ませ防犯カメラに向かって悲鳴を上げる。腕に縛られたあとを作り、暴行の証拠を体に刻んで行く。帰って来たデジーを誘惑し、ベッドに誘った。油断したダニーをカッターで刺す。

血だらけのエイミーが帰って来た。ダニーに罪を着せ、自分の凶行をなかった事にする。

血だらけのエイミーがシャワーで体を流す。ニックは騒ぎがおさまったら出て行くと言った。エイミーはそんなことをしたら破滅に追い込むという。不気味に笑う女が目の前にいた。

人殺しのサイコ女、アメイジングエイミーは妊娠している。彼女を決して怒らせてはならない。

この記事をシェアする

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    ニックの妹マーゴを演じるキャリー・クーン。彼女は最高ですね。冷め切ったメガネ美女。感情表現も巧みですし、俳優として文句なしでしたよ。彼女は33歳にして、映画初出演なんだそうです。もったいない、なぜ彼女のような逸材が埋もれていたのでしょう。クリストフ・ヴァルツといいキャリーといい……。それにしても、マーゴは良いキャラクターでした。彼女が主人公のオムニバスを見たい。あと、ニュース番組のブロンド司会者を演じていたミッシー・パイルも嫌な女でしたねー。あのキャスティングは素晴らしいですよ。

  2. 匿名 より:

    先に言っておきますけど、本作は大傑作です。デヴィッド・フィンチャーの最高傑作が『セブン』か『ファイト・クラブ』だと思っている人は今すぐ見ること。

    映画を見ていると、心境に様々な変化が生じます。悪者が悪事の限りを尽くせば胸くそ悪くなるし、悲しい物語が綴られれば感動する。本作では、心を奥底をエグられます。深く、深くエグられてしまいます。その結果、信頼できる人さえ信じられなくなる。マジですよ。

    エイミーとニックの仲は上手く行っていなくて、ニックには愛人がいる。当然エイミーはニックに対し不満を抱き、全身全霊をかけて彼に復讐する。というストーリーです。まず思い出さないといけないのは、エイミーは自らを徹底的に美化した小説を出版しているということ。全米にファンがいるということです。驚くほどのサイコパス。エイミーは都合が悪くなると嘘をついて男を地獄に叩き落とす人間のクズです。しかも、血の池地獄の被害者を自称する、世間の同情を買う。ニックはどんどん身動きがとれなくなり、史上最悪のラストシーンを迎えるわけです。人生の終わりです。最悪です。

    もともとデヴィッド・フィンチャーは人間の汚い部分をあぶり出すのが特異な監督です。『セブン』とかね。それにしても、それにしても本作は凄い。エイミーという凶悪なキャラクターが物語を引っ張り続け、ニックの心を殺す。こんな脚本は考えられないですよ!どんだけ人間が好きで、かつ嫌いなのか。原作者にして脚本家のギリアン・フリンは悪魔です!もう嫌です、私は布団にくるまって、老衰する時をただ待ち続けたいです。