映画『ジョン・ウィック』のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は? | MIHOシネマ

「ジョン・ウィック」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

ジョン・ウィックの概要:『マトリックス』シリーズで有名なキアヌ・リーヴスが新たに挑むアクション大作。殺しの世界から足を洗ったはずだった男が、愛する者を奪われ再び修羅の道に足を踏み入れる。

ジョン・ウィックの作品情報

ジョン・ウィック

製作年:2014年
上映時間:101分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:チャド・スタエルスキ
キャスト:キアヌ・リーヴス、ミカエル・ニクヴィスト、アルフィー・アレン、エイドリアンヌ・パリッキ etc

ジョン・ウィックの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『ジョン・ウィック』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2019年8月現在のものです。

ジョン・ウィックの登場人物(キャスト)

ジョン・ウィック(キアヌ・リーヴス)
かつて伝説の殺し屋として名を馳せた男。結婚を機に足を洗っていたが、妻と彼女が残した犬を殺されたことをきっかけに裏の世界へと舞い戻る。
マーカス(ウィレム・デフォー)
ジョンの友人で殺し屋。ジョンの抹殺をヴィゴから依頼されるが…?
ウィンストン(イアン・マクシェーン)
コンチネンタル・ホテルという裏社会の人間が出入りする場の支配人。
ヴィゴ・タラソフ(ミカエル・ニュークヴィスト)
ロシアンマフィアのボス。殺し屋時代のジョンをよく知っている。
ヨセフ(アルフィー・アレン)
ヴィゴの息子。ジョンのことを知らず、彼の犬を殺してしまう。

ジョン・ウィックのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ジョン・ウィック』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ジョン・ウィックのあらすじ【起】

ジョン・ウィックは、最愛の妻を失い失意のどん底にいた。そんな彼の元に、一件の荷物が届く。その荷物の中には、一匹のビーグル犬と妻からのメッセージカードが入っていた。自分の死期を悟った妻は、残されるジョンが寂しくないようにとそのビーグル犬を贈ったのだった。

ある時、ガソリンスタンドで給油していたジョンの元に3人の若者が近づいてくる。彼らは、ジョンの愛車を売るように命じるのだった。しかしジョンはそれを拒否、そしてそのことが、残酷な事件の幕開けとなるのだった。その夜、3人はジョンの家へと乗り込み暴行の限りを尽くした。そして、その際犬が命を落としてしまったのだ。妻と自分を繋ぐ唯一のものを失ったジョンは、とある決心を固める。

それは、闇の世界へと帰る決心だった。実はジョンは、かつては誰もが恐れる殺し屋として名を馳せた人物で、妻との出会いを機に引退していたのだ。若者のうち一人の父親は、ロシアンマフィアのボス、ヴィゴだった。彼はジョンをよく知る人物で、息子が彼に喧嘩を売ったと聞き青ざめる。

ジョン・ウィックのあらすじ【承】

ジョンからの復讐を恐れたヴィゴは息子を追い出しジョンに連絡を入れるが、ジョンは聞く耳を持たなかった。このまま黙ってジョンにやられるわけにはいかないヴィゴは、部下を総動員しジョンを殺す覚悟を決めるのだった。

そして、間も無くヴィゴの手下がジョンの家に乗り込んでくる。しかし、ジョンはヴィゴのそんな行動を読んでいた。ジョンはヴィゴの手下を、あっという間に返り討ちにしてしまう。次にヴィゴは、200万ドルという大金を懸賞金として賭け、殺し屋にジョンの暗殺を依頼するのだった。それでも尚、ジョンはヴィゴの息子を諦めることはなかった。

そんなジョンは、コンチネンタル・ホテルという場所へと向かっていた。そのホテルには、絶対にホテル内では仕事をしないという掟のもと、多くの裏社会の住民たちが出入りをしている。コンチネンタル・ホテルの支配人はウィンストンという男で、ウィンストンはジョンの姿を見ると驚きの表情を浮かべる。そして、ジョンが裏社会に戻ったことを知り、ヴィゴの息子の居場所をジョンに伝えるのだった。

ジョン・ウィックのあらすじ【転】

ヴィゴの息子、ヨセフがいるのはレッド・サークルという地下にある浴場だった。そして案の定、レッド・サークルにはヨセフの用心棒の姿があった。ジョンはその用心棒を脅すと、ヨセフの居場所を聞き出す。ジョンはヴィゴの刺客を倒しながらもヨセフの元へと向かう。しかし、途中でジョンの襲撃に気がついたヨセフは、ダンスフロアに紛れ姿を消すのだった。

ジョンは一度ホテルへ戻るが、そんなジョンをライフルのスコープ越しに覗いている男がいた。マーカスという有能な殺し屋で、ジョンの友人である。マーカスもまた、ヴィゴからジョンの抹殺指令を受けていたのだ。マーカスはジョンに向けて引き金を引くが、それは彼を殺すためではなかった。ジョンに迫っていた暗殺者の存在を知らせるため、マーカスは弾丸を放ったのだ。

ジョンは侵入者との激しい戦いの末勝利を収め、ヴィゴの個人資産が蓄えられた場所へと向かう。そして、その全てを燃やしてしまうのだった。怒り狂ったヴィゴはジョンを車で轢き、とうとう彼を捉えることに成功する。

ジョン・ウィックの結末・ラスト(ネタバレ)

ヴィゴはジョンの始末を部下に任せその場を去る。しかし、再びマーカスがジョンに手を貸したのだった。マーカスが部下のうちの一人を殺すと、もう一人をジョンが殺し、ジョンはその場から逃げ出すことに成功する。そしてジョンはヨセフの居場所へと向かうと、とうとう彼へ復讐を果たすことに成功するのだった。

しかし、ヴィゴが息子を殺され黙っているはずはなかった。彼はまずジョンに手を貸したマーカスを狙う。ジョンはマーカスを助けようと動くが一歩遅く、マーカスは殺されてしまうのだった。そしてとうとう、ヴィゴとジョンの一騎打ちとなる。ジョンは脇腹を刺されるという重傷を負いながらも、ヴィゴとの戦いに勝利する。

命辛々動物病院へと乗り込んだジョンは、縫合用のステープラーや器材を使い、自分の傷の応急手当てを行う。そしてジョンの視線に、その動物病院で保護されていた動物たちの姿が映った。ジョンはそのうちの一匹を引き取ると、自宅へと戻って行くのだった。

ジョン・ウィックの感想・評価・レビュー

スマートかと思えばどこか泥臭いと感じるのがジョン・ウィックの良いところである。殺し屋でありながら心を持ち合わせている男にしか、こうはなれないだろう。
そして彼を支える人物たちのチャーミングさは、この物語の癒やしポイントである。

ストーリーも単純でわかりやすいのが良い。絵に描いたような「バカ息子」よ。
相手が悪かったな…。可哀想に。

まるで時代劇の殺陣シーンのような銃さばきに惚れ惚れした。
ストレス発散にも良い映画かもしれない。(女性 30代)


キアヌ・リーブス主演のアクション映画。伝説といわれた元殺し屋がすべてを失い復讐を果たす姿を描く。

スタイリッシュなアクションシーンが印象的だったキアヌが一変、今作では非常に泥臭いファイトシーンを見せている。近年はVFX技術の進歩により往年の名作アクションのような作品が少なくなってきたためアクション好きには堪らない作品となっている。
生きる支えを失い、再び銃を手にしたジョンの悲壮感がひしひしと感じられる作品でもある。(男性 20代)


引退した伝説の殺し屋が復讐の為に戻ってくるという作品。

平穏な生活を送っていた元殺し屋の主人公だが、飼い犬を殺された事で壮絶なる復讐劇を繰り広げるアクションが圧倒的である。

仕事として「殺し」を担っていた主人公だけに、徹底した敵に対する非道なまでの復讐は実に凄まじい。

そんな主人公を演じているキアヌ・リーブスは、元来の無表情な演技がハマっており、ただ目的に復讐する行動が彼の持つ静かなる怒りを表現している。

アクションも理に適った展開が多く、一瞬でも目が離せないシーンの数々は時間を忘れさせるほどの迫力を持つ作品である。(男性 30代)

関連作品

次作 ジョン・ウィック チャプター2

みんなの感想・レビュー

  1. 匿名 より:

    ヨセフを殺したら話が終わってしまうので、どうなるのかと思ってみていたらまさかのダブル敵討ちだとは。こちらも意外だったけれど、犬のために、そして友達のためにというあたりがジョンのある意味人の好さを表していて個人的にはシンプルでよかったと思う。

  2. 匿名 より:

    マトリックスのスタッフが集結!という売り出し方だったので、ネオを演じるキアヌ・リーブスを想像したのだが、全く違った。キアヌ・リーブスというと『地球が静止する日』や『コンスタンティン』のように、どちらかというとくたびれていようが人間でなかろうが、スマートなイメージだったのだが、『ジョン・ウィック』役は、男くさい。殴る蹴る、といった所作一つも男くさい。アクションシーンというよりは、本気で相手をボコボコにしようとしている感じがして、いい意味で予想を裏切られた。戦い方も銃はもちろん、カンフーなどの肉体戦要素も多く、とにかく戦っているシーンが好きな人にはたまらない。

    ヒーロー的に弾があたりませんというよりも、怪我もするし傷だらけになりながらとにかく敵を殲滅していくので、ディープなかっこよさがあった。

  3. 匿名 より:

    そいかに伝説の殺し屋だった男が妻を愛していたかが伝わってくる。割と序盤で妻との話も犬の殺害も終わってしまうので、基本的にほとんどとにかくジョンが敵をやっつけまくる話、だと思ったほうがいい。ストーリーや人間模様に動きはほとんどなく、戦っているシーンがほぼほぼの映画である。

  4. 匿名 より:

    とにかく暴力シーンが多めの映画。ひねった人間関係などないので、多くを求めて観ると単純すぎてがっかりしてしまう可能性がある。ただ「かっこよく敵をボッコボコにするキアヌ・リーブスが見たい」というシンプルな願いだけで観るのなら、むしろそれ以外何も描かれていないのでとても楽しめるはず。個人的にはこれほど「ムカつく敵を倒す」こと以外の無駄な演出、ストーリーを極力そぎ落とした映画はあまりないと思うので、とても良作だと感じた。