映画『キング・ホステージ』のネタバレあらすじ結末と感想 | MIHOシネマ

「キング・ホステージ」のネタバレあらすじ結末と感想

キング・ホステージの概要:J・Pとマイキーは仲の良い兄弟だった。幼い頃、マイキーは育ての親を失ったため、犯罪界の大物エディ・キングの下で働くようになった。23年後、J・Pは会社を起業し、成功を収めていた。一方のマイキーは定職に就かず、お金を稼ぐのに苦労していた。

キング・ホステージの作品情報

キング・ホステージ

製作年:2017年
上映時間:97分
ジャンル:アクション、サスペンス
監督:スティーヴン・C・ミラー
キャスト:エイドリアン・グレニアー、ジョナサン・シェック、ニコラス・ケイジ、リディア・ハル etc

キング・ホステージの登場人物(キャスト)

J・P(少年期:ケルトン・デュモン / 大人:エイドリアン・グレニアー)
兄であるマイキーのことを慕っており、素行が悪いことを心配している。土木工事の会社を起業し、成功を収める。妻と幼い子供がおり、幸せに暮らしている。
マイキー(少年期:ザカリー・ルジャンドル / 大人:ジョナサン・シェック)
J・Pの兄。幼い頃、自分達を育ててくれていた叔父夫妻が亡くなったため、お金を稼ぐためにエディ・キングの下で働いていた。大人になってからは軍に所属していたが、素行の悪さから除隊になる。妻と娘がいるが、離婚しており一緒には暮らしていない。
エディ・キング(ニコラス・ケイジ)
犯罪界の大物。町を牛耳っている。兄のバディ・キングも犯罪者で、別の町に暮らしている。

キング・ホステージのネタバレあらすじ(ストーリー解説)

映画『キング・ホステージ』のストーリー(あらすじ)を結末・ラストまでわかりやすく簡単に解説しています。この先、ネタバレを含んでいるためご注意ください。

キング・ホステージのあらすじ【起】

幼いJ・Pは兄のマイキーと友人について行き、ゲームセンターを訪れた。マイキーにお金をもらおうとするが、渡してはくれなかった。その代わり、マイキーはJ・Pにゲームの景品を渡した。ある日、J・Pが家に帰ると、お金を渡すからゲームセンターで遊んで来いとマイキーに怒鳴られる。J・Pは戸惑うが、マイキーの指示に従った。実は、家の中には叔父の死体があった。

マイキーはお金を稼ぐため、犯罪界の大物エディ・キングの下で働くことを決意する。今までやっていた芝刈りの仕事は、J・Pに譲った。J・Pは自分でお金を稼げるようになることを喜んだ。

23年後。J・Pとマイキーの兄弟の仲の良さは続いていた。しかし、J・Pが土木工事の会社を経営し家庭を持って幸せに暮らしているのに対し、マイキーは定職に就かずお金を稼ぐのに苦労していた。J・Pは兄を自分の会社で雇おうと声を掛けるが、マイキーは頷かなかった。

J・Pは友人のサル刑事から、マイキーが麻薬を大量に購入したという情報を教えてもらう。サルはマイキーを逮捕するつもりはなかったが、友人としてマイキーの行く末を心配していた。J・Pはそんなサルに感謝し、マイキーと話すことを約束した。

キング・ホステージのあらすじ【承】

マイキーは自宅にいるときに2人組の男の襲撃を受け、麻薬を奪われてしまう。襲撃犯の車を見て、昔同じ野球チームにいた男(ラスティ)だとすぐに分かった。マイキーはバットを持って麻薬を取り返しに行った。ラスティはC・J・クラウトにやらされたことを白状した。目的は麻薬を盗むことではなく、縄張りを荒らされたことに腹を立てたクラウトの報復だった。麻薬はラスティの家にはなかった。

マイキーには別れた妻のヴィッキーと、ヴィッキーと一緒に暮らしている娘のアレクシスがいた。J・Pはマイキーがアレクシスと会えるようにするために、自宅に招いて一緒に食事を食べることにした。しかし、マイキーとヴィッキーが慰謝料のことで激しく言い争いを始めてしまう。さらに、J・Pの妻のリジーは素行の悪いマイキーが家に来ることを良く思わなかったため、機嫌が悪くなってしまう。

J・Pはマイキーに麻薬の件を咎めて口論になってしまう。実は、アレクシスの歯の矯正のための費用が必要だと言われ、J・Pがお金を貸したのだ。マイキーはそのお金を増やそうとして、麻薬の売買に手を出していた。

マイキーはバーでエディ・キングと再会する。現在、マイキーはエディ・キングと手を切っていた。エディ・キングは起業家であるJ・Pに目をつけていた。6桁の金を稼ぐためのある提案を、マイキーに持ちかけた。

キング・ホステージのあらすじ【転】

4日以内に35万ドル届けなければマイキーを殺すという電話が、J・Pの携帯にかかってくる。J・Pはサルに相談し、ガス・ワイリン潜入捜査官を紹介してもらう。そして、マイキーについて探ってもらうことになった。J・Pとサルはマイキーの自宅を捜索に行くが、何の情報も得られなかった。

J・Pの自宅のポストに、捕えられたマイキーの写真が入っていた。その写真には「後3日」「詮索するな」と書かれていた。ガスからラスティは誘拐とは関係ないという情報をもらうが、念のためJ・Pとサルはラスティに会いに行った。ラスティはやはり誘拐をしていなかった。しかし、バーでマイキーを目撃していた。

J・Pとサルはバーの店員に話を聞き、エディ・キングもいたという情報を得る。J・Pはエディ・キングが兄を誘拐したのだと考えるが、サルとガスはエディ・キングとマイキーが手を組んで狂言誘拐を企てたのだと考えていた。警察は素行の悪いマイキーのために動いてくれず、ガスも潜入捜査中であまり派手に動けないため、J・Pとサルでマイキーの行方を探すしかなかった。

弟のエディ・キングが誘拐事件を起こしたことを知り、バディ・キングが街にやって来る。エディ・キングは兄に殺されそうになるが、反撃してバディ・キングを始末した。一方、マイキーは本当に誘拐されており、怪我を負った状態で椅子に括りつけられていた。エディ・キングに狂言誘拐をしようと誘われていたが、きっぱりと断っていた。

キング・ホステージの結末・ラスト(ネタバレ)

J・Pはお金を用意しようとするが、共同経営者のロブが金を勝手に使っていたことが判明する。J・Pは怒り、すぐに金を用意するようロブを怒鳴りつけた。J・Pは犯人(エディ・キング)から電話がかかってきたとき、マイキーの生存が確認したいと頼んだ。マイキーは電話で「金を渡せ、終わったらゲームセンターに行こう。おごるよ」と話した。J・Pはそれがマイキーからの暗号だと思い、「どうせ殺される」という意味ではないかと考えた。

マイキーはロープを切り逃げ出そうとするが、失敗に終わる。J・Pは犯人から取引の件で電話がかかってきたとき、再びマイキーと話させて欲しいと頼んだ。だが、犯人に拒否されてしまう。J・Pはマイキーに危険が迫っていることを悟り、苛立ちを募らせた。エディ・キングは身代金の金額を上げるため、アレクシスを誘拐した。

J・Pはエディ・キングから呼び出しを受け、レストランを訪れた。エディ・キングはアレクシスを誘拐したことを仄めかし、指定の場所に金を持ってくるようJ・Pを脅した。J・Pがヴィッキーの家に行くと、ヴィッキーは薬を大量に飲んでベッドに横たわっていた。その傍には、捕えられたアレクシスの写真が落ちていた。J・Pはヴィッキーに薬を吐き出させ、彼女を救った。

お金を渡してもエディ・キングに殺されることは分かっていたため、J・Pはエディ・キングを始末することを決意する。J・Pは先にマイキーを救い出し、取引場所に向かった。そして、取引に応じたように見せかけて、エディ・キングの手下に鞄を渡した。その鞄には爆弾を仕込んでいた。敵がひるんだ隙に、J・Pとマイキーは銃を乱射しエディ・キング達を始末した。

J・Pはヴィッキー達やサルと食事を共にした。そして、マイキーと一緒に野球をして遊んだ。

この記事をシェアする