「オー!マイ・ゴースト」のネタバレあらすじ結末と感想

オー!マイ・ゴーストの概要:バートラム・ピンカスは腸の検査のために病院に入院した。そこで、麻酔医が失敗し、7分間も心肺停止状態になってしまう。それから、バートラムは幽霊の姿が見えるようになり、幽霊達から頼み事をされるようになった。

オー!マイ・ゴーストの作品情報

オー!マイ・ゴースト

製作年:2008年
上映時間:102分
ジャンル:ファンタジー、コメディ、ラブストーリー
監督:デヴィッド・コープ
キャスト:リッキー・ジャーヴェイス、ティア・レオーニ、グレッグ・キニア、ビリー・キャンベル etc

オー!マイ・ゴーストを無料でフル視聴できる動画配信一覧

映画『オー!マイ・ゴースト』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。お試し期間で気になる映画を無料で見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年8月現在のものです。

オー!マイ・ゴーストの登場人物(キャスト)

バートラム・ピンカス(リッキー・ジャーヴェイス)
歯科医。気難しい性格で、人と接するのが嫌い。恋人に捨てられた過去を持つ。
グウェン(ティア・レオーニ)
考古学者。フランクが亡くなった日に、浮気していたことを知ってしまう。心優しく明るい女性。
フランク(グレッグ・キニア)
グウェンの元夫。浮気をしていた。プレイボーイ。高慢な性格。不慮の事故で亡くなってしまう。
リチャード(ビリー・キャンベル)
グウェンの婚約者。人権派の弁護士。慈善活動を積極的に行っている。

オー!マイ・ゴーストのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『オー!マイ・ゴースト』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

オー!マイ・ゴーストのあらすじ【起】

歯科医のバートラム・ピンカスは気難しい性格で、周囲と交流を持とうとはしなかった。ある日、バートラムは腸の検査をすることにした。受付で生年月日や酒の有無を聞かれるが、プライバシーの侵害だと言って話すことを嫌がった。

検査が終わった後バートラムは帰宅するが、不審な人達に追いかけられてしまう。その中の1人の男性が声をかけてきた。男は車に轢かれそうになっても動じることはなかった。車が男性をすり抜けて走り去っていったのだ。バートラムは病院に戻り、医師にリアルな幻覚が見え、幻聴が聞こえることを相談した。

担当医はとても言い難そうに、検査中に心肺停止したことをバートラムに伝えた。その時間は7分だった。原因は麻酔医の失敗で、その麻酔医は既にクビになっていた。バートラムは病院を訴えたかったが、免責同意書に署名していたので無理だった。

バートラムは不審な男(フランク)に付き纏われる。フランクは幽霊で、周囲の人間には見ることができなかった。バートラムは臨死体験を経て、幽霊が見えるようになってしまったのだ。幽霊達は会話が交わせるバートラムの存在に興奮していた。

オー!マイ・ゴーストのあらすじ【承】

フランクは妻がいながらも恋人がいる浮気男だった。フランクは妻のグウェンの結婚を阻止して欲しいとバートラムに頼んだ。結婚相手が悪徳弁護士だからだった。バートラムは浮気していたのに妻のことを気にするフランクの気持ちが理解できず、関わり合いにもなりたくなかったので断って家へと帰った。

フランクが幽霊達にバートラムの部屋の住所を教えた。そのため、頼み事を聞いて欲しい幽霊達が押しかけてきて、バートラムは静かに暮らせなくなってしまう。フランクは幽霊達を追い返す代わりに、グウェンの件で助けて欲しいと頼んできた。バートラムは仕方なく承諾した。

グウェンはバートラムの隣人だったが、バートラムは全く知らなかった。しかし、バートラムはタクシーを横取りするなど、グウェンに対して無意識の内に失礼な行動を取っていた。バートラムは講演をしている知的なグウェン(考古学者)を見て、心を奪われる。自分がグウェンに近づき、再婚を邪魔することをフランクに提案した。フランクはバートラムではグウェンを誘惑できないと笑うが、バートラムが拗ねてしまったため、その案でいくことにした。講演後、バートラムはグウェンに話しかけるが、会話が弾まず失敗に終わる。

フランクはバートラムにグウェンとの接し方をアドバイスするが、バートラムは聞こうとはしなかった。それからも、バートラムとグウェンの会話は弾まなかったが、奇跡的にミイラを診て欲しいとグウェンに頼まれる。バートラムはグウェンと会う日を待ちわび、服を新調した。

オー!マイ・ゴーストのあらすじ【転】

バートラムはグウェンと共にミイラの歯を確認した。2人は終始和やかに会話をしていた。グウェンはミイラ公開前のパーティーに誘うが、人ごみが嫌いなバートラムは断った。グウェンは自身の痛む歯についてバートラムに相談した。バートラムが口の中を見て確認していると、幽霊達が邪魔してきた。バートラムがウンザリしていると、グウェンの婚約者のリチャードがやってきた。

バートラムはリチャードに誘われ、食事を共にすることになった。途中、リチャードに仕事が入ったため、バートラムはグウェンと一緒に犬の散歩に出かけた。その後、時間があったため、2人はお酒を飲みに出かけた。フランクが傍にいる中、バートラムはグウェンとフランクの悪口を言って笑い合った。しかし、グウェンはフランクが浮気していたことを言って落ち込んでしまう。フランクが亡くなった日に浮気のことを知ってしまったのだ。バートラムは落ち込むグウェンに、自分の過去の恋愛について話した。元恋人のサラが出張によく行くようになり、そのまま捨てられてしまったのだ。

バートラムは、グウェンがリチャードのことを心から愛していることを知り落ち込む。リチャードは人権派の弁護士で慈善活動も行っており、良い男に思えた。フランクはリチャードが金目当てにグウェンとの再婚を望んでいると思っているが、確かな根拠があるわけではなかった。バートラムはグウェンの幸せのために、関わるのを止めることにした。

オー!マイ・ゴーストの結末・ラスト(ネタバレ)

歯の治療をするため、リチャードがバートラムの元を訪ねてきた。その時、リチャードとグウェンの間に何かが起こったことを知る。バートラムは詳しく聞きたかったが、リチャードは私的なことだと話すのを拒んだ。バートラムは笑気麻酔を使い、リチャードの口を割らせた。それにより、グウェンがリチャードを振り、別れたことを知る。そのことをフランクに報告した。

バートラムはグウェンと関わるのを再開するが、フランクしか知らないはずの情報をうっかりしゃべってしまう。グウェンに不審がられたバートラムは、幽霊が見えることを打ち明けた。しかし、グウェンはバートラムの話を信じなかった。バートラムは話を信じてもらうため、グウェンしか知らないフランクの情報を、フランクから教えてもらうことにした。フランクは教えるが、それは嘘の情報だった。フランクは薄情なバートラムがグウェンと付き合うことを望まず、邪魔をしたのだ。

グウェンのことを忘れられないバートラムは、同僚に薬を処方してもらい眠ることにした。しかし、同僚はグウェンに「他人に尽くさねば人生に価値はない」と書かれているポスターを見せ、周囲から嫌われる男のままでいいのかと言葉をかけた。バートラムは心を入れ替え、幽霊達の望みを叶えることにした。望みを叶えてもらった幽霊達は、昇天していった。

バートラムは幽霊達と過ごし、未練があるのはフランクではなくグウェンの方だと気づく。グウェンに会いに行きフランクを逝かせてあげて欲しいと頼んだ。グウェンはフランクに浮気した理由を問いたいと思っていた。バートラムはフランクに浮気した理由を聞き、そのままグウェンに伝えた。だが、グウェンは受け入れることができなかった。そんな時、バートラムが車に撥ねられ、幽霊になってしまう。グウェンはバートラムを心配して涙を流した。その姿を見たフランクは、バートラムにある情報を教えた。フランクは昇天した。

バートラムは病院で目を覚まし、無事退院した。仕事を行っていると、グウェンがやってきた。バートラムはグウェンしか知らないフランクの情報を話し、昇天したことを教えた。グウェンはバートラムの話を信じ、歯の治療をして欲しいと頼んだ。

オー!マイ・ゴーストの感想・評価・レビュー

始めはバートラム・ピンカスが嫌な奴で、ムカムカと腹が立つような場面も多かった。バートラムを演じたリッキー・ジャーヴェイスの演技が上手く、小憎たらしい性格がしっかりと表現されていた。だが、グウェンと交流を持ち、徐々に心を入れ替えていく過程が丁寧に描かれていたのでそこが良かったと思う。クスッと笑えるような場面も多くあり、幽霊が登場する作品だが最後まで暗い気持ちにならず楽しんで見ることができた。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする