「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」のネタバレあらすじ結末と感想。動画フルを無料視聴できる配信は?

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアの概要:ある心臓外科医に訪れる究極の選択を描いたサスペンス映画。以前、手術をした患者の息子が、突然に現れた。医師は戸惑いながらも、誠実な対応をしていた。彼はおとなしい少年だったが、次第にその本性、目的が露わになっていく。

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアの作品情報

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア

製作年:2017年
上映時間:121分
ジャンル:サスペンス
監督:ヨルゴス・ランティモス
キャスト:コリン・ファレル、ニコール・キッドマン、バリー・キオガン、ラフィー・キャシディ etc

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアの動画フルを無料視聴できる配信一覧

映画『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』を無料でフル視聴できる動画配信サービスの一覧です。各サービスには2週間~31日間の無料お試し期間があり、期間内の解約であれば料金は発生しません。無料期間で気になる映画を今すぐ見ちゃいましょう!
U-NEXT
Hulu
Amazonビデオ
dTV
ビデオパス
TSUTAYA TV
ビデオマーケット
Netflix

※配信情報は2020年6月現在のものです。配信状況により無料ではない場合があります。

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアの登場人物(キャスト)

スティーブン(コリン・ファレル)
心臓外科医。常に冷静沈着な態度で接する男。マーティンにつき纏われても、冷静な対応を心がけるが、次第にマーティンによって恐怖の底へと突き落とされていく。
アナ(ニコール・キッドマン)
眼科医でスティーブンの妻。スティーブンを愛しているが、淡々とした態度や、時に優柔不断な様子を見せるところに苛立ちを感じることもある。
マーティン(バリー・コーガン)
スティーブンが手術中に死亡させてしまった患者の息子。物静かな少年だが、スティーブンが家族に会わせた後、本性を現していく。
キム(ラフィー・キャシディ)
スティーブンの娘。聖歌隊に入っており、歌うことが好き。マーティンに出会い、一目惚れしてしまう。
ボブ(サニー・スリッチ)
スティーブンの息子。髪を切れとさんざん言われているが、切ろうとしないワガママなお年頃。

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアのあらすじ【起】

心臓外科医のスティーブンは美しい妻で眼科医のアナと、娘のキム、息子のボブと何不自由ない暮らしをしていた。そんな彼のところに、マーティンという少年から連絡がくる。マーティンはスティーブンの元患者の息子で、少し訳ありの関係だった。スティーブンはマーティンに高価な時計を贈ったり、親身に話を聞いたりしてあげていた。

スティーブンはマーティンを自宅へ招待した。聖歌隊で歌うキムはマーティンのことを気に入った様子だ。一緒に散歩に出かけると、マーティンが歌を聞きたいというので、キムは歌ってあげた。

マーティンはお返しに、自分の家で食事をしようとスティーブンを誘った。翌日、マーティンの家で食事をしたあと、映画を観ることになった。だが、マーティンはそうそうに寝てしまい、マーティンの母親と二人きりになってしまう。母親はスティーブンに気があり、迫ってくるが、スティーブンはそれを拒否し、逃げるように家を後にした。

連絡なしに病院に来てはいけないと忠告していたにも関わらず、マーティンはスティーブンのオフィスにやってきた。心臓が痛いという。父のように心臓の異常で死ぬのではないかと言いだすマーティン。だが、検査をしても異常は見当たらなかった。

マーティンから何度も電話がくるようになった。少しでいいから家に来てほしいと、しつこく誘ってくる。スティーブンはその度に、はぐらかしていた。

ある朝、息子のボブがなかなか部屋から降りてこない。気になって部屋へ行ってみると、立ち上がることができないという。足が動かないというのだ。病院へと運び、検査をしてみたが異常はなく、すぐに歩けるようになった。学校でのテストをサボるための嘘だとスティーブンとアナは思ったが、帰ろうとした瞬間、ボブの足は再び動かなくなり、その場に倒れこんでしまった。ボブはそのまま入院することとなった。

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアのあらすじ【承】

翌朝、病院にやってきたスティーブンは、ボブの病室にマーティンがいるのを発見する。マーティンはスティーブンに言った。“ついに始まった。先生はぼくの家族を一人殺したから、先生の家族も一人殺さないといけない”と。そして、家族の誰を殺すか、数日以内に決めて実行しろという。そうしないと、スティーブン以外の全員が死んでしまうというのだ。

ボブは歩けないため、寝たきりになり、何も口にしなくなった。あらゆる検査、治療が行われたが、なんの異常も発見できない。結果、これは心理的疾患だという結論が出される。

キムはマーティンとこっそり会うようになっていた。キムは彼に夢中だ。マーティンとの肉体関係を望んでいるが、誘いをかけても、マーティンは何もせずに帰ってしまった。そして、キムにも兆候が表れ始める。彼女もボブと同様に、突然に歩けなくなってしまったのだ。

スティーブンはアナに今までのことを全部話した。マーティンは自分が手術した患者の息子で、父親は手術中に亡くなったのだと。少し酒が入っていたが、自分のミスで死亡したのではないと強調するが、うしろめたい気持ちがないわけではなかった。半年前、マーティンに出会い、たまにお金を渡したりしていたという。マーティンが口にした“一人選べ”ということも、正直に話した。

入院しているキムに、マーティンから電話が入る。マーティンは駐車場にいるから、窓辺に立ってほしいと言ってきた。歩くことができないキムは無理だと言うが、ベッドから降りてみると、なんと歩くことができた。その様子を見て、アナもボブも驚きを隠せない。駐車場には誰もいなかったが、キムは窓辺まで歩くことができた。だが、ベッドに戻ると、再び歩けなくなってしまった。

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアのあらすじ【転】

キムはアナに不気味なことを言った。“次はママの番”だと。マーティンの言葉を信じ始めたアナは、彼の家を訪ねた。アナは、スティーブンの職務怠慢で父親が死んだのは申し訳ないが、なぜ無関係の私と子供たちが代償を払わなくてはならないのか、と問い詰める。マーティンは、フェアではないが、正義に近づいていると言い、アナを追い払った。

キムとボブに異常が見つからないため、強制的に退院させられてしまう。ナーバスになりだしたアナは、スティーブンの煮え切らない態度に苛立ちを募らせ、激しく叱責した。

翌朝、スティーブンはアナを連れて地下室へと向かった。そこでアナが見たのは、縛りつけられたマーティンだった。昨夜のうちに彼は誘拐され、監禁されたのだ。スティーブンはライフルに弾を込めると、マーティンに狙いを定める。だが、寸前で思いとどまった。マーティンは賢明だとこぼした。“一発で4人が死ぬのだから”と。

スティーブンは、誰を殺すのかという選択を迫られる。アナは、殺すならば子供たちだと言いだす。もし、殺したとしても、また生むことができるのだからと。では、どちらの子供を殺すべきか。スティーブンは学校の成績や、二人の良い子ぶりなどで判断しようとするが、当然、簡単に決められるものではない。

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアの結末・ラスト(ネタバレ)

ある日、スティーブンが地下室へ降りてみると、マーティンの姿が消えていた。アナに尋ねると、逃がしてあげたという。このまま監禁し続けても、何も解決しないからだと。そんな時、ボブの目から出血が始まった。死は、すぐそこまで迫ってきていた。

スティーブンは決断した。彼は三人をリビングに集めると、動けないようにビニールテープで縛りつけ、口も塞いだ。そして、顔には袋をかぶせた。スティーブンはライフルを手に持つと、ニット帽を深くかぶり、何も見えない状態で三人に順繰りに狙いを定めた。ロシアンルーレットの結果、弾丸は息子のボブに当たる。犠牲になったのはボブだった。

ボブの死のおかげなのか、アナとキムの命は助かった。キムの足もすっかりと治った。三人はダイナーに食事にやってくる。そこへ、マーティンがやってきた。だが、彼は三人を素通りしていく。スティーブンが席を立ち、三人は店を後にした。スティーブンは、マーティンを一度も振り返らなかった。その様子を、マーティンは静かにじっと見つめていた。

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアの感想・評価・レビュー

マーティン役のバリー・コーガンという役者が強烈に印象に残った。
最初から彼の目つきに”ちょっとヤバい奴”感が滲み出ていた。
特に「正義に近づきつつある」と言ってスパゲッティーを食べるシーンには、イカれ狂った彼の本性を薄っすら垣間見たような気がして、心底寒気がした。
スティーブンが愛する我が子であるはずのボブを銃殺した時は、本当にそうするしかなかったのかと、彼の正義を疑った。
救いようのない気持ちに落胆すると同時に、この監督に非常に興味を持ち始めたことも事実だ。
結末を知ると、タイトルも意味深い。(女性 20代)

この記事をシェアする