映画『ハムナプトラ2 黄金のピラミッド』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ハムナプトラ2 黄金のピラミッド」のネタバレあらすじ結末と感想

ハムナプトラ2 黄金のピラミッドの概要:前作で、ハムナプトラを巡る大冒険を果たしたリックとエヴリン。それから時が経ち、二人はアレックスという子供に恵まれていた。そして、彼らを再び大冒険へと誘う歴史的遺物が姿を現す。

ハムナプトラ2 黄金のピラミッドの作品情報

ハムナプトラ2 黄金のピラミッド

製作年:2001年
上映時間:140分
ジャンル:アクション、アドベンチャー
監督:スティーヴン・ソマーズ
キャスト:ブレンダン・フレイザー、レイチェル・ワイズ、ジョン・ハナー、アーノルド・ヴォスルー etc

ハムナプトラ2 黄金のピラミッドの登場人物(キャスト)

リック・オコーネル(ブレンダン・フレイザー)
冒険家。ハムナプトラで手に入れた財宝によって大金持ちとなっている。
エヴリン・オコーネル(レイチェル・ワイズ)
博物館に勤務する好奇心旺盛な女性。前作でリックと運命的な出会いを果たし恋に落ちた。
アレックス・オコーネル(フレディ・ボース)
リックとエヴリンの間にできた子供。両親に似て、好奇心旺盛な性格をしている。
ジョナサン・カナハン(ジョン・ハナー)
エヴリンの兄。お調子者ではあるが、やるときはやる男。
イムホテップ(アーノルド・ヴォスルー)
約3000年前に死んだ大神官。前作ではボスキャラとしてリックの前に立ちはだかった。
アナクスナムン(パトラシア・ヴェラスケス)
イムホテップの最愛の人、彼の全て。亡くなった彼女を助けるため、イムホテップはハフェズに協力する。
ハフェズ(アラン・アームストロング)
大英博物館の館長。アヌビス神の軍勢を使いこの世を支配しようとしている。
スコーピオン・キング(ザ・ロック)
かつて最強の名を欲しいままにした戦士。アヌビス神に忠誠を誓い、しもべとなっている。

ハムナプトラ2 黄金のピラミッドのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ハムナプトラ2 黄金のピラミッド』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ハムナプトラ2 黄金のピラミッドのあらすじ【起】

今から遡ること約5000年前。紀元前3067年のテーベという都市でのことである。その時代には、最強と名高い戦士、スコーピオン・キングという人物が存在した。そんなスコーピオン・キングは、世界を自らの手中に収めるため、大きな戦争を起こす。しかし、7年間もの激しい戦いの末、スコーピオン・キング率いる軍は敗北を喫してしまったのである。

スコーピオン・キングは、『アム・シェアーの聖なる砂漠』という場所まで逃げ延びる。そして、そこでスコーピオン・キングは、エジプト神であるアヌビス神にとある祈りを捧げたのだった。そして、その祈りとは、「自らの命を助けてくれるのならば、自分はアヌビス神のしもべになる」というものだった。

そして、なんとアヌビス神はそんなスコーピオン・キングの願いを聞き入れたのである。アヌビス神はスコーピオン・キングに軍隊を授け、スコーピオン・キングはその軍隊を率い、敵を打ち倒すことに成功する。そして、約束通り、アヌビス神はスコーピオン・キングを自らのしもべとするのだった。

ハムナプトラ2 黄金のピラミッドのあらすじ【承】

そして、そんな出来事から約5000年が過ぎた頃。前作で運命的な出会いを果たしたリックとエヴリンは晴れて結ばれ、二人の間には可愛らしいアレックスという息子が誕生していた。好奇心が旺盛なリック夫妻は、未だに数々の遺跡などに出かけては発掘調査を行っていた。そして、ある時、エヴリンがエジプトの遺跡で、『アヌビスの腕輪』と呼ばれる宝を見つけるのだった。

エヴリンは、その腕輪をイギリスにある自宅へと持って帰る。そして、なんとアレックスがその宝に手を出してしまったのである。アレックスは、両親そっくりの好奇心旺盛な性格をしていたのだった。そして、アレックスはその腕輪を自らの腕に嵌めてしまう。

そんな時だった。なんと、何者かがリックの家に侵入、彼らを襲ってきたのだった。彼らの狙いは、アヌビスの腕輪にあった。しかし、肝心の腕輪はアレックスが嵌めてしまっている。そこで、彼らは腕輪を手に入れるためアレックスを拉致していってしまう。

ハムナプトラ2 黄金のピラミッドのあらすじ【転】

全ての黒幕は、大英博物館の館長、ハフェズだった。腕輪を装着してから7日後に、長い眠りについているスコーピオン・キングとアヌビスが与えた軍が目覚めるとされていた。ハフェズは、そのアヌビスの軍を使って、自らがこの世界の支配者になることを望んでいたのである。

しかし、それにはアヌビス神の忠実なしもべであるスコーピオン・キングが邪魔となる。そこで、ハフェズは以前リック達と戦ったイムホテップを、彼の最愛の人、アナクスナムンを蘇らせるという条件のもと使役したのだ。

一方、アレックスを助けようとリック、エヴリン、そしてエヴリンの兄、ジョナサンが動き出す。また、前作でリック達と共闘したアーデス・ベイという戦士も彼らに力を貸す。彼らは、ハフェズの目的地であるエジプトへと旅立った。アレックスは非常に頭のいい子供で、ハフェズ達に見つからないように、自分の居場所の手がかりをリック達に向けて残していたのだった。そうして、彼らは昔スコーピオン・キングが逃げ延びた、アム・シェアーの聖なる砂漠へと辿り着いた。

ハムナプトラ2 黄金のピラミッドの結末・ラスト(ネタバレ)

そして、とうとうリック達はアレックスと再会を果たす。しかし、敵の魔の手はリック達に伸びていた。そして、なんとエヴリンがハフェズの手下に刺され、命を落としてしまったのだ。最愛の妻、母親を失うわけにはいかないリックとアレックスは、死者を蘇らせるという『死者の書』を読み、エヴリンを生き返らせようとする。

しかし、アレックスが腕輪をつけて、7日が経過してしまった。言い伝え通り、アヌビス軍とスコーピオン・キングが蘇った。しかし、スコーピオン・キングと相対するはずのイムホテップは、リックによって足止めされてしまっている。そして、全ての黒幕、ハフェズは蘇ったスコーピオン・キングによって八つ裂きにされてしまうのだった。

そして、激しい戦いの末、見事リックがスコーピオン・キングを打ち倒し勝利を収める。また、リックとは因縁があるイムホテップも、最愛のアナクスナムンに裏切られ、失意のうちに自ら命を絶つのだった。そして、リックとアレックス、ジョナサンは、蘇ったエヴリンと共に家路に着くのだった。

ハムナプトラ2 黄金のピラミッドの感想・評価・レビュー

ハムナプトラシリーズ第2作目は、スコーピオンキングが題材となっている。
オコーネルがエヴリンと結婚し、アレックスという息子が新たに登場するのだが、さすがに2人の息子だけあり、度胸や知恵があり、自ら窮地を脱出しようと行動していく。
また、今回はオコーネルやエヴリンの前世にまつわる話や、エヴリンとアナクスナムンの一騎打ち、オコーネル、イムホテップ、スコーピオンキングの三つ巴戦など、手に汗握るシーンが数多く用意されている。
又、エヴリンとアナクスナムンがそれぞれの相手への愛の深さを試されるようなシーンがあり、両極端なお互いの行動の末路が見れて非常に面白い。(男性 30代)

関連作品

次作 ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝
前作 ハムナプトラ 失われた砂漠の都

この記事をシェアする

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    ①イムホテップ達の狙い

    イムホテップはアナクスナムンの生まれ変わりの女性と大英博物館の館長たちによって甦ります。そして世界を征服するための手段としてアヌビスの軍を自分のものとすることを画策するのです。アヌビス軍を自分のものとするためにはスコーピオン・キングを倒すことが条件です、そこで軍とキングが眠っているアム・シェアーのオアシスに行かなければいけないのですがたどり着くにはスコーピオン・キングの金の腕輪が必要です。それはアレックスが腕にはめてしまったためアレックスを攫い旅に同行させます。

    ②オコーネル達の必然の出会い

    エヴリンの前世はネフェルティティといい、セティ1世の娘でありスコーピオン・キングの腕輪の守り手でもありました。そのため夢で腕輪の隠し場所・幻でイムホテップが自分の父親を殺す場面を見てしまうのです。

    オコーネルは腕にタトゥーが入っています、普段はそれを隠していますがそれをアーデスが偶然見て驚きます。そして“私は東方から失われたものを探しに来た、と言ったら?”と不思議な問いかけをします、すると“私は西方から来た、探し物は私だ”とオコーネルはすらすらと答えます。それは聖なる印で神の戦士メジャイ・人類の守護者の印だとアーデスは言うのですがオコーネルは“これは昔カイロの孤児院で入れられたものだから意味はない”と吐き捨てます。ですが姫とそれを守る戦士の出会いは遥か昔から運命づけられたものだったのです。

  2. 匿名 より:

    自分でもとても意外な感想なのですが悪役であるはずのイムホテップは実はそんなに悪い人ではなかったのではないか?というものでした。確かにやっていることはひどいことばかりなのですがアレックスと話している場面では知的で威厳があるのです。考えてみれば古代エジプトで神官といえばエリートです、そのトップといえばエリート中のエリートなのですからアナクスナムンとのことがなければ人々に尊敬される存在だったはずです。そう考えると最期アナクスナムンに見捨てられてふっきれたように奈落の底に自ら落ちていく時の顔は恋という病がなくなり元の自分を取り戻したようにも見えます。

    物語の最初とラストにしか登場しませんでしたがドウェイン・ジョンソン(ザ・ロック)演じるスコーピオン・キングがすごくかっこよくてスピンオフで映画が製作されるのも納得です。