「銃」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

銃の概要:芥川賞作家、中村文則の同名デビュー作を映画化。ある雨の日の夜、河原で本物の銃を拾った大学生が、銃の魅力に囚われ、やがて理性を崩壊させ逃れられなくなる様子を繊細かつ、衝撃的に描いている。

銃の作品情報

銃

製作年:2018年
上映時間:97分
ジャンル:ヒューマンドラマ、サスペンス
監督:武正晴
キャスト:村上虹郎、広瀬アリス、日南響子、新垣里沙 etc

銃の動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『銃』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

銃の登場人物(キャスト)

西川トオル(村上虹郎)
大学生。母親に捨てられ施設に預けられる。現在の両親に引き取られ、関係は良好。人付き合いが上手く、明るい性格。ある雨の日、河原で本物の拳銃を拾い他にはない優越感を得る。
ヨシカワユウコ(広瀬アリス)
トオルと同級生の女子。トオルとは1年生の時、コンパで知り合う。度々、トオルの頭をいじっては親し気に話しかける。トオルに好意を寄せており、快活な様子ではあるが、内に何かを秘めている。
刑事(リリー・フランキー)
経験豊富でやり手の刑事だが、どこか怪しい雰囲気を持つ。銃に関連した捜査にてトオルが所持しているのではないかと推測。単身、トオルへと会いに向かい銃を持つ危険を諭す。
トースト女(日南響子)
合コンで出会った女。広いマンションに住んでおり、裕福な生活を送っている。彼氏がいるようだが、トオルとは体だけの関係。
隣の母(新垣里沙)
トオルの隣室へと新たに引っ越して来る。幼い男児の母だが、毎晩息子へと虐待を繰り返している。ホステスとして働き、男を引っ張りこんでは息子をアパートの廊下へと追い出している。
ケイスケ(岡山天音)
トオルの友人で合コン仲間。大学の食堂でよく昼食を共にして、馬鹿話をする気軽な相手。

銃のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『銃』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

銃のあらすじ【起】

土砂降りの日の夜、大学生の西川トオルは通りかかった河原で拳銃を拾った。傍に男が倒れていたが、トオルは銃を持ち帰り宝箱の中にしまう。
翌朝、彼は銃を隠し持って大学へ。銃を持っているというだけで、何でもできるような気になり、夜は2対2の合コンにて居酒屋で飲む。相手の女には特に興味はなかったが、拳銃を持っているというだけで自信がつくものらしく、女の部屋で身体を重ねた。

一夜明け、女が勝手に作った朝食を食べる。面倒なことになるのは困るので、大概の女性が嫌うような言葉を吐いたが、トースト女はけろりとしたものだった。その時、テレビにて銃で撃たれて死んだ男のニュースが流れる。警察は凶器の銃を捜索中らしい。トオルは急に気分が悪くなりトイレへ駆け込む。警察が探している銃は彼が持っているからだ。トオルはトースト女を抱いて気分を紛らわせた。

そんなある日、帰宅した彼は空き部屋だった隣室に新たな住人が入居したことを知る。その後、トオルは再び銃を手に撃つふりをして楽しんでいたが、隣室の母親が子供に対し、酷く怒鳴りつける声が漏れ聞こえてくるのだった。

大学の食堂にて、友人のケイスケと別れたトオルの元にヨシカワユウコが現れる。彼女は度々、トオルの頭に触れて親しげに話しかけてくる。どうやら1年の時に知り合ったらしいが、トオルは彼女のことをあまり覚えていなかった。そこでふと、彼はヨシカワユウコと敢えてゆっくり親密になってみようと考える。

その日の夜も隣室から子供を虐待する声が聞こえる。トオルは外へ出ることにしたが、巡回中の警官に声をかけられる。近頃は物騒だからと帰宅を促された。彼はその時、銃を持っていなかったので気軽に冗談を話せたが、もし銃を持っていたらもっと緊張していただろう。そこで、彼は普段から常に銃を持ち歩くようにした。

大学の図書室で新聞を見る。銃で死んだ男の記事を探し、スマホで撮影。食堂ではヨシカワユウコと食事を共にする。トオルはいつか銃を撃つと心に決めていたが、それがいつかはまだ分からないし、決めてもいない。

銃のあらすじ【承】

トオルの親は頻繁に連絡をくれるが、実は本当の親ではない。トオルは施設で育ち現在の親に引き取られたのだ。そういうこともあって、親からの連絡にはまめに出ることにしている。
トースト女とはあれからも付き合いが続いており時々、女の家を訪ねる。夕方に帰宅すると隣室の子供がいたため、声を掛けたが、逃げられた。夜にはまた母親が虐待する声が聞こえ、トオルは警察へと匿名で通報した。

虐待する声を聞きたくなくて外に出る。ヨシカワユウコから連絡が入ったため、大学へ向かったが、彼女から自分の部屋に来ないかと誘われる。トオルが「大事にしたいから部屋には行かない」と嘘八百を並べると、ユウコは照れたようにはにかむ。その顔を見て満足したトオル。ユウコは完全にトオルに落ちた。それだけのことで、これまでにないほど満ち足りた気分だった。

その帰り、公園を横切ると片目が潰れ血塗れの猫を発見する。トオルは猫を楽にしようと思い立ち、銃を2発発砲して走り去った。
数日後、トオルの元に施設の園長から実の父親が会いたいと言っていると連絡が入る。どうやら父親は病気で死を目前にしているらしい。今更、会いたいなどどういうつもりか知らないが、案内されて病室へ。会ったこともない父親に手を握られたが、気持ち悪くなって立ち去る。園長には知らない人だったと告げた。

そんなある日、家で昼寝をしていると刑事が訪ねて来る。公園で血塗れの猫が発見され、体内から銃弾が見つかったと言う。しかもその銃弾は、日本ではあまり出回っていないものらしい。刑事は更に言葉を続けた。白いジャケットを着た男が猫を撃ったという目撃情報があったのだと。刑事はどうあってもトオルから話を聞き出したいらしく、とてもしつこい。トオルは銃をクローゼットの奥に隠し刑事と喫茶店へ向かった。

銃のあらすじ【転】

刑事は道すがら話し続ける。男が銃で殺され、遺体から発見された弾丸と猫から出てきた弾丸が同じものだったと。喫茶店へ入り席についたトオルは、刑事からバッジを見せてもらい番号を控えた。ところが、ここにきて刑事は猫の話は嘘だったと明かす。彼は例の事件は自殺だと見ているらしい。刑事の経験則に基づく推測のようだったが、銃殺の現場は本来、見るに堪えないほどの酷いものらしい。そうなると、やはり死んだ男は自殺だという結論に至る。

更に刑事はトオルの態度から、彼が銃を所持していると確信した様子で銃を渡せと言う。逮捕されたくなければ、銃を手放すか分解して捨てるかだ。そうしなければ、トオルはいずれ人を殺すだろう。銃を持つということは、そういうことだ。刑事は2杯目のコーヒーを一口飲むと去って行った。

帰宅直後から隣室からは母親が怒鳴る声が聞こえている。トオルは極度の緊張から胃の中の物を全て吐いた。それから、銃を磨きながら一晩中、考え続ける。刑事はいずれ人を殺すと推測したが、トオル自身そこまではっきりしたことを決めていたわけではなかった。自分は本当に人を殺したいと思っているのだろうか。

翌日、ユウコから何度も連絡が入っていたため、彼女の家を訪ね強引に迫ったが、拒絶される。日が暮れた頃、アパートに帰ると隣室の母が着飾って出かけて行った。どうやら、ホステスとして働いているようだ。女を店まで尾行して場所を確認後に帰るとその夜、隣室の母は男を連れて帰り、幼い息子をアパートの廊下に放り出した。

翌日から隣室の母を追跡し詳細に渡り動向を調べる。女を殺すための準備を着々と進めた。そして、手軽に抱けるトースト女の部屋を訪ね、強引に身体を求める。だが、彼の異様な行動にトースト女も拒否。トオルは黙って部屋を去った。

銃の結末・ラスト(ネタバレ)

翌日はユウコと会った。彼女から様子がおかしいことを指摘されたが、反論しようとして何を言っても無駄だということに気付く。すでに余裕などどこにもなく、意味のない憤りが込み上げる。自分がおかしくなっていることなど、トオル自身気付くはずもない。ただ、どうしようもなく、追い立てられている。

大学に通うこともせず連日、自宅で過ごす。そして、ある日の夜。トオルは全身黒ずくめの衣服を纏い、銃を手に部屋を出た。要するに、殺せばいいだけの話だ。
近くの工事現場へと入り込み、待ち伏せをする。人を殺すことなど、たいしたことではない。何度も自分に言い聞かせた。隣室の母が買い物から帰って来る。トオルは銃を構えた。
その矢先、様々なことが脳裏を過り、銃を持つ手が震える。隣室の母が一瞬、振り返った。その姿が自分を捨てた母親の姿と重なり、トオルは女を撃つことができなかった。

以来、トオルの中から強迫めいた衝動の一切が消え失せる。彼は再び大学へ通うようになり、ケイスケとジムへ行くなど、健全な生活を取り戻した。そして、ヨウコへと会いに行く。すると彼女は、トオルはきっと何らかの問題を抱えているが、自分もまた同じようにある問題を抱えている。けれども、自分ならばきっとトオルの問題を解決することができるから、少しだけ待っていて欲しいと言うのだった。

ヨウコと再び会うためにトオルは記念に弾丸を1発だけポケットに忍ばせ、銃を持って出かける。そして、最後の1発を発砲してから電車へと乗った。ところが、隣に座った男がスマホで会話している。トオルはマナー違反を指摘し、銃を向けた。すると、男は偽物だと馬鹿にして銃口を口に含む。撃ってみろと挑発されたトオルは、引き金を引いた。

その途端、血飛沫が電車の窓に広がり、大量の返り血を浴びる。愕然としたトオルは立っていることができず跪いた。まさか、弾丸が残っているとは思っていなかったのだ。彼は自らのこめかみに銃口を当てて引き金を引いたが、弾丸は銃の中に残っていなかった。

最後の1発を慌ててリボルバーに入れようとした時、刑事が現れる。トオルは彼の姿を目にして思わず笑ってしまう。血に塗れた弾丸は彼の手から零れ落ちるばかりで、リボルバーにはなかなか入らない。おかしいな。もう少しなのにな。彼は必死に弾丸を拾っては落とすのであった。

銃の感想・評価・レビュー

フィルムノワールの映像表現を使用し、ほぼ全編が白黒なのだが、それがまた美しい。まさに純文学性のある質の高い作品と称されるだけある。主人公は恐らく、幼少期に母親から虐待を受けていた可能性が高い。隣室の母の怒鳴り声を嫌うのは、そういった過去を思い出すからだろう。そして、2人の女を相手取ることでバランスを取ろうとするが、銃の魅力には何者も勝てない。徐々に理性を失う様子が繊細に描かれ、美しくも狂気の世界が見事に映し出されている。非常に質の高い作品。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする