映画『ジョー・ブラックをよろしく』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ
9000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『ジョー・ブラックをよろしく』のネタバレあらすじ結末と感想

映画『ジョー・ブラックをよろしく』の概要:1934年「明日なき抱擁」のリメイク作。スーザンが恋に落ちた青年は、父の命と引き換えに人間界にやってきた死神だった。名優たちが丁寧な演技で魅せる、3時間の上映時間を感じさせない大人のロマンティック・ファンタジー。

スポンサーリンク

映画『ジョー・ブラックをよろしく』の作品情報

ジョー・ブラックをよろしく

製作年:1998年
上映時間:181分
ジャンル:ファンタジー、ラブトーリー、ヒューマンドラマ
監督:マーティン・ブレスト
キャスト:ブラッド・ピット、アンソニー・ホプキンス、クレア・フォーラニ、マーシャ・ゲイ・ハーデン etc

映画『ジョー・ブラックをよろしく』の登場人物(キャスト)

コーヒーショップの青年 / ジョー・ブラック(ブラッド・ピット)
地方からニューヨークにやってきた、明るく妹想いの青年。人間の肉体を必要とする死神に狙われ、交通事故に遭う。死神は永らく孤独の時を過ごし、人間界に興味を持った。死神が入り込んだ青年の肉体は、ビルにより「ジョー・ブラック」と名付けられる。
ウィリアム・パリッシュ(アンソニー・ホプキンス)
通称ビル。65歳の誕生日を控えている。メディア会社の社長。情に厚く、人の心を掴むのが上手い。その人柄を見込まれて、死神のガイド役として選ばれる。
スーザン(クレア・フォーラニ)
ビルの娘。医師。穏やかで、優しく、父のお気に入り。恋愛にはドライで、両親のような情熱的な恋愛はしたことが無い。
アリソン(マーシャ・ゲイ・ハーデン)
ビルの娘。スーザンの姉。社交的で、仕切り屋。父の誕生パーティーを盛大なものにする為、尽力している。自分が父のお気に入りでない事は感じているが、家族を愛している。
ドリュー(ジェイク・ウェバー)
スーザンの恋人。パリッシュ・コミュニケーションで、ビルの右腕として働いている。賢いが、利己的で、ビルに受けた恩を仇で返そうとする。
クインス(ジェフリー・タンバー)
アリソンの夫。パリッシュ・コミュニケーションの役員。上流階級の出身ではないが、大らかで素朴な人柄が愛されている。愛妻家で、感情的になりやすい妻のサポートも得意。

映画『ジョー・ブラックをよろしく』のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ジョー・ブラックをよろしく』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

映画『ジョー・ブラックをよろしく』のあらすじ【起】

65歳の誕生日を間近に控えたビルは、謎の幻聴に悩まされていた。大企業「パリッシュ・コミュニケーション」の社長であり、美しい二人の娘、有能な部下達に恵まれたビル。今も、姉娘のアリソンが、彼の為に大統領にも引けを取らない誕生日パーティーを計画している。末娘のスーザンはお気に入りで、恋人のドリューもビルの右腕として活躍している。心配事といえば、最近聞こえる幻聴と、スーザンが恋愛に冷めていて、自分と亡き妻のように情熱的な愛を感じていないらしい事くらいだ。

医師のスーザンは、ドリューとの関係にも熱は無いが納得していた。しかし、恋愛に関する父の説教を聞いたその足で立ち寄ったコーヒーショップで、これまでにない好意を感じる青年に出会ってしまう。田舎から出てきたという青年は、人懐こくスーザンに話しかけ、コーヒーをおごる。互いに名乗りもせず、他愛のない話をしただけで、二人は相手を好きになっていた。青年は「稲妻が落ちた」と言った。それは、ビルがスーザンに体験してほしいと言ったセリフそのものだった。二人は次の約束をしないまま店先で分かれ、青年は、角を曲がろうとしたところで車に跳ね飛ばされた。

その夜、パーティーの相談を進める為、ビルの家でのディナーに集まる家族の面々。すると、再び幻聴が彼を襲う。幻聴の主は、丁寧にも玄関先に現れ、書斎でビルを待っていた。声の主は、永遠を生きる存在、死神だった。老いを感じ始めたビルが抱いた、自分は死ぬのだろうかという問いへの「そうだ」という答えが、彼が聞いていた幻聴だった。死神の望みは、最近興味を抱いている人間界を、ビルにガイドさせる事。その見返りとして、ガイド中は彼の命が引き伸ばされる。ビルは、この取引を受け入れた。死神は、魅力的な若い青年の姿をしていた。人間界を見回るために用意した、コーヒーショップにいた青年の体だ。

映画『ジョー・ブラックをよろしく』を無料視聴できる動画配信サービスと方法
映画『ジョー・ブラックをよろしく』を無料視聴できる動画配信サービスと方法を分かりやすく紹介しています。

映画『ジョー・ブラックをよろしく』のあらすじ【承】

こうして、死神の人間界体験が始まった。ビルは彼を食事の席に参加させ、適当に「ジョー・ブラック」と名付け紹介した。アリソンと婿のクインスは、彼を好意的に受け入れた。しかし、遅れて参加したスーザンは、朝とは別人のようによそよそしいジョーに気分を損ねる。そして、ドリューもまた、突然社長の友人として現れ、恋人とも何か関係がありそうな得体の知れないジョーに不信感を抱いていた。

ジョーは屋敷を探検する。キッチンで見つけたピーナツバターを、大いに気に行った。そのまま迷い込んだプールで、スーザンに出会うジョー。友達になってほしい、知らない世界を体験したいというジョーに、スーザンも心を開き始めていた。しかし、ジョーとスーザンが顔見知りだったのは、ビルにとっては誤算だった。彼は、ジョーに家族を巻き込まないと約束させた。

ジョーは、ビルの会社にもついて回る。役員会に出席し、クッキーをむさぼるジョーに、ドリューのいら立ちは募っていく。仕事でも、ビルとドリューの意見は衝突していた。会社の成長の為に、他社との合併を望むドリューと、利益ありきの合併ではなく、自社で新しい事業をすべきだと考えるビル。ビルは、残された時間で自分の人生をかけてきた会社をいかに守れるかに、焦りを感じていた。

ビルから追い出され、スーザンの病院に向かうジョー。スーザンは戸惑いながらも、喜びを隠せない。すると、入院患者の老婦人が、ジョーを見て怯え始めた。この世の者でないと感じ取ったのだ。ジョーが悪魔ではないとわかると、痛みから解放されたいから、あの世へ連れて行ってくれとせがみ始める。そういう力は無いと、断るジョー。

映画『ジョー・ブラックをよろしく』のあらすじ【転】

ジョーは、人間界で過ごす時間を楽しんでいた。ビルを中心に、互いを想い合うパリッシュ家のやり取りは微笑ましい。しかし、ビルはスーザンがジョーに惹かれていく事を許せず、ドリューとの衝突も悩みの種だ。ドリューは、ビルを退任にまで追い込んだ。余命をジョーに握られているビルが、先の予定を聞いてきたクインスに言った「ジョー次第」という言葉を利用し、役員達を扇動したのだ。ビル社長は、もはや決断能力もなく、65歳の誕生パーティーが終わり次第お飾り役員になってもらう。さらに、ドリューは合併先の会社と秘密裏に結託し、パリッシュ・コミュニケーションを解体して利益を得ようと画策していた。

スーザンのドリューへの感情はとうに冷め、ジョーとの距離はますます近づいていく。ジョーもまたキスの心地良さを知り、スーザンへの愛を自覚していた。二人は結ばれるが、ビルはどうしてもこの関係を認めるわけにはいかなかった。ジョーは自分が何者かをビルに思い出させ、脅しをかけるが、娘を想うビルは一歩も引かない。

ジョーは人間界でスーザンとの関係を続けていきたいと願うが、彼を思いとどまらせたのは、病院で出会った老婦人だった。老婦人は、一緒にあの世へ行こうとジョーに懇願する。ジョーは、この世にいてはいけないのだ。バカンスと同じで、楽しいと思ううちに終わりにしなければならない。

映画『ジョー・ブラックをよろしく』の結末・ラスト(ネタバレ)

ジョーは、ビルとの旅立ちを誕生パーティーの夜に決めた。パーティーの日、ビルはアリソンやクインスとの最期の会話を楽しみ、心残りを無くしていく。ジョーもその手助けをした。あと話さなければならないのは、スーザンとドリューだ。

クインスに頼み、ドリューを呼び出すビル。ジョーとの関係をいぶかしんでビルを追い詰めたドリューに、ジョーが突然正体を明かすと言い始めた。自分は国税庁の秘密調査員だ。合併先の会社を、以前から調べていた。その証拠を掴むため、お前を泳がせていた。逮捕されたくなければ、役員に真実を明かし、辞任しろ。ドリューは負けを認め、電話でこの会話を聞いていた役員達は、ビルに謝罪し、彼を社長の座に戻す手続きを始めた。

一方、ジョーはスーザンもビルと共に死の世界に連れて行こうと考えていた。その為には、彼女にも自分の正体を明かさなければならない。しかし、いざスーザンと対面すると、なかなか真実を言い出せないジョー。スーザンは、コーヒーショップでの会話を大切に覚えていた。その時に、恋に落ちたのだから。その会話を繰り返すスーザンを見て、ジョーは別れを決意した。スーザンもまた、今自分の目の前にいるジョーが、あの日コーヒーショップで出会った男ではない事に気が付いた。そして、明かされなかった彼の正体にも、気づき始めていた。ジョーは自分を愛してくれた礼を言い、スーザンの元を後にした。

パーティーは、盛大な花火でフィナーレを迎える。ジョーとの別れを察し、父の心配を理解したスーザンは、ビルと和解した。ビルは、自分に何があっても、これまでの人生に後悔は無いと告げる。そして、ジョーと二人、庭園の橋を渡っていくビル。スーザンは二人の後を追おうとするが、橋の向こうから、ジョーが一人戻って来るではないか。それも、様子がおかしい。辺りを見回し、自分がなぜここにいるかわからないという。それでも、スーザンを見つけた彼は嬉しそうだった。嬉々として、コーヒーショップでの出会いについて話し出す。時間をかけて、お互いを知り合おうと言う。スーザンは、あなたを父に紹介したかったと微笑み、彼の手を引いてパーティー会場へ戻って行った。

映画『ジョー・ブラックをよろしく』の感想・評価・レビュー

ブラピの美しさが半端ではない本作。クレア・フォーラニも美しいのはもちろんのことだが、正直ブラピを前にするとどんな女優も霞んでしまう。それほどまでにこの頃のブラピには魅了される。無骨で人間界のことを知らない死神が可愛らしくクスっと笑ってしまうシーンも多々あり、それぞれのキャラクターの人間模様や関係、恋心に発展していく様が繊細かつ丁寧に描かれている。
主人公二人が結ばれるシーンも、セクシーさより美しさが際立ち、終盤の幻想的な雰囲気は切なさを盛り上げる。肉体はそのままに、死神が去ってしまうラストは、何とも言えない感情をもたらす、胸がじんわりするラブストーリー。(女性 30代)


若かりし頃のブラッド・ピットが、ひたすらに格好良いです!少しずれた返答の仕方や話し方をしているところもチャーミングに見えるし、キュンとしました。
ストーリーは不思議で現実離れしていますが、多くの人たちと関わっていくうちに段々人間の心を知っていく主人公と、ゆっくり死を受け入れていくアンソニー・ホプキンスの姿に、切なさがありつつも、じんわりと温かい気持ちになります。
3時間もあるように感じさせないストーリーで、何度でも繰り返し観たい作品です。(女性 20代)


ブラッド・ピットのアイドル的な人気が全盛のころの作品。ルックスが神域に達している。なんだけど、実はドラマとしても非常に優秀で、ただのアイドル映画だろうと10年以上放置していたことを悔いた作品でもある。イケメンが死神で霊場と恋に落ちる話なので、甘ったるい世界を想像しがちだが、死を賛美しておらず案外にビターな味付けである。会社の経営権、恋の行き先、そして老人の死とどちらに転ぶのかわからない要素が絡み合いスリリングな物語が楽しめる。吊り橋効果ってこういうのかな。(男性 30代)


1934年制作の映画『明日なき抱擁』をリメイクした作品であり、第19回ゴールデンラズベリー賞最低リメイク及び続編賞にノミネートされている。若く美しい頃のブラッド・ピットと大御所俳優アンソニー・ホプキンスのやり取りが面白く、また愛嬌のある死神の人間界体験を描いた作品。
思うに死神がいてもいなくても、主人公の死後はそう悪い方向へは進まなかったと思うのだが、死神が登場したことでより良い未来が紡がれたということだ。心残りだった末娘の恋愛観にも変化が現れ、主人公は安心して旅立っていく。切なかったのは死神が恋に落ちた末娘と別れるシーンで、とても印象深い。ブラッド・ピットの演じ分けも素晴らしく、アンソニー・ホプキンスの人情味のある演技から見ても記憶に残る素晴らしい作品である。(女性 40代)


ブラッド・ピットの美しさを愛でる映画だと思っている。人間に憧れた死神が、青年の姿を借りて人間生活を謳歌するのだけれど、一つ一つの物事に対しての初々しさへの演技が美しく、可愛すぎる。金髪青目イケメンの真髄じゃないかと思えるほど、ただただ美しい。内容としては、尺が長すぎる、という人も多いのもわかるが、丁寧に描かれている、ということだと思う。1シーンごとの美しさ、豪華絢爛さがわかる壮大さ、に関してはこの映画の醍醐味だとも思うし、エンディングの二人の後ろ姿は神々しい。日本人は好きな人多いのでは、と思います。(女性 30代)


なんと言っても若かりしブラッド・ピッドが美しすぎて、それだけでお腹いっぱいです!ピーナッツバターを食べるシーンが可愛くてお気に入りです。死神と恋に落ちるという、なんともロマンティックな展開に映像の1シーン1シーンがとても美しく大人のおとぎ話といった感じで、引き込まれロマンティックな雰囲気に浸れる映画でした。最後は少し切ないけど、一応ハッピーエンドで花火が美しくおしゃれなラストでした。ビル役のアンソニー・ホプキンズもとても良い味を出していました。とにかくブラピのハンパない美しさは必見です。(女性 30代)


若きブラット・ピット演じる死神がとにかく美しい。死神、などという非現実的な存在をその圧倒的な存在感とチャーミングさで見事に演じ切っている。こんな死神ならぜひ迎えに来てもらいたい。
名優アンソニー・ホプキンスの演技も素晴らしく、ともすればファンタジー一辺倒になりがちな展開に適度な緊張感をもたらし、物語に説得力を与えてくれる。
死神と、これまた美しいヒロインとの甘く切ない恋の行方もさることながら、個人的にはこの二人の相棒のような親子のような奇妙な関係性がとても心に残った。(女性 30代)


死神、いや、”死”という存在が人間に興味を抱き、人間の体を通して感情・意識・愛といった”生”を知る物語。死は概念ですので、感情が揺れるなどの演出・演技は非常に繊細で難しかったと思います。3時間の長尺になることも納得です。なので中盤は少しもどかしさを感じました。ですが最後のパーティーは全てが格別でした。逝ってしまうビル、悟ったように愛を分かち合う家族…1分1秒…登場人物と共に観ている自分も噛み締めました。爽やかな悲しさと希望が余韻として残る、素晴らしいラストでした。(男性 20代)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ファンタジー映画ラブストーリー映画ヒューマンドラマ映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
9000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,052円(税込)
無料期間30日間無料
作品数DVD約35万本+CD約25万本
特徴DVDやCDの宅配レンタルサービス。追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!ネットで簡単注文、借りた作品は自宅でお届け!返す時はポストへ返却するだけなので楽チン!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

  1. yun より:

    内容は良かったけど、ラズベリー賞をとったのも少し納得いってしまう作品だった。色んな人の想いがそこら中に溢れすぎてどこに焦点を当てればいいのか分からなくなるので困ったのが本音。

    スーザンは結局コーヒーショップの青年に恋したのか?でもジョーにも途中落ちてたし、彼女の想いはなんだったのか。「父の死」なのか「切ない死神」なのかスーザンと青年との「情熱的な恋」なのか、感情がバラつき過ぎて忙しい。ただブラッド・ピットがひたすらチャーミングなので上記のことはどうでもよくなる。

  2. きーもも より:

    今作のような美しいブラッド・ピットはなかなか見られないのでファンにはとても価値のある作品でしょう。最近の彼は強く男らしい役どころが多いですが、今作で演じたジョーはとにかく美しく、繊細で儚げなのが最高でした。人間の肉体を借りた死神ですが、人間を愛し、人間界に順応していく様子がとても可愛かったです。別れが近づくに連れて、観客である私たちも悲しく切ない思いになりますが、ラストの展開には驚きました。
    とても長い作品ですが、見る価値があると思います。

  3. ゆゆぽん より:

    ブラッド・ピットとクレア・フォーラニが本当に美男美女で、ただ会話をしているだけなのに絵になる。特に、ブラッド・ピットがカッコ良くて、見惚れた。彼の透き通るような青い瞳が印象的だった。
    普通の恋愛映画とは一味違い、死神が登場する物語に興味をそそられた。怖い存在であるはずの死神が、現世に興味を持ち、色々なことに挑戦する姿がまるで子供のように無邪気で可愛く思えた。最後は少し切ないが、ジョーのスーザンへの深い愛が感じられた。

  4. RAI より:

    若きブラッド・ピットの美しさが存分に堪能できます。人間の青年と死神の2役をこなし、前者では頼りなく弱弱しい雰囲気、後者では人間界を知らない故に頓珍漢で尊大な様子を見事に演じ分けています。本作での彼の瞳の輝きと初々しさは後の作品ではほとんど見られません。
    お薦めはピーナッツバターをスプーンですくって死神として初めて食べるシーンと、最後にアンソニー・ホプキンスと共に橋を渡るシーンです。ホプキンスの重厚な演技に引けを取らない、儚く美しくどこか茶目っ気のあるブラッド・ピットの魅力に溢れたファンタジー作品です。

タイトルとURLをコピーしました