映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ハリー・ポッターと秘密の部屋」のネタバレあらすじ結末と感想

ハリー・ポッターと秘密の部屋の概要:恐らく、世界中で知らぬ者はいないというほどの大ヒット作となった、『ハリー・ポッター』シリーズの第2弾。ハリーの天敵、ヴォルデモートの過去がとうとう暴かれる!

ハリー・ポッターと秘密の部屋の作品情報

ハリー・ポッターと秘密の部屋

製作年:2002年
上映時間:161分
ジャンル:ファンタジー、アドベンチャー
監督:クリス・コロンバス
キャスト:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、リチャード・ハリス etc

ハリー・ポッターと秘密の部屋の登場人物(キャスト)

ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)
かつて、ヴォルデモートの魔の手から唯一生き残った奇跡の子供。それからというもの、ヴォルデモートとの戦いが義務づけられている。
ハーマイオニー・グレンジャー(エマ・ワトソン)
ハリーの仲間。学年でトップレベルの秀才。今回、とある事件に巻き込まれてしまう。
ロン・ウィーズリー(ルパート・グリント)
ハリーの友人。基本的には頼りないが、仲間のためにやる時はやる、勇気のある少年。
アルバス・ダンブルドア(リチャード・ハリス)
ホグワーツの校長。今世紀最強の魔法使いと呼ばれており、ハリー達生徒を守っている。
トム・リドル(クリスチャン・コールソン)
知らない者はいない、誰もが恐れる闇の魔術師、ヴォルデモートの若かりし頃。ホグワーツに通う優等生だった。
ドビー(トビー・ジョーンズ)
マルフォイ家の屋敷しもべ妖精。なぜかハリーの前に現れ、ハリーがホグワーツに来ないように画策する。
セブルス・スネイプ(アラン・リックマン)
ホグワーツの教師で、何故かハリーを敵視しているが…?
ジニー・ウィーズリー(ボニー・ブライト)
ロンの妹。ハリーに強い憧れを抱いている。思いもよらぬ形で、今回の事件に関わっていた。

ハリー・ポッターと秘密の部屋のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ハリー・ポッターと秘密の部屋』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ハリー・ポッターと秘密の部屋のあらすじ【起】

自分には魔法使いの血が流れているということが分かり、魔法学校、ホグワーツに入学したハリー・ポッター。ハリーは、魔法界では知らぬ者はいないほどの有名人だった。ハリーは、かつて暴虐の限りを尽くしていた闇の魔法使い、ヴォルデモートから唯一生き残り、そして、退けた男の子だったのだ。

そんなヴォルデモートがハリーを襲ってきたりなど、様々な危険がありながらもハリーのホグワーツでの一年間は無事に終了した。しかし、ハリーの心は重かった。夏休みの間、意地悪な叔父の家に戻らなければいけないからだ。しかし、そんなハリーの元に1匹の魔法生物が現れた。それは、ドビーという名の屋敷しもべだった。ドビーは、なぜかハリーに、ホグワーツに戻ってはいけないと忠告する。

しかし、ハリーにとってホグワーツは心の拠り所、戻らない訳にはいかないのである。それを聞いたドビーは、信じられない行動に出る。なんと、ハリーの叔父とその客人に、魔法でイタズラを仕掛けたのだ。叔父は、それがハリーの仕業だと思い込み、ハリーの部屋に鉄格子を打ち込んでしまう。それこそが、ドビーの狙いだったのだ。

ハリー・ポッターと秘密の部屋のあらすじ【承】

そんな時、ハリーにとって救世主が現れる。それは、ホグワーツでできたハリーの親友、ロンと彼の兄弟だった。ロンは親の、空飛ぶ車でハリーの家を訪れると、鉄格子を無理矢理外し、ハリーを魔法界へと連れて行ってくれたのだった。そして、ハリーはロンの家に泊まり、新学期に向けて準備を始めた。買い物をしていたダイアゴン横丁で、ハリーはもう一人の仲間、ハーマイオニーと再会を果たすのだった。そして、ハリーは今年度からホグワーツの教師になるという、女性に大人気のロックハートという人物とも出会いを果たす。

そして、とうとうホグワーツへと向かう、ホグワーツ特急に乗る時がやってきた。ハリー達は、魔法使いしか入ることのできない、特別なホームへと向かう。しかし、何故かハリーと、ハリーと一緒にいたロンだけが、そのホームに行くことができないのだった。

慌てたハリーは、ロンの提案で例の空飛ぶ車に乗ってホグワーツを目指すことになる。しかし、これが問題となってしまう。なんと、その車が多数のマグル(魔力を持たない普通の人間)に見られてしまったのだ。退学を仄めかされる二人だったが、ダンブルドア校長のおかげで、なんとか罰則だけで済んだのだった。

ハリー・ポッターと秘密の部屋のあらすじ【転】

そして、ホグワーツでの生活が始まった。しかし、そんなホグワーツで、立て続けに奇妙な事件が起こる。なんと、ホグワーツの生徒達が、次々と石になった状態で見つかったのだ。そして、その身体の横には、「秘密の部屋は開かれたり。継承者の敵よ、気をつけよ」という謎の文字が記されていたのだった。

そして、なんとハーマイオニーもその事件に巻き込まれ石になってしまう。ロンとハリーは、ハーマイオニーを元に戻すためにも密かに事件の調査を開始した。そして、ハリーが何故か喋ることのできた蛇語を用い、その『秘密の部屋』の入り口を突き止めるのだった。

そして、彼らは一連の事件を起こしている犯人も見つけ出した。なんと、それはロンの妹、ジニーだった。しかし、ジニーは自らの意思で生徒を襲っていたわけではない。ジニーは、トム・リドルという人物に操られていたのだった。そして、トム・リドルこそが、かのヴォルデモートの若かりし頃の姿で、彼は特別な魔法によって、その頃の自分をこの世に留めていたのだった。

ハリー・ポッターと秘密の部屋の結末・ラスト(ネタバレ)

子供の頃のハリーによって深く傷ついていたトムことヴォルデモートは、ジニーの魂を利用することで、この世に復活しようと考えていたのだった。そして、そんなヴォルデモートにとってハリーは憎き因縁の相手である。トムは巨大な毒蛇を操っており、その毒によってハリーを殺そうと襲いかかってくる。

ハリーはまだ魔法を習い始めたばかりの子供である。そんなハリーが、数々の魔法使いを破ってきた男に敵うはずがない。しかし、そんな時ハリーの味方が現れた。それは、ダンブルドアのペットの不死鳥だった。そして、不死鳥は巨大な剣をハリーに託す。ハリーはその剣を使い、蛇を倒したのだった。そして、その蛇の持つ毒牙を利用して、トムの魂を消し去ることに成功したのだった。

この一連の事件は、ドラコの父親、ルシウス・マルフォイがダンブルドアをホグワーツから追い出すために仕掛けた罠であった。彼が、ジニーの荷物の中に、トムの魂が入った日記を忍ばせたのだった。マルフォイ家の屋敷しもべのドビーはその計画を知り、ハリーに危険を知らせたのだった。ハリーの機転によって、ドビーは自由を勝ち取った。そして、ハリーの慌ただしいホグワーツ2年目の日々も、なんとか終わりを迎えるのだった。

ハリー・ポッターと秘密の部屋の感想・評価・レビュー

一番最初に登場したドビーを見たときの衝撃はでかかった。ハリーの邪魔ばかりするが、何故か憎めない可愛らしくも見えるキャラクターが存分に出ていた。作品の中でヴォルデモートの過去の姿や、名前の由来などが明らかになっていく。秘密の部屋へ入り、トム・リドルが操作した毒蛇のナギニと戦う、勇敢な姿に心を打たれた。また、不死鳥から授けられた剣でナギニを殺した後、牙を使って日記を裂き、トムを殺すシーンも見所である。最後の、ハリーとドビーのお互いの思いやりが見られる所も、ほっとするような、穏やかな気持ちになった。(女性 20代)


今作では一見なんともいえない容姿だが、何故か愛らしく見えるドビーが初登場する。最初は非常に憎たらしい描写が多く、敵なのか味方なのかも分からない状態なのだが、実はドビーがハリーに恩を感じている故の行動なのである。ドビーは今後の物語にもしっかり絡んでくる重要な存在でもある。第2作目はまだハリーポッターシリーズの序章に当たるので、どちらかといえば、シリアスな展開を期待するより、ファンタジー要素をメインに楽しむ方が良いだろう。(男性 30代)


ハリーの魔法界での生活は、本作で2年目となりましたが、まだ完全に魔法界に慣れていない所が、初々しくて可愛らしいです。ヒロインであるハーマイオニーの可愛らしさも前作に負けずパワーアップしています。
ダーズリー家にいるハリーは囚人の様で、同情せざるを得ませんが、ウィーズリー兄弟がハリーを家から連れ出すシーンを観て、とてもスッキリしました。
ウィーズリー家では、魔法でお皿を洗ったり、フクロウが郵便物を運んで来たり、外出する際は暖炉を使ったりと、魔法使いの家庭ならではの光景が見ることが出来て、ワクワクします。
楽しいシーンも多いですが、後半の大蛇と対決するシーンはスリルもあって、ドキドキします。(女性 20代)

関連作品

次作 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
前作 ハリー・ポッターと賢者の石

みんなの感想・レビュー

  1. 赤岩美優 より:

    ハリーポッターと秘密の部屋を観てからハーマオニグレンジャーさんの事が大好きになりました。しっかり勉強した上で友達であるロンとハリーポッターを助ける呪文凄く感動しました。頭もいいし性格のいい人だしマクゴナガル先生の話を良く聞いて真面目に勉強に励む所が素晴らしいです。
    ロンウィーズリーと結婚おめでとうございます末長くお幸せにして下さい。

  2. 匿名 より:

    ①ドビーは何故ハリーをホグワーツから遠ざけようとしたのか?

    ヴォルデモートが闇の帝王として君臨していた時代、屋敷しもべ妖精は害虫のように扱われまともに親切を受けることはありませんでした。しかしハリーがヴォルデモートを打ち負かしたことによりその力は弱まります。それに感謝し希望を持つことができたので、もう二度とハリーが危険な目に合わないようにヴォルデモートの手の届かないところ(ダーズリー家)にハリーを留めておきたかったのです。

    ②50年前の真相は?

    トム=リドルの日記に隠されていた記憶の真相。急にハグリッドが犯人扱いされていたりまだトムが誰なのか分からない時点でのシーンだったので、その状況がすぐに理解できませんでした。日記がハリーに見せた内容は50年前トムが学生ながら秘密の部屋を開けた時、嘆きのマートルと呼ばれていた女子生徒が亡くなりました。その犯人を探していたホグワーツ内で、トムは蜘蛛のアラゴグを飼っていたハグリッドを犯人に仕立てます。優秀な模範生であったトムの密告なので先生たちはそれを信じ、秘密の部屋を開けたのもハグリッドであると偽装したのです。劇中でもありましたが、トムが秘密の部屋を開けたのは自分こそサラザール・スリザリンの継承者であると証明したかったからです。しかし事件が起きたため大っぴらに部屋を活用することができず、いずれまた使うときが来るだろうと日記に記憶を残したのです。そしてこの”記憶”は後のストーリーで重要な要素となっていきます。なぜバジリスクの牙で刺したことで倒せたのか、それも後々明かされます。

    ③ジニーを選んだ理由は?

    トムの日記をヴォルデモートから託されたルシウスは、本屋で会ったときにジニーの持ち物に日記をすりこみます。何故ジニーだったのか?恐らくルシウスの独断であり、父親のアーサーとは仕事上で対立関係にあったことが関係している可能性があります。単に幼いジニーなら操りやすいと思ったのかもしれません。

  3. 匿名 より:

    空飛ぶ車、移動術、屋敷しもべの妖精、蛇語にマンドラゴラ…など、前作に増して魔法世界の要素が充実していてとてもワクワクしました。さらに今作は秘密の部屋という新たな謎が誕生し、ヴォルデモートがまた一歩復活に近づきます。彼の若き日の姿や本名がトム=リドルであることも明かされ、2作目にして緊迫感が増していきます。目を見ると死んでしまうというメデューサ的な怪物バジリスクや、ダンブルドア校長が飼うフォックスなど今作で活躍したものは今後さらに重要な場面で登場します。ドビーもそのうちの1人です。特にドビーは最後ハリーの機転により自由の身となり、それまで絶対服従していたルシウスに初めて歯向かいます。その姿はハリーへの信頼そのもので、今までの強引な守り方が帳消しになるほど微笑ましいシーンでした。ドビーが裏でブラッチャーを操ってハリーを襲っていましたが、今作ではクィディッチも見所の一つです。何よりスリザリンのシーカーにマルフォイが選出され、ハリーとの直接対決を繰り広げるからです。いつ見てもこのクィディッチの本格的な空中戦は見ていてハラハラドキドキします。そしてこの戦いでハリーは腕の骨を折ってしまうのですが、ロックハート先生が間違った治療をしたためになんと骨が無くなってしまい腕がぐにゃぐにゃに…。ありえない方向に腕が、どころではない演出が少し気持ち悪く、インパクト大のシーンとなっています。インパクトという点でいくと、今作はロンが魔法の跳ね返りでナメクジを何匹も口から吐き出したり、巨大な蜘蛛のアラゴグなどだいぶ異色なファンタジー要素が詰まっています。全体的にシリアスな雰囲気だからこそ、そんなシーンが目立つのかもしれません。