映画『ジーパーズ・クリーパーズ』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「ジーパーズ・クリーパーズ」のネタバレあらすじ結末と感想

ジーパーズ・クリーパーズの概要:実家へ帰省途中、乱暴な運転をするトラックと遭遇した姉弟。トラックの運転手が遺体を運んでいるのを目撃してしまい、しつこく追いかけられる羽目になる。悪魔なのか悪霊なのか。姉弟は23年毎の23日間の悪夢に否応なく、巻き込まれる。

ジーパーズ・クリーパーズの作品情報

ジーパーズ・クリーパーズ

製作年:2001年
上映時間:90分
ジャンル:ホラー
監督:ヴィクター・サルヴァ
キャスト:ジーナ・フィリップス、ジャスティン・ロング、ジョナサン・ブレック、パトリシア・ベルチャー etc

ジーパーズ・クリーパーズをフルで視聴できる動画配信サービス

映画『ジーパーズ・クリーパーズ』を今すぐフルで視聴できる動画配信サービス(VOD)は以下の通りです。各サービスには無料期間があり、期間内にキャンセルすれば料金は発生しません。詳しくは各リンクからご確認ください。
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年3月現在のものです。

ジーパーズ・クリーパーズの登場人物(キャスト)

パトリシア・ジェンナー(ジーナ・フィリップス)
通称トリッシュ。ダリウスの姉で金髪の美女。かなり気が強く弟に対しては毒舌だが、弟を助けるべく悪魔と交渉する。
ダリウス・ジェンナー(ジャスティン・ロング)
通称ダリー。パトリシアの弟。ザ・クリーパーが潜伏する教会の地下へ誤って落ちてしまい、奴のコレクションを見てしまう。
ザ・クリーパー(ジョナサン・ブレック)
悪魔か悪霊か分からないもの。身のこなしがかなり軽く、どこへでも出現する。目を付けたものは、何が何でも手に入れコレクションに加えてしまう。
イゼル・ゲイ・ハートマン(パトリシア・ベルチャー)
自称霊能力者。警察の間では頭がいかれた女で名が知られている。実は予知夢を見る能力を持ち、姉弟を助けるべく助言する。

ジーパーズ・クリーパーズのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ジーパーズ・クリーパーズ』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ジーパーズ・クリーパーズのあらすじ【起】

大学生のパトリシアとダリウスの姉弟は急に思い立って、春休みを利用し田舎の実家へ帰省。車で走行中に古びたトラックから、かなりしつこくクラクションを鳴らされ、道を譲る形で追い越しをさせる。
姉弟は何だかんだ言い合いつつも仲良しでトイレ休憩後、再び車を走らせた。だが、その途中、先ほど追い越して行ったトラックの運転手が、荷台から何かを運んでいるところを目撃してしまう。奴は死体のようなものを運んでいた。

姉弟はスピードを上げて逃走したが、彼らの車を目にしたトラックの運転手が、驚くべき速さで追いかけて来る。改造でもしているのか、追いつかれた姉弟は、後ろから何度も追突され道路から脇へと追いやられるのである。トラックはそのまま直進して行った。

車のトランクがめちゃくちゃだ。そこで、姉弟はまたも言い合いをするが、ダリーがふと、運ばれていたのがもしまだ生きている人だったら、助けなくてはならないと言い出す。パトリシアは警察に通報しようと進言したが、弟は聞く耳を持たず。姉は仕方なく弟の言い分に従い、先ほど見かけた家まで道を引き返した。

その家はかなり古びた屋敷で、窓は全て板で覆われている。元はどうやら教会のようだった。不吉なことにカラスが多く、不気味な場所だ。姉弟は2人で人が投げ込まれていたパイプのようなものを覗いたが、奥が深くて何も見えない。おまけに下水よりも酷い匂いがした。

ダリウスはパトリシアに懐中電灯を取りに行かせ、自分はパイプの奥へと大声で声をかけた。しばらく経っても返答がないため、去ろうとしたが、声のような音が微かに聞こえる。ダリウスは姉が持って来た懐中電灯を使って、トンネルへ身を入れ込み良く見ようとした。だがその時、急に出て来たネズミに驚いたダリウス。思わずもがいてしまい、それにパトリシアも驚き2人はパニックに。そのせいで、ダリウスがパイプの中へ落ちてしまう。

ジーパーズ・クリーパーズのあらすじ【承】

底までにはかなりの深さがあったが、ダリウスの命に別状はなかった。彼は外へ戻ろうとしてビニールシートに包まれた人を発見。足で蹴っても反応がないため、死体かと思ったが、ビニールシートの中の人が急に動き出しダリウスの足を捕まえる。彼は急いでシートを剥いだ。

中の人は若い男性だったが、腹部を縦に切り裂かれ、それをまた縫い合わせた痕があった。男はダリウスに何事か言葉を伝え、息絶える。弟は姉にすぐに逃げようと言い、抜け道を探した。中を見て回ったダリウスは懐中電灯で天井を照らし、一面に裸の死体が埋め込まれているのを見つけてしまうのだった。その中には二十数年前、忽然と姿を消したカップルも、2人仲良く手を繋いで並んでいる。

その頃、パトリシアは助けを呼ぼうと車が通りかかるのを待っていたが、トラックの影が見えて焦る。だが、そのトラックは奴の車ではなかった。そこへ、抜け穴を発見してようやく戻って来たダリウスが登場。弟の様子がおかしいことを不審に思いつつ車を発車させる。

姉弟は近くのドライブインへ立ち寄ったが、そこを例のトラックが通過。パトリシアは中に入って店員に警察を呼んでもらうよう頼んだ。だが、ダリウスは恐怖に慄いている。その時、ドライブインの電話が鳴ったため、電話に出たパトリシア。相手は女性で姉弟に教会で猫を見たかと聞いてくる。どうして、教会のことを知っているのか。

電話の女性は、あの教会は“痛みの館”と呼ぶにふさわしいと言う。そして、ジーパーズ・グリーパーズの歌が聞こえたらすぐに逃げろと忠告。奴はザ・クリーパーと言い悪魔か死霊か分からないが、とにかく闇から産まれ出でたもので、目をつけたものは必ず手に入れる。そのためには手段を選ばないため、恐ろしい目に遭うと言うのだった。

警察が到着したため、姉弟は見たもの全てを話した。だが、警官は話が突飛すぎるとかなり疑心暗鬼。ダリウスは必死に事実を言い募った。その時、ドライブインの店員が姉弟の車のところに男が立っていたと叫ぶ。男はダリウスの洗濯物の匂いを嗅ぎ、満足げな様子だったらしい。

ジーパーズ・クリーパーズのあらすじ【転】

車のドアに指紋がついていたので、警察が採取し鑑識へ。その後、姉弟の案内で教会へ向かった。しかし、ラジオの放送でジーパーズ・クリーパーズの歌が流れる。すると、姉弟の後ろを走っていたパトカーの天井にザ・クリーパーが出現。奴は警官2名を殺害してしまった。

運転手を失ったパトカーが2人の前に飛び出して来る。車を停止させたパトリシアはパトカーに近づき、警官の生首を目撃。その時、中からザ・クリーパーが下りて来て生首を拾い、それを食い始める。姉弟は恐怖を募らせ、車を猛スピードで発車させ逃走するのだった。

パトリシアは夜にも関わらず民家を訪問。ダリウスは次の町へ進もうと言うが、そこへ民家の住民が声をかける。話によるとこの家には電話がなくそして、猫が沢山いる家だった。住民は老婦人でかなり強気な人物だったが、現れたザ・クリーパーに対しショットガンを発砲。しかし、奴は家の中へ逃げ込み猫たちを追い払っているようだ。老婦人は姉弟を押し退け自宅へ戻るも、ザ・クリーパーに返り討ちにされてしまう。外へ出て来たザ・クリーパーの顔は人の顔ではなく、悪魔のような容貌をしているのだった。

パトリシアとダリウスは車を発車させ逃げようとするが、車のギアが動かない。そこへザ・クリーパーが急接近。姉弟は一旦、バックで距離を取り身構えた。道路の真ん中で仁王立ちするザ・クリーパー。まるで、対決を楽しんでいるかのようだ。
パトリシアは車を発車させザ・クリーパーを轢き殺そうとするも、奴は飛び上がって躱してしまう。これに腹を立てたパトリシアは、近寄って来ようとしたザ・クリーパーをようやく轢くことに成功する。彼女はその後、車を行き来させ、奴を何度も踏み潰した。遺体は最早、バラバラであったが、その背中から蝙蝠の羽のようなものが出現。しかし、飛び立てずに力を失う。

ジーパーズ・クリーパーズの結末・ラスト(ネタバレ)

奴が復活する前に姉弟は車を発車させ、警察署へと助けを求めた。そこから両親へ連絡したが、両親は子供達が警察署にいると知りかんかんである。そこへ、イゼルという女性が2人の前に現れる。彼女がドライブインに電話を入れ、忠告した人物だった。

イゼルは自称霊能者で、失踪事件の捜査に協力しているらしい。彼女は夢で様々なことを見ると言う。姉弟のことも夢に見て知っていた。
ザ・クリーパーは23年毎の春、23日間だけ人間の一部を食べる。目を口にすれば見えるようになり、肺を食べれば呼吸ができるといった具合だ。食べた部位は奴の一部になるらしい。この期間は痛めつけられても、部位を食べれば回復するため、ある意味不死身である。
そして、ザ・クリーパーは人間の中の恐怖の匂いを嗅ぎ、標的を見つけ出すのだ。

警察署が停電した。恐らくは奴がやって来たのだろう。きっと、死なないくらいに心臓を食べたのだ。ザ・クリーパーは地下の留置所へ押し入り、犯罪者の部位を食べて回復。そして、姉弟がいる1階へ向かう。イゼルは騒ぎに乗じ、姉弟を連れて警察署の奥へ。追い詰められた3人だったが、イゼルが残って姉弟を上階へ逃がした。だが、ザ・クリーパーはイゼルを殺さずに姉弟を追いかけるのである。

調書室へ逃れた2人はとうとうザ・クリーパーに捕まってしまう。奴は2人の匂いを念入りに嗅ぎ、ダリウスを標的に決めた。弟を助けたいパトリシアは、ザ・クリーパーに自分を連れて行けと交渉。しかし、奴は迷った素振りを見せながらも、ダリウスを連れて空へ飛び立つのである。彼女は奴の影を追いかけ続けたが、見失ってしまうのだった。

廃工場の奥。ジーパーズ・クリーパーズの歌が流れている。そして、その歌を聞きダリウスが絶叫していた。ザ・クリーパーはご機嫌で何か細かい作業を行っていたが、机の近くには人の全身の皮が吊り下げられている。それは、ダリウスの皮だった。ザ・クリーパーは嬉々として、その皮の中へ入り込むのであった。

この記事をシェアする