「キリング・ガンサー」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

キリング・ガンサーの概要:伝説の暗殺者を殺し、その世界のトップになろうとする暗殺者たちを描いたコメディ。暗殺者のブレイクは、伝説の殺し屋ガンサーを暗殺するために、凄腕の暗殺者たちを集め、その様子をドキュメンタリーにしようとするのだが……。

キリング・ガンサーの作品情報

キリング・ガンサー

製作年:2017年
上映時間:93分
ジャンル:コメディ、アクション
監督:タラン・キラム
キャスト:タラン・キラム、アーノルド・シュワルツェネッガー、ボビー・モナハン、ハンナ・シモーヌ etc

キリング・ガンサーの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『キリング・ガンサー』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年9月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

キリング・ガンサーの登場人物(キャスト)

ガンサー(アーノルド・シュワルツェネッガー)
伝説の暗殺者。暗殺界のトップに君臨し、誰も素性を知らない。全てが謎の男。
ブレイク(タラン・キラム)
凄腕の暗殺者。ガンサーを殺し、暗殺界のトップになろうと画策する。リサという元妻がおり、ガンサーに寝取られている。
ドニー(ボビー・モナハン)
爆発物の専門家。爆発の腕はピカイチだが、体格と相まって、かなりドジな性格でもある。サナと恋仲になり、のちに結婚。
サナ(ハンナ・シモーヌ)
世界最高の殺し屋と言われた父・ラフマットの娘。父から溺愛されているが、それ故に自由に恋愛もできず、悩みのタネになっている。だが、それを乗り越えてドニーと結婚し、一児の母になる。

キリング・ガンサーのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『キリング・ガンサー』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

キリング・ガンサーのあらすじ【起】

暗殺者のブレイク・ハモンは、ある計画を立てていた。それは、殺し屋界のトップに君臨するガンサーと呼ばれる殺し屋の暗殺。動機は、元妻のリサをガンサーに寝取られた腹いせと、トップになってリサと復縁したいというしょうもないもの。ガンサーはその全てが謎で、詳細はおろか、彼の顔を知る者もほとんどいなかった。

ブレイクは暗殺の一部始終をドキュメンタリーにしようと、撮影班としてネイトとキミーを雇う。そして、ガンサー暗殺のために、さまざまな殺しの専門家たちに声をかける。爆発物の専門家のドニー、世界最高の殺し屋の娘・サナ、他にも元過激派や毒使い、ロシアの大量虐殺者、元相棒など続々と殺し屋たちが集まる。熟練の暗殺者、アシュリーにも声をかけたが、高齢のために早々に入院してしまう。

秘密基地で作戦会議が始まった。が、その場所はすでにガンサーに感づかれており、いきなりの襲撃を受けてしまう。事態を察したブレイクは早急に作戦を開始することにした。作戦はガンサーに偽の仕事を依頼し、出てきたところを暗殺する算段だったが、首尾よくガンサーは話に乗ってきた。

キリング・ガンサーのあらすじ【承】

作戦の舞台となるマイアミに渡り、武器を調達すると、ガンサーが現れるのを張り込むことにしたブレイクたち。しかし、何日経っても現れない。飽き始めた頃、ようやくガンサーが現れ、ブレイクたちは待っていましたとばかりに飛び出していった。だが、トップの暗殺者だけあり、手も足も出ず、仲間を殺された挙句に逃走されてしまう。

撮影班の録画ビデオにはガンサーの姿が映っていたが、その顔はブレイクそっくりだった。彼は変装の名人でもあったのだ。

作戦は失敗に終わったが、悪いことばかりではなかった。サナがガンサーに傷を負わせていたのだ。ガンサーが闇医者に治療に行ったという情報を手にしたブレイクたちは、奇襲をかけることにする。逃走しようとするガンサーの車を爆破することに成功した彼らは、遂にガンサーを暗殺したと大喜び。その夜は、皆で大いに騒ぎ、酔っぱらって羽目を外した。

しかし、ガンサーは死んではいなかった。仲間が次々に殺され、ブレイクはガンサー暗殺の再会を余儀なくされる。ところが、仲間のドニーはサナに手を出したことで、彼女の父親に睨まれ、それどころではなくなってしまう。ガンサーによってFBIに情報を流されたブレイクは、自宅にも帰れなくなる。

キリング・ガンサーのあらすじ【転】

仕方なく仲間の家に転がり込むが、恋人とイチャイチャする姿にストレスを感じまくり。その姿に元妻のリサとの思い出が蘇ってくる。リサはブレイクへの気持ちは無くなっていたが、ブレイクは未練たっぷりだった。彼女の家を訪ねると、昔に彼女が送ってくれた手紙の返事を渡すブレイク。

そんな時、入院していたアシュリーの退院が耳に入ってくる。ガンサー暗殺への期待が高まるが、残念なことにアシュリーは退院と共に亡くなってしまった。葬儀が行われたが、仲間たちが見送る中、アシュリーの遺体はガンサーによって爆破され、仲間も巻き込まれて死亡してしまう。

ドニーはサナを妊娠させ、相変わらず父親から逃げ回っていた。一緒に暗殺する仲間はもう残っていないし、ガンサーは強敵すぎる。自暴自棄になって酒をあおるブレイク。と、そこにリサがやってきた。彼女はブレイクの手紙に感動し、ガンサーの住所を教えて去って行った。闘志をたぎらせたブレイクは、撮影班を連れ、単身、ガンサーの屋敷へと向かっていった。

キリング・ガンサーの結末・ラスト(ネタバレ)

ガンサーの屋敷に潜入したブレイク。そこに、ドニーとサナが援護にきてくれる。三人は遂にガンサー本人と対面するが、彼もまた、撮影班を連れ歩いていた。ガンサーは自分が狙われ、しかもそれが撮影されていることを知ると、それを逆手にとって自分の伝記を作ろうと思い立つ。自分も撮影班を雇い、ブレイクたちを相手にドキュメンタリーを撮っていたのだ。

ガンサーはエンディングを撮りたいと言う。それは、彼らが引退し、この場を去るというものだった。子供のことを考え、ドニーとサナはその場を後にした。だが、ブレイクは提案に従わない。奥の手として、ガンサーは捕まえていたリサを引っ張ってきた。彼女と生きるか、ガンサーを殺すか、ブレイクは決断を迫られる。ブレイクはガンサーの隙をついてリサを救出するが、格闘の末、逃亡を許してしまう。

一年後、ドニーとサナには子供が生まれ、幸せに暮らしていた。リサはブレイクとは復縁せず、別の男性と結婚した。ブレイクはあの日以来、忽然と姿を消していたのだ。

オーストリアで隠居しているガンサーを見つけ出したネイトとキミーは、彼にインタビューを試みる。暗殺者を引退し、人生を謳歌しているガンサーは気さくに応じてくれたが、そこにブレイクが現れ、彼を射殺。とうとう暗殺が成功したと喜ぶブレイクだったが、ガンサーの体には不測の事態のための爆弾が仕掛けられていた。ブレイクは爆死という最後を迎える。

後日、警察は今回の爆破騒動はテロではなく、怨恨による個人的なものと発表。記者から、一部始終を記録したカメラの存在を問う質問が飛んだが、その質問者は変装したガンサーだった。彼は死んではいなかったのだ。彼を殺せる者は、この世にはいないのかもしれない。

キリング・ガンサーの感想・評価・レビュー

冒頭はまだ面白いが中だるみ感が強く、コメディ的にもあまり笑えたものではない。しかし、そこを我慢して見続けるとシュワルツェネッガーが出てきて面白くなってくる。彼の出演作の台詞もバンバン登場するので、ファンならば楽しいだろう。シュワの出番は90分の上映時間のうち、終盤のわずか20分ほどだが、彼が出てきた途端に面白くなるからすごい。シュワならば、全てのことが可能となり、有りになる。改めて彼の持つパワーとエネルギー、独特のコメディセンスを感じさせるが、彼のファン以外にはおすすめしない。(MIHOシネマ編集部)

この記事をシェアする