「ハンナとその姉妹」のネタバレあらすじ結末と感想

ハンナとその姉妹の概要:ニューヨークに暮らす3姉妹と、彼女たちを取り巻く男たちの行動を描くラブストーリー。愛情が冷めてしまった結婚生活や不妊問題、不倫や恋愛模様を描いた切なくも愛に溢れた作品である。エリオットとリーの不倫、ミッキーの不安症、ホリーの人生の3本柱を主軸に物語は展開する。

ハンナとその姉妹の作品情報

ハンナとその姉妹

製作年:1986年
上映時間:106分
ジャンル:コメディ、ラブストーリー
監督:ウディ・アレン
キャスト:ウディ・アレン、マイケル・ケイン、ミア・ファロー、ダイアン・ウィースト etc

ハンナとその姉妹を無料でフル視聴できる動画配信一覧

映画『ハンナとその姉妹』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。お試し期間で気になる映画を無料で見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年8月現在のものです。

ハンナとその姉妹の登場人物(キャスト)

ハンナ(ミア・ファロー)
3姉妹の長女。舞台女優として活躍する家族思いのしっかり者。離婚してからも元夫ミッキーと良好な関係を築いている。
ホリー(ダイアン・ウィースト)
3姉妹の次女。ハンナと同じく舞台女優だが鳴かず飛ばずのまま定職にも就かず放浪している。得意の料理を活かし仕出し会社を立ち上げるが失敗、戯曲作家に転向する。
リー(バーバラ・ハーシー)
3姉妹の末妹。大学に通うために働いていたが職を失い、画家の恋人フレデリックと同棲している。ハンナの夫エリオットからの熱い視線に気づいている。
エリオット(マイケル・ケイン)
義妹リーへ恋心を募らせ、妻ハンナへの愛情が薄れている。リーに強引に迫り肉体関係を持つが、やはりハンナとの家庭が一番落ち着くとその関係を反故にした。
ミッキー(ウディ・アレン)
ハンナの元夫。テレビ番組の編集者で病気恐怖症。脳に悪性ではないが腫瘍が見つかったことをきっかけに、生きる意味を模索しはじめる。次女ホリーとは、ハンナと離婚した際に一度だけデートして失敗に終わっている。
フレデリック(マックス・フォン・シドー)
リーと同棲している画家。プライドが高く作品の買い手には非常に厳しい。リーとのやり取りを「教育」と称している。

ハンナとその姉妹のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ハンナとその姉妹』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ハンナとその姉妹のあらすじ【起】

エリオットは妻ハンナの妹リーに熱い恋心を抱いていた。感謝祭で親族が集まるホームパーティの最中、エリオットはリーに見惚れている。そんな義兄の態度に薄々気づいているリーは、気のせいだと自分に言い聞かせて普段通り振る舞うのだった。しかし、エリオットは義妹リーへの気持ちを確固たるものだと信じ、後日偶然を装いリーに急接近する。書店でリーに詩集をプレゼントし、その本の一節から愛の告白をするのだった。

ハンナの元夫ミッキーはテレビ局の編集者であり、極度の病気恐怖症である。少しでも体調が優れないと、何かの大病だと大騒ぎしてすぐ医者にかかるような神経質な男だった。

ハンナの妹ホリーは売れない舞台役者だ。定職にも就かずコカインで借金をして、挙句の果てには仕出し会社を設立するための資金を姉ハンナにせびる。しかし、ホリーの料理の腕前は親族一同認めているため、ハンナはホリーが友人エイプリルと共に店を出すための資金を貸すのだった。

ハンナとその姉妹のあらすじ【承】

エリオットから愛の告白を受け取ったリーは、想いを告げてきたエリオットにも、エリオットに対して信頼以上の感情を抱いている自分にも動揺していた。そんな中、エリオットはリーと同棲中の恋人で画家のフレデリックに買い手を紹介するため二人のアパートを訪れた。フレデリックと買い手が商談している傍ら、エリオットはたまらずリーに強引なキスをする。その日からリーの中のエリオットに対する恋心は確実なものとなったのだった。

ミッキーは耳が聞こえづらいという理由から耳鼻科を受診し、精密検査を言い渡されていた。大きな病院で精密検査を受けたところ、今度はCATスキャンを受けるよう指示され不安は最高潮に達していた。

ホリーはハンナから貰った資金で友人エイプリルと共にスタニスラフスキー仕出し会社を設立。そこへ客として来ていた建築家デイビット・トーチと出会う。ホリーは彼に運命を感じたが、当のデイビットはエイプリルに夢中だった。恋に破れたホリーは仕出し会社と舞台女優の二足の草鞋を履き奮闘したが、結局会社は潰れ、オーディションにも受からない日々に戻ってしまった。

ハンナとその姉妹のあらすじ【転】

エリオットとリーはその後不倫を重ね、リーはついに恋人フレデリックに別れを切り出した。そのことで不倫がばれリーはフレデリックと破局してしまう。一方のエリオットもハンナに離婚を切り出そうとするが、やはりハンナとの家庭の居心地のよさを再確認し、リーにはいずれハンナと離婚するからとだけ伝え曖昧な関係を続ける。そうしている内にリーは大学へ通いはじめ、大学教授と付き合うようになった。

ミッキーは病院での検査の結果、脳に腫瘍があることが判明する。悪性の腫瘍ではないため命になんら別状はないが、このことをきっかけに人生とはなにか考え始めるようになる。仕事を辞めカトリックやクリシュナ教に傾倒するが迷走。生きる意味が分からなくなっていた。

ホリーは何もかも上手くいかず、唐突に戯曲を書くからと再びハンナに金を無心する。ハンナはしぶしぶ投資するが、まともに働いてはどうかと説得を試みる。1年が経ちホリーの書いた戯曲は評判を集めるが、その内容がハンナとエリオット夫妻の不仲や性の問題、自分たち3姉妹や家族を題材にそのまま描いたかのようなリアリティ溢れる内容だったためハンナから非難される。そんな中、ホリーはミッキーと再会するのであった。

ハンナとその姉妹の結末・ラスト(ネタバレ)

エリオットはリーを選ぶべきかハンナを守るべきか悩んだ挙句、ハンナとの生活を選択した。リーも大学で出会った教授と結婚し、エリオットとも不倫する前のような義兄妹の関係に戻っていた。あの時はお互いどうかしていたと反省を見せる二人はそれぞれ別の人生を歩むことを決めたのだ。

ミッキーは自分探しをする中で元妻ハンナの妹ホリーと出会う。二人は昔一度だけデートをした仲だったが、価値観が合わず失敗していたのだ。それから数年経ち、戯曲を執筆するホリーは人間的にすっかり落ち着いており、ミッキーの知的なアドバイスを受け入れられるようになっていた。ミッキーはホリーの戯曲の評論をする中で彼女に惹かれてゆき、同じようにホリーもミッキーに心を開いていった。

ある年の感謝祭のホームパーティで彼らはまた一堂に会する。それぞれの感情は落ち着いており、みな収まるべき場所に収まったという雰囲気だ。ミッキーとホリーはついに結婚し、ミッキーはまた3姉妹たちの家族となった。パーティの最中ホリーは自身が妊娠したことをミッキーに告げ、二人は新しい人生を歩む決意を露わにするのであった。

ハンナとその姉妹の感想・評価・レビュー

物語の展開のスピーディさが痛快なラブストーリーだった。表題に「ハンナ」とあるが、物語の主軸はハンナの夫と末妹の不倫関係、ハンナの元夫と次女の恋模様である。ハンナが主体で展開されるストーリーではなかったことに戸惑ったが、ハンナを取り巻く人々の掛け合いがとても楽しい。

1980年代のニューヨークの景色が非常に活気のある色使いで心が弾んだ。恋に寛容な町という雰囲気がありありと伝わってきて、自由な恋愛に憧れた。過ちを犯しても最終的には収まるところに収まる安パイを選択するという、人間の心の移り変わりが非常にシニカルである。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする