映画『籠の中の乙女』のネタバレあらすじ結末と感想。無料視聴できる動画配信は? | MIHOシネマ
9000作品以上掲載!あなたの映画図書館『MIHOシネマ』

映画『籠の中の乙女』のネタバレあらすじ結末と感想。無料視聴できる動画配信は?

映画『籠の中の乙女』の概要:ギリシャのある裕福な夫婦は、3人の子供達を、名前も与えずに外界から隔離して育ててきた。成長した子供達は性的行為に興味を持ち、外の世界へ関心を示す。異常な環境で成り立っていた濃密で歪な親子関係に、ヒビが入り始める。

スポンサーリンク

映画『籠の中の乙女』の作品情報

籠の中の乙女

製作年:2009年
上映時間:96分
ジャンル:ヒューマンドラマ、ミステリー
監督:ヨルゴス・ランティモス
キャスト:クリストス・ステルギオグル、ミシェル・ヴァレイ、アンゲリキ・パプーリァ、マリー・ツォニ etc

映画『籠の中の乙女』をフルで無料視聴できる動画配信一覧

映画『籠の中の乙女』をフル視聴できる動画配信サービス(VOD)の一覧です。各動画配信サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu×
Amazonビデオ
dTV
TELASA×
TSUTAYA DISCAS
ビデオマーケット
Netflix×

※動画の配信情報は2021年12月時点のものです。配信状況により無料ではない場合があります。最新の配信状況は各動画配信サービス(VOD)の公式サイトでご確認ください。

映画『籠の中の乙女』の登場人物(キャスト)

父親(クリストス・ステルギオルグ)
ある裕福な家庭の家長。家庭内で絶対的な権力を握っており、時に暴力的な手段で家族に教育的指導を行う。大規模な工場の工場長。
母親(ミシェル・ヴァレイ)
夫に従順な大人しい妻。夫の方針に従い、家から一歩も出ず、子供達を教育している。
長男(クリストス・パサリス)
子供達の一人。優しく気弱な性格。子供っぽさから、長女や次女に嫉妬することがある。成長するにつれ性的な事柄に興味を持ち始める。
長女(アンゲリキ・パピーリァ)
子供達の一人。好奇心が強く攻撃的。兄や妹よりも、外の世界に一層強い好奇心を持っている。両親に対して反抗的な態度を見せることがある。
次女(マリー・ツォニ)
子供達の一人。純粋で温和な性格。両親に背くことなど考えもせず、従順に教えを守っている。
クリスティナ(アナ・カレジドゥ)
父親が勤める工場の女性守衛。父親の依頼を受け、報酬を目当てに定期的に長男のセックスの相手をする。

映画『籠の中の乙女』のネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『籠の中の乙女』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

映画『籠の中の乙女』のあらすじ【起】

ギリシャのある裕福な夫婦は、3人の子供達を、名前も与えずに、高い塀に囲まれた豪邸から一歩も外へ出さず育てている。長男、長女、次女と呼ばれる3兄弟は、外の世界を全く知らず大人になった。夫婦は、外界を連想させる言葉を全く違う意味で教え、父母の威厳を保つためにあらゆる虚構で子供達を教育する。

成長した長男の性欲に対処するため、父親は、勤務先の守衛のクリスティナを長男の相手に選ぶ。クリスティナが長男に会うとき、父親は毎回送迎の際にクリスティナに目隠しをさせる。

父親は家庭内の全権を握っている。父親に従順な母親は、子供達と共にずっと家で過ごし、子供達の教育にあたっている。

子供達に許される娯楽は、単純なゲームと、自分たちが映るビデオの鑑賞のみである。子供達は父親が行う試験によって評価され、褒美のシールを集めている。

長男は、塀の外にいる人物『兄弟』に向かって石を投げ、投げ返される秘密の遊びを楽しんでいる。ある日、この遊びを発見した父親は、長男に罰を与える。長女も、父親に隠れて塀の外にお菓子を投げている。

映画『籠の中の乙女』のあらすじ【承】

ある日、長男はクリスティナとの性交に失敗する。欲求不満のクリスティナは、髪飾りを与える代わりに性器を舐めるよう、長女に要求する。性行為がどういうものなのか全く知らない長女は、クリスティナの言いつけ通りにする。

翌日、長女は、次女に髪飾りを譲る代わりに自分の肩を舐めさせる。

ある日、長女は長男から飛行機の模型を奪い、門の隙間から外に投げ捨てる。子供達は、車に乗らないと塀の外に出られないと教えられてきた。父親はわざわざ車に乗り、門の外に少しだけ出て、車から降りずに模型を拾う。

ある日、庭に一匹の猫が入ってくる。長女と次女は見たこともない動物に怯え、長男は剪定ばさみで猫を殺す。父親は、猫は世にも恐ろしい生き物で、塀の外の『兄弟』は猫によって殺されたと子供達に嘘を吹き込む。父親は猫と対抗するためだと言い、子供達に四つん這いになって犬の鳴き真似をするよう教え込む。

人工呼吸の訓練の際、子供達は口付けすることに快感を覚える。次女は長女の股を度々舐めるようになる。

ある夜の夕食の席で、父親は、人間が親から去るときはいつかと子供達に問う。子供達は、犬歯が抜けたら親元を離れる、と教えられてきた通りに答える。

映画『籠の中の乙女』のあらすじ【転】

ある日、クリスティナは長男とセックスした後、長女の部屋へ向かい、ビデオテープと引き換えに性器を舐めるよう言付ける。その夜、長女は家族から隠れてクリスティナから借りたビデオを観る。ビデオの内容は、ボクシングや人食いザメ、カウボーイの映画で、長女は映画のセリフを口にするようになる。

長女の異常な行動に気付いた父親は、長女をクリスティナのビデオテープで激しく殴って折檻する。父親はクリスティナの家へ行き、ビデオデッキでクリスティナの頭を殴りつけて罵る。

映画を観て、人には名前があることを初めて知った長女は、次女に自分を『ブルース』と呼ばせる。

ある真夜中、次女は寝ている長男をハンマーで殴り、侵入してきた猫がやったと嘯く。虚構を崩したくない父親は、次女の嘘を追求せず、油断したせいだと長男を責める。

子供達が成長するにつれ閉鎖的な家庭環境に綻びが生じ、夫婦は何とかして現状を維持しようと思い悩む。

夫婦は、クリスティナがいなくなった代わりに、子供同士でセックスさせる。始めに、長男と長女が関係を持つ。

映画『籠の中の乙女』の結末・ラスト(ネタバレ)

ある日、長女は両親の寝室へ忍び込み、電話機を発見する。長女は恐る恐るダイヤルを回すが、途中で怖くなって断念し、電話機を元通りに隠す。

夫婦の結婚記念日の夜、家の中でパーティーが催される。家族は全員正装し、長男が弾くギターに合わせて長女と次女がダンスを披露する。疲れた次女は途中でダンスを止めるが、長女は狂ったように異様な踊りを続ける。

バスルームの鏡の前で、長女は鉄アレイで自分の顔を殴りつける。長女は折れた犬歯を自分で抜き、血だらけのシンクに捨てる。長女は、鏡に映る血まみれの歯抜けの顔を見て、満足げに微笑む。長女は家を出て庭を抜け、父親の車のトランクに身を隠す。

シンクの血と歯を発見した父親は、姿を消した長女を探す。父親は家の周辺を探し回り、猫が長女を連れ去ったと思い込んだ子供達は、母親と共に四つん這いになって犬の鳴き真似をする。

翌朝、父親は、トランクに長女が入っていることに気付かないまま出勤する。職場に着いた父親は、車を降りて工場に入っていく。長女は、まだトランクの中に篭っている。

映画『籠の中の乙女』の感想・評価・レビュー

このヨルゴス・ランティモスという監督は一体全体誰に頼まれたのかと思うほど、悪趣味な映画を撮る監督。これが単純な血みどろの映画なのであれば話はまだ良いのだけど、鑑賞後10日間は嫌な気持ちが続くような、それでいてしばらくしたらもう一度覗き込みたくなるような人間の気持ち悪い感情を描く。それは悲しさとか喜びではなくまだ名前がついていない感情なのではないだろうか。
頼むから普通の映画を作ってほしいのだけど、新作が出たら気持ち悪いと思いつつ、憂鬱な表情でまた観るのだ。(男性 30代)


家族という小さなコミュニティで、父親が外の世界の汚れや危険から子どもたちを守ろうと、完全隔離する話。
子どもたちが家の中の世界一つしか知らない、というのは何とも恐ろしいことだと思った。洗脳や従順さが変態的に描かれていて、とても奇妙だった。
また、母親も従順で不思議な立ち位置だったので、さらにこの家族の奇妙さや狂気を醸し出していた。
個人的には、英語のタイトル『DOGTOOTH』の方が意味深くて好きだ。
突然終わる感じも良かった。理解しづらいところがまた興味を引く。(女性 20代)


物凄く不快で気持ち悪くて、最高に面白い作品でした。「胸糞映画」と呼ばれる見る人の心を暗く、重い気持ちにさせ「不快感」を感じさせる作品が大好きな私。今作も胸糞映画のジャンルに分けられるのだと思いますが、なんとも言えない「癖になる」感覚が自分でも驚くほど気に入ってしまいました。
閉鎖的な環境で育った三兄妹。絶対的な権力を持つ父と、その父に従い続ける母。大人になるという事は何なのかを「歪んだ」視点で描いていました。苦手な方にはオススメしませんが、こういうジャンルが好きな方は大満足の作品でしょう。(女性 30代)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ヒューマンドラマ映画ミステリー映画
スポンサーリンク
好きな映画を無料で見る方法
9000本の映画を見てきたMIHOシネマ編集部が"本気"でオススメする動画配信サービスだけを紹介! 数多くの動画配信サービスの中から厳選し、どんな人に何がオススメなのかを徹底比較しています。 自分に合ったサービスを見つけましょう。
動画配信サービス人気ランキング
U-NEXT
u-nextのロゴ画像
月額料金2,189円(税込)
無料期間31日間無料
作品数約23万本
特徴国内最大級の配信数(23万本)で、そのうち21万本が見放題!レンタル作品用のポイントが毎月1,200円分もらえる。新作映画やドラマの配信が早く、新作をいち早く見たい人はU-NEXT一択
TSUTAYA DISCAS
TSUTAYA TV/DISCASのロゴ画像
月額料金2,052円(税込)
無料期間30日間無料
作品数DVD約35万本+CD約25万本
特徴DVDやCDの宅配レンタルサービス。追加料金なしで新作DVDを月8本まで、旧作は借り放題!ネットで簡単注文、借りた作品は自宅でお届け!返す時はポストへ返却するだけなので楽チン!
Amazonプライムビデオ
Amazonプライムビデオのロゴ画像
月額料金月額500円または年会費4,900円(税込)
無料期間30日間無料
作品数約1.5万本
特徴コスパ最強で、なんといっても料金が安い!有名な映画・アニメから独占配信やオリジナル作品まで幅広いジャンルの作品を配信。追加料金なしでAmazon Musicの200万曲の楽曲も聴き放題!迷ったらこれで決まり!
MIHOシネマ

みんなの感想・レビュー

タイトルとURLをコピーしました