「危険な遊び(1993)」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

危険な遊び(1993)の概要:母親が死んだばかりのマークは、父親の出張の間、従兄弟の家で過ごすことになる。初めは従兄弟のヘンリーと楽しく遊ぶマーク。だが、次第にヘンリーは、悪魔のような本性を現すのだった。背筋が凍るようなサイコパス少年を演じる、マコーレー・カルキンの演技に注目。

危険な遊びの作品情報

危険な遊び

製作年:1993年
上映時間:87分
ジャンル:サスペンス
監督:ジョセフ・ルーベン
キャスト:マコーレー・カルキン、イライジャ・ウッド、ウェンディ・クルーソン、デヴィッド・モース etc

危険な遊びの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『危険な遊び(1993)』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年6月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

危険な遊びの登場人物(キャスト)

ヘンリー・エヴァンス(マコーレー・カルキン)
マークの従兄弟。一見、普通の男の子だが、家族でさえ知らない恐ろしい裏の顔を持つ。弟の死に関係している。
マーク・エヴァンス(イライジャ・ウッド)
母親を亡くし、ショックから立ち直れずにいる。従兄弟のヘンリーと仲良くなるが、彼の異常な行動に、次第に恐怖を募らせていく。
スーザン・エヴァンス(ウェンディ・クルーソン)
ヘンリーの母親。母親を亡くしたマークを優しく励ます。次男を事故で亡くしたことから、現在も立ち直ることができずにいる。
ウォレス・エヴァンス(ダニエル・ヒュー・ケリー)
ヘンリーの父親。マークにとって優しい叔父であったが、ヘンリーの巧みな演技に騙され、マークを異常だと思うようになる。
ジャック・エヴァンス(デヴィッド・モース)
マークの父親。母親の死を受け入れられずにいる息子を心配している。仕事の都合で2週間マークを弟宅に預ける。
コニー・エヴァンス(クイン・カルキン)
ヘンリーの妹。まだ幼く、兄の本性に気づいていないが、命を狙われることになる。

危険な遊びのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『危険な遊び(1993)』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

危険な遊びのあらすじ【起】

まだ幼い少年マークは、母親の死を受け入れられずにいた。母親が生きていた頃、病院のベッドで、「ママを死なせたりしない」と約束したことを守れなかったからだ。母親が死んでも、姿を変えて戻って来てくれると信じている。

父親もそんなマークを心配している。だが、仕事の都合で出張が決まり、マークを2週間弟宅に預けることになる。

まだ雪が残るメイン州の田舎街。弟宅には、従兄弟のヘンリーと、その妹のコニー、そして優しい両親がいた。実は、コニーの下にもう一人息子がいたが、風呂場の事故で亡くなっていた。母親のスーザンは、未だにその事で苦しみ、毎日のように家の近くの岬に立って、亡くなった息子のことを想うのだった。

ヘンリーは、わんぱくな少年で、自然に囲まれた近所を、自分の庭のようにして、駆け回って遊んでいた。マークはすぐに彼と仲良くなり、二人は木に登ったり、寂れた工場に忍び込んでガラスを割ったり、少年らしいスリルを楽しんでいた。

危険な遊びのあらすじ【承】

母の死後、笑うこともなかったマークだったが、ヘンリーのおかげで笑顔が戻る。ヘンリーは、仲良くなったマークを、秘密の遊び場所である小屋に案内するのだった。

彼はそこで、自家製の銃を見せ、試し打ちをしようと言い出す。ヘンリーのボルトの銃弾は、見事木に命中。楽しげに興奮するマーク。だが、ヘンリーが本当に標的にしていたのは、木ではなく、近くにいた猫だった。

マークは、近所に住むセラピストの女性宅で、セラピーを受ける。母の事を思い、「ある人を死なせてしまった」と言うマーク。母との約束を守れなかったことに、まだ責任を感じていた。その夜、目覚めたマークは母親の幻影を見る。追いかけるとそれはスーザンだったが、マークは母親がスーザンの姿を借りて戻ってきたと信じるのだった。優しくマークを抱きしめるスーザン。だが、そんな二人の姿を、影からヘンリーが冷ややかな目で見ていた。

翌日、また自家製銃を持ち出し遊ぶ二人。近所の猛犬に銃を向けたヘンリーを、初めは遊びのつもりで見ていたマークは、彼が本気で犬に命中させようとしているのを知り、必死で止める。だが、ボルトは犬に命中し、犬は死んでしまうのだった。

二人は死んだ犬を井戸に放り投げ捨て、証拠を隠滅する。「驚かすつもりだった」と弁解するヘンリー。だが、全くショックを受けていない様子のヘンリーに、マークは初めて恐れを抱くのだった。

ヘンリーにまたしても小屋に誘われ、仕方なく付いて行ったマーク。そこにあったのは、「ミスター・ハイウェイ」という名をつけられた、大人サイズの人形だった。

「一生忘れないすごいことをさせてやるよ」と言うヘンリー。疑心暗鬼になりながらも、マークはヘンリーの言いなりになっていた。二人は人形を担いで歩き、山中の道路にかかる橋の上に辿り着く。ヘンリーから人形を橋の手すりに乗せようと言われ、素直に従うマーク。だが次の瞬間、ヘンリーは人形を橋から突き落とし、そのせいで下を通る何台もの車が、玉付き事故に合うのだった。

その場から逃げる二人。「なんてことをするんだ!」とマークは怒りを表す。だが、ヘンリーから共犯扱いされるのだった。人が死んだかもしれないと怯えるマーク。そんなマークに「楽しみ方を知らないんだな」と無表情で返すヘンリーだった。

危険な遊びのあらすじ【転】

ヘンリーの異常さを確信したマーク。彼の両親に打ち明けようとするが、ヘンリーから反対に罪を着せられそうになり、怯えてしまう。そしてヘンリーは、次は妹のコニーに、何かしらの危害を加えることを、ほのめかすのだった。マークは、コニーをヘンリーから守ろうとする。母を死から守れなかったマークは、もう同じ過ちを繰り返したくなかった。

コニーから目を離さないように気をつけていたマークだが、朝起きるとヘンリーとコニーはスケートに出かけていた。凍った池の上で遊ぶ二人。そこは安全な場所であったが、ヘンリーはコニーの手を引き、スピードを加速させ、氷の薄い危険な場所の近くで、突然手を離したのだった。氷は割れ、コニーはそのまま池に沈んでいく。だがコニーは大人たちによって、奇跡的に助けられた。

マークは、スーザンに今回のことはただの事故ではなく、ヘンリーが関係していると打ち明けるが信じてもらえない。だが、スーザンの心に、息子を疑う気持ちが微かによぎるのだった。

マークは出張中の父親に、電話で全てを話す。父親は、セラピストのところへ行き、すぐにそのことを話すように指示する。だが、ヘンリーが先回りし、言葉巧みな嘘でセラピストまでも信じてさせていた。

ヘンリーが、冷蔵庫の中の物に毒を入れたとほのめかしたことで、マークは狂ったように冷蔵庫の中のものを捨てる。そのせいでヘンリーの父ウォレスは、母親の死でマークの気がおかしくなったと勘違いする。だが、マークは必死に家族をヘンリーから守ろうとしていた。

その頃、スーザンの心には、息子に対する疑惑が少しずつ膨らんでいた。ヘンリーの小屋を訪れたスーザン。そして、たくさんのおもちゃや道具の中に、亡くなった息子のおもちゃを見つける。

そこへ入ってきたヘンリー。ずっとそのおもちゃを探していたスーザンは、ヘンリーがなぜこれを持っていたのかと尋ねる。ヘンリーは曖昧に返事をするが、母親がおもちゃを渡さないことに腹を立てると、「僕の物だ」と癇癪を起こし、おもちゃを奪って走り去るのだった。

おもちゃは亡くなった息子が死んだ際、風呂場にあったはずだった。ヘンリーは弟の死に、何か関係しているのではないか。スーザンの中で疑惑が一気に大きくなる。

危険な遊びの結末・ラスト(ネタバレ)

マークが部屋に入ると、ヘンリーが泣いていた。訳を聞くと、「母親の葬式で泣くための練習だ」と言う。マークは、彼が自分の母親さえも殺そうとしていることを知り、怒りで彼を襲ってしまう。そして、止めに入った叔父のウォレスに、部屋に閉じ込められてしまうのだった。

閉じ込められた窓から、ヘンリーとスーザンが山の方に歩いて行くのを見て、必死に叫ぶマーク。だが、声はスーザンには届かなかった。マークは窓から這い出ようとするがウォレスが止めに入る。それを必死に振り払い、二人の後を追うのだった。

スーザンは、ヘンリーに弟の死について、正直に話すように言う。彼は殺したことを認めた。ショックを受けるスーザンを置いて、ヘンリーはその場から逃げる。追いかけるスーザン。だが、崖の先まで来たスーザンを隠れていたヘンリーが突き飛ばし、スーザンは落とされてしまう。途中の木に引っかかり、助けを求めるが、ヘンリーは母親めがけて岩を落とそうとする。

だが、そこにマークが現れそれを阻止するのだった。ヘンリーともみ合いになるマーク。その間になんとか這い上がって来たスーザン。だが、もみ合っていた二人が今度は崖から落ち、同時にスーザンが左右の手それぞれで、ヘンリーとマークを捕まえるのだった。

どちらか一人しか助けられない状況で、泣きながら必死に二人を掴むスーザン。そんな母親にヘンリーは、「両手で僕を助けて」と訴えてくる。だが、マークの手が滑り落ちそうになった瞬間、スーザンはヘンリーの手を離し、マークを助けたのだった。

それは一瞬の決断だったのだが、スーザンはマークを選んだ。だが、もう一度同じ状況で、自分は助かったのだろうか。マークは家に戻り、一人自問するのだった。

危険な遊びの感想・評価・レビュー

本作は、大人には分かり得ない子どもの世界の残酷さを描いていて、その内容から『エスター』を連想させる。
『ホーム・アローン』の可愛げのある役の印象が強いマコーレー・カルキンだが、本作ではサイコパスキッズを怪演しており、こんなに怖い表情をするのかとそのギャップに驚いきを隠せない。
ヘンリーは母親から弟を殺したことを問われ、しまいには母親までも殺そうとする容赦なき姿に恐怖を感じた。
ラストも酷な雰囲気で、鬱蒼とした重く余韻の残る作品だ。(女性 20代)

この記事をシェアする