映画『ハード・キャンディ(1999)』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ハード・キャンディ(1999)」のネタバレあらすじ結末と感想

ハード・キャンディ(1999)の概要:レーガン高校には4人の女子生徒が君臨していた。その中に、皆から愛されるリズという女の子がいた。3人の女子生徒はリズに悪戯を仕掛け、誤って殺してしまう。リーダー格の女子生徒は、殺人を隠そうとした。

ハード・キャンディの作品情報

ハード・キャンディ

製作年:1999年
上映時間:86分
ジャンル:コメディ、サスペンス
監督:ダーレン・スタイン
キャスト:ローズ・マッゴーワン、ジュリー・ベンツ、レベッカ・ゲイハート、ジュディ・グリア etc

ハード・キャンディ(1999)を無料でフル視聴できる動画配信一覧

映画『ハード・キャンディ(1999)』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。お試し期間で気になる映画を無料で見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年3月現在のものです。

ハード・キャンディの登場人物(キャスト)

コートニー・シェーン(ローズ・マッゴーワン)
レーガン高校に君臨する4人の女の子の1人。その中でもリーダー的存在。傲慢で我儘な女の子。皆に愛されているリズに嫉妬している。
ジュリー(レベッカ・ゲイハート)
レーガン高校に君臨する4人の女の子の1人。美人。友達思いで優しい心を持っている。
マーシー・フォックス(ジュリー・ベンツ)
レーガン高校に君臨する4人の女の子の1人。自惚れ屋。ちょっと馬鹿なところがある。
ファーン・メイヨー(ジュディ・グリア)
レーガン高校に通う女の子。化粧っ気も無く、地味で目立たない存在。リズに優しくされたことがある。
エリザベス・パー(シャーロット・アヤナ)
レーガン高校に君臨する4人の女の子の1人。通称リズ。美人でお金持ちで優秀で完璧な女の子。他人にも優しい。

ハード・キャンディのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ハード・キャンディ(1999)』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ハード・キャンディのあらすじ【起】

レーガン高校には4人の女の子が君臨していた。リーダーのコートニーは悪魔のような人物で、ブロンドの髪のマーシーは自惚れ屋だった。ジュリーは美人で人気者だったが、その人気は親友のリズのお蔭だった。リズは美人なだけでなく、お金持ちで優秀で完璧な女の子だった。そして、何より優しいところが皆から好かれていた。

コートニーはリズに嫉妬しており、マーシーやジュリーと共にリズに悪戯を仕掛けた。リズの口に大きいハードキャンディを入れて縛り上げ、車のトランクに閉じ込めた。しばらくして、コートニーはカメラを構え、トランクの中のリズの写真を撮った。リズはハードキャンディを喉に詰まらせ亡くなっていた。

コートニーは母の振りをして高校に電話し、リズは病気で休むと嘘を吐いた。そして、ジュリーやマーシーに普段通り生活するよう指示した。ジュリーは嫌がるが、コートニーは反論を許さなかった。

コートニーはシャーウッド先生からリズに宿題を持って行くよう頼まれていたが、すっかり忘れていた。その間に、シャーウッド先生は生徒のファーン・メイヨーにリズの宿題を託してしまう。コートニー達はファーンよりも先回りし、リズの遺体をベッドへと運んだ。そして、レイプされて死んだように見せかけるため細工を施した。

ハード・キャンディのあらすじ【承】

ファーンはリズの部屋に行き、コートニー達がリズを殺したことで口論している話を聞いてしまう。さらに、部屋の外にいるところをコートニー達に見られてしまう。ファーンはリズの遺体を発見し逃げ出すが、コートニー達に捕まってしまう。ジュリーはファーンを助けようとするが、コートニーはそれを無視し、自分の仲間に加える代わりに黙っているよう脅した。

ファーンはコートニーによって美しく生まれ変わった。彼女の仲間に加わり、リズの件は口を閉ざした。両親が帰宅し、リズの遺体が発見される。ジュリーはコートニー達のグループから離れ、両親に真実を明かそうとした。しかし、コートニーから言えば殺人の罪を擦りつけると脅される。

ジュリーはファーンに連絡を取り、子供の頃のことを話して懐かしんだ。そして、リズの件で不安な気持ちを抱いている胸の内を明かした。その時、ファーンの電話にキャッチが入った。相手はコートニーで、自分の電話を優先させるよう高圧的に指示される。

ハード・キャンディのあらすじ【転】

ヴェラ・クルーズ刑事はリズの件で、コートニー達から話を聞いた。リズが喉に詰まらせたハードキャンディは、石のように固い飴だった。ジュリーはリズのことを思って憂鬱な気持ちになる。救いになったのは、同級生のザック・タータックの存在だった。ザックはジュリーにずっと好きだったことを告白した。

ヴェラはファーンがリズの家に宿題を届けに行ったことを知り、話を聞いた。ファーンはリズに優しくされたことがあったことを話した。ヴェラはそんな友達が亡くなって悲しくないのかファーンに尋ねた。ファーンが友達の定義が分からずにいると、嘘を吐かずに真実を話せるのが友達だと教えられる。その日の夜、ヴェラはリズやコートニーの悪夢を見る。

コートニーはヴェラに会い、リズが行きずりの男性と関係を持っていたと嘘を吐いた。一方、ジュリーはコートニー達だけではなく、ファーンからも冷たい態度を向けられる。ファーンはコートニーに指示され、ザックを誘惑するために彼が所属する演劇部に入った。皆からちやほやされて有頂天になっているファーンは、他の男性を誘惑して車を手に入れた。

ハード・キャンディの結末・ラスト(ネタバレ)

ジュリーはザックに、リズに起きた全てのことを明かした。ザックはコートニーのことを放っておくことはできず、何とかしなければならないと考えた。一方、ファーンはコートニーの指示に従わなくなり、反抗的な態度を取った。コートニーはそんなファーンに腹を立てる。

ジュリーとザックはヴェラに真実を話そうとした。だが、警察はリズの部屋から男性の痕跡を見つけており、コートニーが証言した線で捜査を行おうとしていた。ジュリーはコートニーが細工したことにすぐ気づく。一方、コートニーは昔のファーンの写真を学校に張り、皆の笑い者にした。ファーンはショックのあまり倒れてしまう。ジュリーとザックは倒れているファーンを見つける。ファーンは酷い態度を取ったのに優しくしてくれるジュリーに、今までのことを謝罪した。

ジュリーはリズの母親から、彼女の形見を受け取る。その中には、声が録音できる装置が付いた写真立てが入っており、コートニーがリズを殺したと告げた声が録音されていた。ジュリーはファーンとザックと共にプロムに行った。そして、コートニーがプロムクイーンに選ばれて喜ぶ中、リズを殺したというコートニーの証言を放送した。コートニーは生徒達から非難され、マーシーは机の下に隠れた。

ハード・キャンディの感想・評価・レビュー

リズが喉にハードキャンディを詰まらせて亡くなっている姿はとにかく衝撃的だった。映画だと分かっていても、見ていて自分の喉が気持ち悪くなった。コートニーは高校生らしい傲慢なところと、高校生らしからぬ残酷さを持った女の子だった。コートニーも怖いが、そんな彼女に付き従うマーシーの方がコートニー以上に不気味に感じた。ジュリーもダメな部分はあったが、ファーンを助けたりリズのことを大切に思っていたり、友達思いなところに好感が持てた。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする