映画『アイス・エイジ4 パイレーツ大冒険』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「アイス・エイジ4 パイレーツ大冒険」のネタバレあらすじ結末と感想

アイス・エイジ4 パイレーツ大冒険の概要:遥か昔。マンモスのマニーは家族のことを大切に思っていながらも、思春期を迎えた娘のピーチとの接し方に悩んでいた。そんな時、地殻変動が起こり、マニーは家族と離れ離れになってしまう。

アイス・エイジ4 パイレーツ大冒険の作品情報

アイス・エイジ4 パイレーツ大冒険

製作年:2012年
上映時間:88分
ジャンル:ファンタジー、アドベンチャー、アニメ
監督:スティーヴ・マーティノ、マイケル・サーマイヤー
キャスト:ジョン・レグイザモ、レイ・ロマノ、デニス・リアリー、クイーン・ラティファ etc

アイス・エイジ4 パイレーツ大冒険の登場人物(キャスト)

シド(ジョン・レグイザモ)
ナマケモノ。ちょっと変わった性格だが、仲間思いの優しい性格をしている。
マニー(レイ・ロマノ)
マンモス。シドとディエゴの友人。家族と仲間のことを何よりも大切にしている。思春期を迎えた娘のピーチに、つい小言を言ってしまう。
ディエゴ(デニス・リアリー)
サーベルタイガー。シドとマニーの友人。頼りになる兄貴分。
シーラ(ジェニファー・ロペス)
サーベルタイガー。ガット海賊団の一員。警戒心が強く、気が強い性格。戦いが得意。
キャプテン・ガット(ピーター・ディンクレイジ)
オランウータン。海賊団の船長。殺しを厭わず、略奪も行う。冷酷無慈悲な性格。
ピーチ(キキ・パーマー)
マンモス。マニーの娘。マンモスのイーサンに思いを寄せている。モルホグのルイスと仲良し。

アイス・エイジ4 パイレーツ大冒険のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『アイス・エイジ4 パイレーツ大冒険』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

アイス・エイジ4 パイレーツ大冒険のあらすじ【起】

今よりも遥か昔。リスのような生き物スクラットが、氷の地面の上にドングリを突き立てた。それによって地面が割れ、スクラットは地球の内核へと落ちてしまう。スクラットが動くたびに地面は割れ、大陸がバラバラになった。内核から脱出するが、氷の地面があった場所は海が広がっていた。スクラットは小さな氷の上に落ちた。

マンモスのマニーは思春期になった娘のピーチの行動を心配しており、男の子と遊ぶことを許さなかった。ピーチは口煩く管理してくる父のことを疎ましく思う。マニーがピーチと共に歩いていると、マニーの友人のシド(ナマケモノ)の家族が木のソリに乗ってやってきた。シドは家族との再会を喜ぶが、家族はおばあちゃんを置いて去って行ってしまう。シドにおばあちゃんの面倒を押しつけたのだ。

ピーチは気になっている男の子イーサン(マンモス)に声をかけに行こうとするが、氷の上で足を滑らせてしまいイーサンにぶつかってしまう。それに気づいたマニーは、他のマンモスの前でピーチを叱ってしまう。友達に恥ずかしいところを見られたピーチはショックを受け、父に対して怒りを露わにした。その時、地殻変動が起こり、ピーチとマニーは離れ離れになってしまう。エリーは夫のマニーを心配しながらも、動揺するピーチを慰めた。

アイス・エイジ4 パイレーツ大冒険のあらすじ【承】

マニー、シド、友人のディエゴ(サーベルタイガー)、シドのおばあちゃんは同じ氷の上にいた。彼らが乗った氷は流され、元いた場所から遠く離されてしまう。マニー達はただ波に流されることしかできず、途方に暮れる。そんな時、キャプテン・ガット(オランウータン)率いる海賊が現れ捕まってしまう。一方、エリーは他の動物達と共に、安全な場所を求めて橋へと移動した。

ガットの仲間達は、マニー達のように海を漂っていたところをガットに保護されていた。そのため、忠誠心は強かった。ガットは殺すのも厭わず、略奪行為を行う無慈悲な性格をしていた。ガットはマニーに仲間に加わるよう命令した。マニーは家族の元に帰りたかったので断った。

シドとシドのおばあちゃんが処刑されそうになる。マニーは拘束を解くと、ガットと戦った。その時、氷で出来た船が割れてしまう。船に積んでいたお宝は海の中へと消えていった。ガットはマニー達に腹を立てる。マニー達は再び氷に乗り、海を漂うことになった。途中、溺れているガットの仲間のシーラ(サーベルタイガー)を見つける。マニーはシーラを救った。

アイス・エイジ4 パイレーツ大冒険のあらすじ【転】

マニー達は陸地に辿り着く。マニーが率先して筏を作ろうとしたとき、シーラがその場を逃げ出した。ディエゴは後を追いかけ、崖の上でシーラを捕まえた。その時、海を見て、故郷に戻るために最適な海流が流れていることに気づく。しかし、そこには海賊達の姿もあった。ガットはその土地に暮らすリス達を扱き使い、船を作らせていた。

マニー達は海賊から船を奪い、故郷に帰ることにした。皆で話し合っていると、リス達が現れた。シドはボディーランゲージを使い、協力を求めた。リス達はガットに扱き使われている仲間を救うため、承諾した。作戦を練った後、マニー達は行動を起こした。シーラはマニー達が話し合っている隙に逃げ出し、ガットの元へと帰った。すると、ガットから命懸けでディエゴを始末するよう指示される。

マニー達はガットに捕まっていたリス達を逃がした。そして、スイカで作った人形を囮にし、海賊達が船から離れるよう仕向けた。作戦は上手くいくが、ディエゴがシーラに捕まってしまう。ディエゴはシーラを説得し、一緒に行こうと誘った。シーラはディエゴの誘いに乗ろうとするが、ガットを足止めするためにその場に留まってしまう。船に飛び乗ったディエゴは、シーラの行く末を心配した。

ピーチはイーサンに誘われ、友人のルイス(モルホグ)を放っておいて散歩を楽しんだ。友達にルイスが傍にいないことをからかわれ、つい本当の友達ではないと言ってしまう。しかも、そのことをルイスに聞かれてしまう。ショックを受けたルイスは去っていった。ピーチが落ち込んでいると、土砂崩れが起こった。ピーチは土砂崩れに巻き込まれて死にそうになったことに恐怖するが、イーサンや友人達はアトラクションのように楽しんでいた。ピーチはそんなイーサン達の態度が信じられず、腹を立てる。

アイス・エイジ4 パイレーツ大冒険の結末・ラスト(ネタバレ)

シーラを心配するディエゴを見て、マニー達は恋に落ちたことに気づく。ディエゴが否定していると、シーラの姿が見えた。シドにも美しいメスのナマケモノの姿が見えた。それらはセイレーンが見せる幻だった。危機に気づいたマニーは、船を動かしてその場を離れた。

マニー達は故郷へと戻るが、娘達がいるはずの橋が崩落していた。落ち込んでいると、ピーチの声が聞こえた。しかし、その傍にはガットの姿があり、エリーも捕まっていた。マニーは家族を助けるためにガットの元へと行くが、ガットは家族を解放しなかった。すると、ルイスがピーチを助けるために、氷を使ってガットの足を痛めつけた。その隙にピーチは逃げ出した。

シドのおばあちゃんが手懐けた巨大クジラと共に、マニー達は海賊と激しい戦いを繰り広げた。その時、エリーがガットに殺されそうになる。マニーは助けに行きたかったが、地面が離れていたせいで救出に向かうことができなかった。すると、ピーチが身軽な様子で移動し、エリーを救出した。マニーはそんなピーチの姿を見て、大人になったことを実感する。

マニーはガットと戦い、木を利用して彼方へと飛ばした。ガットが落ちたところは、セイレーンがいる場所だった。ガットはメスのオランウータンの幻に惑わされ、セイレーンに捕まってしまう。マニーはピーチ達と無事に再会を果たし、喜んだ。ディエゴはシーラを仲間へと招き、ピーチはルイスと仲直りした。

故郷の土地は崩れ落ちていて住めそうになかった。マニーは他の動物達と共に、リスがいる土地に移動した。マニーはピーチとルイスが探検に行くことを認め、門限を決めて送り出すことにした。ピーチ達はイーサン達とも仲直りし、一緒に遊ぶことにした。

アイス・エイジ4 パイレーツ大冒険の感想・評価・レビュー

地殻変動の起こった原因が、スクラットの仕業だというところがおもしろかった。マニーはただの分からず屋な父親ではなく、娘のことを心から愛しており、一番の理解者でもあるところが素敵だなと思う。ピーチも小言を疎ましく思いながらも父親のことを大切に思っている気持ちが伝わってきたので、素敵な親子関係だなと感じた。ガットは嫌な奴だったが、最後に懲らしめることができたのですっきりした気持ちになれた。(MIHOシネマ編集部)

関連作品

前作 アイス・エイジ3 ティラノのおとしもの