映画『犯罪都市(2017)』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「犯罪都市(2017)」のネタバレあらすじ結末と感想

犯罪都市(2017)の概要:2004年、ソウルのチャイナタウンにて、実際にあったやくざの一掃検挙を、フィクションを交え制作された作品。2つの組が縄張り争いをしていたチャイナタウンへ新たな新興勢力が現れる。刑事である主人公は、捜査の過程で一斉検挙する方法を考案する。

犯罪都市の作品情報

犯罪都市

製作年:2017年
上映時間:121分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:カン・ユンソン
キャスト:マ・ドンソク、ユン・ゲサン、チョ・ジェユン、チェ・グィファ etc

犯罪都市を無料でフル視聴できる動画配信一覧

映画『犯罪都市(2017)』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。お試し期間で気になる映画を無料で見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年3月現在のものです。

犯罪都市の登場人物(キャスト)

マ・ソクト(マ・ドンソク)
クムチョン警察署強力班の副班長で刑事。やくざとの癒着を上手く利用し、チャイナタウンでのいざこざを解決している。洞察力に優れ適格な指示を出すことのできる中堅どころ。やくざには強気だが、一般人にはとても優しく気さく。
チャン・チェン(ユン・ゲサン)
チャンウォンから来た朝鮮族フンリョン組。長髪でまだ若者であるが、恐れ知らず。逆らう者は容赦なく潰すことで勢力を拡大している。金のためなら何でもする。
ファン社長(チョ・ジェユン)
ナイトクラブの社長でありながら、裏で活動するやり手。弟分の支配人をやられたことで、チャン・チェン打倒に暗躍している。ソクトの弟分。
チャン・イス(パク・ジファン)
イス組の組長。スキンヘッドでおよそ組長には見えない。ソクトにいつもたかられており、腹を立てながらも警察には逆らえずにいる。

犯罪都市のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『犯罪都市(2017)』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

犯罪都市のあらすじ【起】

1990年代初頭、ソウルに定着した中国人がカリボンドンにチャイナタウンを築いたが、しばらく後より街に朝鮮族の暴力団が流入し組織は乱立していた。

2004年、ソウル。チャイナタウンを地域に抱えたクムチョン警察署強力班の刑事マ・ソクトは、ビリヤード場で襲われたドクサ組組員の件で、襲った相手が反抗勢力のイス組であることを突き止める。ソクトは警察権力を振りかざし、やくざとも対等に渡り合える存在であったため、今回の件について互いに手打ちとするよう仲裁。

その日の夜、ソクトは立ち寄ったナイトクラブの社長で弟分ファンに歓待され、勤務時間外でもあったことから快くサービスを楽しんだ。しかし朝方、ホステスに起こされクラブ内で事件が発生したことを知る。慌てて現場へと向かい捜査を開始。
前日の夜、ソクトが楽しんでいる頃、ある男とその手下がクラブに来店。ホステスに対し過剰なサービスを要求したため、支配人が対応した。だが、支配人の態度に激怒した組員が襲い掛かり、腕を斧で切り落としたらしい。仲間の男はそれを笑って見ていたと言うのだった。

監視カメラの映像から、男と手下の姿を確認。情報によるとチャンウォンから来た男はドクサ組組長を弑し、組を乗っ取った新興勢力であるらしい。そんな時、バラバラ死体が発見されたと連絡が入り、ただちに現場へ向かったソクト。遺体はドクサ組組長のもので幾つかのゴミ袋に分けて入れられていた。近くでゴミの回収をしていた回収車から、他の部位も発見され事件はおよそ想像だにしない事態へ。

犯罪都市のあらすじ【承】

新勢力としてチャイナタウンへやって来た男チャン・チェンは、若年ながらも怖いもの知らずで逆らう者を容赦なく断罪。彼はまずチャイナタウンを制する組の1つ、ドクサ組組長を殺害し組を乗っ取った。そして、次はイス組組長チャン・イスの元を訪れ地域の要衝となるゲームセンターを奪う。

その後の調べにより、チャンウォンから来た男チャン・チェンが朝鮮族のフンリョン組であることが判明。チャンウォンではかなり有名な組で、金のためなら何でもやると専らの噂だった。しかも、奴らは朝鮮族へ金を貸し返済できなければ手足を切ると言う。

部下と共に食堂で食事をしていたソクトだったが、そこへ4人組の男達が来店。彼らがフンリョン組であることに気付いたソクトは、部下を向かわせて話を聞くことにしたが、奴らは一筋縄ではいかず部下を負傷させられた上に逃げられてしまうのだった。

このことにより、チャン・チェンは配下にしばらく大人しくしていろと命令したが、イス組が行動を開始したため、2人の側近は抵抗せざるを得なくなる。部下からの連絡により、イス組に囲まれたチャン・チェンの部下逮捕へと向かったソクト。1人は逮捕したが、もう1人を逃がしてしまうのだった。

ソクトを含めた刑事たちが、チャン・チェンの部下へかなり強硬な聴取を行っている頃、イスは母親の還暦祝いに出席していた。親孝行に笑顔を見せるイスだったが、会場にチェンの部下が乱入。会場はたちまち騒然となり、そこへチェンが登場。イスとチェンは激しい戦いを展開したが、イスは負けてしまうのだった。

犯罪都市のあらすじ【転】

この騒動はニュースでも大々的に取り上げられ、巷では組織の抗争が勃発したと放送される。ソクトが所属する強力班班長は、面目丸潰れだと立腹し部下たちへ当たり散らす始末。班員たちはソクトを含め、2週間も詰めっぱなしで自宅へも帰れずにいる。挙句、抗争の件で署長に呼び出されてしまう。

チェンの件は最早、強力班の手に余ると判断した署長は、広域捜査隊へ捜査を引き継げと命令。そもそも、チェンは中国のハルビンで勢力を誇っていた組織の行動隊長であった。だが、2000年に組織が摘発され組長が死刑となり、チェンは釜山へ密航し逃れたと言う。そこで、ソクトはチェンの一件を奪われまいと口から出まかせを述べた。
実はチャイナタウンにて暗躍する組織を一掃するため、餌を撒いたのだと。署長は目先にぶら下げられた手柄に目が眩み、広域捜査隊への捜査引き継ぎを延期することにし、もしも逮捕できなければ班長とソクトをクビにすると言うのであった。

そんな折、真っ昼間堂々とある組織がチェンを襲うという事態が発生する。奴に腕を切られた支配人の報復をしようとした、ファン社長の差し金である。しかし、計画は失敗しチェンには逃げられてしまう。ソクトはこの落とし前をつけさせるため、ファン社長の元へ向かい、器物破損と暴行で彼の部下を3人出頭させるように言い、防刃ベストを渡した。

チェンは中国から中国人女性を密航させ、クラブへと斡旋することで大金を稼ごうとしていた。しかし、他の社長に同業のファン社長が邪魔だと言われる。そこへきて、見知らぬ組織からの襲撃により部下が深手を負うという事態へ陥ってしまう。激怒したチェンは潜伏先の飲み屋のママを脅し、襲撃して来た組織がファン社長の手先であることを知るのだった。

犯罪都市の結末・ラスト(ネタバレ)

ショバ代を回収する組織の組員たちは大概が暴力を盾に脅してくる。そこで、警察へ協力することにした店主達は奴らの行動を秘密裏に記録をして逐一、警察へと送った。情報は続々と集まり、一掃も間近に迫った頃、中国から公安が来て広域捜査隊と合同捜査を行うという情報が入る。これは長官からの命令であるらしく、撤回は難しいという話だった。更に捕縛したチェンの部下も中国へ送還され、死刑にされるだろうと言われる。

そこでソクトは一計を案じることにした。公安が来る前にチェンの部下を解放し、チェンの居所を掴もうとしたのである。偽の公安に麻薬の売買を持ち掛け、部下に交渉の場を与える。部下はまんまと騙されチャンへと麻薬売買の話を持ち掛けるが、奴は部下を信用したように見せかけ、実のところ不信を募らせていた。

約束通り、部下は交渉場所へと10人の配下を連れて現れたが、そこにチャンの姿はなく。一方、チャンはファン社長の店へ配下と共に姿を現す。奴は大金を得るべくファン社長を消そうと二手に分かれていたのである。だが、ファン社長は深手を負いながらも警察付近まで逃走し、どうにか助かった。

ファン社長を襲うチェンの姿を目にしたソクトの元部下。彼は以前、強力班に所属していたが、ケガを理由に情報課へと移動していた。ソクトへと連絡を入れ、逃走したチャンを尾行。奴が潜伏している場所を突き止める。追い詰められたチャンは、韓国から亡命しようと画策。だが、そこへソクトが到着。奴の部下を逮捕することに成功するも、寸前でチャンを逃がしてしまう。

再び、チャンの行方を見失ったソクトだったが、行きつけの食堂で働く少年からチャンが現れたと連絡を貰い、急いで向かった。しかし、そこにチャンの姿はなく、血塗れの店主と少年を発見する。怒りを募らせたソクトは、ファン社長から全ての事情を聞き奴が国外へ亡命しようとしていると知る。
そこで、ソクトは空港へ先回りしチャンを待ち伏せ。激しい戦闘を繰り広げ血塗れになりながらも、奴を逮捕することに成功するのだった。

後日、情報課へ移動した元部下が強力班へ戻って来る。計画立案、指揮をしたソクトと班長は、一掃検挙にて30名余りの構成組員を逮捕。後に長官から招集を得て名誉を得るのであった。

犯罪都市の感想・評価・レビュー

実際にあった一掃検挙の事件を、フィクションを交えて制作された作品。主演のマ・ドンソクはいかめしい容貌でありながら、気さくで温かい演技もできる優れた俳優である。相手役のチェン役に若手ではあるものの、こちらも実力派俳優であるユン・ゲサンが演じている。彼はこれまで清潔な好青年を演じることが多かったが、今作で悪役を演じたことにより俳優としての新たな一面を見せている。

現代社会において、生活を豊かにする技術は進歩しても、やくざというものは基本的にほとんど変わらない。インテリやくざも増える中、作中のやくざ達は存外古風であり、未だに暴力を盾に一般市民を脅している。それぞれの思惑や画策が交差し、絡み合う様子を巧みに描いた作品である。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする