「ジョーカー」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

ジョーカーの概要:DCコミックの悪役であるジョーカーの過去を描いた作品。社会的地位も精神的にも追い詰められていくアーサーが、孤独や世間との乖離を経て、貧困層のカリスマのジョーカーと化する。ジョーカーを作り出したのは、貧困、格差社会、いじめなど、現社会でも起こりうる社会の闇であった。

ジョーカーの作品情報

ジョーカー

製作年:2019年
上映時間:122分
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:トッド・フィリップス
キャスト:ホアキン・フェニックス、ロバート・デ・ニーロ、ザジー・ビーツ、フランセス・コンロイ etc

ジョーカーの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『ジョーカー』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

ジョーカーの登場人物(キャスト)

アーサー・フレック / ジョーカー(ホアキン・フェニックス)
アーサーは精神的疾患や、貧困問題を抱えつつも、心優しい性格。人々を笑わせようと道化師の仕事をしながら、母親の世話をして暮らす。社会の抑圧から徐々に精神が崩壊し、狂気に満ちたジョーカーとなる。
マレー・フランクリン(ロバート・デニーロ)
人気テレビ番組の司会者で、コメディアン。小劇場で行ったアーサーのショーに目を付け、自身の番組にアーサーをゲストとして招く。番組内でもジョーカーを笑い者にして、精神的に追い詰める。
ペニー・フレック(フランセス・コンロイ)
アーサーの母親。アーサーを自分とトーマスとの間に産まれた子供だと信じ、トーマスに生活の援助を求めるための手紙を送り続ける。しかし、精神疾患と病的な妄想癖があり、過去には精神病院で入院していた。
ソフィー・デュモンド(ザジー・ビーツ)
アーサーと同じアパートに住む黒人女性。アーサーにとって心の支えとなるが、ソフィーとアーサーの間に起こることは、全てアーサーの妄想であった。
トーマス・ウェイン(ブレット・カレン)
アーサーの母親のペニーが30年前に使用人として働いていた屋敷の主。ペニーはトーマスとの間に産まれたのがアーサーだと主張するが、トーマスは否定する。ゴッサム・シティの市長になるために、市民に寄り添う姿勢を見せるが、暴徒化する市民を社会の落第者でありピエロだと嘲笑する。また、後にバットマンとなるブルース・ウェインの父親である。
アルフレッド・ペニーワース(ダグラス・ホッジ)
トーマス・ウェインの屋敷に仕える執事。
ブルース・ウェイン(ダンテ・ペレイラ=オルソン)
トーマス・ウェインの息子で、後のバットマン。

ジョーカーのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『ジョーカー』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

ジョーカーのあらすじ【起】

舞台は1970年代のゴッサム・シティ。街は清掃員のストライキによりゴミで溢れ、貧富の差は拡大し、物々しい雰囲気が漂っていた。ゴッサム・シティに住むアーサーは、母親のペニーの介護をしながら、道化師の派遣仕事をして暮らしていた。道化師の仕事は低賃金だが、アーサーは人々を笑わせたいという気持ちと、いつの日かコメディアンとして成功したいという夢を持ち、ひたむきに生きていた。

ある日、ピエロの格好をして店の前で看板を持つ仕事をしていたアーサーは、街の不良少年達に絡まれ、袋叩きにされて看板を破壊されてしまう。ボロボロになりながら会社に戻ったアーサーを見て、同僚のランドルが身を守るためにと、アーサーに銃を渡した。

帰りのバスで、アーサーは乗り合わせた子供と目が合い、笑顔を向けたが、子供の母親に気味悪がられ咎められる。すると、アーサーは突然大声で高らかに笑い続けた。困惑する親子に、アーサーは1枚のカードを渡した。そのカードには、アーサーが脳の欠陥で笑いの発作が止まらなくなることがあるため、理解して欲しい、という内容が記されていた。

アーサーの家ではペニーがアーサーの帰りを待っていた。ペニーは心臓と精神の病を抱え、殆ど寝たきりの状態であった。ペニーは郵便受けに手紙が届いていなかったかと、アーサーに尋ねた。ペニーは30年前に使用人として仕えていたトーマス・ウェインに、生活の援助を求める手紙を送り続けていたのだ。

ジョーカーのあらすじ【承】

ある日、アーサーは小児病棟の子供たちの前でピエロのパフォーマンスをしている最中に、ランドルから渡された銃を誤って落としてしまう。その場は騒然となり、アーサーはピエロの格好のまま逃げ出したが、そのまま会社を解雇される。

アーサーは落ち込みながら地下鉄に乗り、帰路についた。ピエロ姿のアーサーに気付いた3人組のビジネスマン達が、アーサーをからかい、袋叩きにする。苦痛から笑いの発作が止まらなくなったアーサーを見て、ビジネスマン達の暴力はエスカレートしていく。すると、アーサーは持っていた銃でビジネスマン達を撃ち殺してしまった。この事件はニュースで大きく取り上げられることになり、殺されたビジネスマン達はトーマス・ウェインの会社の社員であったことが判明した。トーマスはニュースで、ピエロの格好でしか行動を起こせない犯人は社会からの脱落者だと述べ、怒りを露わにする。しかし、ゴッサム市長になるために上辺だけ謙虚な姿勢を見せていたトーマスは、市民達の反感を買うことになる。この事件を機に市民達は、ピエロをプロパガンダの象徴として暴動を一層過激にする。

ジョーカーのあらすじ【転】

少しずつ壊れていくアーサーは、アパートのエレベータでシングルマザーのソフィーと出会う。多くは語り合わなかったが、2人は少しずつ距離を縮めていった。アーサーは自身が出演するスタンドアップコメディーショーにソフィーを招いた。しかし、ショーの本番でアーサーは笑いの発作を起こし、ショーは失敗に終わる。ところが、ひたすら舞台の上で笑い続けるアーサーの姿が反響を呼び、人気コメディアンのマレー・フランクの番組にゲスト出演することが決まる。

一方ペニーは、トーマスに手紙を書き続けていた。アーサーはペニーに出しておくように頼まれた手紙を覗き見る。するとそこには、トーマスがアーサーの父親であるということが記されていた。困惑したアーサーは事実を確かめるために、トーマスの屋敷を訪ねた。しかし、使用人のアルフレッドに追い返される。アーサーは、母親の名前と、自分はトーマスの息子だということをアルフレッドに伝えるが、アルフレッドは聞く耳を持たなかった。

納得のいかないアーサーは、トーマスに会うために、映画鑑賞パーティーが開かれている建物へ向かった。トイレに立ったトーマスを追いかけ、アーサーはトーマスと対峙する。アーサーはトーマスに対して、自分の父親であることを訴えるが、否定され、ペニーは狂っていると冷たくあしらわれる。それでもなお激しく訴えるアーサーをトーマスは殴り飛ばし、ペニーが使用人として働いている時にペニーが貰ってきた養子がアーサーであるという事実をアーサーに突きつけた。

アーサーは真実を確かめるために、ペニーが過去に入院していた病院を訪れた。そこに保管されていた診察記録には、アーサーが養子であることに加え、ペニーの交際相手に虐待されたアーサーは脳に損傷を負ったこと、ペニーは虚言癖と妄想性障害を患っていることなど数多くの記録が記されていた。思わぬ過去を知ってしまったアーサーは、脳卒中で倒れたペニーが入院している病室へ向かい、そのままペニーの顔を枕で覆い窒息死させてしまう。

後日、ペニーの死を知った元同僚のランドと連れが心配してアーサーの家を訪ねる。しかしアーサーは、ランドルが警察に銃の所持の責任をアーサーに擦り付けて裏切ったという理由で、ランドルの首元を切り付け殺害する。

社会からも見放され、信じられるものも無くしたアーサーは助けを求めるかのようにソフィーの部屋を訪れる。しかし、ソフィーはアーサーの名前を辛うじて知っているだけで、アーサーの突然の訪問に恐怖の色を示す。ソフィーとアーサーの親密な関係は、全てアーサーの妄想であった。

ジョーカーの結末・ラスト(ネタバレ)

ビジネスマン殺害の容疑で警察に追われながらも、アーサーはマレーのコメディ番組出演当日を迎える。楽屋に着いたアーサーはピエロのメイクをしていた。マレーは素顔で舞台に立つアーサーを見てオファーをしていたため戸惑う。さらに、街ではピエロメイクをした市民達が暴動を起こしているため、プロデューサーは難色を示した。しかし、アーサーは政治的意図は無く、ただ楽しませたいだけだと主張し、マレーの了承を得る。アーサーはマレーに、番組で紹介する際にアーサーではなくジョーカーという名前で紹介するようにと告げる。

番組では、初めこそ拍手で迎えられたジョーカーであったが、やはりジョーカーの笑いと世間の感覚は噛み合わず会場は静まり返る。マレーがその場を盛り上げようと、ジョーカーを馬鹿にする冗談で笑いをとる。戸惑いと怒りが加速したジョーカーは、ビジネスマンを射殺した犯人は自分だと突然告白を始めた。マレーは半信半疑でジョーカーの話を聞いていたが、つまらない冗談だ、その話にオチはあるのか、と問い詰める。するとジョーカーは立ち上がり、マレーに向けて銃を突き付け、生放送中に射殺してしまった。会場はパニックになるが、一部で暴徒化する市民を一層煽る形となった。

トーマスは荒れ狂った街から逃げようと、妻と息子と路地裏を進んでいた。しかし、トーマスとトーマスの妻はピエロのマスクを被った男達に射殺されてしまった。呆然と立ち尽くす幼いトーマスの息子は、将来バッドマンとなるブルース・ウェインであった。

パトカーで連行されるジョーカーは、車内から荒れ狂う市民達や至る所で燃え上がる炎を眺め、微笑む。そこへ脇から、ジョーカーの乗るパトカーに救急車が突っ込み、ピエロ姿の市民達がジョーカーを助け出す。目を覚ましたジョーカーがパトカーのボンネットの上に立ち上がると、市民たちは称賛の声を上げ、ジョーカーは高らかに笑うのであった。

改めて逮捕されたジョーカーは、アーカム州立病院でカウンセリングを受けていた。カウンセリング最中に再び笑いの発作が起き、カウンセラーに理由を聞かれると、面白いジョークを思いついたが、理解できないだろう、と笑い続ける。ジョーカーは部屋を後にし、病院の廊下を華麗なステップを踏み、踊りながら進む。ジョーカーの歩いた廊下には、血まみれの足跡がくっきりと残っていた。

ジョーカーの感想・評価・レビュー

一言でお勧めだと軽々しく口にできない、一人の不運な境遇の男が狂っていく辛すぎる人生を見せられた。もしかすると、ジョーカーの生い立ちとして描かなくても成立するのかもしれない。しかし、敢えてジョーカーと重ねることで、今まで凶悪なイメージしかなかったジョーカーと私たちの世界は、そう遠すぎることはないように思えてしまい、誰しもがジョーカーになり得る可能性を少し感じてしまう危うさがあった。辛いときに程起こる、ジョーカーの笑いの奥にある悲しさに溢れる瞳は、見る度に心が締め付けられた。それも、主演のホアキン・フェニックスの演技が秀逸で、少しずつ狂人となっていく変貌ぶりは目を見張るものがあった。最後のボンネットの上に立ち上がるシーンでは、ピエロのメイクは殆ど落ちて素顔にも関わらず、その姿は完全にジョーカーで鳥肌が立った。(MIHOシネマ編集部)


完全に狂っている。クリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』からそんなイメージを持っていたジョーカー。この作品に出てくるジョーカーは狂っているのではなく、「狂わされてしまった」ジョーカーでした。ホアキン・フェニックス演じるアーサーはとても心優しく、母親の介護をしながらコメディアンを目指している男。とにかく観ていて辛い。胸が苦しくなるほど辛い状況が続くのに「笑っている」アーサー。笑わなければならなかったと言うのが正しいかもしれません。
この世界観には脱帽です。初めて感じた気持ちを上手く言葉に表すことが出来ませんが、最高の作品でした。(女性 30代)


衝撃的な問題作と呼んでいいと思います。ジョーカーというヴィランは絶対悪で好きになれない、と長年のバットマンシリーズ、特にダークナイトでのヒース・レジャーの鬼気迫る演技を見ていて感じていたのですが、今回の作品のように彼(がジョーカーになるまで)の背景を見せられると、ラストの暴徒のように祭り上げたくなるくらい、変な気持ちだが、悪者になるべくしてなったわけではない彼に共感してしまった。
主演ホアキン・フェニックスの狂気性。本当のプロってここまで作り上げるのだな、と感心しました。映画史に残る作品にしてもいいくらい、この映画の切り口は素晴らしいです。(女性 30代)


心にズシッときて、目を背けたくなるほどに暗く苦しい作品でした。「人生は不公平」そんな言葉が浮かんできました。ジョーカーは社会が生んだ怪物、あの「スマイル」に隠された悲しい過去や狂気が悲しくも恐ろしく、誰もがジョーカーになりうる危うさを感じました。この作品を見てから、もう一度「ダーク・ナイト」を観賞したくなりました。ヒース・レジャーのジョーカーも素晴らしかったですが、ホアンキン・フェニックスの哀愁漂う、ジョーカーもとても良かったです。喜劇と悲劇、皮肉が効いていて絶望感が漂いながらも壮大で重厚な物語で考えさせられる作品でした。(女性 30代)

この記事をシェアする